スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:小児科・産婦人科 ワースト更新中 「小児科は52病院減…09年前年比、厚労省調査 」


新聞も精神分裂的な

(と書いて怒られるなら

”統合失調的な”

とでも言いなおしましょうか)





バラバラじゃダメだから統合しろ、

医師を集めて高度医療を行わないと

病院に医師が1人しかいないと

福島大野事件みたいになっちゃうぞ、

と言ってみたり、

逆に医師を計画配置しろ、

医師の居住の自由なんて無視、

全国に広く医師を配置すべき

という超社会主義的なことを主張したり、

真逆のことを一緒に主張するマスコミという人種は

頭の中、一体どうなっているんでしょう?










小児科は52病院減…09年前年比、厚労省調査


2010年9月23日 読売新聞

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=31184


 厚生労働省は22日、2009年の「医療施設調査・病院報告」の概況を発表した。09年10月現在、小児科を設置している病院は2853施設、産婦人科・産科は1474施設で、

ともに1990年以降で最低となった。

 仕事の厳しさや訴訟リスクの高さが指摘される小児科や産婦人科・産科の減少傾向に歯止めが掛かっていない実情が改めて浮き彫りになった。

 調査結果によると、小児科は前年比52施設減少、産婦人科・産科も同22施設減った。90年と比べた減少率は、小児科が約30%、産婦人科・産科は約40%となっている。病院自体は、精神科病院と結核療養所を除いて7655施設で、前年比59施設減、90年比では約15%減だった。

 一方、人口10万人に対する病院の医師数を都道府県別で見ると、最多は高知県の218・3人で、最低は08年に続いて埼玉県の103・5人だった。

[解説]小児科減 医師偏在、対策手つかず

 今回の調査は、医師不足や医師の偏在問題を解消する対策がいまだ不十分で、なかなか効果に結びついていないことをうかがわせる。

 産婦人科や小児科といった激務の診療科を中心に医師不足が指摘されるようになって久しい。国は医学部定員を増員したほか、診療報酬を手厚くしたり、新人医師の臨床研修制度で都道府県ごとに募集定員の上限を設けたりするなど、ここ数年、具体的な対策を実行してきた。

 ただ、診療科や地域による医師の偏在を是正するには、どこにどれだけ医師が不足しているのか把握し、バランスよく人員を配置する必要があるが、その方策は実質的にはほとんど手つかずといっていい。厚労省は適切な医師確保策を具体化することが急務だ。(医療情報部 高梨ゆき子)








結局は

どんどん医療裁判をやって

どんどん医師たたきの報道をして

いったものだから、

少人数の余力のない

365日当直体制の病院からは

医師を引き上げ

医師は複数人集まって

医療能力を高めているのです。




さらにはマスコミ報道によって

全国に吹き荒れた

白い巨塔反対、

病院医局反対、

医局解体という

流れで大学医局がバラバラになり

医師を僻地に半強制的に派遣するシステムが

崩壊しました。






これがマスコミによる

医療叩きの結果です。





マスコミの誰が責任を取ったのでしょうか?

行政の誰が責任を取ったのでしょうか?






我々医師がどれほど言っても

「既得権がそれほど惜しいのか」

といわれて

命をかけて医療をやってきた医師の

心がぽっきりと折れていきました。






現時点の病院数の減少は

伸びきった戦線を縮め、

一つ一つがより機能アップしたものですから

単純に病院数だけ減った、

とは考えてはいけません。





ただ、

エコカー補助金なる

5000億円以上の

莫大な税金投入に比べると

医療は実質ゼロ改定で

ほとんど変化がありません。





このまま無策では

本当に大事な拠点まで

陥落していくことでしょう。





歯科医師同様、

ワーキングプア医師が

大量生産され、

20歳台で開業しないと

借金すら返せない医療システムになれば

日本医療は死に絶えることでしょう。























関連記事

コメント

河瀬直美監督 玄牝 -げんぴん-

チェック:『七夜待』の河瀬直美監督が、今まで連綿と続いてきたお産という普遍的な題材に取り組んだドキュメンタリー。現代医学の技術を取り入れつつも、昔ながらの自然なお産を後押しする愛知県にある産院の四季をカメラがとらえる。出演者は、これまで50年近く2万例以上のお産に立ち会ってきた吉村医院の院長吉村正と、そこに集う妊婦やその家族やスタッフたち。生き生きと立ち働きながら出産を待つ未来の母親たちのまぶしい笑顔に、希望が宿る。

