スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「こころを救う:過量服薬、救命現場が警鐘 治療薬、自殺手助け」

物事にはいろいろな面がある、

ということ。




以前にも複数回、自殺未遂された方が

当直しているときに搬入されたことがあります。




家族は

「病院は救って当然」という態度で、

我々は必死に夜中じゅう救命処置に

かかわりました。




なんとか救命できたあと、

翌日からぷっつりと家族は来なくなり、

患者さんも当然のように

医療費を踏み倒して

退院されていきました。





後日、半年もたたないうちに

また自殺未遂で搬入されたと

当直医に聞きました。




救急をする前に

別にすることが

あるのではないでしょうか。





まずは救急搬送側。





こころを救う:過量服薬、救命現場が警鐘 治療薬、自殺手助け


毎日新聞 2010年6月24日 東京朝刊

http://mainichi.jp/life/today/news/20100624ddm001040046000c.html

 自殺者が12年連続で3万人を超えた。心を病んだ人が治療を受ける機会は増えているのに歯止めがかからない。命を絶つ前に精神科や心療内科を受診していたのは半数に上るという調査もある。救えない命だったのか。医療現場から自殺対策の課題を探る。

 ◇精神科乱立、安易な処方も

 「お薬飲んじゃったんですか」。「どこでもらったんですか」。6月初旬、東京都武蔵野市の武蔵野赤十字病院救命救急センター。救急医の呼びかけに、運び込まれた女性(37)はうつろな目でわずかにうなずく。医師3人とともに処置に追われる須崎紳一郎センター長(55)に、救急隊員が空の菓子袋を差し出す。中にあった

向精神薬約200錠

はすべて女性が飲んでいた。

 重症者が年間1400人搬送される都内有数の救急病院。

向精神薬を大量に飲んで自殺や自傷を図る患者は増え続ける。

若い世代を中心に年150~160人。

全体の1割を超えた。

搬送前に死亡が確認された人は、ここには運ばれてこない。

 生死にかかわる過量服薬があまりに多いため、患者の回復後に病院が聞き取りしたところ大半が市販薬ではなく、精神科診療所などの医師が処方した薬と判明した。一度に飲んだ量は平均100錠になる。

「これほど大量なのに処方はわずか数日分。

治療薬が逆に自殺行為を手助けしている」と須崎医師は憤る。

 患者の一人が飲んでいた薬のリストがある。1回分が7種類。「これもこれも、名前は違うがすべて睡眠薬。1種類でいいのに。こんな処方は薬理学上あり得ない」。最も多い人は抗うつ薬4種類、睡眠薬4種類、抗不安薬2種類など一度に14種類を出されていた。複数の精神科専門医は「常軌を逸している。副作用に苦しんだり薬物依存に陥る可能性も高くなる」と指摘する。

 搬送患者の通院先を調べると、

いくつかの医療機関に絞られた。便利な「駅前」が目立つ。

須崎医師は「薬物治療の知識が足りないのか、患者の要求通りに出しているのか……」と不信を募らせる。

 08年の全国の精神科・心療内科の診療所は3193。10年間で5割増えた。向精神薬の市場も成長し、調査会社「富士経済」によると、08年の売り上げは10年前の2倍以上にあたる約2976億円。国は自殺対策基本法で「自殺のおそれのある人へ必要な医療を適切に提供する」とうたっているが、受診が広がる中、医療機関の質のばらつきが際立つ。

 過量服薬した後のケアも自殺対策の大きな柱だ。未遂者は、その後既遂に至る割合が格段に高いとされるためだ。ところが、入院させて心身両面から治療できる総合病院の精神科は診療報酬が低く、病院経営を圧迫して減少の一途。一方、勤務医は診療所を開業する。武蔵野赤十字病院にも精神科の入院病棟はない。体が回復すれば退院せざるを得ないため、心の継続的なケアは難しい。

 須崎医師らは患者の家族を交えて相談し、元の医療機関へ通院するしかない場合は、主治医あての紹介状を持たせて送り出す。「自殺予防に十分配慮をお願いします」。しかし、

再び大量に処方された薬を飲んで運ばれてくる患者は少なくない。

「救急で命を救っても、これではむなしすぎませんか」【江刺正嘉、奥山智己、堀智行】

==============

 ■ことば

 ◇向精神薬
 中枢神経系に働いて精神機能に影響を与える物質。作用によって▽睡眠薬▽抗不安薬▽抗うつ薬--などに分類され、治療での適正な使用が求められている。物質によっては、依存性と乱用で心身に障害を引き起こす危険性がある。






