スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「小児科医自殺の損賠請求訴訟、和解が成立」


ネタ元は

麻酔科医さん

http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1470.html#comment11471

です。いつも大変お世話になっております。




中原先生の裁判で

和解が成立したようです。




11年間という長い道のりでしたが

本当にご苦労様でした。







小児科医自殺の損賠請求訴訟、和解が成立


2010年7月8日21時46分 読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100708-OYT1T01079.htm

 立正佼成会付属佼成病院(東京都中野区)の小児科に勤務していた中原利郎医師(当時44歳)が自殺したのは過労によるうつ病が原因だとして、遺族が病院側に損害賠償を求めた訴訟は8日、最高裁第2小法廷(古田佑紀裁判長)で和解が成立した。

 和解条項は、病院側が中原医師の死亡が労災と認定されたことを真摯(しんし)に受けとめて哀悼の意を表し、遺族側に計700万円の和解金を支払うなどの内容。1、2審は遺族側の賠償請求を認めなかったが、最高裁は「より良い医療の実現につなげるため」として、双方に和解を打診していた。

 2審判決によると、中原医師は1999年1月、同病院の小児科部長代行に就任したが、同科の医師2人が退職したため、多い月には自ら8回の当直をこなした。その後、うつ病を発症し、同年8月、同病院屋上から飛び降りて自殺した。

 この自殺を巡っては、別の訴訟で労災と認められ、確定した。しかし、今回の訴訟では、2審が「うつ病は過重な業務が原因」と認めたものの、病院側の過失を否定したため、遺族側が上告していた。

 和解成立を受け、遺族と弁護団が記者会見。中原医師の死後、小児科医の過酷な勤務実態の改善などを訴えてきた妻、のり子さん(54)は「夫が命をかけて訴えたかった日本の小児医療の改善や医療崩壊の阻止につながると考えて和解した」と、時折言葉を詰まらせながら話した。








小児科医の過労自殺で和解 「医師不足」解消に一文

2010/07/08 21:46 【共同通信】

http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010070801001085.html

 過労によるうつ病で1999年に自殺した小児科医中原利郎さん=当時(44)=の遺族が、心身への十分な配慮を怠ったとして、勤務先の病院を運営する立正佼成会に損害賠償を求めた訴訟は8日、最高裁第2小法廷(古田佑紀裁判長)で和解が成立した。和解条項で医師不足解消への取り組みが「国民の健康を守るために不可欠」との一文が盛り込まれた。

 最高裁は3月、日本でより良い医療を実現したいとの観点から双方に和解を打診。医師不足を懸念した異例の和解成立となった。

 和解は、立正佼成会側が労災保険給付金とは別に和解金計700万円を支払うことなどが主な内容。

 遺族側の代理人弁護士によると、和解条項には「医師不足や医師の過重負担を生じさせないことが国民の健康を守るために不可欠であることを相互に確認する」と記された。











小児科医師中原利郎先生の過労死認定を支援する会(1)

では詳細が載っております(2)。

仕事が早いですね。

正確な情報が素早く流れる

というのは

とても大事なことです。










当ブログでは、

手紙を送るように

いろいろ皆様にお願いしたり

活動してもらったりしたことを思い出します(3)。



本当にありがとうございました。




東京高裁判決では

あまりにひどい判決に

憤りをかんじておりました(4)。

多数のコメントもありがとうございました。








ご本人の遺書はこちらから。

「少子化と経営効率のはざまで」(5)。




最後に中原のり子さんの

声明文を掲載させていただきます。




原告・中原のり子さん声明 2010.7.8 

http://www5f.biglobe.ne.jp/~nakahara/100708nakahara_statement.html
 
 今年はサッカーのワールドカップイヤーです。サッカーが大好きだった夫・利郎が元気でいたら大躍進の日本チームに惜しみない声援を送り続け、寝不足の日々だったろうと思います。「日韓杯を観なければ死ねない!」と言っていた彼が突然逝ってから11年経ちました。

 亡夫の書き遺した「少子化と経営効率のはざまで」を世に伝えたい一心で活動を始め、労災認定を得るまでに8年かかりました。民事裁判の結果に納得できず、最高裁判所に上告受理申立をしてから約1年半になります。

 今年の春になって、最高裁判所から「より良い日本の医療を実現するための和解を考えてみませんか」との勧めを受けた時は驚きました。高裁判決の破棄のための最高裁判所の上告受理こそが私の求めていたものであり、和解をイメージしたことは一度もなかったからです。夫がこの場にいたらどう判断するだろうかと考えました。その結果、夫が最後に書き遺した文書の中で「わが病院」と表現していた佼成病院との裁判を、ここで終結させようと決心しました。この解決こそ、夫が命をかけて訴えたかった日本の小児医療改善、医療崩壊阻止に繋がると信じるからです。過度な対立は望まないという夫の生き方に添う結論を、皆様にご理解いただけたら幸いです。

