スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「ニセ医師事件 ネット資格検索行わず病院側」

医師赴任のために

家電200万円準備していた、

というところが

すごいです。



一言言っておきますが、

赴任先が家電製品購入なんて

ふつうは絶対にありません。

びた一文出ません

(出してもらったことありません)。





医師の赴任で家電を大量購入するって

どれだけ宮古のウキウキ感があったか

物語っております。






他の先生方は

一体どう思うのでしょう?

ふつうは家電200万なんて、

購入しないですから…。




着任予定だった

>「婚約者」を名乗る男性(38)は、同姓同名が数件ヒット




同姓同名が出てくるんですから

予防効果はあまりなく、

あまりあてにならない

ってことです。







ニセ医師事件 ネット資格検索行わず病院側

存在「知らなかった」

2010年5月12日 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/iwate/news/20100512-OYT8T00185.htm



 県立宮古病院に医師として着任予定の一宮輝美容疑者(44)が無資格だったとして医師法違反容疑で逮捕された事件で、インターネットで

医師資格の有無を確認できる厚生労働省のデータベース

の存在を病院が知らなかったことが11日、わかった。病院は、一宮容疑者の希望した家電製品購入などに約200万円を支出したが、着任直前に無資格と気付いた。データベースを活用していれば、多額の公費支出を防げた可能性があり、県のチェック態勢のあり方が問われそうだ。

 厚労省のデータベースは2007年度に開設され、医師法で義務づけられている2年に1度の届け出をしている医師を網羅している。姓名を打ち込めば、医師免許の有無や免許取得年が表示される仕組みで、だれでも使用できる。異体字や旧字体は、そのまま入力する必要があるが、医師免許がなければ、「条件に該当する医師等は検索できません」との表示が出る。

 県立宮古病院の事務局長は11日、

「私たちは、そもそもそのシステムを知らなかった」

と述べた。

 県医師支援推進室は、同病院からの相談を受けた今月7日、このデータベースを使って調べた。すると、一宮容疑者は該当がなく、一緒に着任するとされていた

「婚約者」を名乗る男性(38)は、同姓同名が数件ヒット

したという。

 一宮容疑者とのやりとりは約100回のメールや電話で進められた。一宮容疑者は「村井」と名乗り、実名は今年1月に明かした。「患者に暴力を振るわれた」などと説明して、名刺や履歴書は出さなかった。

 病院幹部は「頭の片隅でおかしいとは思ったが、宮古に来てくれる貴重な先生だから、確認は最後で良いと思った」と明かした。

 民間の医療人材紹介会社キャリアブレインの吉岡政晴会長(40)は「偽医師の問題があるので、このデータベースで必ず確認している。このシステムを知っていれば今回の事件も防げたのではないか」と話している。






一時、亡くなられた医師が

大量にヒットして話題をさらった(1)

厚生労働省の医師等資格確認検索

はこちら↓

http://licenseif.mhlw.go.jp/search/top.jsp




(1)にも書いたように

亡くなられた方がぞくぞくと

検索でヒットすることから

日本の医療は幽霊部隊

とネットでは言われておりました。




さすがに石井四郎氏

(731部隊創設者)は

もうヒットしません。




>私たちは、そもそもそのシステムを知らなかった

ネットに無知、

と公言しているわけですが、

全国にはこのような医師不足で

簡単に医師の確認する手立ても

知らないような地域が大量にあるでしょう。







天から医師が降ってくるのを

祈っている地域に幸あれ。




私は

家電の行方が気になります。









(1)関連記事

開業つれづれ:
医師等資格確認検索 厚生労働省
http://ameblo.jp/med/entry-10029634059.html













関連記事

コメント

家電どころじゃない

中間管理職先生
岩手の特に沿岸警備隊はすごいですよ。わたしがこの眼で見たもので一番凄かったのは、今回のように夫婦で赴任する医師に1戸建の官舎を建てたことですね。約3000万(これは噂)と聞きました。その夫婦医者も3-4年でいなくなりましたけどww。ただし大学から派遣される医師は別ですよ、未だに(4-5年前ですけど)2槽式洗濯機とかテレビデオとかが標準装備ですし官舎もアパートですから。
まあ今回の事件はあの院長の性格を知ってる奴にはけっこうざまあみろって言ってるやつは多いです。

ストーブ、、、

寒がりだから、、といわれてあわててストーブを買ったというのが、、、
床暖房の官舎とかじゃないんですか?

わざわざ、趣味の薪ストープとか設置したのかとすら思いました。(あれは火遊びとして楽しいし、火が見えるって暖かいんです、料理とかできるし)
購入した200万円分、今頑張っている先生方のために使われるといいですね。

厚生労働省の医師等資格確認検索

いや、この検索システムも穴が多くてね、
冥界入りした人が載っている反面、現物の医者が乗ってない例があるんだよね。

経験したのは、子育てとかで職場を離れていた人。2年おきに勤務実態のような報告出すじゃない?あれから漏れちゃうとあの検索システムに載らないだって。知り合いの女医を調べたら、1名ヒットしたんだけど、資格取得日がものすごく違っていたので担当局に確認取ったら、ホントに同姓同名の人がいて、知り合いの女医は検索対象になっていなかったんだよね。きちんと個別に通知すればまた載るようになるってさ。

医師資格ない人物まで登録してるよ?!

厚生労働省の検索システムにも不備があるようですが?医師資格のなしの人物まで登録してるそうだよ?なのでそれだけで医師だと信用するのも危険なんですよ。偽医師に気をつけてくださいね
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。