スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「ネットで医師暴走、医療被害者に暴言・中傷」 匿名ブロガーは日医に再教育されるらしい(笑)


ネタ元は

demianさん


http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1322.html#comment10134

です。いつも大変お世話になっております。






どうも読売は

ネットを使用している医師を

暴走していると

決めつけたいようです。










よく考えてみましょう。

圧倒的な専門知識を有している医師。


それに対して

ぜんぜん知識ない素人丸出しの記事。

そしてその記事の多くは医師を悪者にして

医療叩きを続けています。





それに対して理論的に

間違いを指摘すること自体が、

反論すること自体がいけないことだ、

とマスコミは言うのでしょうか。





暴走するというレッテル張りをするマスコミ。




多くの医師は抑制の利いた

ポイントを押さえた反論を

ずっと続けているのですが、

マスコミとしてはそれが面白くない。




まるで某国のように

正論に打ち勝てないので

感情論で

「暴走している」

「行き過ぎた言動」

というイメージ戦略で

医師を抑え込もうとしています。






…でもね、

そんなことをしようとすればするほど、

真実を求める声は強くなります。

医療報道で新聞だけを信じる人は

少なくなってしまいました。





歪曲し専門知識のないマスコミ情報から

多くのひとが興味を失っているのは

当然の帰結です。











ネットで医師暴走、医療被害者に暴言・中傷

2010年3月6日18時16分配信 読売新聞


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100306-00000532-yom-soci


 医療事故の被害者や支援者への個人攻撃、品位のない中傷、カルテの無断転載など、

インターネット上で発信する医師たちの“暴走”

が目立ち、遺族が精神的な二次被害を受ける例も相次いでいる。

 状況を憂慮した日本医師会(日医)の生命倫理懇談会(座長、高久史麿・日本医学会会長)は2月、こうしたネット上の加害行為を「専門職として不適切だ」と、強く戒める報告書をまとめた。

 ネット上の攻撃的発言は数年前から激しくなった。

 2006年に奈良県の妊婦が19病院に転院を断られた末、搬送先で死亡した問題では、カルテの内容が医師専用掲示板に勝手に書き込まれ、医師らの公開ブログにも転載された。警察が捜査を始めると、書いた医師が遺族に謝罪した。同じ掲示板に「脳出血を生じた母体も助かって当然、と思っている夫に妻を妊娠させる資格はない」と投稿した横浜市の医師は、侮辱罪で略式命令を受けた。

 同じ年に産婦人科医が逮捕された福島県立大野病院の出産事故(無罪確定)では、遺族の自宅を調べるよう呼びかける書き込みや、「2人目はだめだと言われていたのに産んだ」と亡くなった妊婦を非難する言葉が掲示板やブログに出た。

 この事故について冷静な検証を求める発言をした金沢大医学部の講師は、2ちゃんねる掲示板で「日本の全(すべ)ての医師の敵。日本中の医師からリンチを浴びながら生きて行くだろう。命を大事にしろよ」と脅迫され、医師専用掲示板では「こういう万年講師が掃きだめにいる」と書かれた。

 割りばしがのどに刺さって男児が死亡した事故では、診察した東京・杏林大病院の医師の無罪が08年に確定した後、「医療崩壊を招いた死神ファミリー」「被害者面して医師を恐喝、ついでに責任転嫁しようと騒いだ」などと両親を非難する書き込みが相次いだ。

 ほかにも、遺族らを「モンスター」「自称被害者のクレーマー」などと呼んだり、「責任をなすりつけた上で病院から金をせしめたいのかな」などと、おとしめる投稿は今も多い。

 誰でも書けるネット上の百科事典「ウィキペディア」では、市民団体の活動が、医療崩壊の原因の一つとして記述されている。

 奈良の遺族は「『産科医療を崩壊させた』という中傷も相次ぎ、深く傷ついた」、割りばし事故の母親は「発言することが恐ろしくなった」という。

 ◆日医警告「信頼損なう」◆

 日医の懇談会は「高度情報化社会における生命倫理」の報告書で、ネット上の言動について「特に医療被害者、家族、医療機関の内部告発者、政策に携わる公務員、報道記者などへの個人攻撃は、医師の社会的信頼を損なう」と強調した。

 匿名の掲示板でも、違法性があれば投稿者の情報は開示され、刑事・民事の責任を問われる、と安易な書き込みに注意を喚起。「専門職である医師は実名での情報発信が望ましい」とし、医師専用の掲示板は原則実名の運営に改めるべきだとした。ウィキペディアの記事の一方的書き換えも「荒らし」の一種だと断じ、公人でない個人の記事を作るのも慎むべきだとした。

