スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:読売は相変わらず憲法違反の奴隷配置 「医師不足対策 計画配置する仕組みが必要だ(10月25日付・読売社説)」


ネタ元は

demianさん
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1622.html#comment12234

です。

いつも大変お世話になっております。




相変わらず狂っています。

>医師不足対策 計画配置する仕組みが必要だ

読売は以前から

医師の居住の自由、職業の自由を

奪ってでも強制配置

といって、

舛添さんに

”読売の暴論は明らかに憲法違反、ばかじゃねーの”(1、2)

と一喝されています。





>研修医など若手医師を計画的に配置

>強い権限をもって進める仕組みが要る。



バカですね。

今の医療崩壊の本質は、

中堅医師に対する

あまりにひどい待遇による脱落です。




某有名医師の

「医師大量生産」の意見では

多分に粗造、乱造で

戦時急造医師か学徒動員になるだけです。

教育担当の中堅医師の業務が爆発的に増えて

逆に質の低下と

中堅医師の過重労働のさらなる増加で

単に医療崩壊は加速することでしょう。





医療費をまったく増やさず、

開業医をギリギリと締め上げるようになれば、

金銭的に余裕があった大昔には

「いつかは開業も出るから」

と言っていた勤務医が

あまりにクリニックの利益が細いので

「20代、30代前半で開業しないと融資を受けられない」

という状況になってきています。





この状況では

どう考えてもいままで

地域医療に貢献してきた

実力のある30-50台の医師が

激減するのは目に見えています。












以前、医師に

>過度な自由は改めるべきだろう。

と言い放った読売新聞(1)。




その大馬鹿な意見に

あまりにずさんなマスコミこそ、

計画的に配置し

過度の自由を改めるべきじゃないのか

という意見を自分に置き換えて考えてみろ

と言いたいです。











医師不足対策 計画配置する仕組みが必要だ(10月25日付・読売社説)

2010年10月25日01時01分 読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20101024-OYT1T00685.htm


 救急や産科などを中心に医師不足が深刻化している中、厚生労働省が初めて医師への求人状況に着目し、全国の病院などを調査した。

 回答した約8700施設には、計16万7000人の勤務医がいるが、1万8000人足りないとして募集している。十分な診療体制をとるためには、さらに6000人が必要だという。

 今回の調査は、医師不足の本質を「勤務医不足」ととらえ、地域や診療科ごとに深刻さの度合いを測るという意味では、実態把握の第一歩になろう。

 例えば、東京都は医師を現状より8%増やせば病院が求める人数を満たせる。対して、岩手県では40%もの増員が必要だ。全国の診療科別で見ると、リハビリ科や救急科などでは30%近く増やさねばならず、不足感が最も強い。

 医療の人材をどのように配分すべきか、ある程度の優先順位は浮かんでくる。

 ただし、医師を増やせば勤務医不足が解消する、といった単純な話ではない。

 医師国家試験の合格者は毎年約8000人おり、引退する医師を差し引いても、年に約4000人のペースで増えている。

 さらに、医学部の入学定員は今年度に360人、来年度も約90人増員される。人数だけの問題ならば、いずれ充足するだろう。

 今回の調査はあくまで、現在ある病院に状況を聞いたものだ。だが、無計画に病院が設置されていること自体が、勤務医不足の要因でもある。

 近隣の自治体が競い合って、同じような総合病院を作っているケースが少なくない。

 産科や小児科など昼夜を問わず診療を求められる部門も、民間病院や自治体病院に、広く薄く医師が配置されている。このため診療体制に余裕がなく、医療事故のリスクも高い。耐えかねた勤務医は開業医に転身していく。

 この状況をそのままにして医師の養成数を増やしても、勤務医不足は解消されず、地域や診療科による偏在は進んでしまう。

 地域の病院が役割を分担し、救急や産科などを集約する。開業医も連携して病院を助ける。研修医など若手医師を計画的に配置していく。そうした対策を、強い権限をもって進める仕組みが要る。

 都道府県ごとに、大学医学部や基幹病院、自治体、医師会が協力し、利害を超えて医療機関と人材の計画配置に取り組むべきだ。調査だけでは事態は改善しない。







マスコミ自身がビジネスモデルを作れないのに、

医療、医師に対して

「金は出さないが、こうやって僻地に医師を飛ばせ」

なんてよく言えたものです。





よく考えると

どれだけトンデモ意見かわかります。

 >近隣の自治体が競い合って、同じような総合病院を作っているケースが少なくない。

じゃあ、

隣り合っている総合病院のどちらかを

つぶしますか?

実際にそれをやっているのが

厚労省と総務省で、

どんどん病院を縮小させ

僻地の病院をつぶしていますが、

そのせいで地域医療が崩壊しているのではないですか?






あいかわらず読売は

医師に人権はないし、強制的に配置せよ

という主張を繰り返しています。

>都道府県ごとに、大学医学部や基幹病院、自治体、医師会が協力し、利害を超えて医療機関と人材の計画配置に取り組むべき



今回は強制配置は

都道府県がやれ

という粗雑な結論。



医療に関する現実的な視点も

将来的なビジョンも全くないまま

憲法違反である

地方に任せるけど、強制配置しろよ!

