スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「「マスコミは病院側を取材せず記事にしたんです」… /島根」




朝日を叩く毎日

という構図ですが、

なんて言うんですか、

目くそ鼻くそを笑う

とか

猿の尻笑い

というたぐいの話。




この記者の場合、

毎日の記者だ

という自覚がないのが

致命傷のような気がします。






閑想閑話:「マスコミは病院側を取材せず記事にしたんです」… /島根

毎日新聞 2010年10月29日(金)15時4分配信


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101029-00000187-mailo-l32


 「マスコミは病院側を取材せず記事にしたんです」--。医師不足に悩む大田市の「地域医療シンポ」で、千葉県のNPO法人「地域医療を育てる会」の藤本晴枝理事長は報道陣にとって衝撃的な内容を語った

▼07年に同県東金市で救急搬送された心肺停止の男性が、14回受け入れを断られた後死亡したと一部マスコミが“スクープ”した。だが同会の取材では、打診先は当直医1人で他の患者を次々処置中か、処置できる人員の無い病院だったとのこと。藤本さんは「消防署に聞いた話を書くだけで、記者は医師不足の現実に触れようとしなかった」という

▼前に他県で医療ミス隠しを記事にした際、病院の主張と現状も極力取材した。心ある医療スタッフは協力してくれた。「医療現場をよくしよう」との思いで、綱紀粛正という結果を残せたと自負している。スクープ欲で一方的、安直な取材をしていれば、何の実もない記事ができただけだったろう。医療報道は何のためのものか、改めてかみしめている。【鈴木健太郎】

10月29日朝刊


最終更新:10月29日(金)15時4分

毎日新聞





たぶんオリジナルネタはこちら。

以前大変お世話になっていた

伊関友伸のブログ

からです。


ありがとうございます。









伊関友伸のブログ
朝日新聞千葉版の東金「受け入れ拒否14回」報道に 地元NPOが事実を分析した問題提起の機関紙を臨時発行

http://iseki77.blog65.fc2.com/blog-entry-5838.html

より







受け入れ拒否14回、男性死亡 千葉・東金

朝日新聞 2008年02月09日
http://www.asahi.com/national/update/0209/TKY200802090182.html

 千葉県東金市で昨年8月、男性(当時56)が自宅で心肺停止状態になった後、のべ14回、搬送受け入れを断られていたことが分かった。119番通報から約1時間後に搬送されたが、死亡した。病院が受け入れを断ったのは「医師が診察中」などの理由だったという。

 同県山武郡市広域行政組合消防本部などによると、昨年8月23日、男性が自宅で倒れているのを見つけた妻(56)が午後4時58分に119番通報。約10分後、救急救命士ら3人が現場に到着した。

 消防本部は、近くの県立東金病院や、山武市の国保成東病院など計10病院にのべ14回搬送受け入れを求めたが、「心肺停止の患者には対応できない」「医師が他の患者の診察中」などと断られた。その間、ドクターヘリにも一度要請したが断られた。

 同日午後5時37分、最後の16回目の要請で同県茂原市の公立長生病院への搬送が決まった。それから約20分後に病院に到着したが、まもなく死亡が確認された。死因は脳内出血だった。

 同消防本部では、倒れていたのを発見するまでに時間がたっていたことなどもあり、「搬送時間と死亡との因果関係は分からない」としている。







馬鹿は死んでも治らない、

という








一応カテゴリーは

千葉県のほうに割り振っておきます。

当時は記事にしていなかったようです。





ちょうどね、

これやっていました。

これ↓


■「我々は福島大野病院事件で逮捕された産婦人科医師の無罪を信じ支援します」2.18企画
http://ameblo.jp/med/entry-10071134731.html

130コメントいただきました。


多分、これが

当ブログ最高コメント数だと思います。





あれから2年。

医療を取り巻く環境は大きく変わり、

我々も随分遠いところまで来ました。





しかし、

マスコミは

同じところで

ぐるぐる回っているみたいです。





マスコミも

たったひとりで

バターになるまで

回っていればいいのですが、

残念ながら

周りに害をまき散らしながら

事実を曲げて訂正もせず

異臭を放ちながら回転しています(1)。







はっきりと

”ねつ造”と言われても

まったく意に介さないその姿勢は

報道機関ではすでにありません。






腐った何か別のものです。






>医療報道は何のためのものか、改めてかみしめている。

毎日に

それをいう資格は

はるか昔に消失しています。






(1)
■開業つれづれ:”ねつ造”朝日、弱々しく反論 「朝日の「がんワクチン」報道が医療界や患者に波紋…「臨床試験の停滞を憂慮」 」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1629.html















関連記事

コメント

NoTitle

そもそも倒れたのを目撃されていないCPAに蘇生の適応があるのか、、と。
あ、G2010を勉強しないと。

こいつらマスゴミの精神構造って

女子高生と知りつつ、とりあえずコトをいたしてスッキリしてから説教をたれる買春オヤヂみたいなもんなんですかねぇ。

どの口でそれを言うのか、私にはさっぱり理解できまねん。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。