 報告の内容は、

日医が定めた「医師の職業倫理指針」に盛り込まれる可能性もある。

その場合、違反すると再教育の対象になりうる。


最終更新:3月6日18時16分







たぶん、元ネタはこちら。

日本医師会です。

日医もバカです。






「高度情報化社会における生命倫理」についての報告

平成22年2月
日本医師会 第 Ⅺ次生命倫理懇談会
http://dl.med.or.jp/dl-med/teireikaiken/20100204_1.pdf

(4)医師として相応しくない(アンプロフェッショナルな)情報発信

以上を踏まえ、医師として相応しくないインターネットを通じた情報発信の
類型のうち、主なものについて以下に例示する。


①「匿名発信」、「多重発信・なりすまし発信」
「匿名発信」は、情報を発信することによる不利益を恐れて発信できないことが、公益や人権に反する場合には正当化され得るものである。しかし、医師はプロフェッションの一員として、可能な限りインターネットを通じた発信も実名で行うことが望ましい。また、無制限に匿名発信が可能な掲示板やメーリングリストなどには登録しないことが望ましい。さらに、複数の仮名(いわゆるハンドルネーム)を用いて発信する「多重発信」は、あたかも多くの人が同じ意見であるかのように見せかけることが可能であり、理由の如何を問わず行うべきではない。その他、自分とは異なる実在の人物を名乗ったり、実在の人物を想定させるような表現をとったり、あるいは個人として実在しなくとも、ある特定の組織や集団に属する人物を想定させる表現をとるような「なりすまし発信」も行ってはならない。


②「虚偽情報・未確認情報の流布」
「虚偽情報・未確認情報の流布」は、それだけで名誉毀損罪等の成立要件を満たす。また、匿名による掲示板やメーリングリスト等への投稿の内容は全て未確認と認識する必要があり、匿名により発信された情報を真実と仮定した自らの価値判断について再投稿することも行ってはならない。


③「個人攻撃」「個人に関する情報の収集と投稿」およびその呼びかけ
自らの主張を通さんがため、あるいは私的制裁を目的として、相手の個人としての人格を批判したり、侮辱・脅迫したり、経歴やプライバシーを公開したり、経歴やプライバシー情報を募ったり、Wikipedia に公人ではない個人を扱うページを立てたりなどの「個人攻撃」を行うこと、およびそれらを行うよう呼びかけを行うことは、厳に戒められなければならない。特に、医療行為に関連した傷害、ないしその疑いがある傷害を受けた患者やその家族、彼らを支援する非医療者や医療者、医療機関や学会などの不正を内部告発した関係者、政策の立案・実施等に関わる行政関係者、医療に関連する記事を書いた報道機関の記者等に対するネット上の攻撃は、これに加勢する発信が増えれば増えるほど、医師のプロフェッションに対する社会からの信頼を大きく損なうことになる。


④「差別的発言・ステレオタイピング」
「差別的発言」は、医師に対する社会の信頼を失墜させるものであり、行ってはならない。人種、性、出身地、出身校などによる差別はもちろんであるが、特定の疾病や障害を有する患者やその家族に対する差別発言は特に、医師として絶対に行ってはならない。また、特定の職業や専門領域、組織などに所属する人々を画一的に非難する行為(ステレオタイピング)も行うべきではない。


⑤「頻回・大容量発信」
自分の主張を延々と繰り返す「頻回・大容量発信」は、もはや主張ではなく、「荒らし」である。多忙な医師に対するこのような発信は迷惑行為であり、正しい判断を阻害する。医師はこのような行為を行ってはならないし、また「頻回・大容量発信」を行う医師向けメールマガジン等には、登録しないことが最良の選択である。


⑥「一方的な主張に沿ったWikipedia 記事の書き換え」
Wikipedia は、誰もが編集に参加できるオンライン百科事典であり、良心に基づくその記述にはネット社会から一定の信用が寄せられている。議論のある問題(例えば医療過誤訴訟事案など)について扱っているWikipediaの記事も存在するが、「一方的な主張に沿ってWikipedia 記事を書き換える行為」は「荒らし」の一種であり、医師は行ってはならない。また、公人ではない個人についてのWikipedia記事を立てる行為も慎むべきである。






>日医が定めた「医師の職業倫理指針」に盛り込まれる可能性もある。

>その場合、違反すると再教育の対象になりうる。


日医、狂ったか?

以下をすると日本医師会は再教育を

するということですか?

①「匿名発信」、「多重発信・なりすまし発信」
②「虚偽情報・未確認情報の流布」
③「個人攻撃」「個人に関する情報の収集と投稿」およびその呼びかけ
④「差別的発言・ステレオタイピング」
⑤「頻回・大容量発信」
⑥「一方的な主張に沿ったWikipedia 記事の書き換え」



①「匿名発信」?

医療系の匿名ブロガーは

全部再教育対象?



ははは。

匿名でブログ書いちゃダメなんだ。






こんなことされたら

私はすぐに日本医師会、辞めます。




②「未確認情報の流布」?

重要だけど未確認情報は

ネット上にあげたらダメなんだ?






なぜ医師だけがこのような

ネット制限を受けるのでしょう?

医師に言論の自由はないのでしょうか?






逆に言論の自由を制限する権利は

日本医師会にあるのでしょうか?






そして、言論の自由を制限し

報道の権利を縮小するような

偏った意見を

ネット社会に対抗するようなつもりで

書いている読売新聞も

最低です。




”医師のネット上の意見は本質をついていて目障り”

”医療関係記事を書いたらすぐに間違いがネット上で叩かれる”

という理由で

”ネット医師は暴走している”

としておけば記事を書くのに楽なマスコミ。






日本医師会はこれほどまでに

旧態依然とした姿勢を改めるべきです。

現状のあまりのひどさと

日医の対応の悪さに現場の医師は

憤っています。





そして、情報発信まで制限されるのなら

多くの医師は日医を離れることになるでしょう。

少なくとも、情報を発信している医師たちは。





そしてマスコミ。

あまりにゆがんだ報道姿勢は

正されるべきです。

逆にマスコミこそ

誤った情報を発信してはいけないし

情報操作をしてはいけません。






専門知識がないのなら

きちんと取材すべきです。



特定の職業に対して

レッテル張りをすることは

慎むべきです。




ネット上で暴論を言った人の職業を

まとめて暴走する●●、

というのでしょうか?



