スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:日本はワクチン三流国 「はしか予防接種、修学旅行などで渡航の高2生を無料に」



ものすごい恥ずかしいことですが、

アメリカやカナダの

散発的な麻疹発生に

日本人が関係していることが

結構あると言われています。




日本からの

リトルリーグの交流戦や

日本人留学生が

麻疹の原因として拘束されることが

多々あると聞きます。







はしか予防接種、修学旅行などで渡航の高2生を無料に

医療介護CBニュース 2010年11月1日(月)20時51分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101101-00000015-cbn-soci


 修学旅行生が麻しん(はしか)排除国にはしかを持ち込むと、国際問題につながりかねないことなどから、厚生労働省は11月1日の麻しん対策推進会議(座長=加藤達夫・国立成育医療研究センター総長)で、修学旅行や研修など、学校教育の一環として海外に渡航する高校2年生が無料ではしかの予防接種を受けられるよう、定期接種の対象に加える方針を決めた。

 はしかは、米国、カナダ、韓国、オーストラリアなどでは既に排除されている。2007年には、カナダで日本の修学旅行生がはしかを発症し、多数が拘束される問題が起きている。

 日本では、厚労省が07年に策定した「麻しんに関する特定感染症予防指針」で、12年度までの排除達成を国の目標に定めている。そのための取り組みの一つとして、08年度から定期接種の対象に中学1年生と高校3年生に相当する年齢の人を追加したが、高校2年生は対象になっていない。
 学校などでは、修学旅行の前に予防接種を受けるよう高校2年生に推奨しているが、数か月待って高校3年生になれば無料で接種を受けられるようになるため、未接種のまま渡航する人も多いという。

 このため、来年度に学校教育の一環として海外に渡航する高校2年生が、無料で予防接種を受けられるよう政令を改正する。12年度以降に高校2年生になる人は、08年度以降に中学1年生になっているため、対象にしない方針。



最終更新:11月1日(月)20時51分

医療介護CBニュース







マスコミが

”ワクチンなんて副作用が多すぎて利点なし!!”

みたいな報道をずっと続けてきたせいで、

日本では大事なワクチンが

みな任意接種になってしまっています。




以前住んでいたアメリカでは

子供が学校に行くにも

ワクチン接種の記録がないと

学校に入学することすらできませんでした。







麻疹の輸出国として

悪名高い日本。

ワクチン三流国として

恥をまき散らしてますが、

そんな報道は全然されません。




ワクチン被害が出たら

また大々的に報道されて

マスコミの反ワクチン体制が

明らかになります。





そんな反ワクチンという

マスコミの大馬鹿な姿勢が

日本の国民にとっても

大きな不利益になっていることに

多くの医療関係者は気づいています。






損をしているのは

国民なのですが、

きっと理解されないのでしょう。






日本では献身的に働く

医師ですら

悪役なのですから。























関連記事

コメント

気がつきました

日本ではまじめに働く奴は悪なんです

医師でも海保でも。

公共を考え、命懸けて働いて、殉職しても犯罪者扱い。

それがこの国のスタンダード。民度なんです。

NoTitle

最近は昔の報道を忘れたかのようにワクチンを進めろな報道が主体になってます。
もちろん、各種小児科関連団体の活動も大きな役割を果たしていますが。
マスコミの後押しもあってか、票になると思ったとたんにHib、PCV、HPVも公費補助が補正予算に上がりました。
ただ、国会がまともに運営されていないので、成立はいつになることやら。
予防接種法の改正すらいつ成立するか分からない状態です。
新型インフルエンザワクチンは、いま、根拠となる法律がない(期限切れ)状態で運用されています。

そういう、大事なのにインパクトのないニュースは相変わらず報道されませんね。

日本はいつの間にか、マスコミが政治を決定づける国になっちゃったようで。

はじめまして

ワクチンに関してブログを書いている者です。
非常に激しく同意しながら拝見いたしました。
今の情けない予防接種行政が出来上がったのは
マスコミの報道の仕方に原因があるような気がします。

NoTitle

ちなみに、今回の補正予算でのワクチン公費補助は、2012年から定期化するスケジュールが既に上程されていて(予防接種部会で)、それに先駆けて無料化を図る、といったものらしいです。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。