FC2ブログ

■福島県立大野病院事件 「最終弁論」

検察の見方は、

>検察側は「安易な判断で医師への社会的信頼を害した。基本的な注意義務に反し過失は重大」として禁固1年、罰金10万円を求刑している。

この事件に対して

「重大な過失がある」

と考えているようです。



「検察の謙抑的」な対応は

こんなレヴェルである、

という事です。



>検察側は「安易な判断で医師への社会的信頼を害した。基本的な注意義務に反し過失は重大」として禁固1年、罰金10万円を求刑している。



”安易な判断”、って

検察は、

”すぐに子宮全摘”を推奨する、

という事なんでしょうか。




もしも検察の意見が受け入れられた場合、

”癒着胎盤は全例子宮全摘”

というJBMが確立することになるでしょう。




”基本的な注意義務”であるような

ものではなく、

専門家がそろって

”正しい”と言っているのに

非専門家がクレーム鑑定をつけている状態で、

”検察が医師に手術用ハサミ(クーパー)の使い方を決める”

という、

どう考えてもおかしな

裁判です。


この裁判で検察が望む結論は、

●癒着胎盤で剥離しようとしたのは”基本的な注意義務に反し過失は重大”

●つまり、癒着胎盤は全例で”子宮全摘”

●検察が医師に対して”クーパー”の使用制限をしている

●つまり癒着の剥離、とくに癒着胎盤でクーパーを使用したら有罪


ということです。




…バカだ。

なにを検察は望んでいるのだろう(笑)?





福島の帝王切開失血死、医師側「処置は適切」と無罪主張

2008年5月16日14時45分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080516-OYT1T00369.htm

 福島県立大野病院で2004年、帝王切開手術のミスで女性(当時29歳)を失血死させたなどとして、業務上過失致死などの罪に問われた産婦人科医K被告(40)の公判の最終弁論が16日午前、福島地裁(鈴木信行裁判長)で始まった。

 検察側は3月に禁固1年、罰金10万円を求刑したが、弁護側は「当時の医療水準に照らして、処置は適切だった」と無罪を主張した。

 K被告の逮捕、起訴には、日本産科婦人科学会などが抗議を表明。医師の産科離れを加速させたとの指摘もあり、判決が注目されている。






罪に問われた医師 最終弁論、結審へ

福島中央テレビ 2008年05月16日 11:48
http://www.fct.co.jp/news/#200805165114819

 県立大野病院で帝王切開の手術を受けた女性が死亡し、産婦人科の医師が逮捕・起訴された事件の公判が、福島地方裁判所で開かれ、弁護側が最終弁論を行っています。
 業務上過失致死などの罪に問われているのは、県立大野病院の産婦人科医、K被告です。

 K被告は、2004年に、当時29歳の女性の帝王切開の手術をした際、無理にゆ着した胎盤を引き剥がして死亡させたとされています。
 裁判は、被告・弁護側が無罪を主張していて、3月の公判で検察は、被告に禁固1年、罰金10万円を求刑していました。
 きょうは弁護側が最終弁論を行っていて、「被告人の医療行為は現在の医療水準を満たしたもので、判断に誤りはなかった」などと改めて無罪を主張しました。
 裁判はきょうで結審し、判決は、夏ごろに言い渡されると見られています。

動画を見る




弁護側あらためて無罪主張 福島の産科医公判、結審へ

東京新聞 2008年5月16日 11時08分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008051601000244.html

 福島県大熊町の県立大野病院で2004年、帝王切開手術を受けた女性=当時(29)=が死亡した事故で、業務上過失致死と医師法違反の罪に問われた産婦人科医K被告(40)の公判が16日、福島地裁(鈴木信行裁判長)で開かれ、弁護側が最終弁論であらためて無罪を主張した。午後に結審する。

 弁護側は「明白な医療過誤があったわけではなく、現場で医師が最良とする判断をしたものだ」と強調した。

 公判は、子宮に癒着した胎盤をはがす「はく離」を続けた行為の是非や、はく離に手術用はさみ(クーパー)を使用したことの妥当性などが争われ、検察側と弁護側が全面的に対立してきた。

 検察側は「安易な判断で医師への社会的信頼を害した。基本的な注意義務に反し過失は重大」として禁固1年、罰金10万円を求刑している。

 論告によると、K被告は04年12月17日、手術の際、無理に胎盤をはがせば大量出血する恐れがあったのに、子宮摘出など危険回避の措置を怠り、はく離を続けて大量出血で女性を死亡させた。

(共同)



弁護側、無罪主張し結審へ 福島の帝王切開死亡訴訟

産経ニュース 2008.5.16 11:02
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/080516/trl0805161102005-n1.htm