こちらは処方している側。






こころを救う:さまよい12年 うつ病男性、処方200錠で自殺未遂

毎日新聞 2010年6月24日 東京朝刊




http://mainichi.jp/life/today/news/20100624ddm041040071000c.html


 ◇「いつまで薬を飲み続ければいいのか」


 「もう消えたいんですけど」。誰かが書き込むと知らない誰かが応える。「起きてると辛(つら)くなるからゆっくり休んでね」。心を病む人が集い、病状や処方薬の情報を交換するインターネットの「メンタル系サイト」。ハンドルネーム・ロボ(41)のサイトもその一つだ。うつ病と診断されて12年、診療所を転々とした。「いつまで薬を飲み続ければいいのか」。ロボの書き込みに目が留まり、取材を申し込んだ。

 東京都内の心療内科にかかったのは、企業のシステムエンジニアをしていた98年。不況のさなか、自殺者が3万人を初めて突破した年だ。深夜勤務が続き、不眠に悩んだ。医師は抗不安薬3種を処方した。不調を訴えると効き目の強い薬を次々に出され、7種類に増えた。緊張や不安は治まらない。持ち帰る薬の袋だけが膨らんだ。

 03年に千葉県へ引っ越し、診療所も転院した。待合室はいつも満席で2時間待ち。「調子はどう」「薬出しときます」。診察は1分で終わる。相談したいことがあっても医師は「大変だね」としか口にしない。

 欠勤が続き会社を解雇された。再就職活動でうつ病と打ち明けたことがある。「君、廃人だな」。不採用通知が届いた。2年後に就職できたシステム会社でもたびたび欠勤した。父は「ぜいたく病だ。明日から仕事に行け」と言う。行きたくても体が動かない。ため込んだ処方薬200錠を口に放り込んだ。目が覚めたのは、集中治療室から病棟に移った2日後だった。

 退院後、かかりつけの診療所の医師は「自殺を図るような患者はもう診ない」と告げた。医者なんて頼れない。処方せんさえもらえればいい。そう割り切り、診察を続けてもらえるよう頭を下げた。同じ病のネット仲間だけが支えだった。

  ◇   ◇

 04年春、関西に住む一つ年下の介護士の女性がサイトを訪ねてきた。ロボが自殺を図った日、同じことをして入院したという。うつ病になってからも激務が続き、一人病と闘っていた。「ここに来て友だちがいっぱいできたよ」。そう喜ぶ彼女と付き合い始め、東京で2回デートした。1年後、突然目の前から消えた。向精神薬を大量に飲んで意識が戻らなかった。

 女性が懸命に生きてきたことを知っていた。だから彼女の分まで生きようと思った。近所にできたクリニックを受診した。これまでと違う医師の助言を聞きたかった。女医は処方薬の多さに驚いた。長年服用した薬を急に切ると心身の負担が大きい。「少しずつ減薬していきましょう」。医師が話に耳を傾けてくれたのは初めてだった。4年たち、初めて薬を1錠だけ減らせた。

 私はロボが住む街を歩いた。駅前のあちこちに精神科診療所がある。処方薬を大量に飲んで救急搬送される患者が絶えない診療所があると聞いた。院長は取材に答えた。

「他の病院で私の評判が悪いのは知っている。

でもそれは、過量服薬するような患者をやっかい払いしないで、すべて受け入れているからだ。

医者の哲学として。だから

(治療に)失敗しても試行錯誤しながらやっている」

 この日診療所には200人以上が訪れた。その手に処方せんを握り、再び街に消えていく。医者も患者も出口の見えないあい路をさまよっているようだった。

 病んだ心を誰が救うのか。自殺者3万人時代。ロボもその一人になっていたかもしれない。

  ◇   ◇

 ロボのハローワーク通いは続く。気持ちが落ち込み、しばらくネットの更新を休んだ。目が覚めてカーテンを開けるとマンションの間に朝焼けが広がる。もう一度、元気に働きたい。

 「ロボ、大丈夫?」。久しぶりに開いたサイトに誰かの書き込みが並んでいた。【堀智行】

==============

 情報やご意見をメール(t.shakaibu@mainichi.co.jp)、ファクス(03・3212・0635)、手紙(〒100-8051毎日新聞社会部「こころを救う」係)でお寄せください。










