スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「乱暴な患者はスタンガンで鎮圧…アメリカ」


さすがアメリカ。


151の病院ですでに

スタンガンが病院配備されているって

信じがたいです。





日本みたく

院内暴力は警察すらスルー

というお国柄とは

まったく違います。








乱暴な患者はスタンガンで鎮圧…アメリカ

http://labaq.com/archives/51481384.html


アメリカの警察では容疑者を大人しくさせるために、スタンガンの使用が許可されています。

しかしながら病院で患者に対しての利用率が高まるなど、犯罪者向けとは別の利用をされはじめたことに懸念の声が上がっています。

テーザー銃(ワイヤー針タイプの銃型スタンガン)を作る企業によると、アメリカには

テーザー銃を試用、あるいはすでに利用している病院が151

もあるそうです。

スタンガンはシンプルに尖った金属の先から瞬時に電流を通し、そのことで筋肉を収縮させ全身を麻痺させ、正しく使われれば、暴れる人間に対して一瞬にして効果があります。

各病院がどのような場面で使うかのガイドラインを定めてあるとは言うものの、

実際の運用は警備員が独自に判断

するケースが最も多いとしています。

精神医学、遺伝学、神経科学のロバート・フィリバート教授によると、現在病院ではテーザーや類似の武器が

乱暴な患者をコントロールするために使用されることが常識的になってきている

と言います。

対話による解決が無理なら武力行使というわけです。教授は病院の患者へのスタンガンの利用に懸念を示し、判断は命に関わるほどの条件に限るなど、身体的拘束は最後の手段とすべきと指摘しています。

一方、緊急医療に携わる医師のジェフリー・ホー医師によると、暴力的な患者へのスタンガンの利用は効果があり、患者本人や、その他の患者の怪我など、危険な状況に陥ることの予防になると伝えています。

ホー医師は1年に渡る調査に基づき、病院は100%平和で静かな環境ではなく、実際に暴力などが病院スタッフ、医師、看護婦たちに向けられることがあると言い、

安全を確立するためには最良の方法

であるとしています。

スタンガンは不快で痛みをともない、2002年から身体への影響を研究しているボーズマン准教授によると、電流を止めばすぐに痛みも収まり、体の機能も元に戻るとのことです。

ボーズマン准教授の2009年の発表では、テーザー銃を撃たれた1201人のうち99.7%は、それ自身による怪我をしてないとしています。ただしテーザー銃によって転倒したときに打撲や擦り傷はあったとしています。

2008年に公表されたデータによると、

アメリカでテーザー銃に撃たれた直後に亡くなった334名

についての7年かけた調査では、ほとんどの死は麻薬によるものとしていますが、

テーザー銃によるショックが原因のものは少なくとも50名

はいるとしています。

倒れたときに頭を打ち頭蓋骨の骨折というケースもあり、ショックが脳の発作を引き起こしたという報告もいくつかあるようです。

このことからボーズマン准教授もテーザーの利用を最終手段とすべきとし、一方で罵ったり、振り回したり、暴力的になる患者を扱う現場の従事者への理解も示しています。

患者が暴れるのは患者のせいではないという意見もあり、議論は紛糾しているようです。







こちらがオリジナルの

ワシントンポスト紙。







Hospital experts debate wisdom of using stun guns to control violent patients

washingtonpost.com > Health

By Leslie Tamura
Washington Post Staff Writer
Tuesday, July 20, 2010

http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/07/19/AR2010071904551.html?hpid=sec-health


Police officers in many jurisdictions use stun guns to incapacitate suspects, but the weapons have started to show up in hospital settings as well, a migration that has raised some concerns.

On July 8, a security guard used a stun gun on the 25-year-old nephew of Supreme Court Justice Clarence Thomas after he allegedly became combative when trying to leave a Marrero, La., hospital against doctors' orders, according to the nephew's relatives. Derek Thomas's family said he was subdued with a stun gun. The hospital has cited patient privacy laws in declining to comment.

There are 151 hospitals in the United States that use or are testing Taser brand electronic control devices, according to a company spokesperson.

Each hospital develops its own stun-gun guidelines, but a company spokesperson said, "Hospital security officers on scene are best able . . . to determine the proper response."

"When used properly," the spokesperson wrote in an e-mail, "Taser technology is among the most effective responses to resistance interventions available to law enforcement officers to halt violent situations that pose a safety risk to an officer, suspect or innocent citizens."


According to Robert Philibert, a professor of psychiatry, genetics and neurosciences at the University of Iowa who has written about the use of Tasers and similar weapons in psychiatric care, stun guns are becoming more common in hospitals as a means of controlling violent patients. "If dialogue fails, then generally a show of force is explored," he said. "Physical restraint is a last choice."

He added that the use of stun guns in patient units is "extraordinarily troubling" and that "in the hospital setting they should only be used with the most utter discretion -- only in the context in which serious threat to life or bodily integrity is in play."