ストーリー:愛知県岡崎市にある産婦人科、吉村医院に併設するかやぶきの古民家に次々と妊婦たちが集まって来る。この医院の院長の吉村正は、半世紀にわたり自然なお産に尽力してきた人物で、彼を慕ってやって来る妊婦たちは後を絶たない。普通なら特別扱いされそうなおなかの大きな妊婦たちも、ここでは当然のようにまき割りをするなど、よく働いている。

http://www.cinematoday.jp/movie/T0009295

吉村医院が量産の暁にはっ!

demianさん、解説付けないと。

http://ameblo.jp/takami-yoshimoto/entry-10483680869.html

吉村医院じゃ帝王切開もしないで、

>子宮から逆子の赤ちゃんのお尻が指で触れる位の所にまで降りきたのですか、その後お産がいっこうに進まず、約36時間以上、陣痛を耐え抜きました。

>でも結局最後の最後に赤ちゃんを産む陣痛の力が足りず、豊田記念病院に救急車で搬送され、その頃は4、5分間隔で陣痛があったのですが。陣痛促進剤を使い、経膣分娩で逆子を出産しました!

マジ基地。
豊田記念病院の先生方、そんな狂った症例ばかり投入されて、ご愁傷様です。

うわぁ

http://ameblo.jp/takami-yoshimoto/entry-10483680869.html
Y医院がいいんじゃなくて豊田総合病院がいいんじゃないの?
コメント欄滅茶苦茶
もうちょっとだけきちんと何が有ったのかしっかり考えて欲しいです
よく産科の医師なんてやって居られますね
10年ドロッポ先生が色々いうのもなんとなくわかるような気がします

そこにはまりこんでいるとそれが自然でも、少し引いて冷静に見てみると狂気にみえることって有るけど、これもその一例だな。

連投失礼します

小児科にレジデントが残って頑張ってくれるのは、素直に嬉しい。決して面と向かっては言わないが、オーベンに「小児科、〇〇先生ゲットだぜぇい」と言いたくてうずうずする。、笑わないように我慢するのが一苦労だ。

ウルトラマンの娘

この人、アメリカ人と結婚したと思ってたけど、もう次のと結婚して出産してたのね。
コメ欄がメンヘラばっかなのは、承認制だからですね。
わっかりやすぅーww

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃじゃーんw

>豊田記念病院の先生方、そんな狂った症例ばかり投入されて、ご愁傷様です。

ゆりあ様(様付けだと南斗最後の将!って感じでなかなかイイですねw)もご指摘ですが、こんなのの尻拭いを唯々諾々とやってる時点で大概狂ってますってw。基地外どうし、ウマが合うんでしょうなww

>そこにはまりこんでいるとそれが自然でも、少し引いて冷静に見てみると狂気にみえることって有るけど、これもその一例だな。

豊田記念病院の先生方の事ですねよくわかります

rokutan

>国は医学部定員を増員したほか、診療報酬を手厚くしたり


ええ、オカモト株式会社のゴム製品より分厚い診療報酬増額でした。

Y医院

以前テレビでY医院の事を取り上げた時、ああこうやって出産直前まで身体を動かしていた方が安産になるんだなぁってその時は思いました。
でもインターネットが普及してCMSとしてのブログが盛んになって医師からの情報発信が盛んにになると
アレアレ?なにか変だぞ?
てなったのに
http://ameblo.jp/takami-yoshimoto/entry-10483680869.html
の方もそうですが、
Y医院では「帝王切開」ひとつできません。
能力が無いのかもしれません。
主義主張として「帝王切開」を拒否しているのかもしれません。
それに気になったのは「Y医院」には感謝しているけど
あなたがお子さんを健康に出産できたのは
「豊田記念病院」の産科の先生方・スタッフのおかげです。
感謝すべき相手を間違えています。

こういう事例って本当はもっとあるんじゃないかな?
近くの豊田記念病院が「尻拭い」をしている事例。

とりあえずコメントを残しておけばY医院みたいなキラーパスを出す産科もどきや助産院を牽制できるかもしれないので、
もう一度コメントします。

中間管理職先生お手数をお掛けします。

ドロッポ様

私は「その場にはまりこんで~」のコメントを、豊田記念病院のことには、特定していません。


確かに逃げるのは簡単です。(((・・;)逃げるが勝ちかもしれませんね。でもそこで逃げないで戦って いることは、「覚悟」だと思っています。

「冷静に引いて見たら、狂気に見える」ということは、以前にも書き込みしたことがありますが、医療に限ったことでなく、カルトや、似非セラピスト、いかがわしいテラピー全てに渡って言える事だと考えています。

しかし、医療者の皆さんも、病院にばかりこもってないで、自分の部屋に帰ってシャワーを浴びてさっぱりしたり、美味しいものを食べたり、ということを大切にしてないと、生活感覚から解離してしまって、患者さんに「治療」という狂気を押し付けてしまいかねないですよ。

本文を読み

既に開業は29か30でやらないと、開業資金は回収できないようです。

耳鼻科や皮膚科ではなく、内科でもそれぐらいで開業してますね。

ホンマに知り合いが内科開業した時はびっくりしたけど。

逃げない奴はよく訓練された奴隷医だーっつ!

