スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「舳倉島で「あや先生」奮戦 後輩の医大生がへき地医療学ぶ」 養成は万全でありました

自治医大です。







舳倉島で「あや先生」奮戦 後輩の医大生がへき地医療学ぶ

富山新聞 石川のニュース 【8月21日03時29分更新】
http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/H20100821104.htm


 輪島沖の舳倉島診療所で島民の命を預かる伊藤文(あや)医師(26)=輪島市水守町出身=のもとに20日、伊藤医師の後輩にあたる県内出身の自治医科大生10人が訪れ、先輩の仕事ぶりを学んだ。10人はいずれも近い将来、へき地で勤務する予定で、伊藤医師が「あや先生」と呼ばれ島民に親しまれる一方、限られた設備での診察を余儀なくされる離島の苦労を目の当たりにした。

 舳倉島診療所には、臨床研修を終えた医師が半年交代で所長として勤務することになっており、伊藤医師は今年4月に着任した。

 輪島漁港の北約50キロに位置する舳倉島の島民は高齢の海女や漁師が大半。春になると素潜り漁のため、輪島市街地の海士町などから海女らが移り住み、現在は百数十人が島内に暮らす。伊藤医師は昼間、周囲約5キロの島を往診して回り、漁が一段落する午後3時以降は診療所で患者を待つ。着任後、すぐに住民と親しくなり、いつしか「あや先生」と呼ばれるようになった。

 離島で苦労するのは定期船が1日1往復のみであるため、使用できる医療機器や薬品が限られることだ。人手も足りず、伊藤医師が看護師の仕事や事務もこなさなければならない。今月2日に島の沖合で50代の海女が意識を失い、防災ヘリの出動を要請した際は、ヘリが到着するまでの約1時間、「容体が悪化しないよう初期治療を施すのが精いっぱいだった」(伊藤医師)という。女性はヘリで金沢市の県立中央病院に運ばれたが、命に別状はなくほっとした。

 19、20日の両日、伊藤医師の往診に同行した竹田義克さん(22)=金沢市出身=は、往診の際、島民とすれ違うたびに世間話や体調のチェックを欠かさない先輩の姿を振り返り、「患者が求めるのは安心感。会話を重ねることが地域医療の原点だと知った」と語った。一方、出島彰宏さん(22)=同=は「1人で島民の命を支える責任に耐えられるか心配」と、不安を隠しきれない様子だった。

 来月、任期切れで島を離れるという伊藤医師は「温かく接してくれる島民に恩返しするためにも、最後まで健康を支えたい」と決意を述べ、へき地医療に取り組む後輩にエールを送った。








うーん。

医学部では

24歳で卒業です。

2年間のたらいまわし臨牀研修の

終了直後の医師が

何ができるのかな。




通常は、ここから医局にはいって

本物のトレーニングがスタートするんですが、

ちょっとグッと来てしまいます。






なんとなく

学徒動員を思い起こすのは

私だけでしょうか。










関連記事

コメント

NoTitle

半年で戻れる分石川県は良識がありますぜ.まだまだ未熟って事がわかっている.東京や北海道なんて誰の助けもないところで何年間も数日の短期研修もなく島や陸の孤島にぶちこむ.自治なんだからいいんじゃね?とは言っても未来志向がないやり方ですよ.そんな境遇に置かれたら誰も残らんて(残らずに一度殲滅した方がいいと思いますが).

結局役人は自分が担当する1-2年だけやりすごしたいだけで医療をよくしようなんて微塵も思っとりゃしませんから.

NoTitle

竹槍でB29を落とせ、よりはマシな程度ですかねw

NoTitle

 『養成は万全でありました』
 キシリア 『…話は信じるが、戦果だけが問題なのでな。もろ過ぎるようだ』

  さてはて、肝心の『戦果』(戦禍、戦渦?)はどうでしょう?
  学徒動員兵に、幸あれ!

素晴らしい医療が

お金のかかった設備や、検査機器が整っているからできるとは限らない。
しばしば医師たちはフィジカルアセスメントより、検査数値の信奉者になり、自らの視野を閉ざしてしまっているのを度々目にするので、余計にそう考えてしまう。

離島、あるいは船医という状況で、できることは限られている。それば医師に対し自らの限界を悟ることを要求する。それでも限られた中で精一杯の努力をする彼らが私は好きだ。

患者の立場から

私は患者です。
うつと喘息で心療内科に通い、歯列矯正で矯正歯科に通っています。
でも、なんで「大学病院の矯正歯科」を選んだかって言うと
「若手の先生に診察してもらって、成長してもらいたい」と思ったから

これ本当です。
開業できるくらいの力量を持った先生じゃなくても「指導医」の指導・アドバイスを受けながらでいいから伸びていってもらいたいって考えたからです。

自治医科大学って大宮に病院持っていませんでしたか?
大宮で数多くの「症例」に当たって「自信」を持って「赴任」してもらった方が「質」は高いと思いますけど・・・

素人考えは間違っていますか?

学徒動員

特攻機搭乗員の育成過程を
連想してしまいました。

それなりの人材を育てるには
金 人 時間 それに余裕(精神的にも)が
欠かせないものかと 存じます。

皆様の 武運長久を
心より 祈念いたしております。

ちなみに 戦時の英雄(特に下士官)は
終了後は戦犯に問われることも 多々
あるようで ございます。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。