スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:カンガルーケアに潜む危険性 「カンガルーケア中の事故で示談 男児の脳機能障害 長崎の産科医院が責任認める」




カンガルーケア中の事故が

いろいろと報告されています(1)。



頭ごなしに

”危険”と決めつけてはいけません。

ただ、

十分な注意が必要であり、

カンガルーケア・ガイドラインも

作成されております(2)。




妊婦さんも医療関係者も

十分な知識を持つべきです。









カンガルーケア中の事故で示談 男児の脳機能障害 長崎の産科医院が責任認める

産経新聞 12月29日(水)20時10分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101229-00000538-san-soci


 長崎市の産婦人科医院で昨年12月、男児がカンガルーケア中に呼吸停止し、脳機能障害になった事故で、同医院がケア中の対応に不備があったことを認め、両親との間で示談が成立したことが29日、分かった。男児は9日に1歳の誕生日を迎えたが現在も意識不明のままで、両親は「1つの区切りとはなったが、子供の将来を考えると心配なことばかり」と不安を抱える。

 両親や同医院によると、男児は昨年12月9日夜、3156グラムで生まれた。院長の診断では健康で、助産師らはすぐにカンガルーケアを始めたが、男児はケア開始直後から爪が紫色になり、手足を動かさなくなっていった。

 しかし、助産師らは「大丈夫」と言うばかりで何の対処もせず、異変を感じた母親(46)の叫び声で助産師が駆けつけたときには呼吸は止まっていた

 男児は市内の病院に救急搬送され、一命は取り留めたが、脳機能障害など重篤な症状が残った。

 同医院側は事故後、両親に謝罪の意思を伝えてきたが、今回の示談では、カンガルーケアの危険性について

事前に説明しなかったことや、

ケア中に男児を注意深く見守らなかったこと

助産師が男児の異変に対し適切な処置を怠ったこと

などを具体的に認めた。

 その上で、医院側が再発防止策を講じることや、カンガルーケア中の事故が再び起こらないよう日本医師会に対応を働きかけることも示談書に明記。院長は「呼吸停止の理由は今後究明しなければならないが、結果についての責任はわれわれにある」としている。

 示談は今月3日に成立したが、男児は今もNICU(新生児集中治療室)に入院したまま。1歳の誕生日は病院のベッドで、父親(45)と母親、看護師らと一緒に迎えた。

 父親は「一生懸命に生きている息子を見ると、私たちも頑張らないといけないと思うが、この子の将来を考えると不安も募る」と率直な心境を吐露。母親は「二度とこういう事故が起きないよう、病院や医師会にはしっかり対応してほしい」と願う。

 両親はホームページ(http://www.geocities.jp/southsweel/KOUTAROU.html)で、事故の経緯や病院での男児の経過などを報告している。

 ■カンガルーケア 母親が出産直後に一定時間、胸元で赤ちゃんを抱っこすること。1978年に南米コロンビアで保育器不足の対策として始まった。母子関係の向上や母乳育児の促進に有効とされ、日本でも90年代後半から普及した。実施中に赤ちゃんが低体温状態に陥って死亡したケースもあり、カンガルーケアを推進する医師からも事前の説明とケア中の安全面の配慮を求める意見が出ている。








↓記事上にあるリンクはこちらのようです。

http://www.geocities.jp/southsweel/KOUTAROU.html




カンガルーケアには

十分な注意とマンパワーが必要であり、

それにもまして

十分な意思疎通とICが必要だということです。






事故の詳細 そして母の思い  その3(分娩後)(カンガルーケア)
http://www.geocities.jp/southsweel/KOUTAROU34.html


事故の詳細 そして母の思い  その4 事故後1 退院まで
http://www.geocities.jp/southsweel/KOUTAROU35.html

事故の詳細 そして母の思い  その5 事故後2 
http://www.geocities.jp/southsweel/KOUTAROU36.html


リンクをたどっていくと

どれだけ院長、師長、助産師が

事後の対応がまずく

患者さん側の感情を逆なでしたかよくわかります。






もしも自分がその立場になったら

どのように対応しますか?




その日は

今日にも明日にも来るかもしれません。

医師として、

医療関係者として

不幸な結果を直視して

前に進むことができるでしょうか?




責任ある医療関係者として

すべての瞬間に

そのような態度が必要とされています。







(1)
■開業つれづれ:「出産直後のカンガルーケア 新生児の呼吸停止など16例」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1095.html

(2)
カンガルーケア・ガイドライン
http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0068/0068_ContentsTop.html 




















関連記事

コメント

非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。