スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「新生児のホメオパシー ビタミンK2を与えず、独自の療法を…」



助産師の1割が

ホメオパシーを信じて

ビタミンKの代わりに砂糖玉を

飲ませていた、

ということです。




宗教みたいなもので、

医学的には

完全に落第点です。




そんなことを1割の助産師が

実践しているんですから

周産期の安全を

守れていない以上、

”助産師”という

資格自体、意味があるのでしょうか。







>助産師は毎日新聞の取材に「レメディーにはVK2と同じ効用があると思っていた」

>と語り、

>請求棄却を求めて争っている。

本気でそう主張しているのなら、

助産師の教育自体に

大きな問題があるのではないでしょうか。










医療ナビ:新生児のホメオパシー ビタミンK2を与えず、独自の療法を…

毎日新聞 2010年9月15日 東京朝刊

http://mainichi.jp/life/edu/child/news/20100915ddm013100170000c.html

 ◆新生児のホメオパシー ビタミンK2を与えず、独自の療法を施していた助産所が1割近くあることがわかりました。

 ◇脳出血起こす恐れ 死亡で訴訟も/「科学的根拠、重視して」

 助産師の間で「ホメオパシー」という独自の思想に基づき、

新生児の頭蓋(ずがい)内出血を予防する

ビタミンK2(VK2)シロップを与えないケースが広まっていた

ことが、日本助産師会の調査で分かった。

産科医らは医学的根拠のない療法がお産の現場に広まる現状を懸念、

改めてVK2投与の必要性を訴えている。

 山口市の女性(33)は今年5月、「VK2を与えなかったのが原因で生後2カ月の長女が死亡した」として助産師を相手取り約5640万円の損害賠償を求めて山口地裁に提訴した。

 厚生労働省の指針では、VK2シロップは1カ月健診までに3回投与することになっているが、訴状によると、助産師はVK2ではなく、ホメオパシーに基づき薬効のない砂糖粒(レメディー)を与え、母子手帳には虚偽の記載をした。長女は脳出血を起こし、昨年10月に死亡した。

 母親は陳述書に「1、2回目は何の説明もなく、3回目は『VK2シロップの代わりのレメディーをあげたら大丈夫』と言われた。お産のプロの言葉なので間違いないだろうと信じてしまった」と記した。

助産師は毎日新聞の取材に「レメディーにはVK2と同じ効用があると思っていた」

と語り、

請求棄却を求めて争っている。

 この訴訟などを受け、日本助産師会は加盟助産所のうち分娩(ぶんべん)を扱っている施設414カ所にアンケート調査を実施。

理事の所属する助産所を含め36カ所が

「VK2シロップを与えず、代わりにレメディーを与えたことがある」と回答

した。

 「まさか1割近くもあったとは。VK2の必要性は、産科の医療関係者なら誰でも知っていることなのに」。東京都練馬区の「桜台マタニティクリニック」の伊藤茂院長は調査結果に驚く。同クリニックでは、生後2日目、4日目と1カ月健診で、注射器のような器具でVK2シロップ1ミリリットルを乳児全員に飲ませている。

 VK2は血液を固まりやすくするが、新生児は自分では作り出せない。母乳にはVK2が少なく、母乳だけで育てられている乳児は欠乏しやすい。

80年代前半は新生児の数千人に1人がVK欠乏性出血症を発症していたが、

今ではVK2シロップでほぼ防げる。

 助産師にホメオパシーが広がっている背景について、代替医療に詳しい大野智・埼玉医科大講師は「医学の進歩で周産期の死亡率が下がる中、助産師には安全な出産だけでないプラスアルファの価値を求める心理が働く一方、妊婦には

『自然なお産』に対するファッションに近い願望が広がっている

ためではないか」と指摘する。

 伊藤院長は「『自然なお産』を求める気持ちも分かるが、科学的な根拠がまずベースにあるべきだ。これまで積み上げられた医学を無視し、赤ちゃんを死なせるようなことがあってはならない」と強調した。【斎藤広子、西川拓、井川加菜美】

 ◇善意の「砂糖玉」に思い複雑

 約2年前に長女を出産後、助産院に入院していたときのことだ。疲労困憊(こんぱい)していた私に、助産師が「ホメオパシーって知っていますか?」と話しかけた。「あまり詳しくは」と答えると、彼女は「砂糖玉です」とほほ笑み、丸い粒を私の口に入れた。粒は舌の上ですぐに溶けた。善意でしてくれたと分かっていても、ホメオパシーを信じていない私は複雑な気持ちになった。

 助産師は妊産婦にとって、心身の状態を把握し、ケアをしてくれる心強い存在だ。信頼する助産師にホメオパシーを勧められたら、興味を持つ人も多いだろう。その結果、VK2に限らず、子どもが長期的に必要な医療から遠ざけられてしまう事態も起こりかねない。日本助産師会がこれまで、一部の助産師による業務中の使用を放置してきた責任は大きい。【須田桃子】