暴走する公務員?

暴走する政治家?

暴走する弁護士?

暴走する教師?

暴走する消防士?

暴走する証券会社職員?

暴走する日雇労働者?



…そんな書き方しますか?

なぜ医師だけがネット上で暴走する職業として

取り上げられるのでしょう?





いわれなき決めつけこそ

マスコミの狙いであり、

マスメディアによる加害者的行為では

ないのでしょうか?



情報は間違っているし偏っている。

すでに多くの方は

100%マスコミを信じていません。








”専門家を『暴走している』とレッテル張りして

ネット言論制限しようとした”

ということ自体が

極めて古くさい対応とし語り継がれることでしょう。










マスメディアこそ

情報発信の自主規制をしてでも

質を上げないと

確実に時代から取り残されることでしょう。





















関連記事

コメント

暴走の理由

マスコミは裁判でミスと確定していない案件でも医療ミス扱いで病院名や医師名を実名報道したり、誤認に基づいていたり医学的にみて明らかに間違った内容をそのまま報道し指摘があっても全く訂正しない姿勢、レセプトの過誤請求を不正請求と表現して医師が常態的に不正を働いて金儲けしているかのごとく印象操作しつづける、といった自らの暴走報道に対してはまったく反省することがありません。

自浄作用のない彼らに「報道の自由」といった免罪符を与え、捏造報道、作為的報道を許したことによる反動、鬱憤晴らしがネットでの過激な表現による「暴走」といえるでしょう。

正当かつ公平に報道されればマスコミ報道に対する過剰反応である「ネットでの暴走」は起こらなくなると思いますので、まずマスコミの報道規制から始めるべきだと思います。

肝心のソースは

この読売記事のソースって、2ちゃんねるですよね。
本当に医師が書き込んだのかも分からないのに。
「m3に書かれていたから医者が書いてるんだ!」
って、言えば!?

医師が暴走?

まずマスコミや自称・被害者の暴走があって、
それに対する反論がおきただけです。
その反論をみて医師側が暴走しているように見えるのは
相手側の意見の暴走がそれだけひどかったからです。

一方の意見のみで裁かれるなら、それは法治国家ではありません。
読売は暗に「日本は法治国家をやめよ!」といっているわけですが、わかっているのでしょうか?

マスコミは一方では『エリカ様「不都合なこと書くな」』とか批判してるくせにね。
もはや、見慣れてしまったダブルスタンダードですな。

本当ですか

読売新聞が本当にこんな記事を載せたのですか?

ブログ主さんのお怒りごもっともだと思いますし、私も同感です。

日医にそんな権限あるの?

まあマスコミはいつもどおり、斜め上を逝っているわけで。

 ところで問題は日の態度でしょう。
 問題の本質を理解もせずに、同業の会員を非難し貶める組織に堕落するのなら、会員からの支持は得られません。別に日医から給料をもらっているわけでも、免許をもらっているわけでもないですから。
 むしろ毅然とした態度で、報道の問題点を突き、正論を吐き続け、会員を守ってほしいものです。それすればこそ、マスコミから割り振られた「国民の敵」役を演じ切れるというものです。

れっつ再教育なう

>日医警告「信頼損なう」

これで「下野なう」を連想してしまうおいらはやっぱ再教育の対象ですか?

新聞で記者暴走。医師に暴言・中傷

新聞記者の皆さん、反省してください。物事を検証することなく一方的に垂れ流す新聞の在り方が信頼を失っているのですよ。記者さんは そんなに医師が憎らしいのですか?私は 医師ではありません。でも 新聞は信頼していません。私の友人は サラリーマンの夫を持つ専業主婦ですが 新聞を取るのをやめましたよ。新聞よりネットを信頼しています。新聞記者さん、紙上で嘘ばかり書いてる場合じゃないですよ。

新聞記事なんて信用していないですけど

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100306-OYT1T00532.htm
読売本体の記事はここですね
でも読売にしてもどこにしてもすぐに証拠を隠滅しちゃうから
イヤです
私はWSJ日本版をお薦めします

>日医警告「信頼損なう」
ててれけ様
私も「下野なう」を思い出しました
仲間がいて良かったです

余談

渡辺オーナーは、首相は靖国参拝は出来ないし、行う人間は一千万部の読売で潰すと中国で発表していました。
わしズム25号より参照
読売は、政治に介入する。まあマトモな新聞ではないですね
本来のジャーナリズムから離れていますね

NoTitle

マスコミ以上に問題なのは、医療訴訟で利益を得る原告側の弁護士集団であったり、産科医と対立する陣痛促進剤○○○会や助産師の○○○会などでしょう。

むしろ医療訴訟の損害賠償の巨額さとそれに群がる人たちを問題にするべきなのでしょう。

原告側の家族は子供を亡くされた遺族であり、医療報道の被害者であり、そそのかされて訴訟になり、多額のお金や時間を費やしたもっと可哀想な人たちのような気がします。

NoTitle

根本的なところで、2ちゃんねるの「誹謗中傷」な書き込みを「医師がしているに違いない」という点で間違ってますがね。
あそこはあらゆる領域でもどきが大量繁殖していますが。

