スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:後期高齢者医師 「82歳の産婦人科医奮闘 卵管破裂19歳救う」: 追記あり


よくある消防の

救急搬送。

>日立市消防本部から「女性が下腹部の痛みを訴え、少し出血している」

なんてったって

搬送した者勝ち。

受け取ったら負けです。



>「ここまでひどいとは思わなかった」と驚いた。

なんて

ビックリの後期高齢者一人に

患者さんをお任せして

さっさと救急隊は撤収。




>すぐに血液を取り寄せ、輸血と点滴を開始し、酸素を吸入。

>手術を受け入れる病院探しも一人でこなした。



ここまで全部放置プレイ。




あんまりひどいと

気の利く救急隊は、

「先生、どうしましょうか」

と高次の病院を暗に勧めたりしますが、

>機転を利かせ、救急車を待機させておいた

おじい様が

機転をきかさないと

本当に帰っちゃうかもしれないところが

茨城のデフォ。










82歳の産婦人科医奮闘 卵管破裂19歳救う

2010年5月27日 読売新聞


http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ibaraki/news/20100526-OYT8T01213.htm

 高萩市在住の女性(19)が4月20日、子宮外妊娠による卵管破裂で一時ショック状態に陥ったが、自宅から120キロ離れた土浦市の病院で一命を取り留めた。その陰には、当番医として同病院に女性を引き渡すまでの間を処置したベテラン医師の奮闘があった。

 この医師は水戸市笠原町の久野産婦人科医院長の久野克也さん(82)。同20日午後10時過ぎ、

日立市消防本部から「女性が下腹部の痛みを訴え、少し出血している」

と連絡を受けた。県北や水戸市で受け入れ病院がないとのことだった。

 救急車で到着した女性は診察後、急激に血圧が低下し顔色が真っ青に変わった。久野さんは

「ここまでひどいとは思わなかった」と驚いた。

卵管が破裂し、腹腔(ふくこう)内に大出血していると内診などで診断した。

 「ぐずぐずしていると、大量出血で死んでしまう」。

すぐに血液を取り寄せ、輸血と点滴を開始し、酸素を吸入。

手術を受け入れる病院探しも一人でこなした。

機転を利かせ、救急車を待機させておいた

ことも奏功した。ようやく搬送先が土浦協同病院に決まったが、移動中に点滴や輸血が外れることを恐れ、救急車に一緒に乗り込んだ。翌21日午前2時半過ぎ、同病院に到着。手術は成功し、女性は28日に無事退院した。

 卵管が破裂し短時間で大量出血が起きた場合、命を落とす危険もある。久野さんは「珍しい例だったが、医師としてやるべきことをやっただけ」と振り返る。

 県内では、産婦人科医の確保や救急医療体制の整備が急務となっている。土浦協同病院の藤原秀臣院長は「今回の出来事は県内の救急医療の光と影を浮き彫りにしたと言える。

久野さんは患者の命を救い、茨城の医療も救った恩人

」と話している。








82歳の後期高齢者医がルート確保から

搬送先の手配までしたのがすごいのか、

82歳の後期高齢者までかりだして

当番をさせる日本の医療システムがむごいのか、

82歳の医師に堂々と

救急患者を押し付ける水戸の救急隊がひどいのか、

よくわからない記事です。




>久野さんは患者の命を救い、茨城の医療も救った恩人

…どこからそんな発想が出るのか

理解できません。

”茨城の医療を救った恩人?”

このことで茨城の医療が

救われたんでしょうか?




結果が悪ければ、

逆に茨城の医療の破壊者に

なっていたのでしょうか。






82歳の後期高齢者でも

医師は救急搬送を受け

奴隷奉公をしています、

というお話でした。





2010.5.22 追記: 

ご指摘がありましたので

一部本文中の表記を変えております。

ご指摘ありがとうございました。













関連記事

コメント

それはそれは

気の利いた盥回し
お疲れさまでござんした。

NoTitle

19歳の女子・・・
ケコーンしているのでしょうかね?

後期高齢者

後期高齢者でも医師の免許を持っているだけで
奴隷ですか
一体この国はどうなっているのでしょうか?
「美談」としてしか此の事件を扱わないマスコミの感性の低さにあきれます

まあ・・・

県職員様の認識がこういうところですからw
http://shosdiary.blog.so-net.ne.jp/2009-08-06-1

>医療分野の複数の県職員からは病院や自治体が医師を確保することの限界を指摘し、「医師不足の地域や診療科目には一定の強制力で、医師を配置する制度をつくるべきだ」とする声が上がる。 

一定の強制力で、医師を配置する制度をつくるべき
一定の強制力で、医師を配置する制度をつくるべき
一定の強制力で、医師を配置する制度をつくるべき

結婚してるなら

破裂する前に受診してると思いたい。

もし結果が悪ければ・・・

メディアスクラムに裁判沙汰だったでしょう。久野先生には良かったですねと言ってあげたいです。
ゴミ売りがコメントを好き勝手に切り貼りしているのでしょうが、土浦協同病院の藤原秀臣院長には言いたい。
「寝ぼけてんの?」

びっくり[i:63904]

