スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「医学部新設に反対=「教員確保で地域医療崩壊」-学部長会議」





いま、世論で言われていることと

逆のことの方が真実である場合もある、

ということです。





医師不足、

だから

医学部増員。




そんな

あまりに短絡な展開は

ガラス細工の地域医療を

粉々に壊してしまう恐れがあります。








医学部新設に反対=「教員確保で地域医療崩壊」-学部長会議


時事ドットコム 2010/02/22-18:52
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010022200768

 医大学長、医学部長らでつくる全国医学部長病院長会議(会長・小川彰岩手医科大学長)は22日、今後の医学部新設に反対する要望書をまとめ、民主党と政府に提出したと発表した。教員確保のために地域病院から医師が引きはがされ、

「地域医療を崩壊させる」

と指摘した。

 会議は医学部のある全80校の学長、学部長と付属病院長の計160人で構成。要望書では、

医学部一つの運営に650人程度の臨床教員が必要

で、30~40代の病院勤務医が候補になるとしている。

 人口100万人当たりの勤務医数は大学病院を除くと約960人であることから、

「新設すれば、100万人規模の県の勤務医を3分の2以上現場から連れ去る」

と批判した。

 同様の理由で、既存医学部の定員急増にも懸念を表明。最近の入学定員増の効果がまだ出ていない現状でも医師数が増えていると強調し、いったん設備投資や教員雇用をした後で定員削減するのは難しいと訴えた。







最近多くなってきたのが

”准教授で定年まで引っ張る”

という先生方。




以前なら

教授選に出るか、

無理そうならどこかであきらめて

開業するか、

という二択になるのですが、

准教授のまま残留、

という第三の選択が

最近増えています。






最近は医療も不景気で開業しても

多額の借金を背負うことになり

開業に二の足を踏む先生も

多くいます。




医学部新設は

万年准教授にラストチャンス、

ということになるかもしれません。







医学部新設による地域医療破壊は

このような手順で起こります

(たぶん)。




1.医学部新設が決まる

  (あるいは医学部の大幅教員増が決まる)

  ↓

2.万年准教授が大量に教授選に参戦

  (椅子取りゲームに新しい椅子ができる、という画期的な出来事であるため)

  ↓

3.いろいろ思惑や絡みがあって、新教授決定

  ↓

4.もといた教室の部下を引き抜くか、

  公募で他の教員を決定

  ↓

5.現時点で大学にいる先生が一番教員になりやすいので、

  既存大学の教員が新設大学に大移動する

  ↓

6.困った既存大学は大学自体を維持するために

  地域病院からの医師の撤退→大学召喚を大幅に始める




という流れになります。




既存の医学部の先生方が

反対する理由がわかりましたか?








これからはいろいろな派生ができます。

ちょっと考えただけでも、



7.新制大学は傘下の地域病院がないので、教員は極貧になる

とか、

8.新制大学はあせって少ない人材をさらに薄く

希望する地方病院配分して、ろくな研究ができない

とか、さらには

9.新制大学そのものが、新教授の輩出した大学の傘下(出張病院の一つ)になる

なんてことが

かなりの確率で起こる気がします。








しかも

日本医療は世界一とランクされておりますが、

どこか壊れるとすぐに崩壊するような

ガラスの塔です。




このような大がかりな

システムを作ることによって

さらに地域医療が崩壊すると思います。










根本的には、

ミンスが医療崩壊をさらに進めている

という失望感が

現場にはあります。





カネは出さずに

医師だけ倍増

なんて、どう考えても

業界が崩壊します。







さらなる愚策が

日本医療の首を絞めつつあります。













関連記事

コメント

NoTitle

現存の新設医大(昭和40年代までの奴ね)でも、はっきり言って大学研究機関としては全然ダメと言っていい。臨床医を輩出(排出?)するのがメインであり、大学医局員の確保はなかなか大変なようで、特に基礎系なんて病理学も含めて全滅に近いところもゴロゴロしてますよ。

今回の新・新設医大構想なんて、さらに進んで奴隷医排出校としての役割を期待されているわけで、研究機関としては全く機能しないと思います。
せいぜい、教授になった人の個人的興味の範囲内での小規模な臨床研究くらいでしょう。

