スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:歯科終了 「私立歯大の定員割れ拡大、高収入のイメージ崩れ」 歯科医師ワーキングプア

ボロボロな歯学部。

食っていけないから

学校に行かない、

という単純な構図です(2)。



昨年同様、さらに傷口は広がっています(1)。



それなのに、政府は

「歯科医師は外人に門戸を開けろ」

といって大盤振る舞い(3)。




歯科医師はタクシー運転手と

同じになっています。




近隣諸国の歯科医師が

大都市にやってきて

さらにワーキングプア度合いを

広げることになります。





いったい誰のための政治なんでしょう?







私立歯大の定員割れ拡大、高収入のイメージ崩れ


2010年4月30日03時04分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100430-OYT1T00120.htm

 昨春に大幅な定員割れ

を起こした私立歯科大・歯学部で、

今春も全国17校のうち11校の入学者が定員を満たさず、定員割れが拡大

していることが、「日本私立歯科大学協会」のまとめでわかった。

 同協会によると、今春の入試は、募集定員1891人(前年度比13人減)に対し、4318人(同655人減)が受験、1489人(同213人減)が入学した。定員割れの校数は同じだったが、

全体の欠員率は昨春の倍の2割

に達した。

 このうち、

奥羽大歯学部の入学者数は定員の3分の1の32人

で、

松本歯科大、北海道医療大歯学部とともに欠員率が5割以上。

昨春の場合、定員割れしても5校が欠員率1割以下だったが、

今春は11校すべてで欠員率が1割を超え

2割以上も9校を数えた。定員割れで、高額の学費を見込めず、学校経営には大きな打撃となる。また、質的に一定レベルの学生を確保できないおそれもある。

 受験者減には、歯科診療所の過当競争で、「歯科医師は高収入」といったかつてのイメージが崩れていることなどが背景にある。

 文部科学省は「教育の質を確保するべく、これを契機にさらに入学定員の適正化を働きかけていきたい」(医学教育課)としている。







どうしようもないことですが、

歯科医師は医師の10年先を行く、

と言われています。

日本医療もどんどん崩壊していくことでしょう。








今回の診療報酬改定が

歯科医師に甘い、

といっても

先行きは真っ暗だからこそ

定員割れが拡大しているのではないでしょうか。







開業医のお子さんでも

やはり歯科医師にはしない、

できない、

というのが既定路線のようです。








以前、

アメリカで通っていた歯科医は

週休3日でした。





「金曜日、予約取れますか?」

と言ったら断られ、

話を聞いたら、受け付けの人に申し訳なさそうに

「うちは金、土、日がお休みなの」

と言われました。

「グレートだね!」

と言いましたが、内心は

日本とアメリカの歯科医師の

格差を思い知らされました。

















10-20年して、

年老いた歯科医師ばかりが

治療を行い、

医療費抑制のために

新しい治療法も認めず、

まるで”伝統芸能”のような

歯科治療だけが

残ることになるかもしれません。





近日中に私立歯大も

つぶれることになるでしょう。

医療行政の無策は

このようにして

一つの産業を

とりつぶすことになるのです。








(1)
■歯科 ついに大幅定員割れ 「私立歯大の6割定員割れ、歯科医過剰感か…読売調査」 医療費抑制で歯科が逝く
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-772.html

(2)
■Yahoo一面! 「歯科医に広がるワーキングプア」 歯科医師 5人に1人が年収300万円以下
http://ameblo.jp/med/entry-10067573494.html


(3)
■開業つれづれ:どれだけ変なこと言っているか誰か教えてやれ 「医療の人手不足 外国人の就労制限撤廃は当然(4月26日付・読売社説)」 自分じゃできない”当然”の事
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1378.html












関連記事

コメント

医療の即詰み

医師数の倍増
混合診療の積極的導入
診療報酬の引き下げ

以上 三手一組の簡単な手筋やんけ

NoTitle

ミンスの赤い密約で、門戸を広げて移民をもっと入れなさいと密約出来ているに決まっています
移民は人手不足の部門を補うとか言いつつ、あまり切っている歯科医師を入れるってあまりにも定見のない政策。
ミンスは本当に日本を滅ぼします

8020運動ってどこへ行ったのでしょうか?

以前80歳でも自分の歯を20本残して健康的な食事ができるようにしましょうって運動があったのですが…
日本人の健康を守る上でも重要な啓蒙活動だと思っていたのですが、どうなってしまったのでしょう?

本質から目を背け枝葉末節にこだわる枝野・蓮舫のような低レベルの議員しかいない民主党政権らしい
国民の健康を考えた素晴らしい政策の結果ですね
困ったものです

例えば

歯医者の連中が
「虫歯にも歯槽膿漏にも ならないように!!」
なんて 言ってるけど
どう考えたって 嘘 だろ。

国民が虫歯ゼロ 歯槽膿漏ゼロ で 
歯医者が生活出来るんかい。

医学部  女子比率 31.5%

歯学部 女子比率 40.8%
 これは意外どす。

どすこい

部屋入りはできても
せいぜい前相撲どまり かな。

モンゴル人力士に

土俵の礼節や、規律や、日本人の粋なあうんの呼吸を教えるのは、難儀ずら。

こんなん いかが

福田恆存:(日本への遺言)「私は相撲の写真判定に反対する。たとへ行司が間違へても
その間違ひを絶対として受け入れるべきである。
優劣を競う西洋のスポーツと一緒にしてはいけない。」 

相撲は神事だべ。土俵の上で
異国の狼が吠えるのは 神を汚すおこないずら。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。