朝親戚から電話がかかってきて
あたしの事が新聞に載ってると聞いて
びっくりして携帯で調べてみたら
このサイトが出てきました


結婚はしてないです。
この事が起こる1週間前くらいに
妊娠検査をしたのですが陰性で
出血も生理だと安心しきっていました。


救急隊の方や久野先生そして
土浦の先生やみなさまには
本当感謝しています。

確かに受け入れてもらえない
という現状は見直した方が
いいと思いましたけど私の事で
救急隊の方や土浦の先生方が
批判されているのを見て
ちょっと悲しくなりました

びっくり[i:63904]

朝親戚から電話がかかってきて
あたしの事が新聞に載ってると聞いて
びっくりして携帯で調べてみたら
このサイトが出てきました


結婚はしてないです。
この事が起こる1週間前くらいに
妊娠検査をしたのですが陰性で
出血も生理だと安心しきっていました。


救急隊の方や久野先生そして
土浦の先生やみなさまには
本当感謝しています。

確かに受け入れてもらえない
という現状は見直した方が
いいと思いましたけど私の事で
救急隊の方や土浦の先生方が
批判されているのを見て
ちょっと悲しくなりました

NoTitle

「びっくり」の題名で書き込みされた、名前の無い「ご本人」さん。
私は産婦人科医です。
産婦人科としての知識に照らし合わせて考えると、新聞の報道が正しければ、あなたの書き込みは「内容が間違いが含まれている」と思います。
新聞報道が「~~が違う」のであれば教えていただいたほうが誤解がなくなるので嬉しいのですが、如何でしょうか。

送った先のことは無視

当直という名の夜勤、あるいは自主的に待機をしていて、手術した先生がたお疲れさまでした。

82歳の美談(笑)でおしまい、
先生方がこの地域の医療を支えてる様には
全く感じない記事ですな。

深夜に手術できる施設は「あって当然」
病院に送り込めば「助かって当然」
そんな意識が感じ取れる記事です。

医療側が評価されていいことは、

都合よく、あっさり通過。

何っつーか。

偏向報道なんだよな。


日本の医療まで、殺処分?

NoTitle

インテリ層や医者を徹底的に迫害する、という点ではまさに文化大革命ですね。
さすがは前線司令官様です。

まあ、地方公立病院は既に仕分けの対象みたいですから。

確かに久野先生が救急車を待機
させといてくれたり土浦の病院を
手配してくれたのは確かです。
ですが酸素を送ってくれたり励ましてくれたのは救急隊の方たちです。

久野先生は励ましの言葉などは一切なく「このままじゃ死んじまう」を連呼。この時「あぁ、死ぬんだ」と覚悟しました。
輸血する時も1時間ほど待ちました。

古い病院なので設備がなく
不安で不安で仕方無かったです。
しかも耳が遠いらしく診察されているとき痛いと何度も言ったのにえ?痛いのか?とか言って何度も痛い所を器具でガンッガンッと押されました。


今となっては感謝していますが
あの時は本当に不安で仕方なかったです

おえ本人

おめえ おもしれえやつだなぁ
デミソースの臭いがするのは 気のせいかぁ

本人様へ

この期に及んで82歳医師への不満ですか?何が重要かわかってないんだね。患者を運んで下ろしてさっさと帰ることしか考えてない救急隊を、待機させておくために、「このままじゃ死んじゃう」と82歳の医師は連呼してたんでしょ。そもそもあなたは死んでもおかしくない状態だったんですよ(医師ならわかる)、あなた本人は理解できないんでしょうけど。
茨城県の県北や水戸地区でどれだけ搬送先を探すのが大変か、あなたは知らないでしょ。特に産婦人科は水戸の1ヶ所でしかまともに機能していないから、そこの医師が過労死寸前なんですよ。T波大学はつくば市周辺しか、ろくに勤務医を出してくれないしね。
酸素を送ったり励ましたり、っていうのは医師じゃなくてもできることだから、救急隊がやってたの。82歳の老医師は、自分じゃなきゃできない事をするのに必死で、そんな事してる余裕はなかったの。意識があるんなら、酸素マスクはあなたが自分で持ってることだってできるでしょう。人手がない時は、救急隊だろうが猫の手でも借りなくちゃ、その場はしのげないんですよ。輸血だって、1時間でできるならまだ良い方でしょう。今回命拾いしたんだから、自分の住んでいる地域の医療がどんな人達の負担で何とか持ちこたえているのか、少しは考えてみたらいかがですか?
診察の時の痛み方で診断しようとしてるんだから、診察で痛いのも当たり前なの。今時の19歳ってこんなに頭悪いの?
古い病院が嫌なら、運んできた救急隊にそう言えば?病院(医院)も受け入れずに済むんで、却って助かりますから。
そもそも結婚してないくせに妊娠しておいて、婦人科診察が嫌だなんて・・・。
こんな患者の言いぐさをきくと、ほんと、医師なんかやめたくなる。まあ、いつか辞めます、ほんとに。そしたら急性腹症なんて夜中に診なくてすむし。

