スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「「コレステロール高めが長寿」に日医など猛反発」



やはりトンデモ?






「コレステロール高めが長寿」に日医など猛反発

2010年10月20日21時21分 読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20101020-OYT1T01019.htm

 日本医師会(日医)と日本医学会、日本動脈硬化学会は20日、東京都内で開かれた日医の定例記者会見で、「コレステロールは高めが長生き」とする日本脂質栄養学会作成の「長寿のためのコレステロールガイドライン(指針)」について、「科学的根拠に乏しい」と批判した。

 日本動脈硬化学会は、LDL(悪玉)コレステロール値が140ミリ・グラム/デシ・リットル以上などを高脂血症(脂質異常症)とする指針を定めている。同学会は14日、日本脂質栄養学会の指針に反論する声明文を公表。会見で、原中勝征・日本医師会会長と高久史麿・日本医学会会長もこれを支持する姿勢を示した。

 高久医学会会長は、「LDLコレステロールが心筋梗塞(こうそく)などと直接関係があることは世界的に認められており、日本脂質栄養学会の指針は間違っている」と話した。





>「コレステロール高めが長寿」

についての

日医反論の別ソースです。







脂質栄養学会のガイドライン「容認できない」―日医など


2010年10月20日 19:28 キャリアブレイン

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/30340.html


 日本医師会の原中勝征会長、日本医学会の高久史麿会長、日本動脈硬化学会の寺本民生副理事長は10月20日、東京都内で記者会見を開き、日本脂質栄養学会が策定した「長寿のためのコレステロールガイドライン(2010年版)」について「容認できない」との見解を示した。

 同ガイドラインは、日本脂質栄養学会の「コレステロールガイドライン策定委員会」が、「総死亡率が最も重要なエンドポイント」との視点で策定。総コレステロール値、あるいはLDLコレステロール(LDL-C)値が高い方が長生きだとしている。

 原中氏は「高コレステロール血症の人に、治療をしない方が長生きすると思われると大変危険だと感じた」と会見に至った経緯を説明。
 高久氏は「死亡の原因はたくさんある。死亡率とある特定の値とを直接結び付けるのは考えられないことだ」と指摘した上で、「脳梗塞や心筋梗塞と、 LDL-C(値)が高いことが直接関係することは世界的に広く認められている。それに反するようなことを学会として発表するのは残念だし、誤っている」と批判した。高久氏はまた、「(ガイドライン策定委員会の)ある委員に経緯を伺ったところ、ガイドラインが出ることは知らなかったと言われた。本当に学会の全員の意見なのかどうかは非常に疑問に思っている」とも述べた。

 寺本氏は、動脈硬化学会が14日付で発表した同ガイドラインに対する声明について説明。声明では、ガイドラインの大きな問題点として、査読を受けていない論文が多用されていることを挙げており、寺本氏は「ガイドラインとして成り立っていない。わたしたちのガイドラインと並べられることも非常に遺憾だ」と述べた。
 寺本氏はまた、「コレステロール値が低いから死ぬのではなく、ほかの病気があるが故に低くなって亡くなる。そういった調整がなされていない」などと指摘。コホート研究と臨床介入試験を混同しているとも批判し、「ガイドラインは非常に間違っている」「容認できない」と強調した。
 一方、動脈硬化学会の07年版ガイドラインについて寺本氏は、「(コレステロール基準値の)性差の問題は非常に重要だ。12年を目途に改定する際には、女性のことにも踏み込めるようなデータが集積されていれば考えようと思っている」と述べた。







学会でガイドラインを作る、

となると

かなりの大事になることが多いのですが、

>ある委員に経緯を伺ったところ、ガイドラインが出ることは知らなかった

とのこと。

個人的な感想文のような

”自称・ガイドライン”なのでしょうか。





科学的な検討を

置き去りにして

ガイドラインを名乗るのは

極めて危険です。



関連記事

コメント

Berluti

キットによってはコレステロールを測定するはずが 女性ホルモンと構造が似ているために高値に出ることが 今も多いようです。

だから話はそれからでしょう。
コレステロールが高いと平均寿命が高いという報告は外国の雑誌でもよく見かけはしますがね。

「砂糖玉」にしろ「悪玉」にしろ

問題は自分の頭で考える能力と
センスの良し悪しだべ

たった一種類の物質の多寡で
人の寿命を云々するなんざ
噴飯ものずら

これって

高齢者は血圧が高い。よって血圧の高い人は長生きする。みたいな話でつか?
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。