いろいろな考え方があるのは

いいと思います。

しかし、

実際に自殺者、自殺未遂者を大量生産している

クリニックがあることも確かです。





>他の病院で私の評判が悪いのは知っている。

>でもそれは、過量服薬するような患者をやっかい払いしないで、すべて受け入れているからだ。

>医者の哲学として。だから

>(治療に)失敗しても試行錯誤しながらやっている」






改正貸金業法といっしょで

制限を加えると

そこからはみ出す人が大量に出てきます。

あまりに制限がきついと

”闇”に流れることでしょう。




ただ、現状でいいわけではありません。

日本という国がもつ心の闇が

自殺へと導かれていきます。





「最小不幸」という気持ちの悪い概念が

全体を平坦化させ、

突出しているところの足を引っ張り、

結局は社会全体を沈没させるような国、日本。







その歪みが最終的に

現場におしよせています。




日本医療、日本の社会は

どのような方向を目指しているのでしょう?






























関連記事

コメント

ピーか

 同業者として苦苦しく思っています。専門的なトレーニングや経験をつまないで開業する方がおられ、結局、医療の浪費に力を貸すことになっています。4年前、救急医学会が精神科医に苦言を呈された事がありました。製薬メーカーの宣伝を信じ込む先生もおられます。

精神科クリニックてのは

無責任。
リピーターを何人も出しても、見にこない。
試行錯誤で頑張るとかいうなら、入院させて、薬物治療をして、コントロールをつけてから長期処方に切り替えろって。服薬してるのかどうかをチェックできないくせに、激しい薬を大量に処方するのは単なる無責任か、金儲けのためでしかなかろう。

患者様もピンキリ

医師もピンからキリまで
医師を選ぶも 寿命のうちなり

NoTitle

同業者です。
一日200人?ありえません。
かの新聞のことだから、話半分にしても、ありえない。
精神科クリニック撲滅キャンペーンの始まり?

NoTitle

 過量服薬やリストカット,過食は不適切な表現かもしれませんが現在では「市民権」を得てしまったというか…。だから多くなっていると思います。

この手の

医療特集時々やってるよ。前は北海道の村上医師の話だったかな。今は性機能障害の思春期の子供の話。

落ち着いて、淡々と読んでるよ。
そういう情報なんだと思ってる。
それで充分だとおもってますね。

救急医のクセに生意気だぞ。

>治療薬が逆に自殺行為を手助けしている」と須崎医師は憤る。
>4年前、救急医学会が精神科医に苦言を呈された事がありました。

それがあんたらの仕事でしょーがw。イヤなら辞めればよろしいww。
>「自殺を図るような患者はもう診ない」と告げた。
>「他の病院で私の評判が悪いのは知っている。
~(治療に)失敗しても試行錯誤しながらやっている」

医師たるもの、こうでなくてはw。見習いたいものです。
…数が増えたらこんなの続出dろうなあ。非常にwktk危惧しております。

>服薬してるのかどうかをチェックできないくせに、激しい薬を大量に処方するのは単なる無責任か、金儲けのためでしかなかろう。

うつ病の自殺は病気。病気で亡くなるのはアタリマエ。
これが無責任で金儲けなら末期癌患者の濃厚治療も無責任で金儲けかと。

とはいうものの

10年ドロッポさんのおっしゃる通り、過量服薬やリスカは
症状だと思います。もちろん精神の、ですね。

きちんとしたトレーニングを受けた精神科医なら、
タカ派麻酔科医さんの指摘のとおり、入院で調整するか、
それでも大量服薬を繰り返す患者の場合は、数日分の
処方で外来フォローとか、普通考えます。

自称『精神科医』、自称『心療内科医』は絶賛増殖中
ですので、ほんとに困っています。

でもそのあたりのことをきちんと報道してほしいと期待...
するだけ無駄ですね。

素人考えですが、

>入院で調整するか、
このテの方々から入院の同意得られますかねえ?措置入院ってわけにもいかないでしょうし…。

>それでも大量服薬を繰り返す患者の場合は、数日分の
処方で外来フォローとか、普通考えます。

それこそ大量処方してくれる他所に行っちゃうだけかと…。

NoTitle

内科クリニックですが、通院患者さんの自殺(うつ病から?)は2~年1人くらい経験します。
薬で予防できるのか?どういう患者が予備軍か?ということが分からないので精神科に頼らざるを得ません。

>治療薬が逆に自殺行為を手助けしている」と須崎医師は憤る。
結果論だけで他人を責めていますが、その結果も個人的感想のレベルに過ぎません。
その治療薬によってどれだけの人が救われたか比較検討したことはあるのでしょうか?