むしろm3は冷静な書き込みが多いですが、患者の誹謗中傷よりも、むしろマスコミの報道に反発している内容がほとんどですよね。

だから、マスコミとしては、非医師が閲覧できない(はずの)m3を2ちゃんと同列において「まとめて誹謗中傷している」としたくて仕方がないんでしょう。

本来マスコミが一番嫌いなはずの「言論統制をしろ」と要求しているわけで。
じゃあ、読売新聞の記事がすべて記名記事ですか?日本テレビのニュースはすべて正しく、取材記者の名前を挙げているんですか?という点で自縄自縛に陥っていることをわかってない・・・でしょうねぇ。この様子じゃ。

そういえば

「日本自然治癒医学協会」の「理事」に名前を連ねる
「医療ジャーナリスト」っていう方もいましたっけw
http://www.shizenchiyu.gr.jp/kyoukai/yakuin.htm
↑の団体の系列の整体スクール、
http://jnhcgakuin.web.fc2.com/
すごく、、怪しいです

NoTitle

今まで寒気が走るほど、医師の過重労働だの医療崩壊を止めるために何が出来るかなんて記事が踊ってましたが、さすがに我慢できなくなったんじゃないですか?(笑)
絶対こうなるってわかってたじゃないですか。
結局マスゴミの本音はこれなんですよ。

今更使い古しのネタを大々的に喧伝して医師・医療を叩く。(てかこのタイトル以前もあったような?再録?)
はっきり言ってもうそんなことしたって離れた読者は戻りませんよ>マスゴミさん
だってわたし医療を叩くから嫌いなんじゃなくて、嫌いなお前らがなに知った風に医療叩きしてんだよ!って思ってるの。
試しに夜中に受診して記事にする。(クレーム付けたい一心で)
そのせいで回りまわって誰がに害が及ぶかもって想像の出来ない頭の悪い連中ですもん。
自分以外をどれだけ悪に仕立てて晒したところで、それを見て「ああ、マスゴミ見直した!」とはもう絶対ならないから。
もう消えてなくなればいいのに。

なんと

匿名がいけないと?
ありもしない権限を、自分たちは持っているのような、この不当に抑圧的な報告を見ると、一体どこの国の話かと思ってしまいます。
----------------------------
第三に(中略)日本人の多くは「憲法で保障された自由を認めずモラルを優先する」という傾向を持つ。その典型が、「ルール違反でない他人の行動を、モラルを根拠として非難する」ということだ。このため日本では、ルール上の拘束がないので自由だと考えて行動した人が、しばしば社会的非難を浴びる。
こうした、「モラル」を「超ルール的正義」とした「自由の無視」が、「日本的モラリズム」の第三の特徴である。

第四に、「ルール」によって拘束されている「行動」について、日本人の多くは「民主主義のシステムで作られたルールを無視してモラルを優先する」という傾向を持つ。その典型が、「ルール違反の行動を、モラルを根拠に正当化しようとする」ということだ。このため、ルール違反の加害者が賞賛されたり、被害者が逆に社会的非難を浴びる、ということさえ起こる。
こうした、「モラル」を「超ルール的正義」とした「ルールの無視」が、「日本的モラリズム」の第四の特徴である。

新聞記者に告ぐ

エリカ様が「報道規制」したと 怒ってましたよね?医師たちに「報道規制」をかけるということは 報道はマスコミの専売特許と考えているのですよね? だったら 正しい報道をすること! ネットで記者のでたらめを暴かれることがそんなに嫌なら ちゃんと勉強して 正しい記事を客観的に書くこと! 医療に関して素人であることを自覚しなさい。はっきり言って医療に関する記事を読むたび 記者の無知をさらけ出していて 恥ずかしいです。マスゴミ恥を知れ!

みんなマスゴミにマジレスカコワルイ

>この事故について冷静な検証を求める発言をした金沢大医学部の講師
>>冷静な検証を求める発言
>>冷静な検証を求める発言
>>冷静な検証を求める発言

モノは言いようですなあ。いや本気で感心しました。

>奈良の遺族は「『産科医療を崩壊させた』という中傷も相次ぎ、深く傷ついた」、割りばし事故の母親は「発言することが恐ろしくなった」という。

つまりネットで誹謗中傷理論的に間違いを指摘し続けるのは無駄ではないんですねw

>医師の社会的信頼を損なう」と強調した。

まるでいままでは損ねてないみたいですねw

>ネット上で暴論を言った人の職業を
まとめて暴走する●●、
というのでしょうか?

2ちゃんでアク禁くらった新聞会社社員サマがおられましたなあw

えーっと・・・

そもそも、奈良の1件でカルテ内容を流出させたのは、他ならぬ読売新聞じゃありませんでしたっけ?
記憶違いならすみません。

泣かないで

労働基準法の範囲外だし、言論の自由もない。
叩かれまくっても反論すらできない。
医師会も守ってくれない。
ていうか、まだ理想論を掲げてマスコミの言いなりになっているような大先生がいる。
医療裁判になると感情論で裁かれる。
医学部に行っただけで「たくさんの血税を使ってやったんだ」と言われる。