どの業界でも、新人を一人前にするのに、複数の上位者が必要です。特に医術というものが経験値に裏打ちされているものである以上、奴隷医を作るとしても、それなりの数の医師が必要であり、スーパーローテートが始まってから、その需要はさらに(無駄に)増加しているはずなんですよね。

最近医療記事を読むと

med先生が、……、


吠えてるかな、と思いながら読んでます。


医学部増設より、トータルで10年間かかるのは、長いと。

だって子供でいうと、10才のガキンチョが20才の若者になる、年月よ。

20才の若者が、おっさんになりかける年月よ。


長い……。


そんなに時間をかけなくちゃいけないの?

素朴な疑問です。



一生勉強

>>医学部増設より、トータルで10年間かかるのは、長いと。

鰻の蒲焼きですら「串うち三年、裂き八年、焼きは一生。」
ですから卒後4年なんてまだまだですよ。

医療の方は卒後4年で逃げましたがw

>鰻の蒲焼きですら「串うち三年、裂き八年、焼きは一生。」

蒲焼歴数年ですがそこらの鰻屋より遥かに美味しい蒲焼作れますよ。まあ腕の差を凌駕するくらいに素材も手間も段違いだから当然ですがw
*鰻は天然モノのみ。自分で捕獲した奴w
*食べる寸前に裂き、炭火で時間かけて焼く。
*タレは継ぎ足し継ぎ足しした数年モノ

商売にするなら鰻丼一杯数万円でも足りないかw安定供給不可能だしww

やればいいんですよ

医学部の新設を反対すれば、
どんな正論があろうと、
きっと世論は医者を悪者にします。
するに決まってます。

だから、やってみれば良いのですよ。



しかし、大学を作るからて言われて大学に呼び戻されても言うこと聞くかな?新設だから研究も大したもんはない。あるのは臨床の雑用のみ。

今時、助教にしてやると言われてもねー。宮廷内科でならば格もあるけど、新設の助教なんか、よほど上昇志向のやつしかやりたかないし、そういう奴は母校に残れる。

最初から灯台か兄弟の植民地を作りますと出ればまだ別かな?

NoTitle

無駄??な医療費を減らすために病院の集約化を進めてるんでしょ?
だったら、医学部増やすより、定員増やした方が安上がり。

NoTitle

結局自民党時代と変わらないハコモノ政策でしょ?
多額の助成金がでるんじゃないでしょうか。
そして、理事として天下るんでしょ?
利益誘導も変わらないし、政治と金の問題も変わらない。
失望だけが、風となり、参院選が楽しみ。

ドロッポちゃん 美味しそうな匂いがしてきましたV 人間の命より高い鰻・・・そもそも医療費を抑えようというのが間違いですね。医療が進歩すれば医療費が上がるのは当然だし。それを悪とした段階で医療は進歩できなくなるでしょうね。なんたって 人間の命はアイスクリーム並みの値段設定ですからね。さて民主党はそもそも投票する気はないですが・・ならば どこが一番まともなのか 誰か教えて。

NoTitle

まともなとこがないからミンスに投票したやつが多いわけで。
ミンスに賛同というより「ジミンにお灸をすえとくか」って考えの奴が多かったんでしょ。
次の参議院選挙は「お灸すえすぎたか」とジミンの地滑り的勝利と思われ。
で、またねじれ国会w

鰻を食べた次の日は、

父さん母さん仲がいいぞっw
>人間の命より高い鰻・・・
たかだか数百円しか出さないんだから中国産冷凍モノをレンジでちんして出されても文句は言えませんよねえw。
>・・ならば どこが一番まともなのか 誰か教えて。
共産党。
ただ、ほぼまちがいなく棄権と同じ結果になっちゃいますからw現実的には自民でしょうねえ。色々言いたいことはありますが、所詮民主主義国家は消去法ですから「よりまし」な方を選ぶしかありません。
>で、またねじれ国会w
民主単独政権よりは遥かにマシです。

