スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:朝日の医療叩き 「訴訟手続き10年放置」 ”お気の毒”の連鎖


がん告知しても訴えられ、

がん告知しなくても訴えられ、

いったい医療関係者はどうしたらいいのでしょう?




しかも、

弁護士、専門家が

そろって

>損害賠償は無理

>「裁判は無理」


って言われているのに

アカヒだけは

>告知を巡る訴訟はできたはずだ。

なんて言い出す始末。




どうしても

医療訴訟を起こさせたいのでしょうか、

この新聞社は。











訴訟手続き10年放置

asahi.com 2010年09月18日

http://mytown.asahi.com/yamagata/news.php?k_id=06000001009180002

 11年前にがんで夫を亡くした天童市の女性(52)が「末期がんであることを告知されず、精神的苦痛を受けた」として病院側に損害賠償を求める裁判を起こそうとしたが、代理人となった弁護士が10年近く手続きを怠ったまま放置していたことがわかった。弁護士は「弁解の余地はない」と謝罪する一方で、提訴は断念。その後、民法上の時効(10年)で請求権を失った女性は「信頼した医師に裏切られ、弁護士にも裏切られた」と憤っている。

 女性の夫(当時40)は1999年6月、山形大医学部付属病院で死亡した。女性によると、98年12月末に肺がんの手術を受け、約2週間後に退院した。執刀医は「手術は大成功だった」「転移はない」と明言したという。だが夫はすぐに不調を訴え、99年3月末の超音波検査で膵臓(すい・ぞう)にしこりが見つかり、再入院した。

 女性は病状を何度も尋ねたが、医師は「転移かどうかは分からない」の一点張りだったという。5月にいったん退院したが、すぐ再々入院し、約2週間後に亡くなった。

 死亡診断書の死因は「肺がん」だったが、医師は死亡直後に「あまりに容体が悪く、本当のことを言えなかった」と明かしたという。女性は「末期の膵臓がんとわかっていたはずだ」と考えている。

 「医師は『いい方向にいっている』と言い続けていた。余命を告知してくれたら、死に向かう日々をもっと充実して過ごせた」と悔しがる女性は同年11月、「本当のことが知りたい」と、山形市の佐藤欣哉弁護士に相談。五十嵐幸弘弁護士を紹介され、損害賠償を求めることを決めた。

 五十嵐氏は翌2000年、山形地裁に病院のカルテやレントゲン写真などの証拠保全を申請して認められたが、その後、女性への連絡が途絶えたという。「『こちらから連絡する』という弁護士の言葉を信じて待ち続けた」という女性は、昨年2月に五十嵐氏と面会。「損害賠償は無理と判断したので、連絡しなかった」と釈明されたという。

 事態を知った佐藤氏は昨年4月、山大学長に損害賠償請求する旨を通知し、時効とならない措置を講じた。だがその後、専門医の知見などから改めて「裁判は無理」と判断。五十嵐氏を紹介したことについては女性に謝罪した。

 朝日新聞の取材に、五十嵐氏は「訴訟は無理だと早く言うべきだったが、お気の毒過ぎて告げられなかった。今後も誠心誠意、対応していく」と述べ、訴訟を断念した理由については「膵臓がんを見つけていたとしても延命はできなかった」などと説明した。

 山大病院は「個人情報」を理由に取材に応じていない。

 ▽ 「がん告知」のあり方検証する意義あった

《解説》
 末期がんの患者や家族への「告知」の是非を問う裁判の機会が失われた。遺族の代理人の弁護士が「告知をしなかった」病院を相手取る訴訟準備をせず、遺族への連絡を忘れていたためだ。弁護士は「資料を分析した結果、訴訟は無理と判断したが、気の毒で告げられなかった」という。その思いはわからなくないし、ミスを一方的に責めるつもりもない。

 だが本当に訴訟は無理だったのだろうか。医療過誤としての訴えは難しくても、告知を巡る訴訟はできたはずだ。

 がん告知訴訟は、当時から各地で起きていた。患者・遺族側の勝訴例も多く、最高裁は2002年9月に「医師が本人に告知しない場合、家族への告知の適否を検討する義務がある」との原則を示し、「検討しなかった」病院側に慰謝料の支払いを命じた。

 手続きを10年放置した揚げ句に「訴訟は無理と判断していた」と言われても、説得力はないと言わざるを得ない。

 告知されて自殺した患者の遺族が病院を訴えたケースもあり、告知のありようは、医師と患者・家族にとって難しい問題であり続けている。10年以上前の「事件」だが、裁判で検証する意義は十分あったのではないか。(三浦亘)







>すぐ再々入院し、約2週間後に亡くなった。




医療側も、

>医師は死亡直後に「あまりに容体が悪く、本当のことを言えなかった」




(弁護士)

>五十嵐氏は「訴訟は無理だと早く言うべきだったが、

>お気の毒過ぎて告げられなかった。


というあまりにも

お気の毒すぎて

どうしようもないケースのようです。







その上、ストーリー上は

弁護士の怠慢を

叩くのが筋であるはずなのに、

”なんで医療訴訟を起こさない”

