スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:アシネトバクターがいたら警察に捕まる時代 「警察聴取に「遺憾と困惑」 院内感染で日本医師会」


問題

(1)と(2)を

足したらどうなる?



(1)

多剤耐性菌による院内感染で、

医師が業務上過失致死で

警察に事情聴取。








警察聴取に「遺憾と困惑」 院内感染で日本医師会

2010/09/10 18:25 【共同通信】

http://www.47news.jp/CN/201009/CN2010091001000779.html

 帝京大病院で起きた多剤耐性菌の院内感染で、専門家による調査結果が出る前に、警視庁が関係者への任意聴取を行ったことに対し、日本医師会は10日、

「大変遺憾で、医療関係者として困惑を隠しえない」

との声明を発表した。

 声明では、行政と医療界の連携で事実関係を究明し、安心、安全な医療提供システムを築くことが重要だとし、

調査中の段階の事情聴取は「極めて問題だ」

としている。

 また、勤務医ら約800人でつくる全国医師連盟も同日、

「罰することを前提に“医療事故”に臨むことは、

真実を見失う可能性が高く、

再発防止の効果も上がりにくい」

との声明を発表。行政や捜査当局の慎重な対応、メディア各社の冷静な報道を求めた。





(2)

多剤耐性菌は全国の1割の

医療機関で検出されている。





多剤耐性のアシネトバクター、全国医療機関の1割で検出

asahi.com 2010年9月11日12時34分

http://www.asahi.com/science/update/0911/TKY201009110155.html

 複数の抗生剤の効かない多剤耐性細菌のアシネトバクターが全国の約1割の医療機関から見つかっていたことが、厚生労働省の研究班の調査で分かった。大規模な院内感染は起きていないものの、国内に一定数の耐性菌が存在することを示している。

 国立国際医療センター研究所(東京)の切替照雄・感染症制御研究部長らが今春、200床以上ある全国の医療機関に対し、多剤耐性アシネトバクターが患者から見つかっているかどうかを調べた。3割にあたる771医療機関から回答があった。

 2007~09年度の3年間で、患者から一例でも検出されたことがある医療機関は92施設(11.9%)だった。07年は39(5.1%)、08年は37(4.8%)、09年は49(6.4%)と微増傾向。07年に51人だった患者数も09年には97人に増えていた。

 細菌が検出されたのは、たんなどの呼吸器系が67.0%、尿が9.9%、血液が5.6%だった。

 主任研究者の荒川宜親・国立感染症研究所細菌第二部長は「国内でも薄く広くじわじわと増えており、どこの病院で出てもおかしくない状態と言える」とする。(北林晃治)






(1)

多剤耐性菌による院内感染で、

医師が業務上過失致死で

警察に事情聴取。





プラス






(2)

多剤耐性菌は全国の1割の

医療機関で検出されている。





ですから、

当然、

全国一斉に医師は

業務上過失致死の疑いで

警察に事情聴取、

ですよね。




帝京だけ事情聴取して

他の病院ではしないのは

ダブルスタンダードじゃないですか?




帝京だけ選んでつぶすつもり、

とか?





どうぞ、

全国の医療機関で

取り調べを行ってください。





医師が故意に感染を起こさせたわけでもなく、

どれほど努力しても

非常に感染を防ぐのが難しい

アシネトバクターの感染で

医師が続々と警察の取り調べを受けるのなら、

そんな医療は止めるべきです。




だって、

やれば警察に事情聴取されるような

仕事なんですから。



警察もマスコミも

暗に言っているんです、

「医師は悪人だからどんどん叩け」

って。

基本的に「罪人」だと思って

彼らは来ます。

医師が「性善説」で話をするのとは

まったく別の世界で生きている生き物です。




最前線で頑張っている誠実な心を持った医師ほど

警察に事情聴取を受ける確率が高くなり

マスコミに叩かれる仕事が医療なのです。





残念ながら

最前線からの

撤退だけが

われわれ医師に残された道なのです。













関連記事

コメント

院内感染は犯罪?

院内感染が起きれば警察が医師に事情聴取、というのであれば、全国365日いつでもどこでも、警察が医師を事情聴取することになるわけですが、今回の帝京大学病院に限って事情聴取しているのは、マスコミに注目されたケースなので「見せしめ」としての劇場的効果を期待したからでしょうか。相変わらず警察が医療に関してどんなに無知であるか、ポピュリズムに陥っているかが分かります。

帝京は隠ぺい体質だからでは?事実を隠し真実を消し去る…。

ぇつ?院内感染で取り締まるんですか。

あぁあぁ。また一人警察に連れていかれたぁ。せっかく全国選抜で作ったチームイケメンズが、崩壊していく……。
そういう日が来てしまいそうだ。

NoTitle

サンフラワーさま
アシネトバクターを含む高度耐性菌の院内感染に対する、公的機関への報告「義務」は設定されていませんよ。
隠蔽体質だからじゃない、公開する根拠がないだけです。