==============
 ◇ホメオパシー

 「ある病気を引き起こす物質にはその病気を治す働きがある」と考え、動植物や鉱物などの抽出物を水で極端に希釈し、砂糖粒にしみ込ませた「レメディー」を飲むことで人間の持つ治癒力を高めると主張する。日本学術会議は8月、「科学的根拠は明確に否定されており、医療関係者が治療に用いることは厳に慎むべき行為」と批判した。





いやはや

>『自然なお産』に対するファッションに近い願望が広がっている

自然に近いお産を希望されるなら

先進国ではない国で産めば

すぐにその環境を得られます。




なんなら『北』でもどこでも行けば

すぐにお望み達成です。




日本国内なら

狂った24時間テレビが

助産師も呼ばない無介助分娩放送をやろうとして

ネットで問題になって放送が中止になりましたが(1)、

これから、無介助分娩ファッションも

大きな問題になることでしょう。

これって医療側からしたら

単なる道産子状態です。





日本は分娩ファッションとして道産子へ向かう、

としたらこれまた縄文弥生時代みたいなものですから、

トラブルが激増すると思いますが、

信じている以上、何があっても

医療機関に駆け込まないでほしいものです。






野生状態の無介助分娩に、

医学が通じない助産師と、

暗黒時代の到来です。





日本は

世界一の周産期死亡率に

なれたのか、

飽きたのか、

分娩ファッションで自らの赤ちゃんを

死の危険にさらすのが

はやりのようです。










(1)
新小児科医のつぶやき
2010-08-25 24時間テレビの暴走を考える
http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20100825

いつも大変お世話になっております。


















関連記事

コメント

NoTitle

ついでに言うなら、ホメな連中は予防接種も否定しています。

「自然に感染した方がいい」なんて世迷言を平気で発現されます。
死亡率が1000対1の麻疹、罹って死んだらどうします?
脳炎を発症したら、非常に高い確率で重度心身障害に陥る日本脳炎はほっておくんですか?

昔はみんなそうだった=昔はよく死んでたという事実を無視して、回帰させるようなことを一切認めることはできません。

NoTitle

ホメオパシーの砂糖玉って健康な人が服用すると病気と同じ症状が出るんでそ。
そして、そうならない砂糖玉は病気に効かないんじゃなかったでしたっけ?
正しいかどうか試す方法は極めて簡単じゃないですか。

NoTitle

>日本助産師会がこれまで、一部の助産師による業務中の使用を放置してきた責任は大きい。

記事に文句をつけてもしょうがないでしょうが、日本助産師会はホメオパシーのセミナーなどを開催しています。
ですから放置ではなくて推進ですね。

ソースがソースなんですが

>助産師は毎日新聞の取材に「レメディーにはVK2と同じ効用があると思っていた」
>と語り、
>請求棄却を求めて争っている。

タダの砂糖粒に効果があると信じるのは勝手ですし、その主張で請求棄却の主張を求めるのも自由です。ただそれがまともな主張と信じ込んでいるのなら○○です。

もっとも、これまでの経緯をみると、本気で正面からの強行突破を図り、ホメパチの市民権と言うか、法的位置の確保を狙っている可能性は信じられませんが「十分」あります。怖ろしい集団です。

NoTitle

一般国民への実害があるという点で、(医療)テロ集団と認定してもいいかもしれませんね。
私的には十分医療テロリストと判断しておりますが。

産科叩きの成れの果て

とんでもない妖怪が誕生しましたね。
ホメオ特区でもつくって
「産屋」団地を建設されては 如何
差別ではありません 「聖別」です。

結界を破って近づいてきたら
聖水のシャワーが待ってるよん。

最強の自然なら

アフリカにでも行って産んで下さい。
こいつらならやりそうですね。
日本で好き勝手がやれなくなったら「本当の自然の中で自分たちが望むお産を」なんてツアー組みそう。

野放しにされてるトンデモ医師を先ず何とかしなくては。
「帯○」とか「○津」とか「○び○」とか。
まるで名医のような扱いをしてる連中も同罪。

うわー

自然なお産を希望したなら「結果」まで含めて自分で責任持ってください。
お願いします。
一患者としてのお願いです。
貴重な医療リソースをこれ以上無駄遣いしないでください。

わしらは迷惑だ!どっか他所でやれ他所でbyアフリカ

>アフリカにでも行って産んで下さい。

貴殿はアフリカに何か恨みでもあるんですかw?

ごめんなさーい!