”がん告知のあり方を検証する意義あった”

と相変わらず

アカヒはあさっての議論。




問題は、

「一部の弁護士は非常に対応が悪く放置したり

守銭奴のようにふるまっている」

ということです。






空前の「過払い利息の返還請求」という

特需に弁護士は沸いていましたが、

CMで宣伝売っている弁護士事務所は

当然、親切でやっているわけではなく

金銭的においしいからやっているわけです。





武富士が倒産しましたが

その資産の多くは

弁護士に移動したはずです。



もちろん過払いした本人にも

行ったでしょうが、

またかなりの確率で借金するでしょうから

同じことです。





そんな弁護士の構図がありながら

いまだにマスコミは医療叩き一辺倒で、

「がん告知しないなんて信じられない」

「訴訟すべきだったのに」

という論調になるわけです。







なんで

「告知がないなんてひどい」

というだけで、シンプルに

「ひどい弁護士」

という意見が出ないのでしょう?








いま、医療現場では

どんなに末期でお先真っ暗で

夢も希望がなくても

訴訟が怖いので

躊躇なく、はっきりと

「あなたはガンです」

と言うようになっています。







それが

朝日のお望みのようですから

そんな医療になっているわけです。





この件で朝日が

なぜ弁護士ではなく

医療を叩くのか

その神経回路が

私にはよくわかりません。

















コメント

NoTitle

弁護士は法律の専門家であり、新聞で叩くと逆襲される恐れがあります。それに比べ、医師(病院)は「個人情報保護」で縛られて言いたいことも言えなくなってますから、叩きたい放題です。

医師(病院)がミスをした、と報道しても、ミスではない、と経過を示そうとしても、個人情報をオープンにしちゃダメじゃないか、と責められるので、報道を否定することすらできません。
両手両足を縛られて亀田兄弟のタッグを相手にリングに上げられるようなものですね。やられたい放題。

おまけに、自分たちは実名報道などで、個人情報保護よりも社会的に実名を出した方が意味がある、なんてよくわからない屁理屈で好きなように報道できるわけですから。

叩きやすいものを叩く、という点では、朝日はマスコミの王道を貫いてますね。

つまり、

喰いっぱぐれそうな量産型弁護士とタッグを組めばいいんですねw

褥瘡切除、抜糸もOKらしいです

看護師の医療行為拡大、医師も前向き 厚労省調査
http://www.asahi.com/health/news/TKY201009280164.html

医師が行う診断や治療の多くを看護師がしており、医師・看護師ともに看護師の業務を広げることに前向きであるという実態が、厚生労働省の調査でわかった。~~医師や看護師(計4万8千人)を対象にインターネットで実施~2割近い8104人が答えた。 ~単純X線撮影の実施時期の判断や褥瘡(じょくそう)による壊死(えし)部分の切除、人工呼吸器を着けた患者が自発呼吸に戻るための計画作りなど。これらは医師・看護師とも50%以上が実施は可能だと答えた。
~~~~~~~
おおざっぱに言うと、たった2割の回答回収しかできていないアンケートで特定看護師の業務範囲を定めるってことなんでしょうか。低血糖患者にブドウ糖投与というのは医師に指示をもらう時間さえもロスなので当然実施されるべき行為(低酸素患者発見→酸素投与開始してDrコールと同じ)だと思いますが、今後、「特定看護師じゃないのでブドウ糖投与できません!」な~んて病棟が出現するのでしょうか・・・

基本的に外科系の先生方がNP導入に積極的なんですが、ホントウにそれでいいんですかね>??

医療訴訟

こんにちは。

難しい問題ですね~。

海外の事例なんですが医療ミスしても訴えられないコツというのを以前テレビでやってました。

書くと長くなるので簡潔に言うと、
十分な説明だそうです。

殆んどの遺族はミスより対応の悪さが気に障り訴えるのだそうです。

よろしければ

毎日新聞ばかりが医師バッシングを揶揄されますが、
読売、朝日、テレビすべて医師不信をせっせと
昔も今も、醸成し続けています。
ぜひこちらもご覧ください。
一般向けを狙っていますが、医師の方も大歓迎です。
http://blog.livedoor.jp/tttt1967/archives/1136687.html
http://blog.livedoor.jp/tttt1967/

店主

連投すいません

連投で宣伝お許しください。
告知に関しては告知してもしなくても叩くのは困ったものです。患者を思いやって、真実を話さないのがかつての
主流でしたが、それは医師の傲慢、パターナリズムと批判をしていたのは、マスコミでしたね。言い方の問題、信頼関係の欠如が背景にありますが、どう転んでも医療は時として患者側にとって否定的な情報も伝えねばならない、その否定的な情報は医師が悪いわけでは決してありません。
結局マスコミも患者側もどうしたいのかわからないのでしょう。このあたりは以下もご参照いただければ幸いです。http://blog.livedoor.jp/tttt1967/archives/591677.html
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。