スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「インフルエンザ、流行開始の兆し 北海道と沖縄で」「インフル集団感染死「医療に謝罪すべき事ない」」


昨年、大騒ぎのインフル。

いよいよシーズン到来です。







インフルエンザ、流行開始の兆し 北海道と沖縄で

asahi.com 2010年11月8日1時35分
http://www.asahi.com/national/update/1108/TKY201011070288.html

 インフルエンザの流行開始の兆しが、北海道と沖縄県で見られることが国立感染症研究所の調査でわかった。ウイルスの型は、新型の豚インフルエンザがほとんどだった昨季と異なり、今季は今のところA香港型が多いという。

 感染研が5日まとめたデータでは、最新の1週間(10月25日~31日)にインフルエンザ症状で医療機関を受診した人は、定点1医療機関あたり0.15と少ないが、都道府県別でみると、北海道1.06、沖縄県1.02で、流行開始の目安となる1を超えた。北海道は、浦河保健所管内が注意報レベルに達し、苫小牧保健所管内なども流行に入っている。

 感染研の感染症情報センターの安井良則・主任研究官によると、寒さが厳しくなる北海道や東北地方は他の地域より流行入りが早く、11月、12月は要注意という。

 ウイルスの型は、A香港型の検出数が138と全体の3分の2を占め、新型の検出数は65、その他は9。田代真人・感染研インフルエンザウイルス研究センター長によると、A香港型は、昨年からウイルス抗原が変異し、免疫を持たない人が多いとみられ、注意が必要という。安井さんは、「A香港型は、地域の流行が高齢者施設にも広がり、過去に集団発生の例がいくつかあった。高齢者は肺炎などを引き起こすことが多いので、感染対策が必要だ」と話している。(熊井洋美)






一足早くインフルの集団感染があった秋田。

運の悪いことに

精神科の閉鎖病棟で

6人が亡くなられております。











インフル集団感染死「医療に謝罪すべき事ない」

2010年11月7日21時42分 読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101107-OYT1T00603.htm


 インフルエンザの集団感染で入院患者6人が死亡した秋田県北秋田市の医療法人社団博愛会「鷹巣病院」は7日、記者会見を開き、同会の韓明基理事長(47)は院内感染を認め、要因について「精神科の閉鎖病棟であることが考えられる。潜伏期間の患者が食堂に集まり、広がった可能性もある」と述べた。

 また、「医療に関して謝罪すべき事はない」との見解を示した。

 鷹巣病院の病棟はH型に四つあり、中心に食堂がある。韓理事長によると、職員3人と入院患者1人に10月27日に発熱などの症状がみられたため、職員3人を出勤停止とし、発症した患者と同じ病棟の入院患者は別の3病棟に移した。しかし、移動先でも感染が拡大。発症者は31日に職員を含め50人に達した。その時点では「重症者がおらず、抑えていけると思った」という。





なにか

読売の書き方には悪意が

満ちています。




一方、産経では

もうすこし詳しい事情が

書かれています。







県、立ち入り調査へ インフル集団感染病院の対応検証 秋田


産経ニュース 2010.11.8 03:18

http://sankei.jp.msn.com/region/tohoku/akita/101108/akt1011080320000-n1.htm


 ■理事長「できることやった」

 北秋田市綴子(つづれこ)の「鷹巣病院」(中朗院長、144床)でインフルエンザの集団感染があり、入院患者6人が死亡した問題で、県は7日、近く立ち入り調査を実施して、これまでの病院の対応が適正に行われてきたのか、検証することを明らかにした。

 立ち入り調査は、法律に基づくもので、病院が、最初に感染に気づいたのはいつか▽患者についての感染の状況をどう把握したのか▽感染後にどんな治療や医療行為を行ったか▽再発防止策をどうするのか-などについて事実を確認し、病院側から報告を受ける。

 県によると、病院は10月29日までにA香港型を含む混合型ワクチンを入院患者全員に投与した。しかし、抗体ができるまでに2週間かかるとされており、実際には効き目がなかったことが考えられる。

 病院の対応に遅れがなかったのか、また、鬱病(うつびょう)など精神疾患の入院患者からどれだけ的確に症状を把握できていたのかなどが、立ち入り調査のポイントになりそうだ。

 鷹巣病院は7日午後5時になって韓明基(はん・みょんぎ)理事長(47)と中朗院長(50)が報道陣の取材にようやく応じた。

 韓理事長は精神科の入院患者は半数以上が60歳以上で高齢者が多いことからワクチン接種タミフルの予防投与などインフルエンザ対策に万全を尽くしていたことを強調、「医療人としてできることはやってきた。(今年のインフルエンザは)感染力が予想以上に早かった」と釈明した。

 10月27日の発症確認から県への報告が11月2日になったことについて、「県からは重症者が出た場合に報告するようにという指導だった。最初は軽症者が多かった。11月2日に3人が亡くなり、大変だということで県に報告した。(報告が)遅いと言われればそうかもしれないが、病状を直すのが先で、それに追われていた」と話した。





タミフルの予防投与や

ワクチン接種など

結構頑張って対策をしているようには

思えます。




それが

読売では

記事では説明なしに一方的に

>「医療に関して謝罪すべき事はない」との見解を示した

なんて書かれ方。

あまりにひどい気がします。







こうして

強力な行政介入と

一般市民の不信感で

この精神科が閉鎖されたりしたら

読売が叩き潰した

ということになるかもしれません。







インフルについて

あれほどバカげた報道を行ってきたマスコミは

いまだに感染症について

理解してはおらず、

単に記事のネタになる

いけにえを探しているようにしか

思えません。






インフルシーズンです。

病院で集団感染なんてしたら

たとえ万全の対策をしたとしても

一発でマスコミが寄ってきます。

みなさま

ご注意ください。







関連記事

コメント

NoTitle

マスコミにとっては、インフルエンザが流行するのも、インフルエンザに罹患するのも、インフルエンザが重症化するのも、インフルエンザで死亡するのも、全部医者が悪いんですよ。

多分インフルエンザという病気は、どこかの医者が生み出した生物兵器かなんかだと思ってるんじゃないですか?

NoTitle

インフルエンザが流行ると病院が儲かるので、インフルエンザは医者が作り出しているという噂を聞いたことがあります。
マスコミの記事の書き方は酷いですね。

NoTitle

インフルエンザの流行で病院が儲かるってのは全くのデマですね。
手間ばっかり増えて、利益率があまりに低く、疲れるだけです。
おまけに合併症なんかあったりすると、医者のせいにされるし。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。