この自殺未遂者を受けている病院は、自費をきっちり請求してるんでしょうね?

病院も保険適用してはいけませんよ。不正に保険を使うなら保険医取り消しです。

自殺未遂、自殺企図は全額自費が基本です。
これらに保険を使うなどという、
不正請求している医療機関は保険医、保険医療機関の取り消しをすべきです。

○健康保険法
第116条 被保険者又は被保険者であった者が、
自己の故意の犯罪行為により、又は故意に給付事由を生じさせたときは、
当該給付事由に係る保険給付は、行わない。

○精神病その他の行為行為(結果を含む)に対する認識能力なき者に就ては
「故意」の問題を生じない。(昭和13年2月10日社庶第171号)

なので、精神科にその後措置入院や医療保護入院になるケースのみ除外ですが、
それ以外は 全 額 自 費 を 徴 収 しる!!

つーか自費徴収しないくせに、自殺未遂を迷惑がっている病院はアホです。つぶれるまで自殺未遂受けていなさい。

もし精神疾患に起因するものであるというなら、自宅に帰らないでください。
これから精神科病院にすぐ入院してください。措置か医療保護で閉鎖病棟に。最低3ヶ月は。
それができないのならやっぱり自費です。

自殺=自費で高額にカネがかかる、
というキャンペーンをやったほうが大量服薬による自殺未遂は確実に減るでしょう。

NoTitle

つける薬はないずら

まさか保険を不正に使ってないですよね?様、

正論ですが現実には全額踏み倒されて終了でしょうね。その点保険にしときゃ自己負担分以外は取れますから…。
で、自称だろうがなんちゃってだろうが精神科や心療内科の通院歴があれば不正請求にはならん筈です。

>素人考えですが

私は、過量服薬をする患者にどう対応すべきか、という議論がなされていると捉えましたので、そのためには

その(一見ただの迷惑な)行動の原因を解決すべき、
医師は大量処方すべきでない、

と申し上げたかったのです。過量服薬を繰り返す患者の多くは、きちんと説明をすれば入院に同意してくれます。

医師が治療について真摯に説明しても応じなくて、大量処方してくれるところに流れるのは、依存症か横流し目的の方々ではないかと思いますが、これらの人々については過量服薬の心配はまずありません。

素人考えせずに、まずは精神科医に相談されることをお勧めします。

精神科医です様、

方法論としてはおっしゃる通りであろう事くらいはさすがにドロッポ医の私でも理解出来ますがw、
>元の医療機関へ通院するしかない場合は、
「精神科医」に相談、は困難なケースがそこそこあるみたいですが。
結局他の医療分野と同様リソースが圧倒的に足りないんでしょうね。つーか素人目には本気でこのテの患者と向き合ってたら実のところキリがないように思われます。
「処方薬を大量に飲んで救急搬送される患者が絶えない診療所」は現状では「必要悪」なのではないでしょうか。

10年前にドロッポしました。様

専門バカのマジレスにお付き合いくださりありがとうございますw

リソースが足らないとのご指摘は全くその通りですね。数的に少ないのと、受けた指導の内容で精神科医にかなり個人差・地域差があるのとで。

ただ、そういう診療所は、「悪」には違いありませんが、必要とは全く思いません。どう考えてもただの金儲けなわけで。

大量服薬は精神症状なので、放置するどころか助長するなんて行為は許せん! と常々思っている次第でして、つい書きこませていただきました。

悪貨は良貨を駆逐する

>専門バカのマジレスにお付き合いくださりありがとうございますw

こちらこそ、勉強になりました。

>受けた指導の内容で精神科医にかなり個人差・地域差があるのとで。

実は以前、妹が鬱病を発症しまして、最初の医師はそれこそおざなりに薬出すだけ、「こらああかん」と、父(開業医)はあらゆるコネを総動員して真摯に対応してくれる医師を探し出しました。おかげで妹は完治だか略治だかよくわかりませんがw、とにかく現在は元気に奴隷国立病院で精神科医をやっています。
…ただ、思うに前者と後者、おそらく処遇は同等、下手すると前者のがよかったりするわけで、労働者としては私は前者が正しいと思うんですよね…。

>どう考えてもただの金儲けなわけで。

才能なくして医者になってしまった者も生きていかねばならんからなあ、と赤ひげを気取ってみるてすつ。

>大量服薬は精神症状なので、放置するどころか助長するなんて行為は許せん! と常々思っている次第でして、

大人になれよ大人にw、と利いた風な口を叩いてみるてすつ。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。