According to Jeffrey Ho, an emergency room doctor and the author of a 2009 paper about the use of Tasers in health-care settings, stun guns do control violent patients and can prevent dangerous situations from escalating and causing injury to the patients and others. He based his findings on a year-long study of the University of Minnesota hospital where he works. "The hospital environment is not 100 percent calm and peaceful all the time," he said. "Acts of violence do occur against staff, physicians, nurses, those types of things, and really the best method of security is to be proactive."

Stun guns use a simple point-and-shoot action, with sharp metal prongs deploying from the gun and embedding in the target. Once embedded, they emit brief electrical pulses that cause muscles to contract and the entire body to go into a paralyzing rigor.

Stun guns use a simple point-and-shoot action, with sharp metal prongs deploying from the gun and embedding in the target. Once embedded, they emit brief electrical pulses that cause muscles to contract and the entire body to go into a paralyzing rigor.






すでに北斗の拳状態の

一部病院では

使用してもいいのでは…、

なんて思わせます。





実際に、多くの医療関係者が

院内暴力によって

傷つき、時には

退職しています(1)。




スタンガン打つしかないような

医療現場を

どうにか変えていかなくては

いけません。






日本でもいつの日か

病院がスタンガンを持つ日が

来るのでしょうか。







(1)
■開業つれづれ:岡山暴走中 「迷惑行為は年間約千件 岡山市民病院」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1318.html

■「医者や看護師に暴行・暴言繰り返す 「モンスター患者」急増、対策が急務」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-587.html

■患者の暴力・暴言で退職した医療関係者、東京では273人
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-184.html













関連記事

コメント

岡山はサヨクの地?

院内暴力の例1に出されている岡山ですが、先日の参院選でバリバリのサヨク 江田がぶっちぎり当選していた土地ですから、権利意識肥大の人が多いんではないでしょうか?
サヨクは日本を滅ぼしますね

なんであれアメリカ型に世の中変わっていきますから、スタンガンはいるでしょう。
左手にはワシントンマニュアルかサンフォード熱病、右手にはスタンガン

あはは。

アメリカを天国みたく思っている人も多いけど,病院ではスタンガン,救急では入るだけで数万円。

日本では,
×コンクリートから人へ
○日本から中国,韓国へ

ってことだから,日本人がスタンガンで打たれて中国,韓国のために席を空ける時代がすぐきそう。

医師にとっては,おかしい事に毅然とした態度を取れるアメリカがうらやましい。

仕方ないと思います

自分の身を守るには仕方ない選択だと思います
日本も自由診療になった方がいいのかもしれないですね
殺伐として…
そうしたいと思っている方も多いようなので

なんだか埼玉県でヘリが墜落です
乗員7名のうち5名死亡です
それも悪天候で出たみたいですね

こういう救助ヘリに医師を無理やり載せようとしているわけだから
怖いものです

「登山」の救助なんて放っておけばいいんです
そう思っています

患者との穏便な対話が効かないと……。

穏便な対話……、オーベンや研修医達に馴れ合って、奴らの成長のなんの足しにもならん。ぼろぼろになっても闘って奴らに、ここを出て自分で喰っていくときの足しになる経験をさせねば。
中途半端な手加減は不要だぜ。
で、全力で手加減ない努力とギャグをオーベンにぶつけ……。

あ、やばい

(°д°;;)スタンガン……。


身の丈6尺5寸

ある中の 方が 点滴スタンドを
八双に構えて ニヤリと なさった時は
死を覚悟した ずら
思わず・・一杯いかがって・・ 言いそうになったっけ

同情する気になれん。

>なんだか埼玉県でヘリが墜落です
乗員7名のうち5名死亡です
それも悪天候で出たみたいですね

しかも要救助者は死亡済みw

NoTitle

  『スタンガン』で検索してみました。 所持を規制した法律は現時点ではなく、通販で一万円以下の物もかなりあります。 加えて、100g以下の小型の物も出ていますね。
  スタンガンは安価で簡単に手に入ります。『無条件に此方が使う、便利な護身道具』ではありません。 相手が使ってくることも、当然ありえます。 護身の基本は、危険にあわない、近付かないこと。 護身道具が要りかねない場所にいる自分に気付いたならば、導入を検討する前に、其処からの逃散を考えることが第一です。

実は持ってますw

おだまき様、お久しぶりです。
で、スタンガンですが、彼女(現在の嫁)が出来た時、キャンプの護身用にと20万ボルトの最大出力のを購入したんですが、ためしに猫に使ってみたところ、「ふぎゃー!」とか言いながら逃げて行っただけ。厚手の服着てたら人間にも効かないんじゃなかろうか、と疑われます。
つーこって相変わらずキャンプセットに突っ込みっぱなしですが電池は抜いたまま。
…まあキャンプなら、鉈やらナイフやらガスバーナーやらヤスやら、スタンガンより有効そうな武器はいっぱいあるしな。
*ちなみに武道の心得はまったくありませんから現実には賊に奪われてオワリでしょう。