医師としてのアイデンティティを捨てる。
自由な生き方をする。

すみません、kuさん、もし参考図書とかありましたら教えてください。興味ありです。

気分転換にYouTube見て

結局、産経以外マスコミは左翼サヨクです。
すばり民主党はその親玉!だから外国人参政権など政権批判は新聞に出ない。
今、YouTubeで英霊来世というラップグループの8.30という曲を見て下さい。
民主党についてきっちり危険性を歌っています。庶民とマスコミはこれぐらい乖離してます。マスゴミに言い返さないし民主にすり寄る医師会も見捨てました。


左翼=韓国中国大好きな人
サヨク=日本自虐史観で日本破壊が理想

割り箸事故は

ネットで誹謗中傷していたのは 非医療従事者だと思いますが。医師は あの事件に対してまともな見解を述べていただけ。口汚い罵りは 医師ブログとは関係ないところで凄かったですよ。犯人をなんでも医師のせいにするなーー

会員を守らない医師会、サヨクマスコミにおだてられてつけ上がるバカ医師、書き込むネット内偽医師達、被害者装う患者。サヨクマスコミ

マトモに相手してはいけません。

気分転換にYouTubeで、英霊来世 8.30
お勧めします

NoTitle

  マスゴミが護りたいのは、報道の『自由』ではありません。 自らの『利権』、それのみです。
  一つの主張で自ら職業集団の発言を制限しようとするならば、同じ主張で集団以外からの誹謗中傷に対しても法的措置など断固たる手段をとるべきです。 片手落ちでは、プロとしての中立性を著しく損なっています。 身内を売って、へつらう事でえぇカッコしているツモリならば、職域の集団として日医の存在意義はありません。 ってか、無いほうが良いカモ。

エヴァが好き さんへ

エヴァが好き さんへ

前掲の引用部分の、
参考図書は「世間様が許さない!」です。

もちろん日本の文化について掘り下げて書いてある本であって、
医療崩壊という現象を解説する意図があったわけで無いはずなのですが、
なんだかカチリとはまる気がします(笑)
---------------------------------------------------------
このように、「システムの話」を「モラルの話」にしてしまうということは、モラルに関する感情論が先行して合目的的な「システム改革」が阻害される、という状況を日本で蔓延させている。

「日本的モラリズム」という文化の中で具体的な現象としてよく起こるのは、 「システムの不備」がすべて「関係者のモラル感覚や意識や心」のせいにされてしまうということだ。

そのような状況で多様されるキーワードは、「ケシカラン」とか「かわいそう」とか「心がない」とか「意識の問題だ」といった「モラルに関わる概念」だ。
---------------------------------------------------------

NoTitle

おだまき様
akagama先生によると
>日医は戦略委員に、讀賣新聞医療情報部長の、前野一雄氏を登用
だそうです。小泉支持と一緒ですり寄っていって、寝首をかかれる・・・と。日医のどあほ。

NoTitle

To 放置医様

akagama先生のブログ読んできました。

で、
ちょっとアブナクて、過激でした。(汗)

時々見ておきますね。


永世来世良かったよ。「かかってこいや~、」みたいな勢いかっこよかった。


誰かリンク貼れる人いたら、Youtubeから張って欲しいんだけど。


ケンカなら負けないんだけどね。ITちょっとだけ苦手なんで。




NoTitle

しかし2月に出た日医の懇談会のまとめを、3月の記事に違和感なく流し込む手法は見事ですね。
しっかり懇談会のメンバーに【読売新聞東京本社編集委員】が入っているのに、日医を表に出すあたりも見事です。

新聞記事に【学習】させていただいて、「暴走」などと”誹謗中傷”されないような文を書くように心がけたいものです。
私は医師ではないので、暴走する教員でしょうか。まだまだアイロニーがききすぎですね。修行が足りません。

NoTitle

放置医サマ
  情報有難うございます。 『再教育』される必要があるのは、いったいドコの誰なんでしょうね・・・?

医師が滅びたのに、日医だけ生きてるなんて滑稽だわ。今は、日医がなぜ滅びたのか、私良くわかる。

ku様

ku様

ご教示有難う御座いました。
感謝します。

NoTitle

はにほ様があげられておられる読売新聞の方、医師なんですね。
医師専用掲示板も登録可能ですね。

新聞

今後新聞は購入しません。今までも個人的に不買運動中でしたが、幻滅しました。テレビも見ません一方的にな目線からの偏った情報など見なくても支障ありませんし、コメンティーターの発言を鵜呑みにする老人を見たら有害でしたないと確信しましたよ…インターネットで自分でソースを調べる時代になった、という事でしょう。
匿名は匿名。自称医者だろうが学生だろうが、インターネットと言う媒体を使うなら本当かどうか使う人間が判断すべきでしょう。そこをとやかく言われるのはどこの共産国でしたっけ?

エヴァが好き さま

どういたしまして。

マスゴミは社会の敵で、別に新聞を買わなくても良いですが、情報の完全拒否はまずいです。敵について知らないのは足をすくわれます。

ご指摘ありがとうございます。情報を全てシャットアウトするつもりはありませんが、新聞の内容を鵜呑みにする人には一利もないと残念ながら感じる事が多々あります。自分は不買運動中とは言え図書館やインターネットなどでは数社の新聞は読みますし(笑)どこかの国では小学校でメディアについての勉強をするそうです。受け取り方の心得を。日本にも必要だと思います。

英霊来世

http://www.youtube.com/watch?v=-77kO26eQGE

YouTubeで英霊来世というラップグループの8.30という曲です。民主党についてきっちり危険性を歌っています。

産経以外マスコミは左翼サヨクです。
民主党はその親玉!だから外国人参政権など政権批判は新聞に出ない。
民主にすり寄る医師会は見捨てました。

医者がなくなった患者のことを、死神だのと書くのは暴走と言えると思いますよ。当たり前でしょ。新聞、テレビ見なくても良いけど、それと反するネットの書きこみも、全てが事実ではないでしょ?ちゃんとした批判をするつもりがあるなら、やはり、当事者に直接話を聞かないと、資格が無いのでは?その気があるならば、一度、亡くなった遺族などに話を聞いてみたらいかがでしょうか?言論の自由ってそういう行為の先にあるのでは?

