FC2ブログ

■元厚労大臣、経済財政諮問会議を断罪する 「後期高齢者医療制度 元厚生労働相・尾辻秀久に聞く」

尾辻元厚労大臣が

経済財政諮問会議を断罪しています。

>政府の経済財政諮問会議の責任は大きい。


みんな医療関係者は

そういっていたんですけどね…。

金勘定だけで

”医療崩壊させたら50兆円市場が

生まれるのに…”

なんて言う方々が

医療について語る資格は

ないと思うのですが。



>最近のテレビのコマーシャルは、民間の医療保険ばかりです。「やはり民間の医療保険に入らないとダメだ」と言っているようにも聞こえる。

常に先を見て

”ビジネスチャンス”

として医療崩壊を誘導し、

民間保険が躍進…

という経済財政諮問会議のシナリオです(1)。



>彼らは財政至上主義です。

>カネと命のどっちを大切にするかの問題で、彼らはカネが大事だと言う。


とっても分かりやすいたとえ、

ありがとうございます(笑)。






これが経済財政諮問会議の

本質ですね。








後期高齢者医療制度 元厚生労働相・尾辻秀久に聞く

毎日新聞 2008年5月26日 東京夕刊

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20080526dde012040024000c.html

 ◇「天引き」など配慮足りず
 ◇骨格は間違っていない--経済財政諮問会議が国民の不安招いた

 後期高齢者医療制度への批判が高まり、自民・公明両党が見直しに着手した。一方、野党4党は、同制度の廃止法案を参院に提出した。元厚生労働相で、長年同制度の議論にかかわってきた尾辻秀久・自民党参院議員会長(67)にこの混乱をどう見るか聞いた。【太田阿利佐】

 --後期高齢者医療制度について国民の怒りが強い。

 尾辻--議員仲間でもそうですよ。75歳以上の方はカンカンです。塩川正十郎先生(元財務相)もそうだし。堀内光雄先生(元自民党総務会長)は論文まで出されて……。

 --混乱の原因をどう見ているか。

 尾辻--制度が変われば、国民は不安を持つ。なのに説明をきちんとしていなかったのが最大の原因でしょう。米国は約4000万人が医療保険に入っておらず、病気になったら医療費は全額負担で、極めて悲惨です。日本はみんなが医療保険に入り、これが支えとなって世界一の長寿国ができた。国民皆保険制度は国の宝。それを守るための後期高齢者医療制度なのに、理解されていない。高齢者から今まで保険料を取っていなかったのに、取り始めたという誤解まである。被扶養者の75歳以上の方は例外だったなど、細かい違いはあるのですが。

 --制度の骨格には問題はない、と。

 尾辻--私も大きくかかわってきましたが、細かな点は除き、75歳以上で独立した医療保険制度をつくるという骨格部分は間違っていないと思います。

 --細かな点とは?

 尾辻--低所得層への手厚い配慮の仕組みがなかった。個人的には、収入が基礎年金満額の月6万6000円までの方ぐらいを対象に、現在は7割が最大の保険料減免を、9割引きあるいは今はできない全額減免を可能にする。低所得層には、今まで以上に手厚くという考え方をとればよかったが、財源の問題で非常に難しくなってきていた。

 --政府は2011年度までの基礎的財政収支(プライマリーバランス)の黒字化達成を目標にし、社会保障費は02年度から毎年2200億円も圧縮してきました。

 尾辻--最初の5年は社会保障制度を見直すべき時期でもあり、計1兆1000億円が削減できた。もう無理です。乾いたタオルを絞っても水は出ない。これ以上やれば社会保障、特に医療が崩壊します。

 --これまでにリハビリの保険給付が最大180日で打ち切りになったり、介護保険の要介護度認定の見直しがされてきた。医師不足や救急患者の受け入れ拒否が問題になって不安が広がっている時に、新しい制度が始まった。

 尾辻--私に言わせれば、
政府の経済財政諮問会議の責任は大きい。
結局彼らの言うことは、日本の社会をアメリカみたいな自己責任の社会にしろということでしょう。年を取ってメシが食えなくなっても、それは若い時にちゃんとやっていなかった自分の責任だ、病気で医者にかかれなくても医療保険に入っていなかった自分の責任だと。少なくとも小泉内閣の時の経済財政諮問会議はそういう社会にしようと言っていると私は理解したし、私がそうなんだから、国民の皆さんもそうでしょう。それに対して国民が不安を持ったのではないか。

