スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「ショック症状の児童、学校が自己注射薬使わず」





公的な機関で

より積極的に医療の勉強を

するべきだと

私は考えています。






以前からお話ししておりますが、

ある程度の医療知識は一般の方にとっても

自分の身を守るのにも必要ですし、

一般の方の医療レヴェルを上げることで

モンスターなんとか、とかいう

狂った患者さんを減らすことが

できるのではないでしょうか。







ショック症状の児童、学校が自己注射薬使わず

2010年2月27日22時28分 読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100227-OYT1T00604.htm



 兵庫県姫路市の市立小学校で1月、食物アレルギーの男児が給食を食べて急性反応・アナフィラキシーショックを起こした際、学校が保護者から預かっていた緊急用の注射薬を使わずに119番、搬送直前に駆けつけた母親の注射で回復していたことがわかった。


 文部科学省は昨年、ショック状態の児童生徒には教職員が注射をしても医師法に触れない、との通知を出していたが、学校側には正しく伝わっていなかった。専門家は「学校の危機管理の問題。

症状が重い場合は、ためらわずに教職員が注射を

」と呼びかけている。

 市教委によると、男児は1月15日の給食で脱脂粉乳入りのすいとんを食べた後、目の周りが赤くなる症状や頭痛、嘔吐(おうと)などを訴えた。学校は、症状を和らげる自己注射薬を保管していたが、

「注射する取り決めを保護者と交わしていない」

などとして使わず、119番。連絡で駆けつけた男児の母親が、学校を出る直前の救急車に乗って注射を打つと男児の症状は軽快し、2日間の入院で回復した。

 自己注射薬は、円筒形容器の先端を太ももに強く押しつけると針が出て、薬剤が体内に入る仕組み。服の上からでも打てる。男児については、食育担当教諭と保護者が給食の献立表でアレルギー食材の有無を確認していたが、この日は脱脂粉乳が入っているのに気付かなかったという。

 文科省は、アナフィラキシーショックで危険な児童生徒に対しては、教職員が自己注射薬を打っても医師法に触れない、として適切な対応を取るよう求める通知を出している。しかし、市教委は「通知は認識し、各校にも伝えていたが、注射は児童本人や保護者、搬送先の病院の医師らが使うものと考えていた」と説明。今後は研修会などで教職員に周知する。

 同省によると、埼玉県内の小学校で2008年12月、発症した男児に養護教諭が注射をして回復している。また、東京都教委は教員向け手引に「児童生徒が自ら注射できない場合は、ためらわず注射して命を救う必要がある」と記している。

 ◆アナフィラキシーショック=体に入った異物に過剰に反応するアレルギー症状。ハチ刺されや食品、医薬品が原因となり、呼吸困難や血圧低下で意識を失うことがあり、死に至るおそれもある。文科省によると、児童生徒の有病者数は全国で約2万人とされる。






これはエピペン

と言われる製品です。


エピペンHP

http://www.epipen.jp/index.html


間違って指で先端をいじってはいけません。





ただし、

エピペンは登録医のみ

処方できます。

ご注意ください。





いろいろな医療製品が出てきていますが、

そういうものに対して

学校側の対応も大変だとは思います。





しかし、

よりよい生活を送れるように

ブラッシュアップした知識を

教えるのもまた学校の役目ではないでしょうか。








エピペンの使い方を知る、

AEDの使い方を知る、

救急救命の方法を知る、

医療に期待できることと無理なことを知る、

そんなことが今の世の中には

必要ではないのでしょうか?









まったく初めての状況で

おっかなびっくり救命したり、

医療に対して過剰な期待をして

狂ったように医師や看護師を怒鳴りつけたり、

日本のように世界一優秀な医療を提供しているのに

”日本国民の医療リテラシーがあまりに低い”

というのは

医療関係者にとっても

国民にとっても不幸です。






学校の給食で生徒が

アナフィラキシーショック。



先生はエピペンを

>「注射する取り決めを保護者と交わしていない」

という理由で打たず

ただ茫然と見守るのみ。







そんなひどいことがありました、

昔話だった、

といえる日が来るのでしょうか。

今のところ、これが

リアルタイムの日本の教育現場です。















関連記事

コメント

NoTitle

この件に関しては、教育委員会>学校長>教職員で温度差があるのが原因だと思います。

しばらく前に学校でアレルギー授業をしたときに教育委員・校長先生・担任教諭とお話をさせていただいたんですが、教育委員会レベルでは「実施すべし」で、学校長レベルでは「各教職員がこんなことがあると覚えていてほしい」であり、教職員の緊急注射実施を「しなさい」と命令することは(少なくとも建前上は)できないそうです。その担任教諭は担当児童の中にエピペン携帯者がいることもあり、緊急注射をすることを明言しておられましたが(親との口頭での合意あり)、あくまでも職務上のことではないそうで、例のサマリア人と同じことなんだな、と思いましが。

まあ、教師(学級の責任者)として実施した、となると、もしトラブルになったときに責任問題になる、というのも分かる話ですが、結構立場での温度差の違いが気になりました。

その学校でも、エピペンはいたずら防止の名目で校長室のロッカーに保管されており、校長不在時には困ったことになるので、できれば本人に携帯させてくれ、とお願いしました。

