スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「ノーベル化学賞 お家芸カップリング 日本の層厚く」


今年もノーベル化学賞を

日本人2人の先生が

受賞されました。



おめでとうございます。








ノーベル化学賞 お家芸カップリング 日本の層厚く

毎日新聞 2010月7日(木)2時39分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101007-00000001-maip-soci

 医薬品や次世代照明と期待される有機EL(エレクトロルミネッセンス)など、私たちの生活を支える数々の製品を生み出す原動力となる化学反応を考案した鈴木章・北海道大名誉教授(80)と根岸英一・米パデュー大特別教授(75)を含む3氏に、ノーベル化学賞が贈られることになった。化学反応を促す仲介役(触媒)に金属を利用し、不可能と思われていた有機化合物を自在に結びつけ、新たな性質を持つ物質を次々と生み出した。社会に大きく貢献した「縁の下の力持ち」ともいえる発見で、日本の有機化学の層の厚さを示した。【八田浩輔、河内敏康、永山悦子】

【日本人ノーベル賞受賞者の軌跡】化学賞は7人に

 ◇60年代から発見次々

 世の中にある100あまりの元素を組み合わせ、有用な物質を作り出すためには、化学反応によって元素や化合物同士を結合させることが必要だ。ただし、炭素が骨格となっている有機化合物を結合させることは難しい。

 今回の受賞対象となった有機合成反応は、有機化合物を効率よくつなぎ合わせたり、分離させることを可能にする技術だ。3氏の受賞対象となったパラジウムなどを触媒に使った化学反応「クロスカップリング」は二つの有機化合物を自在にくっつける「のり」といえ、有機合成に新たな時代を築いた。

 この分野は、日本が世界を先導してきた「お家芸」といえる。70年代、多くの日本人研究者が、パラジウムやニッケルなどの金属を触媒に用いたカップリングの研究に傾注した。きっかけは、玉尾皓平(こうへい)・理化学研究所基幹研究所長(67)らが72年に発表したニッケルを触媒に使ったクロスカップリングだ。その後、望まない副生成物ができるのを抑えるなど、改良が重ねられ、日本人研究者の名前を冠した化学反応が次々と生まれた。

 今回受賞したリチャード・ヘック米デラウェア大名誉教授(79)の化学反応も、研究者の世界で「溝呂木・ヘック反応」とも呼ばれる。「溝呂木」は故・溝呂木勉・東京工大元教官のことで、溝呂木さんがヘック名誉教授の1年前に発見した反応だった。

 玉尾さんの発見にヒントを与えた山本明夫・東京工大名誉教授(有機金属化学)は「当時の日本の研究室は、資金や機材などが潤沢ではなかったが、有機化学の研究者の層が大変厚かった。最初にやったという点では、玉尾さんが入ってもよかったのではないかと思うが、今日の3人の組み合わせは、応用に対する価値をより重視したように思う」と指摘する。小林修・東京大教授(有機合成化学)は「これらの発見は歴史が古く、世界中でいろいろな分野で使われている。その点が高く評価されたのだろう」と話す。

 玉尾さんは「日本人研究者お二人は、いろいろな金属が触媒として使えることや、幅広い条件で使える反応を作り出したことが評価されたのだろう。日本の若い研究者に勇気と元気と希望を与えた」とたたえた。

 3氏の受賞理由となったパラジウムを触媒に使う有機合成反応は、現代の産業利用の中心となっている。その礎を築いたのは、辻二郎・東京工大名誉教授(83)だ。辻さんは60年代、世界で最初に炭素同士の結合の触媒にパラジウムを使った。一方、パラジウムは希少な金属のため、最近は鉄を触媒に使うクロスカップリングの研究が進み、日本人研究者も熱心に取り組んでいる。小西玄一・東京工大准教授は「まだ鉄はパラジウムの域には達していないが、今後の発展に期待したい」と話す。

 ◇医薬品から液晶まで、生活密着の基礎技術

 鈴木さんと根岸さんが新たに開発した化学反応(クロスカップリング)は、医薬品や農薬などの製造に幅広く活用されている。例えば医薬品では、強力な血圧降下剤「バルサルタン」や、農薬では「ボスカリド」の合成などに大規模に用いられている。近年は、巨大プラントでこの反応を使って大量生産されている。鈴木カップリングを使った医薬品だけでも年間1兆円近くの売り上げがあるとみられる。

 医薬品では、病気の原因となるたんぱく質の働きを抑えたり、促進する化合物探しが新薬開発の鍵を握る。現在、多くの製薬会社は、研究の最初の段階で、この反応を使い、化合物の一部を取り換えるなどして、薬として有用かどうか評価する作業を繰り返している。今回の手法の開発を受け、90年代以降、機械的にさまざまなタイプの化合物を一括して作る技術が発達、飛躍的に大量の化合物を作り出すことが可能になり、新薬候補となる物質が広がった。また、この反応に使う試薬を販売する専門のベンチャー企業が出現し、産業分野にも変革をもたらした。

 電子産業に与えた影響も大きい。例えば、電卓の液晶パネルに使われる化合物の「ペンチルシアノビフェニール」や、有機ELの材料の製造にも大きく寄与している。東京大の佐藤健太郎・特任助教(有機化学)は「資源の少ない日本では、こうした新技術の開発が生命線と言ってもいい。鈴木、根岸両氏が編み出した手法は、こうした製品の製造を下支えする重要な基礎技術になっている」と話す。