そんな言い方されるとは思いませんでした。

お医者さんって本当ストレス溜まるお仕事なんですね。


痛いのは仕方ないってわかってます。診察が嫌だなんて言ってませんし。でも痛い所をつつかれて痛いか?って聞かれたから痛いです。って言ってるのに耳が聞こえなくて何度も何度もやられたんですよ。不安になるのは当たり前かと。輸血される前にはすぐ隣で看護婦さんが輸血の針を入れる練習までしてるし。

今ではあの先生がいたから助かったと思ってますし別に不満を言ってるというわけじゃなくあの時の気持ちを書いただけです。


頭が悪いとかあなたに言われる筋合いないし、結婚してないからなんなんですか?ただ単にきっかけがなくて結婚してないだけで子供がいるってわかってたら結婚してましたよ。妊娠するのがそんなにいけない事だったんでしょうか?そんな風にしか聞こえません。


医者の大変さや事情をあまり考えず自分の不安だった気持ちばかり書いたのは私が悪いと思います。すいません。

大変でしたね

貴女に、コメントをくれたお医者さんは、あなたが錯覚していることを、「本当はこうだったんだよ」と教えてあげたかったのです。

言葉の行き違いがあっても、あの場にいた全員の人は、貴女を助けようと、必死になっていたことを理解していただけませんでしょうか。

痛いところをつつかれてしまったことはつらかったし、不安だったですね。
老医師が耳が遠いのは、仕方ありません。

何回もつついたのは、先生が老人だったからではなく、どこからどこまでが痛むのか、きちんと範囲を確認して、子宮およびどこまでが、病気の原因になっているのかを特定しないと、必要な処置と対策をたてられないからです。

その場にいたのが、若いイケメン先生であっても、確認する基本的観察ポイントと、手順と、処置とはだいたい同じです。
(先生方そうですね)
どんなに設備がある病院でもそれは、必要最小限の確認方法で分速で判断しないと、貴女の場合は間に合わなかったはずです。
この場合、検査する設備がある場所まで移動させるのが、何分もかかるようであれば、目の前の処置が最速対応であればそちらが優先になります。


それを、目の前のあなたがぎりぎり死にそうであれば、顔色も相当悪

続きです

顔色も相当悪かったと思うので、きっと老先生も不安と戦っていたと思います。

今後はもっと女性でいることを大切にして下さい。

「産科女医からの大切なお願い」という本があるので読んで下さい。

女性は、しょい込む不安や孤独感や、痛みや責任や命があることを理解して下さい。

妊娠は自分だけのことではなくて、周囲の人間関係や医療スタッフも巻き込んで、成り立っていることを理解して下さい。

若いのでまだまだ出会いのチャンスがあるので、大切にして下さい。

そうですね…。
看護婦さんが先生の耳元で「そこは痛いって」って言うまでやめてくれなかったから耳が遠いだけかと思ってたんですが範囲を調べてたんですね。「このままじゃ死んでしまう」と言うのも言葉の一部で「俺3人やってるけど1人死んでんだー」など色んな事を独り言のように喋ってたので不安になってしまったんです。
私は周りの人たちも必死に助けてくれたのを充分承知してますみなさんに本当に感謝しています。だからこそ久野先生だけが評価されてたのがちょっと気になってしまって書き込みをしましたそして私みたいに不安で仕方ないって事がないように今の医療が改善されたらな。と思って不安だった気持ちを書いたんです。不満に聞こえたなら謝ります。

妊娠というのは大変な事だとわかっています。
若いからといって軽い気持ちで妊娠したわけじゃありません。
やっとできた子供でしたし。
結婚してないって事で妊娠そのものを否定された感じがしたので…感情的になってしまってました。すいません。

理解してくれてありがとう。

医師の男性も、もともと本質男性なので、時々ちょっとだけ気が短かかったり(御免)、小さい声で、「なんなのよこれ」(検査値大きいか、想定外)とか、「あ~」とか、言ったりしながら仕事してる時あるんですけど、それだけ一生懸命で守りたいもののために、真っ直ぐなの理解して下さい。

一番大切なのは貴女が助かったこと、それに沢山の人が関わったこと、自分の命の重たさをしっかり大切に抱き締めて生きていって下さい。
幸せになってね。

NoTitle

ええと、本人様コメントはいわゆる「釣り」ではないのでしょうか?本人が書くか?こんなこと。

ま、その可能性



半分ある。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

確かに

釣られた私がアホでした。ちなみに私は女性医師です。自分で自分の面倒もみられない立場で妊娠してこんなふうに周りを巻き込むこと自体、女性だからこその怒りもありましたので、失礼。

NoTitle

ないように今の医療が改善されたらな。と思って不安だった気持ちを書いたんです。不満に聞こ http://www.panjewellery.com/
http://www.edhardytime.com/
非公開コメント

トラックバック

[医療][Web]後期高齢者医療

といっても、高齢者なのは医療者側だったりする話。ここ数日ネットで話題のこの事件。 ssd’s Diary - イイハナシカナー ssd先生ご指摘のように、病院とか患者住所とかの距離感が素晴らしい。もう一息で東京まで着きそうな勢い。でも、注目は 勤務医 開業つれづれ日記・2

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。