NoTitle

>新聞、テレビ見なくても良いけど、それと反するネットの書きこみも、全てが事実ではないでしょ?

>ちゃんとした批判をするつもりがあるなら、やはり、当事者に直接話を聞かないと、資格が無いのでは?その気があるならば、一度、亡くなった遺族などに話を聞いてみたらいかがでしょうか?言論の自由ってそういう行為の先にあるのでは?

ははは。
じゃあ、ブログの管理人さんに直接話を聞いたのかな?
聞いたんだったらすごいね。

言論の自由はその先にあるのでしょ?
ちゃんと批判する資格、一般人から見れば… さんにはあるのですか?自分の理論として?


>医者がなくなった患者のことを、死神だのと書くのは暴走と言えると思いますよ。当たり前でしょ。

では、日本の医師は悪人でひどいやつらでめちゃくちゃだ、と書き続けたマスコミはどうなんでしょう?実際は、国際的には世界一の医療業績をあげ、医療費は先進国最低。つまりは極めて安い値段で世界最高になっているのに、国内では叩かれまくっていたわけです。

こういうのも自由なんですよね?

>日本の医師は悪人でひどいやつらでめちゃくちゃだ、と書き続けたマスコミはどうなんでしょう?

そんな言葉使いの記事はないでしょう。夕刊紙ならあり得るのでしょうか?いずれにせよ、少し問題がすりかわってしまいました。具体的な話であればわかるのですが、どんな話を問題視されてるのでしょうか?漠然としたイメージですかね?

日本の医者は頑張っていらっしゃると心から思いますよ。国際的な比較でも素晴らしい実績をあげ、一方、待遇面で不十分な所もあると聞きます(勤務医の友人から)しかし、個別個別の事象において批判されない理由にはならないでしょう。私は亡くなった方を死神と表現するなどは、暴走と批判されるべき行為と思います。素晴らしい職務を遂行される方々ですから、それだけ高い倫理観も期待してしまいます。でも、そんなもんでしょ?医師らの間で恥ずべき行為だという声があがるほうが、普通の感覚であり、だからこそ尊敬されるべき存在だと私は思うのですが、間違ってますかねえ?

NoTitle

>新聞、テレビ見なくても良いけど、それと反するネットの書きこみも、全てが事実ではないでしょ?

>ちゃんとした批判をするつもりがあるなら、やはり、当事者に直接話を聞かないと、資格が無いのでは?その気があるならば、一度、亡くなった遺族などに話を聞いてみたらいかがでしょうか?言論の自由ってそういう行為の先にあるのでは?

ははは。
じゃあ、ブログの管理人さんに直接話を聞いたのかな?
聞いたんだったらすごいね。


-------------------------------------

こっちの方は無視ですか?

ご自身の意見ですが。


>医師らの間で恥ずべき行為だという声があがるほうが、普通の感覚であり、だからこそ尊敬されるべき存在だと私は思うのですが、間違ってますかねえ?


通常の医療行為を行って、夜寝ないで救急治療をしているのに、胸倉つかまれて、土下座させられて、タライ回しといわれて、クレーム言われて、裁判されて、というのが”世界一の日本医療”の現実です。

そのうえ医師は、こいつらひでー、ということもいうな、ということならあなたの訴える言論の自由とやらはどこにあるんでしょう?

自分で現場に聞け、と言いながら現場をしらなすぎる意見です。こういう意見が日本の医療をつぶしているのだとなぜわからないのでしょう?

医療現場について知らなさすぎることは、恐らくないと思うのですが…。患者側の心無い行為があることも、承知していますし、それについては当然、批判や処罰がなされるべき行為です。当事者となった、あるいは、なり得る医療現場の方々が、非難の声を上げるのは当たり前ですよね。新聞でもそれは患者側の問題として扱っているはずでは?事象を混ぜ混ぜにしていませんか?私は、読売が記事にした、医師の暴走、と表現された行為については、非難されるべき行為と考えます。医療界が自浄作用を働かせるべき問題と思うのです。医療崩壊は深刻な問題ですが、だからといって、例えば医師を相手に訴訟をすべきではないとは思いません。個別具体的な話です。医師全員を相手にして訴えているわけではないでしょう?同じく、暴走、とされた行為も勿論、全員ではありませんよね。その個別の行為、個別の医師に私は問題があると考えるだけです。同業者がそうした行為を非難するのか、擁護するのか。私は医師を評価するからこそ、自浄作用を期待します。普段ひどいめにあってるから…とか、そういう問題ではないでしょう。そこを論理的に区別しないと医療崩壊の問題も、本質をついた議論にはならないと思います。

HNがありませんよ。

(再掲)

>新聞、テレビ見なくても良いけど、それと反するネットの書きこみも、全てが事実ではないでしょ?