NoTitle

要するに、他人のあら探しや責任転嫁ばかりして揚げ足取りしあうのが定番の社会だと、こうして本来ビシッと動くべき時に誰一人動かなくなる、あるいは動けなくなるわけですね。

かつて日産社長に赴任したカルロス・ゴーン氏が、「日産では会社が燃えてすぐに消化しなくてはならない状況なのに、誰一人水をかけようともせずまわりでただ見ていた」と評していましたが、もはや我が国は国民全体レベルでこうなっているように見えます。○○してはいけない、××は駄目だ、こういう抑制系ばかりが強くなって、誰も積極的に動けなくなっている。本件では、せめて善きサマリア人の法を早く立法化してほしいものです。

無理だって

この話を最初に聞いたとき、「先生大変でしたね」って思いました。 もちろん、学校の先生にです。

だってアナフィラキシーショックなんて一般の方はなかなかお目にかからない。 目の前で起きていることに対して「今何が起きているの?」となって茫然となるはずです。

たとえアナフィラキシーと判断できても、注射することが出来ずにパニックになります。
「本当に打っていいのか?もし誤診だったらどうしよう。たとえ本当にアナフィラキシーだったとしても今の状態で注射していいのだろうか。もしも注射して生徒に危害を加えたらどうしよう」
と躊躇してしまいます。

医師だって同じです。緊急時に使う劇薬であればあるほど初めて使うときには躊躇します。他の上司が使用しているのを見て、「こういうときに使うんだな」ということを何度か経験して初めて自分で使えるようになります。

それを素人の学校の先生にしろって言っても無理ですよ。

NoTitle

えぴぺんは生徒本人が持つべきなんですよ。自分で打つんですよ。 幼稚園児でも小学1年生でも!
 自分の命を守ることなんだから、と親と主治医で、できるまで訓練する。担任教員は、ふざけて振り回して他人にさしてしまうようなことが無い様に、本人もクラスメートにも叩き込む。
 医師や看護師や救命士の真似事する、まえに 教師がすべきことはあるでしょう。ちったぁ、ぱぺってぃあ人をみならえ。

 取り上げて、校長室に置く、ってどういう発想でしょう!

NoTitle

  事前の打ち合わせ不足は、否めません。 薬も処方されているぐらいですから、予測されて然るべき事態です。 もっと事前によく相談・確認しておくべきです。 しかし、目の前でのアナキラフィシーショック、気が動転してもその事を責めることは酷というものでしょう。
  平均寿命を過ぎた高齢者への処置など、多くの問題にも通じると思います。 運悪く(?)現場にタマタマ居合わせた人間が迷惑します。 そして、現場から誰もいなくなります。

NoTitle

とにかくこの児童が助かってよかった。
給食でアナキラフィシーショックを起こす可能性を持つ子供は増えているはず、教員としてそういった児童への対処法は事前に備えていただきたいし、その子供や家族だけの問題としてではなく、みんなの問題としてクラスで話す機会があればよかったのに、と思います。

NoTitle

>暇人さん様

パペッティア人ですか。たしか臆病で自分に何かあった時のために移植用スペアボディを宇宙船に持ち込んでるってやつですね。

NoTitle

 本人が打つべきもので、学校の先生には打てないでしょうね。でも本人から取り上げた時点で学校の責任は逃れられないでしょう

NoTitle

  医師サマの仰るように、記事を見る限り、命の別状や重度障害がなくて、本当に良かったですね。
  ところで、

奈良の妊婦死亡、遺族請求棄却 大阪地裁「担当医に過失なし」
 奈良県大淀町立大淀病院で出産時に意識不明となり、相次いで転院を断られた後に死亡した高崎実香さん=当時(32)=の夫晋輔さん(27)らが、町と担当医に約8800万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は1日、「担当医に過失はなかった」として遺族側の請求を棄却した。2010/03/01 16:21 【共同通信】
(http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010030101000459.html)

だそうです。 今グーグル検索してトップがこの記事でした。

無理でしょ

だって「よきサマリア人の法」がないのだから。

我々だって、飛行機内での急患に対して
本来ならば『ためらわずに処置』なんでしょうけど
もはや禁忌事項ですからね、その行為は。
手を出してて犯罪者になるよりは
手を出さずに白い目でみられる方がよっぽどまし。

法の整備もしないまま、現場を責めてはいけませんぜ

NoTitle

すいません、多分私のコメントが悪かったんですが、私が授業指導した学校と今回のエントリーとはまったく別の学校です。

私が担当した学校の先生、学校長はそれなりに「やらねば」という意欲をお持ちでしたが、なかなか実際にはやりづらいと思います。
むしろ児童にちゃんと指導して自己注射を行い、教師はそれ(実施する内容)を監督する、という形でなければいけないと思います。
校長のロッカー保存は私の指導後もうやめておられますので。

NoTitle

トラックバックさせていただきました。
そうした仕事をするものの一人として、重く受け止めたいと思います。
非公開コメント

トラックバック

ご意見募集「学校で必要と思われる医療教育」

時間がかかってしまったのですが、中間管理職氏が、教育関係者に投げかけた問題なので、私なりに答えさせていただきたいと思います。 中間管理職氏の「勤務医 開業つれづれ日記・2」の3/1の記事です。 [http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1313.html 開業つ

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。