スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「不倫救急部長逮捕「火を付けたろか バットでぶん殴る」と脅す」: 追記あり

自分が緊急事態になった、

という脳外科の先生。







でも、同じことが

マスコミであったら

実名報道するのか

疑問。











不倫救急部長逮捕「火を付けたろか バットでぶん殴る」と脅す

スポニチ Sponichi Annex 2010年06月11日 12:17


http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20100611055.html


 交際していた女性を電子メールで脅したとして、大阪府警西堺署は11日、脅迫の疑いで、堺市にある病院の救急部長兼脳神経外科副部長(53)を逮捕した。

 逮捕容疑は4月8日、交際していた女性(27)に対し「火を付けたろか。バットでぶん殴る」などの内容の電子メールを送り、脅迫した疑い。

 西堺署によると、医師は「おおむね間違いありません」と供述。同じころに女性の両親にも、女性を誹謗中傷する手紙を送り付けており、同署は詳しい動機や関連を調べている。

 医師は妻子がいるが、昨年6~12月ごろまで女性と交際。今年3月中旬ごろから、女性を中傷するメールを約30通送信したため、女性が5月に告訴していた。

 病院側は「質問には一切答えられない」と話している。





↓こちらは実名報道。

ててれけさん、

http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1439.html#comment11290

ご指摘ありがとうございます。






女性を脅迫容疑 医師を逮捕…メールで「火付けたろか」


2010年6月12日 読売新聞

http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20100612-OYO1T00402.htm


 女性をメールで脅したとして、大阪府警西堺署は11日、馬場記念病院救急部長兼脳神経外科副部長の医師宇野淳二容疑者(53)(堺市西区)を脅迫容疑で逮捕した。容疑を認めているという。

 発表によると、宇野容疑者は4月、知人女性(27)に「火付けたろか」「バットで殴るぞ」などと書いたメールを送った疑い。

 女性は昨年末まで宇野容疑者と交際していたといい、3月中旬から女性の携帯電話に、中傷したり脅したりするメールが届き始め、5月に告訴していた。同病院は「事情がわからないので、コメントできない」としている。







堕胎事件といい、

脅迫メールといい、

やっていることは

お粗末。





血液内科や脳外科なら

ものすごい頭いいだろーなー、

的な一般市民の考えとは裏腹に、

ずっこけるような単純な罪で

逮捕されちゃったりしています。




だから、

医師は世間知らず

とか言われちゃうんでしょうか。










ただし、

地方公務員や大企業の職員などと

比べてもどうしても

実名報道が先走る医師。





医師ってそういう意味でも

人権がない、

そう思います。




いえいえ、メールによる脅迫を

決して擁護しているわけではありません。

むしろ断罪してくれ、

ということで。





ただ、

そこに至るステップに

大いに疑問があるわけです。





医師ってやっぱり奴隷なんだな、と

改めて感じる今日この頃です。











関連記事

コメント

NoTitle

マスコミ的には「医師は聖人君子であるべきだ」という思い込みがあるため、こんな物でもニュースにするんでしょうね。

もちろんやっていることが許されるわけではありませんが、医師も普通の人間ですから、ねぇ。仕事以外のプライベートでこんなことは普通にありますよ。

えっ?自分、そうなん?

>仕事以外のプライベートでこんなことは普通にありますよ。

ウチの近所にはいませんねえ…。

だって、

「縊頚症例でも生き返らせろ!」

と当たり前に言われちまうほど神に近い存在ですから。
人間臭いのは許されないんです(T_T)

早く人間になりたい! 
なんてこと考える今日この頃です。

連投失礼!!

ところで

「火を付けたろか。バットでぶん殴る」って

言うことが小学生並www

あらまぁ

医師は一匹狼ですから
ドブに落ちたら 立ち上がれないほどに叩かれて 
さらに トドメまで刺されますね。

組合という柵で守られてる
羊さんたちが 羨ましいかぎりです。

それにしても茄子は
オオカミの食すものではありません。

やばい じわじわくるww

「火を付けたろか。バットでぶん殴る」
鼻の穴膨らませながらこんなお茶目なメールをうちまくった救急部長兼脳神経外科副部長(53)プギャーw
って言うのがこの記事の要点でつね。不謹慎な記事だなぁw


ところでmed先生、「実名」は見当たらないようですが・・・まあこれだけ情報があれば特定は簡単でしょうけどね。

知ってて当然ですが

内科のお薬で、副作用として子宮収縮作用があるものとはなんでしょう?

仕方がないじゃん

それだけ社会的責任が大きいんだよ


嫌ならやめれば良いじゃん


お医者さんなのに本当やっていることがバカだよね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。