それにつけても、

理系の研究に関して

本当に国は何を考えているのか。




文系脳が跋扈していますが、

クリエイティブな理系の技術がなければ

日本は技術立国として成り立ちません。



しかし、

あらゆるところに”社会主義国家”

として文系優遇の網の目が張り巡らされています。






医学分野に限っても

大学に残る人間を減らし、

地方大学を独立法人化して

予算を減らし、

臨床研修を必須にしたことで

研究に接するタイミングを

単純に2年遅らせることになって、



どんどんと医学系の研究者にとっては

悪い改革ばかりが行われています。






日本の医学研究は

近い将来、地に落ちるでしょう。

日本の文系脳には

それがわかっていないようです。






一方、

お隣、韓国では

金大中(キム・デジュン)元大統領の

ノーベル平和賞一本のみ。





【噴水台】ノーベル賞の季節


2010.10.05 15:08:55 中央日報/Joins.com

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=133590&servcode=100§code=120



1995年9月、金泳三(キム・ヨンサム)大統領は「ノーベル賞に対する国家戦略的挑戦」を宣言し、高等科学院の設立を電撃発表した。 これを通じて韓国の基礎科学レベルを「2010年までに科学技術7大先進国に高める」という意欲的な目標も提示した。 翌年、数学・物理学・化学・生物学・経済学分野の創造的科学人材を養成するため、高等科学院をスタートさせた。 あれから15年が過ぎた今、基礎科学が一朝一夕になるものではないという点だけを確認させてくれている。 科学者を「オリンピック選手村方式」で育成しようという試み自体が最初から誤った発想だ。 何かと騒がしかった金大中(キム・デジュン)元大統領の平和賞受賞があるが、基礎科学・経済学分野で韓国は依然としてノーベル賞の不毛地として残っている。

ノーベル賞に関する限り、ユダヤ人は独歩的だ。 1901年に始まったノーベル賞の歴史で、昨年まで団体と機関を除いて栄誉を抱いた個人(共同受賞者含む)は計806人。 このうち4人に1人(184人)がユダヤ人だ。 米国国籍の受賞者は282人であり、3人に1人以上だ。 特に梅毒の治療剤を開発したエールリッヒ、相対性理論のアインシュタインなど医学・化学・物理学で頭角を現した。 69年に新設された経済学賞はサミュエルソンをはじめ、受賞者のおよそ半分が米国国籍のユダヤ人だ。

全世界の人口68億人のうち1%にもならない1400余万人のユダヤ人がノーベル賞を多くを占める理由は何か。 外交官出身の朴宰善(パク・ジェソン)教授は著書『ユダヤ人パワー』で、ユダヤ人の歴史と教育を取り上げた。 過去ヨーロッパで十数世紀にわたる迫害と追放に苦しみ、ディアスポラを経験したユダヤ人は、1カ所に定着して基盤を築く農業や生産業に従事するのが難しかった。 頻繁な移動と生存本能は‘頭’、すなわち頭脳の開発に依存することになった。 ここにハードウエアよりもソフトウエアを重視する実事求是の教育が加わったという分析だ。

ノーベル賞の季節がまた来た。 4日の医学賞から来週初めまで物理学・化学・文学・平和・経済学賞の受賞者が順に発表される。 新しい政権が誕生する度に「科学ノーベル賞」を叫ばれてきたが、空念仏だった。 教育や国の政策など何かが誤っていたのは明らかだ。 「想像力は知識より大切だ」というアインシュタインの言葉からうっすらと答えをさがすことができる。 必ずしもノーベル賞が欲しいからではない。 科学技術の進歩がなければ国の未来も暗い。

高大勲(コ・デフン)論説委員







いずれ、

近い将来か遠い未来かわかりませんが

韓国人もノーベル賞を

取ることになるでしょう。







ただ、

そのときの大騒ぎと

「どうだ、取ってやった」

という感じを想像すると

ちょっと胸やけしそうです。





















関連記事

コメント

NoTitle

いまの日本人ノーベル賞受賞者の授賞理由は殆どが高度成長期の研究ですよね。
1990年代以降は建前はどうあれ日本は実質的に「技術立国」を捨てましたから、今後はどんどん受賞者が減ると思います。

どこぞの大臣が「日本が技術を大事にする国だということが認められた」なぞとほざいてますが、おたくの党の議員たちが寄ってたかって「無駄」と言ってのけてますよ>科学技術の研究費。

一度日本の理系大学研究機関の教室をのぞいてみてください。その上で、アメリカの同じようなところも行ってもらいたいと思います。
大量のスタッフを雇い入れて最新の設備で研究を進めるアメリカと、ゼミ生や教室員が、もうメンテナンスもできるかどうかわからないような古い設備で、お金のかかる試薬・試料も使えず細々と研究をしている日本との落差にびっくりすると思いますよ。
ときどきPC-9801(無印)が現役だったりしますから(w

これで科学技術立国とは、笑わせます。

某帝国大学の○×研究室かな?
いやいや 大学に人はいませんよ マジ。
なんでか?

大学の研究費を稼ぐため大学院生は大学から外で働き金を納めるよう指示されていますから。授業料は払った上で。

だってこれは、その仕事先から書いている
私は隣国は大嫌いだけど、研究に関しては、羨ましいです。

国際学会に行くと、貧乏な日本人と裕福な中国韓国人の図がありますから。

ミンスは日本自体もそうしたい様子。

半島のノーベル賞

受賞者の胸像台だけが
無数に(目算不能)林立してる光景を
拝見したことがあります。
もちろん 胸像はゼロ。

金銀タマでしたっけ・・・次の独裁者・・
彼の 平和賞が 最有力候補 だべ
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。