というあまりにひどい社説を掲載すること自体、

マスコミの罪

だと思います。







読売は

即刻、このような現実離れした

狂った社説を

取り下げることを希望します。









(1)
■読売社説 日本の医師に自由はいらない(笑) 「医師を全国に計画配置、医療改革で読売新聞社提言」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-412.html

■読売新聞社説 ”医師の自由は改めるべき” ”医師を徴兵せよ” 「医療改革読売案 国民の不安を払拭する時だ 10月16日付・読売社説」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-414.html



(2)
産科医療のこれから
医師の計画配置は「憲法違反」 舛添厚労相インタビュー
http://obgy.typepad.jp/blog/2008/10/post-1341-67.html


関連記事

コメント

Berluti

思うに俺たち医者って甘いですね。

世の中のサラリーマンは会社の命令で配置替えされるのに 医者だけは嫌だと駄々をこねる。自分だけは行きたくないが、他の医者が行けばいーじゃんと思ってますな。

公平に短期間まわれば良いだけです。もっと積極的に経験をつもうとは思わんのかい。

研究もしない馬鹿医者どもが大学にはじゃかすかいます。こいつらを田舎に放逐するだけで充分まかなえる。

医者不足なんて嘘うそ。勝手に診療科を選んでるだけです。人数制限をして試験を受けさせろ。減った方が俺たちの取り分が増えるのに。

医者同士の泣きごとに そろそろうんざりしています。

↑へ

あなたの泣き言もうんざりです。さっさとドロッポしてね。

NoTitle

勤務医も給与生活者である、という前提で考えると、マスコミ記者様と同様、必要に応じていろんなところに転勤させられる、というのはある意味当たり前なのかもしれません。
それを「強権的に計画配置」なんて言うから反発を食らうんですよ。
医療圏単位で、病院・診療所を整備しなおす、というのも決して間違っていません。

なのに、なんでこんな記事になるんだろう、と考察するに、今の日本の医師集団のシステムに対する理解が徹底的に足らないんだろう、ということです。

日本の普通のサラリーマンは(読売新聞の記者もそうですが)企業に就職し、労働力を提供して対価として給与を受け取ります。その庇護を受ける代わりに勤務地などは会社の指示に従わなければいけません(いわゆる転勤ですね)。それを拒否するなら場合によっては退職を勧告され、職を失います。そして、自分に自信のある人は脱サラし、独立開業します(うまくいくかどうかは別の話ですが、それゆえに日本では中小企業が大量に育成されました)。

でも、医師は資格職であり、従来医局制度による派遣がされていました。会社組織にたとえて言うなら、大学医局は派遣会社であり、病院は派遣を受け入れてその給与を払うというシステムであり、それゆえに地方・僻地にでも条件さえよければ医師の派遣をしてもらえたし、医局側も将来のインセンティブを用意することで不人気病院への派遣もできていました。

それを破壊することに血道をあげ、それで崩壊したら今度は強制配置って、おかしくないですかね。
官製医局をつくって分配するって、談合じゃあるまいし。
とくに、将来のインセンティブもなし、条件交渉もろくにせず、勝手に行き先を決められるって、まるで犯罪者を刑務所に送り込むかのような所業ですよね。

読売新聞ではそんな転勤システムがあるんでしょうね。きっと。断ったら即、首を切られ、しかも再就職先はことごとくつぶしてやるぞ、みたいな(w。

弄れば弄るほど

悪くなっていくのが
制度改革ってもんですかね

  木枯らしや 
       医局は 遠くなりにけり
                   だべ

     

こちらは日経

「対侮日新聞作戦」は、

粗大ゴミ売り新聞には効かないんでしょうか?

強制配置は人権侵害

医師の強制配置は人権侵害です。憲法違反でもあるでしょう。
過去には医局の力が強く、医局の力で強制配置されていました。医局の弱体化で強制配置できなくなりつつあるだけでしょう。医局の力が弱まれば、医師の労働市場は他の業種と同じで平準化が不可避です。僻地勤務を高待遇にすれば自ずと医師不足は解消します。金をかけずに医師を強制配置などできないでしょう。医師を増産する資金があるなら、僻地勤務の補助金に廻すべきです。

適正配置の基準

 「適正配置」と言われますけれど、何を基準に適正とするかで、利害が相反します。
 人口比例でしたら、当然僻地に配置する医師数は少なくなります。
 健康保険料の徴収額比例でしたら、大都市の方が圧倒的に有利でしょう。
 今以上に僻地に医師を配置せよと言うのは、どのような基準による適正か教えてもらいたいものです。
 ひょっとすると、読売新聞の購読者数比例だったりして。

NoTitle

 若手医師だけ計画配置しても大した戦力にはなりませんが・・・。あと,人口減少と高齢化にあえぐ地域のインフラは医療だけでありませんが…。

転勤って

wikipediaによれば

転勤(てんきん)とは、労働者を同じ会社内の違う勤務場所に配置転換すること。使用者が労働者に転勤命令を行う場合には、原則として根拠が必要となるが、就業規則の規定などをもって使用者に広範な人事権が認められている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%A2%E5%8B%A4

つまり医者の場合、転勤じゃないよね。

サラリーマンはキチンと退職金もらえるけど医者の場合は、数年分へたすりゃなしですよね。

まぁそういうことです。

逆に考えてみる

僕はね、別にマスゴミやら厚労省やらが計画配置謳ってもいいと思ってるんですよ。むしろもっとデカい声をだしてみろ、と。

現に官公立の病院があり、対して法人経営の病院がある。官公立の診療所があり法人(私立)の診療所がある。
そしてそれぞれに経営者がおり、あるいは管理職がいる。それぞれに勤務医もいよう。
更には多数の保険医以外に自由診療医がいる。研究医もいれば企業勤めや主婦、フリーターだっている。

じゃあ具体的にどうすればあなたたちが望む計画配置が可能となるのか、そこをみせていただきたい。
当然、最低限国内医療機関の全てに必要とされる人員くらいは把握できるんですよね?医師の総数すら把握できない方々はw
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。