 --諮問会議はアメリカ型の民間医療保険でいいと主張しているように聞こえたということか。

 尾辻--そうです。それに
最近のテレビのコマーシャルは、民間の医療保険ばかりです。「やはり民間の医療保険に入らないとダメだ」と言っているようにも聞こえる。

 --経済財政諮問会議の議論の方向が違うと。

 尾辻--プライマリーバランスの改善といっても、諮問会議は「歳出を抑える」の一辺倒。歳入を大きくする、つまり増税は念頭にない。小泉純一郎元首相は「まず歳出削減がないと、国民は増税に納得しない」と言う。必ずしも間違いではないが、過ぎると国民に痛みが伴ってくるし、
特に社会保障費削減は人命にかかわる。

 彼らは財政至上主義です。
反論もあるでしょうが、分かりやすくいうと、
カネと命のどっちを大切にするかの問題で、彼らはカネが大事だと言う。
私は命が大事だと言わざるを得ない。

 --75歳以上だけを独立した保険制度にするのは、非人道的だとの指摘もある。医療費増大が保険料に跳ね返るため、医療を受けることをためらう人も出るのではないか。

 尾辻--75歳での線引きは、今までも老人保健制度でやってきました。75歳の線引きが非人道的だというなら、現役と一緒で自己負担は3割でいいですかと逆に質問をしたい。私は1割に抑えたいと思う。もし3割でいいなら、全然違う話です。

 --75歳以上が優遇される保険医療制度なら、加入は個人の選択でもよかったのでは。

 尾辻--75歳以上の特別な保険証をつくったのが間違いだったのかもしれません。年金からの保険料天引きもそうですが、最初から引かれるから腹が立つ。75歳以上の方の国民健康保険料の収納率は98%と高いのだから、天引きの必要はそうなかった。「はい75歳で、あなたは後期高齢者になりました。天引きします」とやられると……。その配慮がなかった。

 --低所得の方々の負担軽減や、運用の改善で国民の批判は収まるか。

 尾辻--名前も変えた方がいいでしょう。後期高齢者というネーミングはやはり感情を刺激したと思います。せめてシルバーとか。

 小泉内閣時代の諮問会議を中心とする自己責任、つまり国はあまり面倒を見ないよというような印象が、「国は一生懸命国民の老後も考えてくれている」と変われば、国民の怒りも収まるのかもしれません。福田康夫首相もお気の毒です。いわば小泉政治のツケの責任を問われている。一方で、今でも小泉さんは人気で、国民には小泉さん再登板待望説もあるとか。不思議です。

 --尾辻さんは、6月に出される「骨太の方針08」で2200億円削減の見直しを求めているが、見通しは。

 尾辻--分かりません。私の印象ではとても楽観はできません。かりに削減が見直されても、少子高齢化の今、何の手も打たないでいればいずれ「国民皆保険はあって当然」ではなくなる。私は、今度のことは良かったと思っています。これだけ健康保険制度に国民の関心が集まって議論の機会ができたんですから。

 <聞いて一言> 国民皆保険を守るためと言うが、「後期高齢者診療料」の新設など、高齢者の健康より医療費の財政負担削減を優先する仕組みが目立つ。「命の問題」なのに、郵政選挙での大勝を背景に、国民の声を十分聴かずに衆院で強行採決した結果が今の混乱だ。国民は個別の制度を評価しているのではなく、公的年金改革が迷走し、物価上昇で年金も目減りする中、介護保険料も上がる現状に怒っている。「きちんと説明すれば理解を得られる」とは思えないのだが……。

==============

 ◇「夕刊特集ワイド」へご意見、ご感想を
t.yukan@mbx.mainichi.co.jp

ファクス03・3212・0279

==============

 ■人物略歴

 ◇おつじ・ひでひさ
 鹿児島県議を経て、1989年の参院選で比例代表で初当選。04年9月から05年10月まで厚生労働相。当選4回。




でもね、

>◇骨格は間違っていない

ってどうかと思いますが(笑)。




まあ、

「間違っている」

と言ってしまうと、

自分の責任も出てくるでしょうしね(笑)。





(1)参考図書です。

「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる
(2007/04/12)
関岡 英之和田 秀樹

商品詳細を見る
関連記事

コメント

経済財政諮問会議が悪い

それは当たり前ですが、それを後押ししているのがアメリカ政財界からの年次改革要望書なのですが報道されませんね。アメリカ大使館のページに和訳してまで載ってますね。彼らの政策を支持して投票した国民は馬鹿だと思います。

いつも見てます。

政府がアメリカ型医療への方向転換を推進していく限り、日本の医療に未来はないのでしょうか?

これとは別件ですが、とっても笑える意見があったので、お時間があったら是非ご覧ください。
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/o/134/index.html
非公開コメント

トラックバック

崩壊!ニッポンの医療 週刊朝日

(関連目次)→医療政策 目次  医療崩壊特集 過労死目次 医療安全と勤労時間・労

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -