スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「はやぶさ イトカワ微粒子確認 「500点満点」の成果」

素晴らしいことです。

関係者や知識人の

コメントしている方々の

なんとうれしそうなことか。




見ているこちらまで

ニヤニヤしてしまいます。

これが

理系の醍醐味ですね。




一方、一時は

はやぶさ2を

がっちり事業仕分けした




17億

 ↓

5000万

 ↓

3000万


という

「はやぶさ2」予算(1)。






成功したら持ち上げて、

失敗したら予算激減。




日の目を見なかった科学技術が

大量に存在するかもしれません。




くだらない予算が大量にあるように感じますが、

その分、科学技術や医療研究に突っ込んだら

日本はめざましい発展を遂げることでしょう。






それははやぶさ以上に

夢物語なのかもしれません。








はやぶさ イトカワ微粒子確認 「500点満点」の成果

毎日新聞 11月16日(火)11時54分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101116-00000014-maip-soci



「はやぶさ」のカプセル内の微粒子の大半が、小惑星「イトカワ」のものと確認され、笑顔で会見する川口淳一郎JAXA教授=東京・霞が関の文部科学省で2010年11月16日午前10時3分、久保玲撮影
 7年間、計60億キロに及ぶ前人未到の旅に挑んだ小惑星探査機「はやぶさ」が、人類の宝ともいえる大きな「土産」を持ち帰っていたことが16日明らかになった。プロジェクトを率いた川口淳一郎・宇宙航空研究開発機構(JAXA)教授は「胸がいっぱい」と声を震わせ、関係者は称賛した。「500点満点」の成果を元に、今後は世界中の科学者が太陽系の誕生の秘密に迫る。【八田浩輔、足立旬子】


 「帰ってきただけでも夢のよう。夢を超えたことで、どう表現してよいか分からない。点数はない。付けたくない」と川口さんは語った。03年の打ち上げ当時、はやぶさが数多くの人類初の技術に挑むため、イトカワの試料の採取成功まですべて達成した場合「500点に値する」と話していたが、喜びを抑えきれない様子だ。

 昨年11月中旬、はやぶさのイオンエンジンにトラブルが生じ、暗雲が漂ったが、奇跡的に復活した。川口さんは「想定を超える成功が重なった。7年間もさることながら、プロジェクトを始めて15年。その前から数えると四半世紀になる。感慨無量。苦労が報われ、よかったなと心から思う」と顔を紅潮させた。

 会見には、藤村彰夫JAXA教授、微粒子を電子顕微鏡で分析した中村智樹・東北大准教授らも同席。藤村さんは「最初カプセルを開けた時に真っ青になった」と明かす。採取された微粒子が0.01ミリ以下で、目に見えるものがなかったからだ。地球外物質と特定された1500個の微粒子の中には、地球上の物質に含まれるものもあれば、まったく存在しないものもある。中村さんは「初めて微粒子をみた瞬間は緊張した。分析を進め、地球にほとんどない結晶を見つけた時は、ガッツポーズの瞬間でした」と語った。

 18日の政府の事業仕分けでは、JAXAの運営費交付金削減も議論される。川口さんは「イノベーション(革新)には時間がかかる。将来への投資として近視眼的にならないでほしい」と注文を付けた。





こちらが

JAXAの関連記事。

はやぶさカプセル内の微粒子の起源の判明について

http://www.isas.jaxa.jp/j/topics/topics/2010/1116.shtml







ちなみに日本政府のお金の使い方は、

エコカー補助金だけ

予算総額は5837億円







予算3000万円の

はやぶさ2はどうなるでしょう?






特定業種に

これほどまでに肩入れして

税金を投入、

医療にも科学技術にも

なにもその恩恵はありません。



いかにクルマが政治力を持つ日本か

よくわかります。







いまでもはやぶさ帰還記事を読んだりしたら

うるっときてしまいます(3)。

自分で書いたのにね。






とにかく

はやぶさ、頑張った。

本当にイトカワのサンプル持ち帰ってくるなんて

えらすぎです。













(1)
■開業つれづれ:はやぶさ事業仕分け後「科学予算削減の民主、はやぶさ絶賛は「現金過ぎ」」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1443.html


(2)
■開業つれづれ:なぜ誰も疑問を持たない? 「エコカー補助金打ち切り、8日申請分は交付せず」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1548.html


(3)
■開業つれづれ:お帰り はやぶさ 「はやぶさ カプセル着地を確認…ヘリ捜索隊」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1442.html


(4)はやぶさ関連記事

■開業つれづれ:「はやぶさ 奇跡的復活、再び地球へ」 灼熱過ぎる展開、はやぶさ。地球で待ってます。
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1187.html


■開業つれづれ:「小惑星探査機 『はやぶさ』帰還へ」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1252.html