中国産どころか

>>たかだか数百円しか出さないんだから中国産冷凍モノをレンジでちんして出されても文句は言えませんよねえw。

中国産どころか100円ショップのサンマの蒲焼き缶詰なみの
値段しか出さないのに、天然物の鰻を出せといってるような
ものですからね。

NoTitle

シーチキンの缶詰価格で大間のマグロの大トロを出せ!という意味ですね。分かります。

ズバリこういうこと。

日本医師会は、あれこれきれいごとを言っていますが、要するに、競争相手が増えて歯学部や法科大学院の二の舞になりたくない、ということに尽きます。その気持ちは私もよく分かります。そう思うならそういえばいいのであって、別の理由でもっともらしく虚飾するのはいただけません。現実に一部の法科大学院は国から取り潰しを突きつけられています。

新設医学部には関連病院がない、ほかの大学の植民地になるだけ、基礎研究ができない、だからダメだと「本当に」思うならば、新設医学部を恐れる必要はないはずです。なぜなら、馬鹿にしている医学部の出身者を雇うわけがありませんから。実際は恐れているからこそ、反対しているのだという現実を直視すべきです。

言い換えれば、東大や京大を出ても新設私立を出ても、医師免許をとって臨床医になり、開業する分には、それほど変わらないなぁ、と多くの先生方がひそかに思っている証拠でしょう。だから、いつも、新設私立を出て悠々と人生を愉しんでいるドロッポさんの言い分が過激であっても、共感を集めるんじゃないですか?

思いつき

思いつきで発言してはいけない人が思いつきで発言している怖さがありますよね

自分の死についてきちんと考えていきなきゃなって思いました

NoTitle

むしろ医学部新設に名乗りを上げている3つの私大が問題なのでは。大学病院を持っているかではなく、他学部も含めた学力をもう少し評価すべきではないでしょうか?
早稲田とか上智とかじゃだめなのでしょうか?

NoTitle

まともにやっていて偏差値もそれなりに高く、学生が集まってくるような大学で、都市部にあれば、わざわざ金をかけて医学部を作る必要はないでしょうね。
「医学部を持った大学」的な名誉がほしい、と考えているのではないでしょうか。その辺、旧来の新設医科単科大学(ややこしい表現ですね…)と違うところかと。

NoTitle

  お金も施設も人材も無い所では、まともな研究も教育もできません。 しかし、私が思うに、それでも教授の椅子はかなり高い競争率になるでしょう。 なんだか似たような学会が乱立するのと同じく、ポジションに弱い人は少なくない。 たとえ、小さな小山の大将でしかないことが分かっていても、現状のまま空かないポストを待ちながら飼い殺されることと、ドチラがよりマシか? その部分が問題でしょう。

だから、いつも、新設私立を出て悠々と人生を愉しんでいるドロッポさんの言い分が過激であっても、共感を集めるんじゃないですか?
⇒ 個人的に、師匠と仰いでおります。 自分自身にとっての、『真のアウトカム』は何か? 真剣に考えるべき問題だと考えています。

NoTitle

>「医学部を持った大学」的な名誉がほしい

名誉という思惑はあると思います。むしろ、それが主だと思います。

今回、医学部新設を検討している3大学、つまり、北海道医療大学、国際医療福祉大学、聖隷クリストファー大学は、いずれも総合大学ではなく、医療系大学です。特に国際医療福祉大学と聖隷クリストファー大学は、バックに大きな病院グループがあり、自己資金で医学部を新設できるということでしょう。

自己資金で作るなら、国はカネを出す必要がないので、それでは認可しましょう、という流れになるかもしれません。JR東海が自己資金でリニアモーターカーを作るというので、国はカネは出さずに認可するだけ、というのと同じです。

昭和40年代の新設私立医学部は、開業医から寄付金を集めまくってできたものが多く、それゆえ、金銭に関わるトラブルが多かったと聞きますが、平成の新設私立医学部計画は、そうではなくて、全国に展開している大病院グループが独自の医学部を持つというのが特徴です(北海道医療大学は違うと思いますが)。

余談ですが国際医療福祉大学の学長は慶応医学部出身、認可さえ下りれば2011年度から学生を募集したいとまで言っているので、おそらく設備はもちろん、教員の確保まで、かなり具体的な計画を練っていると思います。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。