スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「厚労省、輸入新型ワクチンを廃棄 214億円分」


雰囲気で

”医療費上げたぞ!”

と言いながら

100億円しか上げなかった

ミンス。





新型インフルワクチンには1000億円以上

突っ込んで、

現場には全然金を出さない。

儲けたのはワクチン会社だけで、

今回、捨てたワクチンだけで

200億円以上。





日本のワクチン行政は

世界の三流、

麻疹の輸出国、

と言われていますが

ようやく

こんなドタバタで

再度脚光を浴びてきているようです。










厚労省、輸入新型ワクチンを廃棄 214億円分

2010/10/12 20:52 【共同通信】

http://www.47news.jp/CN/201010/CN2010101201000438.html

 厚生労働省は12日、今年2~3月に輸入したが使われずに有効期限切れとなったスイス・ノバルティス社製の新型インフルエンザワクチン約1660万回分(約214億円相当)を廃棄したと発表した。廃棄作業は同社が実施したため、廃棄にかかった費用を国は負担しなかったという。

 昨シーズンに調達された新型インフルエンザワクチンは、英グラクソ・スミスクライン社製と国産合わせてまだ約7900万回分が残っている。

 これとは別に、使われないまま全国の医療機関に在庫として残っていた国産ワクチン約239万回分については、9月に卸売り販売業者が引き揚げ、最終的にメーカーが買い戻す予定だ。

 厚労省は「今回のワクチン供給における問題を内部で検証し、今後の体制構築に生かしていく」とコメントしている。





>今回のワクチン供給における問題を内部で検証し、今後の体制構築に生かしていく



検証する気も、

検証する議事録もない

お役所がよく言います(1)。







日本の医療現場は

相変わらず世界最高ですが

まったく報道されていないのは

なぜでしょう?




新型インフルエンザという

未知の疾患に対して、

日本医療は世界最高の対策を行い、

死亡率は欧米の10分の1以下だった、

となぜ報道しないのでしょう?






ま、このことを見るだけでも

いかにマスコミが

医療憎しで報道し、

医療を正当に評価する記事を書かないか

医療に対するいい評判の記事を書かないか、

よくわかります。




医療に対するいい記事というのは

僻地の医師が死ぬまでこき使われている、

とかいう奴隷記事ばかりで、

全体として日本医療が優れいているという

記事はほとんどまったく目にしたことがありません。




日本で医療に対する

マスコミの正当な評価を得ること自体が

不可能なんですね。





というわけで

検証もされず、

報道もされず、

静かに国はワクチン

200億円破棄、

ということになっています。








(1)
■開業つれづれ:インフル、なんかわかんねーけどカネ出しました。1000億 「新型インフル諮問委、記録残さず=首相に答申の専門家会議-非公開の10回検証困難」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1311.html












関連記事

コメント

NoTitle

医者なんて儲かっている「はず」だから、多少重労働になったところでかまわんだろう、という雰囲気がアリアリですな。

ちなみに、残りの7900万本も廃棄される運命です。
誰も見向きもしません。

そんな中、HPVワクチン、Hibワクチン、PCV7に対する助成を行うと発表しましたが、半分は自治体負担。
現時点では、「公費定期接種」ではなく、あくまで「任意接種の費用補助あり」でしかありません。

おまけに子ども手当は収入制限なしで播いたくせに、こちらは収入制限をつけるなどとほざいております。
全ての子供に必要なワクチンは制限あり、お金持ちにはこづかいにしかならない手当は制限なし。どこか間違ってませんか?

ところで、インフルエンザワクチン接種、いつまで「無法」状態で放置するんでしょうね>民主党
去年の特措法は9月一杯で期限が切れており、現状は「厚労省次官通達」で延長しているだけで、あくまで「恣意的に特措法が続いているものと解釈する」というだけです。

まともに国会での法案提出がされる気配もない現状では、とてもではありませんが「議会民主主義国家」とはおもえません。

つまり

「厚労省次官通達」で延長しているだけで>

法的根拠は何もないということですね?

ミンスの言い分
「金はばらまくけど、それを医療に使おうとパチンコに使おうと自由だ」
ミンスにマトモな政治を期待するだけ無駄でしょう。

大体、ミンス支持の最大団体である朝鮮民団は、税金払わず在日特権だらけ。子供手当を親が使い込んでもワクチンは公的扶助で無料。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。