スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「「救急は名ばかり」大阪地裁言及 妊婦の遺族訴えは棄却」





なんだか、

現場のものとしては

当たり前の意見。


>「救急医療とは名ばかり」と批判。

それを、

”出来るだろ!!”

と現場に責任を押し付けて

やってきたのが救急医療。




あはは。

>「救急医療の整備・確保は国や地方自治体の最も基本的な責務」


そう、

責任は国と地方自治体にあるんです。




個人の責任なんか追及しても

どうしようもない無理筋、

って言っているんですが、

分かっているのかな…。









「救急は名ばかり」大阪地裁言及 妊婦の遺族訴えは棄却


asahi.com 2010年3月1日15時5分

http://www.asahi.com/national/update/0301/OSK201003010134.html



 奈良県大淀町の町立大淀病院で2006年8月、出産中に意識を失った高崎実香さん(当時32)が19病院から受け入れを拒否された末に脳内出血で死亡したことをめぐり、夫の晋輔さん(27)=奈良県三郷町=ら遺族が大淀町と当時の担当医師(62)に慰謝料など約8800万円の賠償を求めた訴訟で、大阪地裁の大島真一裁判長(島村雅之裁判長代読)は1日、

医師の過失を認めず、遺族の請求を棄却

する判決を言い渡した。

 しかし判決は、判決理由を述べた後に

「付言」として異例の意見

を述べ、妊婦らの救急搬送先が決まらず、30分以上待機した例が08年に全国で約1千件あったなどとする消防庁発表の調査を挙げ、

「救急医療とは名ばかり」と批判。

「救急医療の整備・確保は国や地方自治体の最も基本的な責務」

と言及した。

 判決によると、実香さんは入院中の06年8月8日午前0時すぎ、頭痛を訴え、意識を失った。担当医は、午前1時37分ごろにけいれんが起きると、妊婦がけいれんを起こす「子癇(しかん)」と診断。午前1時50分ごろ、奈良県立医大病院に受け入れを依頼したが「満床」で受け入れられず、同病院などを介して病院を探した。搬送先が決まったのは午前4時半ごろで、午前6時前に国立循環器病センター(大阪府吹田市)へ搬送された。

 実香さんは同センターでCT検査を受け、脳内出血が判明し、帝王切開で長男を出産したが、8日後に死亡した。

 判決は、脳外科医の鑑定などをもとに、脳内出血は午前0時ごろに起き、午前2時すぎには救命困難だったと認定した。そのうえで、担当医の過失の有無を検討。午前0時すぎは血圧などに問題なく、経過観察をしたのは不適切と言えず、1時半すぎにけいれんが起きた時点で脳の異常を疑うことができたとした。

 しかし、これまでの担当医の経験から1時間程度で搬送先が決まると判断して高次医療機関への搬送を優先させ、その妨げとなり得るCT検査をしなかったことは不適切と言えないとした。そのうえで、病院側が最善の策をとったとしても、助かる可能性は極めて低かったと指摘した。

 判決は付言で、大淀病院のように常勤の産科医が病院に1人しかいない「一人医長」の問題にも触れ、実情を放置しておくことは勤務医だけでなく患者の立場からも許されないとした。





>「付言」として異例の意見

span style="font-size:x-large;">>「救急医療の整備・確保は国や地方自治体の最も基本的な責務」

まあ、その通りなんです。

特に奈良県ではやる気なしで、

「ど根性でやれ」

とか



>判決は付言で、大淀病院のように常勤の産科医が病院に1人しかいない

>「一人医長」

>の問題にも触れ、実情を放置しておくことは勤務医だけでなく

>患者の立場からも許されないとした。




産科の一人医長だけでなく

他の科も一人医長で激務、って

いっぱいありますけど。



それを許されない、

と言われると

地方の病院の半分以上が

崩壊しますが、

どういう高尚なシステムを

希望しているのでしょう。






異例の「付言」とやらは、

結局、

責任を問うところが違いますよ、

と裁判所がやんわりと言っているのに

気づいているのかな?