 裁判所で夫の過重な労働による労災が認められたように、いまの日本のたくさんの医療者は、いつ生命が終わっても不思議ではない「異常な労働環境」下にあります。この働き方は、医療者の生命を危険に晒すと同時に、患者の生命と安全を脅かすものです。全国のどこの病院のどの科の医師が、いまこの瞬間、死の瀬戸際に立つ危機的状況であっても不思議ではありません。病院の経営者、指導の立場の方には、二度と同じ不幸が繰り返されないよう、最大限ご配慮くださいますようお願い申し上げます。

 最高裁判所には、毎月通って、「公正な判決を求める」署名と「高裁判決に異議あり」というメッセージを届けました。裁判を応援していただいた皆様からは約33,000筆の署名と356名の声が寄せられました。申立事件の 95%以上が棄却される最高裁判所の段階での異例の和解勧告に至りましたのは、ひとえに多くの方々のご支援のおかげと心より感謝申し上げます。

 サッカーの楽しさとワールドカップの醍醐味を教えてくれた夫でした。以前のように家族五人で応援することは叶わなくなりましたが「終了のホイッスルが鳴るまで、諦めずにプレーしよう」という亡夫の言葉が、遺された家族の合言葉のように響き合っています。

 私たちの裁判はひとまず終止符を打ちました。これからは、この11年間出来なかった母への孝行と、小児医療の現場で頑張る娘の生活支援をしながら、改めて「より良い日本の医療を実現するため」に活動しようと思っております。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

             平成22年7月8日        中原 のり子  









さらなるよい日本医療が

実現できますように、

個人のご冥福をお祈りいたします。




合掌













(1)
小児科医師中原利郎先生の過労死認定を支援する会
http://www5f.biglobe.ne.jp/~nakahara/index.html

(2)
★2010.7.8最高裁和解詳報★
和解条項へ
http://www5f.biglobe.ne.jp/~nakahara/100708wakai.html

原告・中原のり子さんの声明へ
http://www5f.biglobe.ne.jp/~nakahara/100708nakahara_statement.html

原告弁護団の声明へ
http://www5f.biglobe.ne.jp/~nakahara/100708bengo_statement.html

「支援する会」会長の声明へ
http://www5f.biglobe.ne.jp/~nakahara/100708moriduki_statement.html

(3)
【速報&お願い】小児科 故中原先生 過労死行政訴訟に勝訴 厚労大臣へ手紙を書こう! 
http://ameblo.jp/med/entry-10027963461.html

(4)
■病院は医師の健康に気遣う必要なし 労基法無視もOK 「医師の過労死、損害賠償請求を棄却-東京高裁」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-441.html

(5)
少子化と経営効率のはざまで 
http://www5f.biglobe.ne.jp/~nakahara/isho.htm











関連記事

コメント

中原先生の死には深く哀悼の意を表しますが、

>いまの日本のたくさんの医療者は、いつ生命が終わっても不思議ではない「異常な労働環境」下にあります。

こいつらは死んでいいと思うよ。

NoTitle

ドロッポ先生ほど達観出来ない私ですが、立正佼成会の病院に責任無しの高裁判決確定・・・というのが見たかったです。

最高裁は何も言ってません、握手させただけ

放置医先生

>立正佼成会の病院に責任無しの高裁判決確定

詳しいことは良くわかりませんが、結局そう言ってるのとほとんど同じっすよね?
奥様には失礼かもしれませんが、これがssd先生の言う「ぶぶ漬けいかがどす」ってやつでしょ?

産科医当直は違法な時間外労働…労基署、奈良県を書類送検

http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20100709-OYO1T00246.htm
読売オンラインにあるように、奈良県の産科医の時間外労働訴訟
で、病院側が刑事で書類送検されたようです。今後は労基法を
守らない産科当直が認められなくなる、一気に産科医不足ですね。

ビタミンK不投与で乳児死亡…母親が助産師提訴 (読売新聞 - 7/9 9:59) http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1270167&media_id=20

mixiのニュースに載っていたのですが、どなたか詳しい記事をご存知ないでしょうか?

中原せんせ

素敵な先生だったのかも。(奥様ゴメン)こきつかわれていなくて、生きていたらきっと医局で、ほかの医師たちとサッカ一緒に見てたかもしれない。個人的には、見かけたら声かけて、笑わせて元気にしてあげたかったかも。日本の医療界は大切な人材を失ってしまったことの反省と、改革が必要……。

NoTitle

改めて中原先生のご冥福をお祈りいたします。
また、ご家族はじめ関係者の方々お疲れ様でした。

しかしながら、最高裁が医療者の過重労働に対しての判断を下さなかったのは怠慢ではないかと感じてしまいます。異常な労働環境を是正する機会を漫然と見送ったわけですから。「2010年の時点で和解ではなく判決を下していればうちの子は死なずにすんだのに!」とかいう訴訟は起きないもんでしょうかね?

まあそうなんですが・・・

ててれけ先生
まあ仰る通りなのですが・・・。
なんというべきか上手く表現できないのですが、中原先生の奥様の声明を目にしてから最高裁を強く非難する気持ちが今ひとつ湧いてこないというか・・・。
我が病院と仰っていた中原先生には申し訳ありませんが、もちろん立正佼成会の病院は変態タブロイドなどと同類の消え去るべき存在だと思っています。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。