 福島県大熊町の県立大野病院で平成16年12月、帝王切開手術を受けた女性=当時(29)=が死亡した事故で、業務上過失致死と医師法違反の罪に問われた産婦人科医、K被告(40)の公判が16日、福島地裁(鈴木信行裁判長)で開かれ、弁護側が最終弁論であらためて無罪を主張した。午後に結審する。

 弁護側は「明白な医療過誤があったわけではなく、現場で医師が最良とする判断をしたものだ」と強調した。

 公判は、子宮に癒着した胎盤をはがす「剥離(はくり)」を続けた行為の是非や剥離に手術用はさみ(クーパー)を使用したことの妥当性などが争われ、検察側と弁護側が全面的に対立してきた。

 検察側は「安易な判断で医師への社会的信頼を害した」として禁固1年、罰金10万円を求刑している。



医療事故:帝王切開執刀医、改めて無罪主張 福島地裁

毎日新聞 2008年5月16日 12時18分

http://mainichi.jp/select/science/news/20080516k0000e040053000c.html

 福島県立大野病院(同県大熊町)で04年、帝王切開手術中に妊婦(当時29歳)が死亡した医療事故で、業務上過失致死と医師法違反の罪に問われた同病院の産婦人科医、K被告(40)の第14回公判が16日午前、福島地裁(鈴木信行裁判長)で始まった。弁護側は最終弁論で「通常の医療行為と医師の裁量が問題にされている。単なる結果責任を追及するものに過ぎない」などと述べ、改めて無罪を主張した。

 午後にはK被告も意見陳述し、結審する見込み。

 起訴状によると、K被告は04年12月17日、帝王切開の手術中、はがせば大量出血するおそれのある「癒着胎盤」と認識しながら子宮摘出手術などに移行せず、クーパー(手術用はさみ)で胎盤をはがして女性を失血死させ、医師法が規定する24時間以内の警察署への異状死体の届け出をしなかった。福島地検は「基本的な注意義務に著しく違反した悪質なもの」として禁固1年、罰金10万円を求刑している。

 医療行為を巡り医師が逮捕、起訴された異例の裁判で、日本医学会や日本産科婦人科学会など全国の医療団体が「結果責任だけで犯罪行為とし医療に介入している」と抗議声明を出すなど、医学界を巻き込んで論議を呼んだ。これまでの公判で検察側、被告側双方の鑑定医や手術に立ち会った同病院の医師、看護師ら計11人が証言に立った。【松本惇】







夏には判決の予定のようです。




関連記事

コメント

共同通信には悪意を感じます

>論告によると、K被告は04年12月17日、手術の際、無理に胎盤をはがせば大量出血する恐れがあったのに、子宮摘出など危険回避の措置を怠り、はく離を続けて大量出血で女性を死亡させた。

共同通信は、検察の主張を強調しており、医師に対しての悪意を感じるのですが・・・

今後、癒着胎盤を疑い出血途中で剥離操作を中止し、子宮摘出に切り替えた結果出血多量で患者死亡となった場合は刑事裁判にならないんでしょうかね。
結果をみてからであれば、「途中で剥離をやめず胎盤を剥離しきれば子宮が収縮して止血が可能であった」といえば子宮摘出に切り替えたことを過失として問えますから、お産を取り扱わないことが医師にとってリスクが少ない方法になります。結局どちらにしても結果論で素人が判断するのは医療の萎縮を招くだけだと思います。

私は医師ではなく看護師ですので、手術の手技に対して色々言える立場ではありませんが、K医師は患者さん思いの本当に良いお医者さんです。
お世話になり多胎児を出産しましたが、みんなすくすく元気に育っており、本当に感謝しております。
是非また産婦人科医として活躍して頂きたいです。

予期せぬ診療関連死への警察介入ガイドライン

診療中の「予期せぬ死亡」と「重大な障害」に関して警察介入のイギリス厚生省ガイドライン(2006年作成)
Guidelines for the NHS: In support of the Memorandum of Understanding - Investigating patient safety incidents involving unexpected death or serious untoward harm
http://www.dh.gov.uk/en/Publicationsandstatistics/Publications/PublicationsPolicyAndGuidance/DH_062975

公式の医慮安全報告機関にあった医療機関からのリポートのうち、予期せぬ死亡による診療関連死あるいは予期せぬ重大な障害があった場合、(1)故意に患者に有害事象(死亡)を起こそうとした、(2)故意に患者の体に重大な障害を起こそうとした、(3)故意に安全な診療手技に従わずに無謀な治療をした、のいずれか3通りの場合は警察が介入があるとのこと。
ただし、はじめから警察が介入して証拠部件を全て押収することはない。
この場合も第三者の医療機関代表、医療安全の専門機関、警察の3者合同で症例ごとに調査委員会を開き、解剖の結果や、カルテ(医療記録)、を基に故意または悪意による診療関連死かどうかを判定していく。
その結果、故意あるいは悪意であることがわかれば、警察の介入が起きる。
故意または悪意でない診療関連死でないことが判明すれば、警察が手を引く。