■開業つれづれ:「地球帰還、ほぼ確実に=小惑星探査機「はやぶさ」-宇宙機構」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1344.html


■開業つれづれ:「<小惑星探査機>「はやぶさ」、13日に豪へ 予定軌道到達」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1432.html












関連記事

コメント

NoTitle

日本はとうの昔に誇りというものを投げ捨てて、目に見える物質的利益ばかりを求めるようになっちゃってます。世界的に見てもそういう評価を受けてますよね。

こういった、はやぶさの成功や、日本人のノーベル賞受賞は日本人は優秀である、と皆を元気づけ、それが次世代の活力を生むものだとずーっと思ってきましたが、違うんですかね。

はやぶさ2が飛ぶかどうかは未だに不透明な状態ですし、ノーベル賞は日本が元気だった時代に行われた研究の残滓だともいえますから、今なんとかしなければ、日本はいずれ二流国、三流国への転落が待っています。
世界三流の国になっても、目先の利益(と票)が欲しいですか>民主党様

Seisan様へ

Seisan様へ

日本が三流国になろうと中華自治区になろうと、政権さえ持っていれば、この世は天国。贅沢し放題。
良い例はジンバブエ。
国は破綻、独裁者はウハウハ。
ミンスはむしろそれを望んでいます。

まじめな国民として一言。ミンスは、レアメタルに代わる代替物開発を中国と共同開発をするように指示出しました。技術がまた盗まれます。

もうミンスにこのまま国を任していたら三年先にはどうなるか分かりません。最悪は中華自治区です。

一応、書いておくけど

事業仕分けで減ったのは5000万→3000万、それも惑星探査全体での1割減までしか指示してない。
それが4割減になったのは純粋にJAXA内部での分捕り合戦の結果。
#そもそも17億→5000万もJAXA内部での勢力争いの結果

その経緯はこちら。
http://smatsu.air-nifty.com/lbyd/2007/01/21_f459.html

民主党がろくでもない政党なのは事実だけど、デマまがいの情報を拡散するのは止めましょう。

NoTitle

(1)日経新聞11月16日に経産省大臣が中国にレアアース代替品共同開発を伝えたと記事があります。
こういう記事が載るときには、通常、大臣が国の開発研究機関にほぼ指示をだしてるのと同じですからデマではないです

(2)匿名希様の言うとおりJ、AXAの内部の問題だったとしても、予算決定権を有しているのはミンスです。
ミンスは今まで野党の間、すべて与党に対して結果責任を求めてきました。
今回、このような業績を出している事柄に対して多かれ少なかれ予算削減し、国民に失望を与えた事実は変わりなくそこは責を問われるべきでしょう。

また、今日本中の大学研究機関などへの研究費をどんどん削減して、朝鮮人学校無料化などの政策にお金を費やしているのも事実です。

匿名希様の書き方は、相対化中立化という手法で、議論ではよく行われる手法だと思います。

しかし匿名希さまが引用されているブログですが、JAXAの中の勢力争いって具体的に何を示しているのですか?全部は見れていませんが、そこを具体的に説明して下さい。誰と誰が対決して予算が減らしたんですか?

さらに深く考えれば、JAXAが自ら予算なぜを削ったたか?
それはその前からミンスなどから予算を削れという圧力を受けて削ったという考え方もあるわけです。
研究には成功見込みの高いものから低いものがあり、おそらくもっと見込みの高いものがほかにありそちらを優先するため泣く泣く削減したということも十分にあります。

まあどちらにしても、野党時代あんだけ与党を責めてきたんだから、与党である限り、同じ基準で責めを負うべきでしょう。

凄すぎる(w

勢力争いに関してはJAXA統合前のNASDAとISASに遡る産業VS学術の争いと、ISASとそれから独立したJSPECの学術界内部での争いの二段構造があります。
#JSPECはISAS内部の委員会で「はやぶさ」プロジェクトを担当していたが独立してプロジェクトを持って行かれた経緯がある

>さらに深く考えれば、JAXAが自ら予算なぜを削ったたか?
>それはその前からミンスなどから予算を削れという圧力を受けて削ったという考え方もあるわけです。

17億→5000万って2007年度予算なんだけど、政権交代って何時だったけ?
流石、宇宙人はタイムワープ技術まで実用化していたのかっ!
恐るべき超技術ですな(w

批判するなら事実に基いて批判しようというのが相対化中立化とは思いませんでした。

匿名希・望様が大変詳しいことは認めます。
また予算作成時の時期を考えたら貴方が書かれることが正しいと思います。すんません。

要は、ミンスは今までどんな経過を経ている内容でも、すべて結果責任である!と与党と政府を責めてきたんだから、自らが与党になり予算権限を握った以上は、同じ責めは負うべきだ、ということを述べたかったのですが。
結果が全てです。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。