スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「診療報酬改定 日歯幹部の前で次官に“指示” 小沢幹事長「参院選わかってるな」」

自民党候補を擁立した日医は

コテンコテンにやられて、

歯科は久々の診療報酬アップに沸いた、

というのがH22の診療報酬改定です。






小沢節炸裂の診療報酬改定、

というわけです。






ここまでわかりやすく

鳩山首相を操る

黒幕政治をやってもらうと

時代錯誤もいいところですが、

なんの計画性もなく医療の方針を

決めていくことに

どうしようもない医療に対する

あきらめの雰囲気が漂います。









診療報酬改定 日歯幹部の前で次官に“指示”

小沢幹事長「参院選わかってるな」


2010年5月10日(月)「しんぶん赤旗」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-05-10/2010051001_04_1.html



--------------------------------------------------------------------------------

 目前に迫った参院選にむけ、与党・民主党による業界団体への露骨な締め付けが行われていることが、本紙の取材でわかりました。巨大与党の権限をアメとムチのようにつかって、選挙協力を求める民主党の姿勢に、関係者からは怒りと困惑の声が広がっています。(矢野昌弘)


--------------------------------------------------------------------------------



 「小沢さんからどう喝に近い言葉で『夏の参議院選挙のことはわかっているでしょうね』と言われた」

 東日本地域のある歯科医師会会長は、ホテルで面談した小沢一郎幹事長から強圧的な態度で要請を受けたと、周辺に語りました。

 自民党を支援してきた業界団体の中でも、日本歯科医師会(日歯)や日本医師会は資金面、集票力ともに有力な団体です。民主党は、その切り崩しに躍起です。「会長は、『言われるべくして言われた』と受け止めているようだった」と、歯科医師会関係者は話します。

 民主党が切り札にするのが、今年度の診療報酬改定で医科本体は1・74%のアップだったのにたいし、歯科本体では2・09%引き上げたことです。

 民主党国会議員と東日本の地方都市の歯科医師会が開いた懇談会。この席で、

小沢氏側近の国会議員は「診療報酬改定の内幕」

と言って、こんな話を得意げに披露しました。

 ――国会内の民主党幹事長室に大久保満男会長はじめ日歯の幹部が訪ねてきた。

小沢幹事長は、

日歯幹部がいる前で、

水田邦雄厚生労働事務次官に電話をかけ、

「医科よりも歯科の改定率をあげるように」

と言っていた。

 この民主党議員は「この電話が今回の改定に反映した」と示唆した――。

 民主党では、各団体の陳情を党幹事長室が一元的に受け付けるというシステムをとっています。

“小沢詣で”

とも揶揄(やゆ)され、小沢一郎幹事長への権力集中が指摘されています。

 懇談会に同席した歯科医師は「組織内候補を自民党から擁立することになっていた

日本医師会

は、診療報酬改定などを審議する

中医協の委員を外されるハメ

になった。我々にたいしても『協力しなければこうなるよ』という暗黙のメッセージだ。

診療報酬が与党幹事長の胸先三寸で決められるのは恐ろしい

」と話します。

 こうした動きに合わせるように、日歯の政治団体、日本歯科医師連盟は1月、全国の会員向けにアンケート調査を実施。「民主党の歯科医療政策に今後期待しますか」などの設問からは、民主党支持への“地ならし”とも言える動きがうかがえます。

 民主党が全国で行っている業界への締め付け工作。民主党国会議員から、協力要請を受けたある業界団体の役員は、こう民主党の強引なやり方を批判します。

 「アメとムチを使えば、業界団体がすり寄ってくるだろうという手法は、自民党と変わらないではないか」







結局、政治の具にされるだけで、

本当に医療を考えているわけではない、

ということなんでしょう。




勝ち誇った小沢氏側近も

今回の参議院選挙の結果には

青ざめることになるかもしれません。






なお、当ブログは

いかなる宗教、政治団体も

支持しておりません。

ご理解のほどよろしくお願いいたします。






関連記事

コメント

NoTitle

「国民の生活が第一」が聞いて呆れますね。現行の国民皆保険制度において診療報酬改定は医療体制、医療水準に直結します。

衆議院選挙前には産科、小児科、救急、地域医療など危機的状況を回復するため医療費増額といっていたのがこのありさまで、しかも旧与党との繋がりを断ち切らない医科より現与党にすり寄ってきた歯科に配分を多くですと。

国民の生活も選挙の道具に過ぎず、権力を手にするために一般大衆が犠牲なってもかまわないということですね。

「夏の参議院選挙」

もちろん わかっておりますとも

ご愁傷様です

参議選

投票すべき党が無いのですが、どうするべきでしょうか?・・・・投票行って、白票か??
は~~~~~困った。

野球選手は

寝技に持ち込めても、力士は投げ飛ばせないずらよ。

いっそのこと

参議院議員は
神聖な おみ籤で
国民から選んだほうが 賢明ずら

「ヤワラ」とか「野球」とか「体操」とか
あいつら 国技を舐めてるだよ

NoTitle

>投票すべき党が無いのですが、どうするべきでしょうか?

べひん様。ご心配には及びません。
ここに道が示されております。

http://latache1992.blog56.fc2.com/blog-entry-290.html
良いですか?皆さん!
必ずしも・・民主党が勝つ必要はありません。
多くの国民にとって・・有為な政治を為せる人・・。
そういう人を・・選ぶ選挙なんですね・・参院選は・・・。
-----

・・・てのが、オザワン側の構えです。いかがです?

つまり、次回参議院選挙でのオザワンの目標は民主党内篩い分けです。議員の仕分けです。
民主党議員に要らない奴が多すぎるので、少し整理整頓して、精鋭部隊だけ残したい。総数は減らしておきたいのです。

民主党が勝とうが負けようが関係ないのですよ。元々野合集団・寄り合い所帯です。一時的共同戦線でしかないのです。

だから・・・わかりますね。衆議院もついでに仕分けです。同日選挙断行にもって行きたいのです。

上手くいくかしら?

衆議院不信任にして

して、衆議院総辞職、参議院も解散にしたらどこが、誰が一番メリットある?

ただでさえ、普天間(やっぱりメイントピックになったよね)で迷走して、手際悪い根回しもできない政治手腕露呈しまくり、口蹄疫問題では指導力なさすぎだし、アメリカからの信頼もなくし、小沢さんは今のところ、アメリカ問題からは引いてるから、今衆議院解散方向に、国政を引っ張ったら、政治に空白ができるし、その中心人物は、火の中の栗を拾うようなもんになりそう。タマつかみどころじゃないよ。



どなたか政治の方の先生が御覧になっていたら、御意見を伺いたいです。


在日参政権に反対したのは、自民党とみんなの党だけ。
みんなの党は、民主とも連携組む と公言しています。
他の党はすべて賛成に回った。

雨後の竹の子みたいに党が出来ましたが、小さい党に入れて死に票になるくらいならば、まだ自民しかないでしょう。

在日参政権賛成ならば、社会党から共産民主党までより取りみどり。
ま、某国に日本を差し上げたいならばね
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。