スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:希望しない人にも出す義務 「明細書の発行、医師と患者の評価に差-神奈川県保険医協会の全国調査」





明細書の発行が義務付けられて

約1年になりました。





フランス料理に例えると、

各お皿ごとに料金を伝えるようなものです。






クルマを買う時に

各部品ごとの明細を請求するようなもの。






新聞なら

料金の内訳で

人件費、取材費、交通費など

一部当たりどれぐらいかかっているか

明示するのとおんなじです。





マスコミの皆さんは

激しく医療機関に

明細書を出すことを要望していたわけですから(2)、

もちろん

自分たちも新聞や雑誌の

明細書

出すんですよね?








マスコミさん、

医療機関は明細を出し続けていますが、

なにかメリットありましたか?




マスコミの皆さんは

あれほど医療機関は

明細書による情報開示が必要、

とか

医療機関は遅れている

とか

患者さんは希望されている

とか

いろいろ言ってましたが、

結局は

「こんな制度、紙の無駄だし、希望者だけもらえばいいんじゃない?」

という意見になっています。






大手新聞の新聞一部ごとの

明細書、ぜひください。






医療機関に個別に出せ、

と言っているのに

自分たちじゃ出さないんですか?






人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ















明細書の発行、医師と患者の評価に差-神奈川県保険医協会の全国調査

医療介護CBニュース 2011年2月1日(火)19時5分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110201-00000005-cbn-soci



 今年度の診療報酬改定で義務化された診療明細書の無料発行について、神奈川県保険医協会は2月1日、医師と患者に評価を尋ねた全国調査の結果を発表した。それによると、明細書の発行は「希望者だけで十分」との回答が、医師、患者とも半数前後に上り、最も多かった。一方、患者による評価では、毎回発行されるのを「良い制度だ」とする声も43.7%と多かったのに対し、医師では16.3%にとどまり、両者の意識に差が見られた。

 調査は、インターネット調査会社に委託して実施。昨年8月3、4の両日、全国の医師と、4月以降に歯科以外の医療機関を受診した患者に回答を求めた。解析対象は医師881人、患者1040人。

 調査結果によると、「希望者だけで十分」としたのは、医師の58.1%、患者の44.0%。患者では、「良い制度だ」との評価と拮抗した。「必要ない」と答えたのは、医師14.6%、患者2.7%だった。病院長や勤務医と比べると、実際に会計業務に携わることの多い診療所院長の回答に否定的な意見が多かったという。
 「良い」とする理由については、医師、患者とも「費用明細が分かり、明瞭になって良い」「不正請求の防止になる」といった答えが目立った。これに対し、「希望者だけ」「必要ない」の理由では、「紙の無駄」とする回答が多かった。
 また、患者に対し、明細書は毎回発行してほしいかを尋ねたところ、「必要な時だけもらいたい」が47.1%で最多。以下は「いつも欲しい」(36.6%)、「必要ない」(10.4%)と続いた。
 同協会の池川明理事長は、「患者の希望に応じて発行することは求められるが、毎回の発行を義務付ける必要はないのではないか」としている。






医療機関の明細書は

義務化

ですから

取り敢えず

全員に出しています。






希望しない人だけ

本人の申し出があれば

発行しません。








受診ごとに1-3枚の

明細書を発行しています。







そして、

他の病院の治療歴を聞くと

まったくわからない人の多いこと。



薬は何をもらっていますか?

「さあ?」

どんな点滴しました?

「さあ?」

病名、何と言われていますか?

「大したことないって言われている」

…。


それなのに、ワーファリン飲んでいたり

DMあったり

いろいろあるわけです。





どれだけ

明細書を発行しても

有効に働いている気がしません。




本当に明細書の義務化が

患者さんの希望なんでしょうか?







単純に医療機関に

無駄な負担をかけているだけ。





実質医療費値下げの上に

明細書発行を義務化して

医療機関の

足を引っ張っているだけにしか

思えません。















人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ




(1)
■開業つれづれ:「診療明細書 医療内容知る手掛かりに」 ”疑問に感じたことは聞けばいい”から始まる医療崩壊
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1335.html


■開業つれづれ:「明細書発行体制等加算」について: 追記あり
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1335.html

(2)
■開業つれづれ:「【主張】診療報酬改定 開業医に甘すぎては困る」 産経は相変わらずアホでした
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1292.html











関連記事

コメント

明細書

健康保険を使用するなら
接骨院にも義務化させてください。

日本全国で多発外傷の患者さんがこんなに多いのかとびっくりすることになります。
本人もびっくり仰天でしょう。

粒栗シロクマ院長さま

去る8月から義務化されているかと・・・

>本人もびっくり仰天でしょう。

この「本人」とは 「患者さん本人」のことでしょうか?
いえいえソレなら 納得ずくですよ、ズブズブですから・・・

ところでその前に

粒栗シロクマ院長先生

「明細書をセッコツインにも出させるべし」って御趣旨は
「これは素晴らしい制度だから 保険医療機関の全てで!
 勿論是非セッコツインにおいても運用すべきだ!」
という事では・・・ないですよね? これは剥いた話
「セッコツイン 気にくわねえな、奴等の負担も増やせよ」
って御意向かと想像されます。

・・・えー お気持ちは解ります、同業者の私でも
「そりゃないだろう」ってケースを幾多も目にしていますから。
しかしながら、今回のMed先生の記事の内容は
「不要不急の事務仕事を増やしておいて、人手は補充しない、予算は削るって、そりゃないだろう」
そういった事かと愚考しております。

そこに改めて「義務化させろ」って議論は成り立つのでしょうか?
それは誠に失礼ながら「やつあたり」と言うモノでは無いのでしょうか・・・

弱いもの達が夕暮れ 更に弱い者を叩く 
その音が響き渡れば ブルースは加速していく

お医者さんと私達が「仲間」だなんて、おこがましい事は申しません
申しませんが ケッタイな規制を受ける同サイドの人間として
対決姿勢や 冷笑を以って見下すだけでなく もっと上手く使って頂ければ
お互いの業界にとって 少なくとも今よりは 何か善き事が
有りそうな気も するのですが・・・
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。