>護身の基本は、危険にあわない、近付かないこと。 護身道具が要りかねない場所にいる自分に気付いたならば、導入を検討する前に、其処からの逃散を考えることが第一です。

御意。
アメリカには女性のボディガードも多いそうですが理由は簡単で実際にどんぱちにならないようにするのが彼ら彼女らの仕事だからで腕力勝負ではないからだそうです。

NoTitle

  師匠、ご無沙汰いたしております。 少々、事情がございまして・・・。

*ちなみに武道の心得はまったくありませんから現実には賊に奪われてオワリでしょう。
⇒ いやァ、多少の心得があっても、本気で狙われてイキナリ仕掛けられたら、どないしようもおまへん。 素人玄人に関わらず、人間っちゅうモンは、恐ろしいですわ、ホンマに。 譫妄状態なんかで暴れて危険な時にはスタンガンも良いかもしれませんが、使用後に何かあったら責任問題が大変でしょうねェ。

実際にどんぱちにならないようにするのが彼ら彼女らの仕事だから
⇒ それが正しい姿だと思います。 その意味では、ゴツイ(痛そうな)道具を見せるのは、威嚇用には有効です。 ・・・でも、良心的な患者さんは、思いっきりヒクでしょうね。

覇王伝説

ところでテーザー銃ですが、恐ろしい事に一時期日本でも売ってましてw、(まんまこれhttp://www.s-web.or.tv/jyouhoutisiki/jyouhou_20040709.html
ではなかったように記憶してますが)、当方ドッチにしようか相当迷いました。
*もちろん、モロに銃刀法に引っ掛かるんでスグ販売中止になりました。

>少々、事情がございまして・・・。

来るべき医療崩壊後の世界の覇王となるべく準備に余念がないのですね、判ります。
*ちなみに私ごときでは「下手の考え休むに似たり」なんでなんの準備もしてまへん。

> いやァ、多少の心得があっても、本気で狙われてイキナリ仕掛けられたら、どないしようもおまへん。

そりゃそうでしょうけどそれじゃツマンナイじゃないすかぁ!
 
>譫妄状態なんかで暴れて危険な時にはスタンガンも良いかもしれませんが、使用後に何かあったら責任問題が大変でしょうねェ。

日本だとどうせ押し付けなきゃならん通常タイプしか所有出来ないからエピペンのセルシン版でいいんじゃ…と一瞬思ったんですが薬剤系は資格がない警備員には使えませんね、多分、アメリカでも。

>威嚇用には有効です。 

このテーザー銃ってヤツ、外見はまんま拳銃なんでアメリカなら効果絶大でしょうなあ。逆に日本だと、仮に合法でも「ナニそのエアガンpgr」って事に…
*だもんで威嚇効果も考えて通常型にしたんですが。

NoTitle

  師匠、テーザー銃見せて頂きました。
  準備に余念が無い、と言うか、雑念だらけですけれど(汗)。 私の場合、私がスジを通そうとすると、現在の主流派からズレていくんですよね、何故か(泣)
  覇王ですか(笑)! 師匠が正帝でも・・・。

誤訳?

このニュース、日本語の方と、原文の方で以下の点で食い違いがありますね。

1. 「病院で利用率が高まった」とは原文に書いていない。「警察官だけではなく病院にも設置されるようになりはじめた」と書いてある。

2. 小文字のtaserではなくて、大文字のTaserだから、製品種類ではなくて、会社名。

3. 「実際の運用は警備員が独自に判断するケースが最も多いとしています。」とは原文にはない。「現場の警備員が適切な対応を判断できるのが最も良いと、スポークスマンは言っている」と言う風に原文にはある。

4. 原文に頭蓋骨骨折に該当する記事は見当たらない。

5. 原文ではボーズマン准教授が、患者が暴れるのは患者のせいではないので、スタンガンの利用を最終手段とすべきと言っていて、フィリップバート教授は、銃よりマシだけど患者の信頼と理解を消し去る可能性があるよと警告している。

おれはさいていさいていにおいものさきもいらぬ

>私の場合、私がスジを通そうとすると、現在の主流派からズレていくんですよね、何故か(泣)

大人になれよ。大人に。
…すいません自分調子こいてましたほんますんまっせん。

>銃よりマシだけど患者の信頼と理解を消し去る可能性があるよと警告している。

要スタンガンな時点で信頼と理解も糞も…

いや、ガキみたいに

スタンガンこっそり装備して、覇王になりたいと思っているが、我慢して書き込まない男性医師は全体の80%を占めると考察する。

NoTitle

大人になれよ。大人に。
⇒ 師匠、そうなンすよ、ねェ。(泣)
  『思い通りにいかないのが世の中なんて割り切りたくないから』 タクティクスオウガPSP、発売決定万歳! ・・・、あれ、何の話だった?
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。