【奈良・妊婦死亡事件 目次】

http://ameblo.jp/med/entry-10019702050.html














関連記事

コメント

NoTitle

この裁判長、付言において、日本の救急医療体制にとどめの一撃を与えたこと、分かってますかねぇ。

まあ、地裁判決における法的意味のない「付言」ですから、判例として扱われることもないようなので、何を言っても言った者勝ちなんですが。

NoTitle

開業医電話相談「24時間」義務付けは見送り 診療報酬改定で厚労省
http://sankei.jp.msn.com/life/body/100302/bdy1003020101000-n1.htm
>開業医が電話相談に24時間応じることで救急病院の負担軽減を狙ったが、開業医から「負担が大きすぎ、通常の診察に影響が出る」との批判

当り前でしょう。あんたらも24時間「交代なしで」読者からの問い合わせに応じてみなさい。

>緊急時に電話相談できなくても上乗せ料金を支払わなければならなくなる可能性もある。
>、開業医は新サービスで上乗せ料金の30円を得られると、差し引き10円の増収となる。

「開業医は、たかが10円であろうと増収になることは許すまじ!」という姿勢に満ちあふれていますね。
ご心配なく、私を含め多くの開業医はそんな釣り餌には食いつきませんから。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

同感です

>責任を問うところが違いますよ、と裁判所がやんわりと言っているのに

 私も同じように感じました。
 さらに憶測を進めると 
「いつまでも他人を恨んで生きるより、もっと別な見方をした方が故人も浮かばれるのではないですか?」
と、優しく諭しているのではないかともとれます。

 なにはともあれ、一つの区切りが付きましたね。
 あらためて、亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

NoTitle

まずは、亡くなった方のご冥福をお祈りさせて頂きます。

「救急医療とは名ばかり」と批判
⇒ よく分かっていらっしゃる!と言いたい所ですが、『それを言っちゃ、おしまいよ!』『あぁ、オシマイさ!』(ドラえもん風に)
  原理原則にそむいたモノは、周囲に負担をかけてひずみを蓄積させます。 そんで、いつか臨界点を超えて、地震のように溜まったエネルギーを吐き出します。 今までの医療が、現場の負担という歪みの臨界を越えて、今までの矛盾を一気に吐き出しつつあるのだと感じています。

解決策

裁判長様
全国にムラなく国立の救急救命センターを作ってくれれば
簡単に解決しますね。
そして、医系職員はふんだんに雇いましょうよ。
おっと、独立行政法人ではいけませんぜ!

三年前まで某医療センターにいました。
救急部門もあり、手が足りないと24時間呼ばれて疲弊しました。
今は、地元の小さい病院で地域医療をしています。もう帰りたくありません。救急は医師を疲弊させます。

Seisan先生へ

とどめさすまでもなく、すでに「新血愁」を突かれていると思います、日本の救急医療体制。

NoTitle


いえいえ。

ボコボコに殴られた揚句、「お前はもう死んでいる!」

ですから、百裂拳か千手壊拳かと・・・。

NoTitle

  『新血愁』!
  つまり、いろいろな『救急を助けます』的な加算は、秘孔『心霊台』とかける謎解きとみた!

レイは、ラオウに突かれた秘孔「新血愁」による死の期限を迎える前に何としてもユダを倒そうと考えるが、ユダの策略により期限までに間に合う望みがなくなってしまう。しかし、万策尽きたわけではなく、トキによると「新血愁」に対応する唯一の秘孔「心霊台」を突くならば、常人なら発狂死してしまうほどの激痛と引き換えに少しだけ延命できると言う。レイは迷わずその秘孔を突いて貰う事を選び、トキは激痛に耐えられなかった時の為にと劇薬を渡した上でレイの秘孔を突く。
レイは激痛にもだえ苦しみ、その叫び声は部屋の外でアイリが薬を飲んでと懇願するほどであった。やがて叫び声が途絶えてトキが中から部屋の扉を開けた頃、薬を飲むことなく激痛に耐え切ったレイは、僅かばかりの生を得る事に成功した。激痛に耐える過程で彼の髪は真っ白になっていた。その姿を見て思わず絶句し嗚咽する妹アイリに、レイは力無く微笑む。
  ・・・、漢だぜ!
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。