常在菌

冤罪産生警察官菌
無罪耐性検察官菌

当直明けでボーっとしているのでエロイ人に教えて欲しいのですが

つまり、ICTとかのバッジをつけて病院内をウロウロしているアホ医者は、交番の前で制服着たままタバコを吸う中学生と同レベル、というかそれ以下、ということですか。

NoTitle

院内感染症で患者が死んだら、医療者の過失ですか、ああそうですか。
大野事件に匹敵する大火災を対岸から眺める気持ちです。

NoTitle

ICDの資格、というのは「秘してこそ花」な自己満足に属するものと私は解釈しております。
有資格者であることは、私が非常勤で勤めている大学のボスにも内緒にしてますから(w
ばれたら最後、どれだけ無理難題を押し付けられることだか。

警察は告発があったら、

捜査せざるを得んわけで、教条主義的にいえば起訴されてから非難すべきなんでしょうけどまあ今のうちから非難しとくほうが抑止にはなるかな。警察はともかく検察はコレ起訴しちゃう程頭は悪くないと思いますがでも起訴してほしいなあwつーか検察審査会がんがれww

>つまり、ICTとかのバッジをつけて病院内をウロウロしているアホ医者は、交番の前で制服着たままタバコを吸う中学生と同レベル、というかそれ以下、ということですか。

…何を今更。

>当直明けでボーっとしているので

当直明けの医師は酔っ払ってるのと同じなんですねよく分かりますw

>ICDの資格、というのは「秘してこそ花」な自己満足に属するものと私は解釈しております。

それって単なる資格商法な気ががw




近々

病院で人が死んだら、外因死だろうが病死だろうがすべて警察が取り調べるわけですなあ。

警察も司法もそこまでバカだと思いたくありませんが、院内感染で業務上過失致死傷で裁判、有罪となったりした日には、診療中に死ぬ可能性が少しでもある患者の診療は拒否というJBMが確立しそうです。それではもはや医療とはいえません。アメリカの腐ったところだけ真似する風潮はなんとかならないもんですかね。

ところで何で警察の誤認逮捕や犯人取り逃がし、検察の起訴後の無罪判決、裁判官の上級審での逆転無罪判決の際の下級審の有罪判決は社会・一般人に対する犯罪として罰することにならんとですかね。

NoTitle

>警察も司法もそこまでバカだと思いたくありませんが、

そこまでバカだから、大野事件やらがおきるのだと思います。
これからは院内感染ウォッチのために警察官が病院をウロウロする時代かもしれませんね。

警察が感染を取り締まる時代

>これからは院内感染ウォッチのために警察官が病院をウロウロする時代かもしれませんね。

そして将来、

警官が感染拡大の一番の要因だった

ってことになるんですかね。

感染警官とか職業できたりして。

昨日NHK 

昨日NHKでは、「隠蔽体質がもたらした!!誠実な対応をしてない」との批判。。。。。で、遺族が出てきて、いつもの感じで終了。

どっかの業界で立証済みだしw

>ところで何で警察の誤認逮捕や犯人取り逃がし、検察の起訴後の無罪判決、裁判官の上級審での逆転無罪判決の際の下級審の有罪判決は社会・一般人に対する犯罪として罰することにならんとですかね。

警察や検察や裁判官の逃散を招く事が容易に想像出来るからじゃなかでしょうかw

>そこまでバカだから、大野事件やらがおきるのだと思います。

一度蜂を食べて刺されたカエルは蜂はおろかよく似たアブですら二度と喰おうとしないそうです。
…個人的には警察や司法はカエルより莫迦というか無用心というか無謀であって欲しいですがw

本当に医師なのだろうか?

帝京大学付属病院は、厚生労働省からの通達を周知させていなかったことや、院内感染防止の観点から、手洗いなどが不十分だったなど、意識が低いことが露呈されていますよね。

とうぜん、そのようなずさんなシステムにおいて多くの人命が無くなったのだから、警察が聴取するのは当然なのです。

業務を行ったうえで人が無くなったのなら、業務上過失致死の疑いがないのか調べるのは当然であって、聴取に対してきちんと対応できるように、医療記録をつけるべきだし、そこらへんが杜撰でも許されていた過去がまっとうではなかったと考えるべきなのです。

逮捕とは、罰ではなく、取り調べのためのものですから、勘違いしない様に(笑)

空蝉

院内感染で人が「無くなったら」医療者が逮捕される国がほかにあったら、どうぞお教えくださいね、09/17 19:20分の人。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。