>ちゃんとした批判をするつもりがあるなら、やはり、当事者に直接話を聞かないと、資格が無いのでは?その気があるならば、一度、亡くなった遺族などに話を聞いてみたらいかがでしょうか?言論の自由ってそういう行為の先にあるのでは?

ははは。
じゃあ、ブログの管理人さんに直接話を聞いたのかな?
聞いたんだったらすごいね。


-------------------------------------

何度でも聞きますが、↑こちらは無視ですか?




>医療現場について知らなさすぎることは、恐らくないと思うのですが…。

医療関係者に聞け、言論の自由はその先にある、というのがあなた自身の理論ですから、まあ、知ってますよ恐らく、といいう位で、批判する資格があるんでしょうか?資格がないと言っているのは私ではなくあなた自身なのですから。

>患者側の心無い行為があることも、承知していますし、それについては当然、批判や処罰がなされるべき行為です。

その通り。
しかし、実際には警察すら面倒で取り合わないこともあります(どっかで記事にもなってたはず)。病院はクレーマーたちの北斗の拳状態になっていますが、そんなことも知らないのですか?


>当事者となった、あるいは、なり得る医療現場の方々が、非難の声を上げるのは当たり前ですよね。新聞でもそれは患者側の問題として扱っているはずでは?

マスコミが医療側の報道もするようになったのはほんの数年です。それまではクレームは行った者勝ち、悪いのは医療関係者、病院、医師という論調のものしか見ませんでした。

このブログのような情報が出てきて初めて、マスコミはバカで一方的な意見ばかり書いていた、ということにきづいたのです。


>事象を混ぜ混ぜにしていませんか?

は?

>私は、読売が記事にした、医師の暴走、と表現された行為については、非難されるべき行為と考えます。医療界が自浄作用を働かせるべき問題と思うのです。医療崩壊は深刻な問題ですが、だからといって、例えば医師を相手に訴訟をすべきではないとは思いません。個別具体的な話です。医師全員を相手にして訴えているわけではないでしょう?同じく、暴走、とされた行為も勿論、全員ではありませんよね。

>その個別の行為、個別の医師に私は問題があると考えるだけです。

おいおい。
読売のこの記事が個別ではなく、職業を特定して「インターネット上で発信する医師たちの“暴走”」って書いているじゃないですか。それを管理人さんが叩いているじゃないですか。

ひとまとめにして一定の職業を叩いているから管理人さんもわれわれ医師も怒っているんじゃないですか?


>同業者がそうした行為を非難するのか、擁護するのか。私は医師を評価するからこそ、自浄作用を期待します。普段ひどいめにあってるから…とか、そういう問題ではないでしょう。そこを論理的に区別しないと医療崩壊の問題も、本質をついた議論にはならないと思います。


この記事に関して、個別の問題をあたかも医師集団が問題である、という書き方をしたことに対して管理人さんは怒っているのではないですか?

レッテル張りするな、ネットで意見をかく医師全体を暴走しているという書き方をするな、ということではないですか?

論理的に区別して、といいますがそれをまとめて批難している記事こそおかしいのでは、ということだと思います。今回の記事の本質は、「一方的なマスコミのレッテル張りに反対する」ということなのではないでしょうか。

まずブログを読んだら?








おーい

なんだか。

XYさんへ

どうもステージが違うようですね。あの記事を読んで医師全体を批判していると感じるようでは…。あなたの言葉使い、やりとりの手法、まして「叩く」だのなんだのと、幼稚さを感じます。問題を他山の石としない精神的な崇高さを、「先生」方に期待されているのが、なぜわからないのでしょうか…。あなたの発言は結局、一般人からみた医師の存在価値を下げる行為でしかないなのですが…。記事のトラバ先では、そうした意味を理解する方々もいらっしゃるようですので、そうした方々に今後の医療をどうか支えて下さいと願うのみです。勝手だとおっしゃるでしょうが、申し訳ありませんが、私の発言はこれで終わらせていただきます。

結局意見は聞かない、ということなんですね

>新聞、テレビ見なくても良いけど、それと反するネットの書きこみも、全てが事実ではないでしょ?

>ちゃんとした批判をするつもりがあるなら、やはり、当事者に直接話を聞かないと、資格が無いのでは?その気があるならば、一度、亡くなった遺族などに話を聞いてみたらいかがでしょうか?言論の自由ってそういう行為の先にあるのでは?

再三再四聞きますが、そのようにおっしゃるなら、なぜ私の話を聞かないのでしょう?
私の話を聞かなければ、あなたには言論の自由のはるか手前にいる、というのがあなたの理屈なのではないですか?

----------------------------


口蹄疫騒ぎでスルーしてましたが、なんだかね。


>どうもステージが違うようですね。
>あの記事を読んで医師全体を批判していると感じるようでは…。



ええとですね、
基本からいいですか?
あなたはこのブログの記事に書き込みをしていて、この記事の管理人さんは、


>>”専門家を『暴走している』とレッテル張りしてネット言論制限しようとした”

と書いているわけですから、ここのコメント欄は

「医師全体を”ネットで医師暴走”なんて決めつけるな!」

ということを前提に書き込みをしているわけです。

ですから、あなた(すみませんがHNがないのであなたでなくてもま貴殿でも好きな2人称にしてください)の反論はわたしではなく、管理人さんに文句を叩きつけているわけです。

ブログを読め、と言ったのは、話している土俵を間違ってないか?ということです。

>あなたの言葉使い、やりとりの手法、まして「叩く」だのなんだのと、幼稚さを感じます。

問題の勘違いですね。

このブログの土俵は「マスコミは医師をまとめて”ネット医師暴走”なんていうな!」ということです。

あなたは、「相手の話を聞かなきゃ反論しちゃいけないよ、それが表現の自由でしょ」といいますが、本当にブログの管理人さんや私の話を聞いていますか?

