スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「研修医の農作業「待った」=厚労省「医療に該当せず」-大分大、中止へ」

地域医療研修として

>研修医に行っていた農家や旅館での研修

>1人が1週間、九重町の農家で搾乳や苗代づくり、ラベンダーの植え替え作業などを体験。

>もう1人も5月に2週間程度、温泉旅館に泊まり込んで接客や配膳(はいぜん)、風呂掃除をしたり、自然保護施設での活動を経験したりした。





まあ、普通の感覚では

これで医師の研修になる方が

おかしいと思います。



>既に研修した2人には別の医療機関で再研修

…ご愁傷様です。






研修医の農作業「待った」=厚労省「医療に該当せず」-大分大、中止へ

時事ドットコム 2010/05/29-09:08

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010052900078


 大分県九重町の町立飯田高原診療所が大分大学付属病院から受け入れた

研修医に行っていた農家や旅館での研修

について、

厚生労働省が「内容が研修目標に当てはまらない」

として、中止を指示したことが29日、分かった。

これを受け、大分大は研修を取りやめ

るとともに、

既に研修した2人には別の医療機関で再研修

させる方針を決めた。
 飯田高原診療所は今年度、大分大付属病院の研修医4人を受け入れる予定だった。4月にはこのうち1人が1週間、九重町の農家で搾乳や苗代づくり、ラベンダーの植え替え作業などを体験。もう1人も5月に2週間程度、温泉旅館に泊まり込んで接客や配膳(はいぜん)、風呂掃除をしたり、自然保護施設での活動を経験したりした。
 野瀬善明所長は「医師が患者の心情を理解できないと信頼関係は生まれない。地域の人と触れ合うことで、人間性を磨く機会になる」と研修の狙いを説明する。
 これに対し、厚労省医事課は同省局長通知「臨床研修の到達目標」で規定した

「地域医療」に該当しないと判断。

28日に九州厚生局を通じて大学側に中止を求めた。







だんだんおかしなことになってきましたが、

単純に地域医療研修が

”地域に医師をリクルートする場”

に変化してきているのを

物語っています。










逆にこれが認められていたら

医師研修って何なんだ?

ということ。









福島医大でも、

福島学なんか

やっている場合じゃないですよ(1)。






志を世界に向けて、

というのは今の医師にはダメで、

とにかく地元の、

それもかなりへき地に定着させる、

というのが国と地域の目標です。




なんて矮小な目標なんでしょう。






それからしたら、

厚労省が

「農作業や旅館業務は医師研修じゃない」

という当たり前の判断ですら

斬新に思えてきます。

情けない話ではありますが。








(1)医学関係者を失笑の渦に巻き込んだ「福島学」。
福島医大では必須だそうです。これで落第する可能性がある、ということです。

■必須「福島学」…ネタじゃないのか(笑)!! 「福島医大が必修科目に「福島学」」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-494.html















関連記事

コメント

あくまで私個人の感想ですが。

研修義務はそれなりに高い理念を元に導入したわけだし、厚労省はそれがどうであったかきちんと評価してみたら良いのに。やる気のある研修医はやはりその期間もしっかり吸収して今やしっかり育っている医師もいるから悪いことだらけではないはず。

変に媚びたりせず、病院なり診療所なり、そこでやれる精一杯の臨床研修をやらせることが一番いいはずなんだけど。
それが一番そこを魅力的に見せるはず。

役に立つかもしれない

「農家や旅館での研修」
ドロッポした時に役に立つかもしれない…

いいかた

農業  → 栄養管理の基礎技術の習得
旅館業 → プライマリケアにおける医療面接技術の習得
などという「名目」を付ければなんとかなったかも・・・
「臨床」研修医ですから。

下方運動?

いまごろになって肉体労働による思想改造ですか。
中国よりも40年は遅れてますなぁ。


救児の人々

Dr.I先生の「健康、病気なし、医者いらず」で紹介されていました。6月19日までロハス・メディカルで無料で読めるそうです。
http://lohasmedical.jp/books/
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。