スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「発作で1カ月前に薬増量 四日市踏切事故、医師は運転止める」


四日市の歯科医師追突事故。

睡眠時無呼吸症候群か

ナルコレプシーか

薬物中毒か

何かかと思っていましたが、

てんかんだとは。





微妙な展開になってきました。







同じ中日新聞の2つの記事。




>同署の調べに「既往症はない」とも話しているという。

カッコ付きでわざわざこう書くのには



>「既往症はない」とも話している



でも、

持病のてんかん発作

!あったじゃないか!

という展開を狙っているんでしょうか。






こちらが元旦記事。






四日市事故、追突の歯科医を逮捕 「直前から記憶ない」

中日新聞 2011年1月1日 朝刊

http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2011010102000021.html

 三重県四日市市羽津町の近鉄名古屋線の踏切で自転車の男性2人がワゴン車に追突された後、電車にはねられ死亡した事故で、四日市北署は31日、自動車運転過失致死傷と過失往来危険の疑いで、ワゴン車を運転していた同市羽津中、歯科医師池田哲容疑者(46)を逮捕した。

 逮捕容疑は30日午後1時半ごろ、霞ケ浦駅南側の踏切で自転車に乗った同市別名、四日市社会保険病院の研修医中本勝昭さん(40)と同市白須賀、中国人実習生王定祥さん(23)ら3人に追突、うち中本さんと王さんを電車と衝突させて死亡させたとされる。1人も軽傷を負った。

 池田容疑者も顔などの軽傷で市内の病院で治療を受けていた。

 同署によると、池田容疑者は事故前、自宅から自分の歯科医院に車で向かったが、事故現場の200メートル手前にある医院を通過した直後に事故を起こした。「医院を通過した記憶はあるが、それ以降は覚えていない」と供述。

 池田容疑者の車が踏切の手前で蛇行や急ブレーキを繰り返したとの目撃証言があるが、呼気検査でアルコール分は検出されなかった。同署の調べに「既往症はない」とも話しているという。

 事故現場の踏切前には、31日朝からいくつもの花束が手向けられた。





でこちらが1月12日記事。




発作で1カ月前に薬増量 四日市踏切事故、医師は運転止める


中日新聞 2011年1月12日 09時01分

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011011290090146.html


 三重県四日市市の近鉄名古屋線の踏切で先月30日、自転車の男性2人がワゴン車に追突された後、電車にはねられ死亡した事故で、ワゴン車を運転していた歯科医師池田哲容疑者(46)=同市羽津中=が、持病のてんかん発作が起きるなどしたため、事故を起こす1カ月前に薬の量を増やしていたことが、複数の関係者への取材で分かった。県警も関係者への任意の事情聴取で把握している。

 関係者によると、池田容疑者は先月初め、通院先で診察に「最近、意識がなくなる発作が出た」と話した。池田容疑者は覚えておらず、家族の話で知ったという。病院側は症状を落ち着かせるため、投薬回数を一日2回から3回に増やした。

 さらに病院側は、池田容疑者に車を運転しないよう求め、池田容疑者も了承したという。池田容疑者はてんかん患者が運転免許を取得できなかった2002年の道交法改正前に運転免許を取得した。医療関係者によると、てんかんの症状は薬を欠かさず飲んでいても、過労や睡眠不足などで発作が起きることがある。









運転免許に関する

欠格条項の問題ですが、

今後の問題になってくることでしょう。




















関連記事

コメント

医師の擁護ではありません

亡くなられた方は、大変お気の毒ですが・・・。
自転車乗りとしては踏切でも一般道路同様左側に寄せるべきで、道の真ん中、車の真ん前で電車待ちはマナーとしていかがなものかと。

しかし、歯の治療中、口の中ガリガリ中に発作起きても怖いです。てんかんでも運転免許も医師免許もOKなんですね。

ときどき、自転車を左側に寄せておくべきとのコメントを読んだんですがこの人たちど真ん中で待ってたんですかね?
踏切って車道・歩道の分離もないですし、事故現場もさほど大きな踏切ではないようですし。
運転していた本人が記憶が無く、踏切内に突っ込んでるぐらいですから左側に寄っていてもだめだったんじゃないかと。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。