「まとめて”ネット医師暴走なんて書くな”」

って言っているのに、

「医師個人が変なこと言うなんて”暴走”でしょ、当然」なんてコメント書くから「おいおい、問題間違っているでしょ」と言っているのです。

>問題を他山の石としない精神的な崇高さを、「先生」方に期待されているのが、なぜわからないのでしょうか…。あなたの発言は結局、一般人からみた医師の存在価値を下げる行為でしかないなのですが…。


「医師全体を”暴走するネット医師”と表現に反対」
することと、あなたのいう
「個別の医師は暴走しているからブログも私も間違っている」、という意見は、最初から視点もステージもずれまくっています。

あなたがなにをしているか知りませんが、もし仮に公務員だとして、

1.「ネット上で公務員が”暴走”している」(マスコミ)

2.「公務員が”暴走”って変じゃね?全公務員じゃないだろ」(ブログの意見)

というのは当然じゃないですか?その単語を医師に置き換えてください。

それを、あなたはこう言い放ったのです。このブログで。


3.「変な書き込みしているのが公務員だから、当然”暴走でしょ”」(あなたの意見)


つまりは、

「暴走しているでしょ、ネット医師は」と言い放っているんですが、違うんですか?


で、私は反論しました。

4.「おいおい、そりゃひどいんじゃない?部分で全体を語るなよ」(XY)

なんらかの有効な、本質的な回答はなく、

5.「XYはステージが違う、言葉遣いが悪い、存在価値を下げる」(あなたの意見)

という返事だけをいただいております。


問題が品格や言葉遣いに切り替わってませんか?本質がずれていますが、これもあなたのいうステージの差なんですかね?

>記事のトラバ先では、そうした意味を理解する方々もいらっしゃるようですので、そうした方々に今後の医療をどうか支えて下さいと願うのみです。


私は今後の医療を支える必要がない、ということなんでしょうか。それもまたよし。このような言動が積み重なって現在の医療崩壊があるわけですから、あなたの意見もまた医療崩壊を推し進めることになるでしょう。



>勝手だとおっしゃるでしょうが、申し訳ありませんが、私の発言はこれで終わらせていただきます。


あらためて御自身の言葉を読んでみてください。


>医者がなくなった患者のことを、死神だのと書くのは暴走と言えると思いますよ。当たり前でしょ。新聞、テレビ見なくても良いけど、それと反するネットの書きこみも、全てが事実ではないでしょ?ちゃんとした批判をするつもりがあるなら、やはり、当事者に直接話を聞かないと、資格が無いのでは?その気があるならば、一度、亡くなった遺族などに話を聞いてみたらいかがでしょうか?言論の自由ってそういう行為の先にあるのでは?



どう思います?ご自身の意見?


他人を

お前が一番バカなのでは?
なんかよのなの役にたってるの?お前?韓国人か?

コメントありがとうございます。

2010年の記事にコメントありがとうございます。
ブログ管理人です。
あれから4年ですか。早いですね。

>他人を
はい?「他人を」どうされたのでしょうか?

>お前が一番バカなのでは?
一応、国公立の医学部を卒業しておりますが
東大、京大ではありませんので
東大医学部か京大医学部の方でしたら貴殿よりバカかもしれません。
すみません。

>なんかよのなの役にたってるの?お前?
医師で毎日患者さんのためにはたらいております。
”読売きらいだけど”さんがどのようによのなかのために働いているか分かりませんが、私なりに毎日頑張っております。

>韓国人か?
生粋の日本人です。
うちには巻物のような家系図がありまして、家系の本が国会図書館にある家です。たぶん1000年ぐらい前までたどれると思います。きっと、”読売きらいだけど”さんは由緒正しい家系の方なんでしょうね。

さて、ご期待できる回答だったでしょうか。
当ブログは読んでくださる皆さんがいて成り立っております。
また何かありましたらコメントお願いいたします。



非公開コメント

トラックバック

大淀事件 判決文が裁判所から公開されました!

(関連目次)→大淀事件                             ...

匿名記事で何を言う…

[http://blogs.yahoo.co.jp/taddy442000/31136998.html 大淀判決]を受け傷心であろう、遺族団体の方々の言い分に関しましては、 ノーコメントとさせて頂きます。m(__)m http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100306-00000532-yom-soci {{{: ネットで医師暴走

匿名記事で何を言う…

[http://blogs.yahoo.co.jp/taddy442000/31136998.html 大淀判決]を受け傷心であろう、遺族団体の方々の言い分に関しましては、 ノーコメントとさせて頂きます。m(__)m http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100306-00000532-yom-soci {{{: ネットで医師暴走

割りばし事件報道にBPO勧告 長い戦いに「一応」の区切り (被告となった医師より)

(関連目次)→医療危機と新聞報道 目次                     ...

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。