スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:インフル、なんかわかんねーけどカネ出しました。1000億 「新型インフル諮問委、記録残さず=首相に答申の専門家会議-非公開の10回検証困難」





海外で爆笑された

無意味な

空港での水際対策


1000億円以上かけて決められた

ワクチン輸入






ちなみに医療崩壊、

と叫ばれて

じゃあ診療報酬を上げよう、

とあげられた医療費が

ミンス選挙前 8000億円(1)

 ↓

ミンス選挙後  100億円(2)

に急激にトーンダウン。

実質ゼロ改定になっています。




それなのに、

1126億円の新型インフルワクチンの輸入(3)が

完全密室で、

議事録もなく決められていた、

というのには驚きです。



空港検疫も

かなり公費が投入されたと思います。






”日本のワクチン行政は三流”

と言われてますが、

それ以下だった、という

悲しいお話。







新型インフル諮問委、記録残さず=首相に答申の専門家会議-非公開の10回検証困難

時事ドットコム 2010/02/21-02:33

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201002/2010022000211

 政府の新型インフルエンザ対策本部(本部長・鳩山由紀夫首相)に、国が採るべき方針を答申してきた

専門家諮問委員会

(委員長・尾身茂自治医科大教授)が、

開いたすべての会議で議事録などの記録を残していなかった

ことが20日、分かった。

 実効性に疑問が残る空港での水際対策ワクチン輸入などは諮問委の見解に沿って実施されたが、決定に至る過程の検証は困難になる可能性が高い。

 諮問委のメンバーは、尾身委員長と感染症の専門家4人。新型インフルの発生を受け、昨年5月1日に初会合が開かれた。会議はすべて非公開で、

原則的に開催自体が明らかにされていない。

 厚生労働省や内閣府の関係者によると、これまでに開催されたのは10回で、うち9回は前政権下で開かれた。同省側が対策の根幹となる「基本的対処方針」などの原案を用意し、委員に意見を求める形で議論は進められたという。

 5月は機内検疫や感染者の隔離措置など水際対策を主な議題に5回開かれた。6月は冬の流行拡大に向けて態勢を見直すため3日連続で開催。8月、9月は各1回で、外国製ワクチンの輸入や接種スケジュール、費用などの方針を検討した。

 会議には同省幹部らが同席したが、類似の会議とは異なり、議事録は作らず、発言は一切録音しなかった。残っているのは出席者の個人的なメモのほか、取材対応用に用意した数回分の議事概要だけで、どのような議論が交わされたのかが分かる資料は内部向けを含めて存在しないという。

 世界的に異例だった水際対策は、諮問委の「一定の効果があった」との評価で継続されたが、実際は潜伏期間の感染者が多数すり抜けた可能性があると指摘する研究者もいる。

巨費を投じた輸入ワクチンは大半が余る見通しだ









>世界的に異例だった水際対策は、諮問委の「一定の効果があった」


じゃあ、

もう一度同じことがあっても

またやるんでしょうか?

あのバカげた検疫を。






>巨費を投じた輸入ワクチンは大半が余る見通しだ



どれだけ巨費だったかは、

今回100億円しか医療には上乗せせず、

一方、

倉庫で眠っているワクチンは1100億円以上

かけていますから、

どんだけおバカかわかります。






それで、

”どうやって決めたかわかりません”

という状況…。







今後の感染症対策、検疫、

ワクチン行政などに

多くの課題を残した新型インフルエンザ。





しかし、

国の対応を検証するすべがない、

一切記録が残っていない、

という

とてつもなく恥ずかしい事実を

関係者はどのように思っているのでしょう?





誰が、どのように決定して

そしてだれが責任を取るのでしょう?




これからも

無記録、無録音で行くのでしょうか?







これが

感染症に対する

日本医療行政のレヴェルです。










(1)

■開業つれづれ:「医療8000億円」の党首討論はどこへ行った?
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1279.html



(2)
■開業つれづれ:診療報酬は実質ゼロ改定 「診療報酬増を「偽装」 「長妻氏主導」空回り」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1269.html



■開業つれづれ:「クローズアップ2010:診療報酬改定 配分議論、決裂含み」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1240.html



(3)
■開業つれづれ:「新型インフル 輸入ワクチン実需なし 1126億円無駄に?」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1249.html









関連記事

コメント

NoTitle

厚労省の地下に潜ったら見つかりますよ。記録。
ちなみに水際のコストのほとんどはサーモグラフィーでしょうね。
人件費なんて無視してるところですから。

ぬあにお~っ



おんどりゃー、

だいたい、季節性インフルのワクチンも、例年の8割減で、新型は、厚生省の息のかかったとこしか、生産できず国民は風邪引きまくりだったのに、しかも10ミリリットル、バイアルで現場は混乱しまくっとったのに、なんちゅ~ことよ。


どんだけ、的はずれなんよ。


外国某製薬会社:お役人様、私どもの、ワクチンをお使いいただけるなら、これを、(とスイスかどっかの銀行の小切手と、綺麗どころをワンセットにして、差し出す)。


厚生省:おぅ、蔵糞酢味噌位、いつも気がきくのぅ。

厚生省:蔵糞:ちょろいものよのぅ,ぅおっほっほっほっ~。
という会話が、交わされていたの見え見えじゃん。



おまんら、それですむとおもうなよ~、
月に替わってお仕置きよっ。

毒チン接種したるー!

一生EDにしたる~!


はぁはぁはぁはあ~

国民よ、皆のもの一揆じゃあ~。


ぅおりゃあああああどどどどどーっ。



NoTitle

議事録がないなんてあり得るわけがない。
そんな会議自体、意味ないし。
責任取りたくないから出してこないだけでしょう。

Seisanさんが仰るように絶対どっかにある!
だいたい国の重要事項きめるのに開催自体が明らかでないってどういうことよ・・・・・。

NoTitle

ちなみに、諮問会議の尾身先生ですが、非常に優秀な先生であり、官僚のやり口もよくご存じの方ですから、会議の記録を残していない、なんて間抜けなことをするようなことはないんですよね。
恣意的に隠された、あるいは廃棄された可能性の方がはるかに高いです。

だいたい、議事録や抄録も作らずに、どうやって政府のインフルエンザ対策会議に対策の提案をするんでしょう。今の官僚政治システムで「紙に残らない提案」なんて最初から存在しないものなんですから。

対策会議の席上で、
「じゃあ諮問委員会からでた意見は…どこにある?」
「いや、文書に残っていません」
なんて起こるはずがない。

もしかしたら、諮問会議の議事録って、インフルエンザ対策会議の議事録を探せばその存在が見つかるんじゃない?
さすがにそこから存在の証拠をなくすわけにはいかないでしょうから。

なくていいの?

お役人の発送は仕事=書類作成ですから、みなさん言われるように記録がないというのは信じられません。

公費投入を決定を左右する会議の記録がないでしらばっくれて済ませようというのは、贈与について自分は知らなかったから脱税ではないで済ませようとする構図と同じよなものですなあ。

厚労省がこんなだらしないことを許すのなら、確定申告を知らなかったでしらばっくれて脱税しようとする人が増えるのと同様、今後厚労省関係の医療監査など病院への立ち入り検査でも、「記録はありませんがちゃんとやってますけど何か?」もありになってしまいますね。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。