スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:椅子取りゲームは老人優位 「公的研究機関の若手研究者減少…内閣府調査」



過去の遺産でノーベル賞を出している日本。

実際に若手研究者の椅子は

少なくなっているため

大学に残ろうという人は

徐々に少なくなっています。




そのうえで

博士号大量生産ですから、

博士号を取ったら

行く場所がない、

バカを見る、

人生設計として間違い、

というのが日本の現状です。












公的研究機関の若手研究者減少…内閣府調査

読売新聞 12月20日(月)14時53分配信


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101220-00000650-yom-sci


 国立大学などの公的研究機関で働く研究者は全体では増えているものの、若手に限れば減少していることが、内閣府の調査でわかった。

 予算削減のために新規雇用が伸び悩み、若手がしわ寄せを受けている形だ。

 調査対象は国立大学の教員と、研究開発を担う22の独立行政法人の研究者。最近5年間の推移を見ると、2009年度の全体の研究者は約7万3400人と05年度に比べ1・3%増えたが、博士号を取得してから約10年となる37歳以下の若手は約1万6500人で7・4%減った。

 独立行政法人については雇用形態も調査。37歳以下では正規雇用が09年度に998人と05年度に比べ22%減る一方、非常勤は52%増の1140人となり、若手研究者の不安定な労働環境が改めて浮き彫りになった。

最終更新:12月20日(月)14時53分

読売新聞








優秀な人間は

老人たちとの椅子取りゲームに勝つことができずに

海外流出するか(1)、

高学歴ワーキングプアとして

不幸な人生をおくることになります(2)。







弁護士に続いて

公認会計士も大量生産で

ボロボロになっているようです。



次は

医師だね。




国策じゃ仕方ないです。





博士号も弁護士も公認会計士も

医師も…

みなさんさようなら。
















(1)
■開業つれづれ: 量産型ポスドクになったら国内就職なし 「ポスドク:倍増も職なし 海外流出は加速 大学准教授調査」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-873.html

■京都に行ってもサヨウナラ 「京都大、非常勤職員100人を22年度再契約せず」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-607.html

(2)
■「高学歴ワーキングプア 「フリーター生産工場」としての大学院」と「博士が100にんいるむら」
http://ameblo.jp/med/entry-10058539785.html






関連記事

コメント

そりゃそうだ

大量にポス毒を作っちまって その後の補償がないからです。
ポス毒って研究期間だけの臨時雇用ですから。

一方25歳以上になると企業は極端に採用をしぶります。
大学病院のポストがある医学部のほうが少しだけましです。
同じ大学院生は無給でもバイトはできるから。そこから就職先はまだあるから。

今こそ海外に出なければ

 日本では学歴があっても待遇悪いのはもう有名ですから、ちょっと英語勉強して外国に行きましょう。よっぽど良い仕事にありつけます。
 年寄りはもう外国に流出することも出来ませんからw

NoTitle

http://www.shimotsuke.co.jp/town/life/medical/news/20101220/432153
23年前、大量輸血、ボロボロになって・・・・・・みなさん大変ですね。

医師の端くれ

今時、研究やるやつが馬鹿なんです
工学、理学、医学すべて。

医学部時代にもっとも優秀だった人たちは、全員見事にその方面を避けて行きましたね
(中には学位を取る人もいたが、大学に残らず一瞬でトンずら)

今、大学に残るのは使い物にならない人だけです
ノーベル賞はもう無理にきまっているでしょ

NoTitle

> 今、大学に残るのは使い物にならない人だけです .

それを自覚せずに大学に残ってポストをもらって 俺って偉いんじゃないかい?って勘違いしてる奴らが多すぎるんです。

ほら外病院じゃ使い物にならないから残しておいたら いつのまにか教授様 多いよなあ。

非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。