雄大な自然と動物がいっぱい=アフリカ

それだけです。
他意も恨みもございません!
アフリカの皆さん、ごめんなさーいw

小児科学会の援護射撃

ビタミンKの投与について、現行より増やす案がでるみたいですね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100915-00000006-mai-soci


<ビタミンK>新生児の脳出血予防で投与増やす 小児科学会
毎日新聞 9月15日(水)2時30分配信
 新生児の脳出血などを予防するためのビタミンK投与について、日本小児科学会は、投与期間の延長と回数を増やすため、「生後1カ月までに3回」とする現在の指針を「生後3カ月まで週1回」と改定した。新投与法では発症例がないことが分かったためで、助産院や自宅で出産した場合でも適用するよう求めている。

 ビタミンKは母乳にはあまり含まれず、乳児は不足しがちだ。学会によると、80年ごろには主に母乳で育つ乳児1700人に1人が脳や消化管から出血するビタミンK欠乏性出血症を発症し、死亡することもあった。

 ビタミンK2シロップ(2ミリグラム)を1カ月検診までに3回投与する予防法が普及し、発症率が10分の1以下に減った今でも年に少なくとも十数人が発症しているとみられる。だが、欧州の研究で、毎日か週1回投与している場合、発症例がないことが分かった。

 新指針では、生後すぐと退院前に1回ずつシロップを飲ませ、その後は3カ月まで毎週1回投与することを推奨。粉ミルクなど人工栄養の場合は、1カ月以降は与えなくてもよいとした。ただし、シロップ投与のために通院しなければならず、自宅に持ち帰れる製剤が認可されるまでは旧指針を適用する。指針改定にかかわった白幡聡・北九州八幡東病院長は「この病気はほぼ完全に防げる」と話す。

 ビタミンKを巡っては今年5月、「ホメオパシー」という独自の思想に基づき、シロップを与えず乳児を死なせたとして、山口市の助産師が遺族から損害賠償を求められる訴訟が起きた。その後の日本助産師会の調査で、加盟助産所の1割弱に当たる36カ所で、ビタミンKを投与しないケースがあったことも判明した。【西川拓】

助産師

助産師は、看護婦資格も持っているので、かなり状況は深刻です。少なくとも、この助産師が何をやっているのか、周囲がチェックできなかったのかは疑問が残ります。

NoTitle

私は関西圏の医大に通う医学生です。現在3回生をしています。

いつも興味深く読ませて頂いており、医療問題への鋭い切り口にいつもハっとさせられます。

NoTitle

いちおう助産師会にあるPDFを見る限り、その36施設の中には「薬剤拒否の妊婦にどうしても頼まれて投与できなかった」という例も一定数含まれているようです。36施設のうち幾つがそれに該当するのかは、何故か明示されていませんが。

NoTitle

薬剤拒否の妊婦って、普通ちゃんと産科健診を受けていればそういった方向には向かわないはずです。
拒否するようになった「洗脳」をした人が誰なのか、それはこのアンケートには出てませんからねぇ。

Vit.Kのありもしない害悪を宣伝して、洗脳終了後に「最終的にはどうしますか?」といわれて「やめます」と拒否されても「妊婦に説明したが拒否された」になっちゃいます。

要するに「拒否された」ことと「拒否させた」ということをわざと区別していないように非常に感じます。

NoTitle

これまでどれだけの助産師の施設でどういう治療がされてきたかと言うことが明示されないなら、助産師だけによるお産を原則禁止にすべきです。

カルテがない、診療記録がないと言うのは問題外。すべての助産施設に監査が入るべきです。

週刊朝日

ホメの親玉・帯津が養生の達人wとして対談に。

http://publications.asahi.com/syukan/nakazuri/image/20100924.jpg

新聞と週刊誌は別・・・なわけないやろ!

助産師も基本的には看護士だから、与えるべきもの、与えないものの医療従事的な論理はあるはずなのに、それを逸脱するのはどうかしてる。手持ちの設備と手持ちのマンパワーでどこまでが限界なのか、冷静に判断できなかったら医療従事とはいえなくて、それを違う解釈してしまうなら解離しかかった似非アロマセラピストと同じ。責任はとるべきで、助産師も法廷に立つ義務はある。

NoTitle

この結果完全に母親のせいにしてるでしょ。

薬剤拒否もね~。
レメディ扱ってる助産師なら、普段から薬は怖いとか病院での出産は冷たいとか言ってるでしょ。
さんざんそんな話聞かされて選ばないよね。
k2すら副作用持ち出すらしいし・・・

助産師会もこれで終わりなら駄目駄目ですね。
解散したらいいのに。

NoTitle

だから、公開討論会をすればいいんですよ。

徹底的に科学的根拠をもって潰しましょう。

貴様ぁもっと死にたいか

>助産師だけによるお産を原則禁止にすべきです。

それをやるとただでさえいっぱいいっぱいな産科医が死ぬw
まあヤツラは死んでいいけどww
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。