露払い様、
>でもそこで逃げないで戦って いることは、「覚悟」だと思っています。

愚かな奴隷医を「覚悟」等とゆー美辞麗句で飾るのは日本語への侮辱ですw
有名なコピペなんでご存知かもしれませんが、以下引用。

学習された無力感というのがある

『犬を縛り付けておいて、電気ショックを与え続ける。
最初のうち、犬は必死で もがくが縛られている為に電気ショックから逃れる事が出来ない。
これを数週間続けるうちに犬は「自分は無能で何をやってもムダだ」という感覚が植え付けられ、
そのうち 電気ショックを受けてももがかなくなり、ひたすら衝撃をガマンするだけになった』
これを心理学では「学習された無力感」と言う。

『極度の無気力状態に陥った事が確認された後、セリグマンは犬の縄をほどいて逃げられるようにしてやったがそれでも犬は黙って電気ショックを与えられるがままで逃げだそうとはしなかった。努力をムダだと信じ込んでしまった為「逃げる」という選択肢を失ってしまった。
そしてセリグマンは犬を抱き上げたり押したりして 電気ショックを受けない所まで動かしてやり「逃げれば助かる」という事を再度 学習させた後、再び元の場所に戻し電気ショックを与えた。
犬は逃げれば痛くないと 判ったはずなのにやはり動こうとはしなかった。
一度無気力状態になった犬はさっき痛くなかったのは誰かが助けてくれたせいで、自分では何も出来ないと信じていたのだ』

ドロッポ様

それは愚かな奴隷医の話しではなくて、負の条件付けが習い性となり、「もうできない」と自らに限界を課してしまった結果、可能性があってもそこから動けなくなる話しで、それ以外でも、「蚤」→蚤にガラスの覆いを被せる→しばらく経過→その覆いの高さしかジャンプしなくなる。「サーカスの象」象をつなぐ→もがく→逃げられない→つなぎ止める鎖がなくても逃げられないと思う。という例もあります。

愚かな奴隷医→みんな辞めたら、(((・・;)日本医療はどうなるんだよ。(・_・;)それに、偏差値が高くて医学部しかない(^。^;)人もいるし。

DV夫と別れられない妻って、

例示もありましたね。本人は「ここまでして夫に尽くす私ってステキw」って自己陶酔モードなんでしょうけど傍からは愚かと断じざるを得ません。
>それは愚かな奴隷医の話しではなくて、

奴隷医どもの心境と境遇に非常によく相関しておるように思われるのですが。
まあ私はドロッポして長くて、リアルでは奴隷医ドモとはすっかり没交渉なんで何か他のもっと高邁なアレがあるとか、重々承知の上でそれでもやってるとかそういう可能性は確かに否定出来ません。自分を騙している可能性はもっと否定出来ないケドw

まあ何はともあれ、奴隷医を少しでも肯定するような言動は禁忌です。徹底的に糾弾しとかないと中原先生の悲劇は何度でも繰り返されます。
てか繰り返されてるし。

NoTitle

私も10年ドロッポ先生と同意見です。
医療に限った話でなく、まっとうに働いて知識・経験・技術を持っている人こそ、異常な現場から逃げ出すべきですよ。「覚悟」とやらで犬死にするぐらいなら、将来の再生のために生き延びてください。

そうなんだ

確かに異常な現場ということは否定しない。辞めたいと思う人を止める権利なんて誰もない。

日本医療界自体が病んでいるし、どうしようもない。自分でできること、できないことの限界を知ることは大切だ。

覚悟で犬死にするくらいなら、違う生きる道を探した方が→それも否定はしない。

もう、成長の見込みないと、そこを立ち去っていったのなら、それはその方の自由ですがいつまでも後ろを振り返らないで欲しいだけです。

NoTitle

ただ、開業したら一見自由になるように見えますけど、結局ご主人様が医局や病院から銀行とリース会社と不動産屋に変わるだけのような気がします。
まあ、生活はそれなりに楽にはなりますけどね。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。