日本の場合は、はじめから警察が介入し、証拠物件を全て押収し、警察(検察)の知り合いの医者にだけ意見を聞き、検察独自で診断基準を決めて診療関連死が刑罰相当かを決める。
イギリスでは、第三者の医療機関の臨床の専門医と公的な医療安全の専門機関、と警察が、全ての資料を共有して合同で議論して、事件性があれば警察の介入となる。
医療従事者側にも、患者側にも公平で公正な方法を取っている。

m3などで、検察(検事)出身の弁護士がコメントしていることようなやり方は、イギリスでも欧米でも間違った方式とされており、日本のような方式は先進国では異常である。

警察や検察、検察出身の弁護士たちを、イギリスや欧州に勉強に行かせて、自分たちのやり方が間違いであることを認識させたほうが良い。

一看護師様、

>K医師は患者さん思いの本当に良いお医者さんです。
本当に良いお医者さんでも福島で産科医やっちゃうくらいアタマが悪ければ不実な患者と検察の餌食になるだけ。哀れなものよのう…。
ところで宇和島の万波センセイをご存知ですか。患者が「万波医師を守る会」なるものを結成した途端、マスゴミのバッシングは嘘のようにおさまりました。翻ってフクシマの妊婦サマ方がそのような行動に出られた、との話は少なくとも私は寡聞にして知りません。

>是非また産婦人科医として活躍して頂きたいです。
敢えて言います。どの口がそんなムゴイ事を言うか!

10年前にドロッポしました様

申し訳ありません。
配慮が足りませんでした。
K医師が最終弁論で「地域医療を・・・・・」と言っていたのを間に受け、このようなことを書いてしまいました。
ますます福島県民のレベルの低さを露呈してしまいましたね・・・

10年前にドロッポしました先生の言うようにこの産科医先生にお世話になった人はたくさんいるはずなのに
そういった人が支援する会を作ったなんて話は全く聞きません。
地域住民お得意の署名運動をしたという話も聞きません。
お世話になった患者さんは一体どう思っているんでしょう?

一看護師様、

その昔好意で預かった隣家の子供が目を離した隙に溺れ死んだ、とゆー事件がありました。遺族が訴訟を起こし、預かった人は敗訴したのですがその直後、原告の家に「好意で預かってくれた人を訴えるとは何事か!」との手紙やイタ電の山。いたたまれなくなった遺族は告訴を取り下げたそうです。
…いや事例を示しただけですよ。同様のことを法定でK先生を極悪人のごとく罵っている遺族や現在千葉在住の某検事ドノに…とかそんな事は言ってませんからねw。お間違いなくww。
ちなみに、原告が告訴を取り下げたら今度は被告に誹謗中傷が殺到したそうですw

まあ今からでも支援を始められては?「庇いあい」とか誹謗中傷される医師の支援よりマスコミ受けはいいでしょうし。遅きに失してはいますがやらないよりはマシでしょう。
>K医師が最終弁論で「地域医療を・・・・・」と言っていた
以前記者会見でも、「産科医を続けたい」ともおっしゃってましたね。
…悪いけどこの人、ホンモノの莫迦だ。莫迦につける薬はないから今からでもタイホ直後に寄付した3万円、返してもらえんやろかw。
まあそれはともかく、本気でK先生の事を思っているのならここは、「眼を醒ませバカモノ!!」とぶん殴ってやる局面ではないでしょうか。…心証を良くする為の詭弁かもしれませんがでも多分本気だろうしなあ。
循環器医様、
うまく行って当たり前で失敗したら非難される。それは、当たり前の事なのです。でしたっけw?
こんな薄情な人達の為に寝る間もないくらい身を尽くして、挙句の果てに身重の妻の前でタイホ。フクシマで産科医をやっちゃうくらい莫迦なんだからしょうがないのかもしれませんが、それにしてもムゴイ話です。
まあ腎不全の患者は腎移植しなければ自分が死んでいた事をよく知ってますが妊婦にそんな認識はありませんからね。無理もないといえば無理もないのでしょうが、だったらこちらもそれなりの対応しかしたらあかんですなw。
K先生の貴重な犠牲にもかかわらずまだ産科医をやってるオマイラの事ですよw。

こんにちは

初めて書き込みます。いつも見に来てます。また遊びにきます!
非公開コメント

トラックバック

治療の事故の過失責任 どこまで

(関連目次)→大野事件   癒着胎盤 目次  医療事故安全調査委員会   医療事

第14回 大野事件最終公判!

(関連目次)→ 大野事件   癒着胎盤 目次                  

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -