スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「医療透明化、父の執念実る 明細付き領収書義務化、娘亡くし決意」マスゴミは透明化しないの?






こんなお涙ちょうだいの記事が

日本経済新聞に載るとは。



日本経済新聞は

経済的に

”値段を安くして(再診料切り下げ)、

さらに業務に負荷をかける(全員にレセプト並み明細書発行義務化)”

というのは

どう考えているんでしょう?




あ、日経的には

またレセプト関連のPCメーカーが

儲ける、医師に金を出させる

”隠れた公共事業”

だからいいのか。








医療透明化、父の執念実る 明細付き領収書義務化、娘亡くし決意

NIKKEI NET 2010年2月12日

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20100212ATDG1004U11022010.html

 投与された薬剤など詳しい診療内容とそれぞれの医療費が分かる「明細付き領収書」が4月から医療機関の窓口で無料発行することが義務づけられる。医療側の反対で長年実現しなかったが、20年前、医療事故で出生間もない娘を失ったことをきっかけに医療情報の開示を求め続けた父親の“執念”が実った。

 明細付き領収書の無料発行にこだわり続けてきたのは大阪府の高校教諭の勝村久司さん(48)。

現在、医療機関が発行する領収書のほとんどは「注射料」「投薬料」など複数の費用をまとめており、詳しい医療行為や単価など内訳は分からない。明細付き領収書には投与した薬剤名や処置などがすべて記載される。(07:00)







ねー、日経さん、


>現在、医療機関が発行する領収書のほとんどは「注射料」「投薬料」など複数の費用をまとめており、詳しい医療行為や単価など内訳は分からない。



その言葉、そのままお返ししましょうか。



>現在、新聞各社の紙面の価格は、詳しい取材費や人件費、販売経費など内訳は分からない。


ぜひ、他人に押し付けている

その”義務”とやらを

自分たちも実行してください。






自分たちの言っている意味さえわからず、

あからさまな利益誘導の記事を書き続ける

マスゴミ。






医療費をさらに下げる、

ということは

医療崩壊、

と言っているのに

さらに崩壊させる、

という意味です。









マスゴミの無知と

父の執念が

日本の医療崩壊を

さらに加速させた、

ということになるのではないでしょうか。























関連記事

コメント

本来、医療事故と明細は、なんの関係も無い様に思うんですが、、。

この娘が死んだのは本当に医療事故かな?疑問です。単なる思いこみで、かつ明細がないから証明できなかったて言い張っているだけではないのかな?

仕事は教員て書いてありますね なるほど、左翼か!了解。
ミンスと左翼による日本破壊作戦ちゃくちゃくと進行中。

NoTitle

既に医療情報の公開に関しては、かなりのレベルまで進んでいます。
レセプト並み明細書も、発行しろと言われたら、医療機関としては断れないようにとっくになっています(費用は要求できますが)。
もちろん、ご自身の保険者にレセプト開示を請求すれば、保険者は無料で発行してくれます。
それを「無料化する」だけでは満足できないんでしょうか。

毎回毎回、A4用紙1枚~数枚分の診療明細書。
ほとんどの人が望んでいないものをさも「国民みんなが望んでいたこと」だなんて言い方、どの面下げて言えるんでしょうか。

ほんと、新聞の領収書に、紙代から、取材にかかった費用、印刷代とすべて書いてほしいものです。

NoTitle

妄執っていうのは恐ろしいものです。

ご自身の足元にも同じように申してはいかがでしょうか。
学校不信・教員不信も同様に酷いですから改善のためになるのでは?

NoTitle

この人は
陣痛促進剤による被害を考える会
の世話人だそうです

団体を作るあたり、プロ市民というか左翼というか、、。

連投すみません

この人の本です

レセプト開示で不正医療を見破ろう! / 医療費3割負担時代の自己防衛術

医療保険財政の危機的状況を受け、国民負担の引き上げが続く一方、年間30兆円を」超える国民医療費の約3割は、医療機関からの不正請求だとも言われている。

妄想力大爆発していますな この人。
医師の給料は売り上げにほとんど反映していないことや、医療機関のレセプトは査定されて本当に必要な検査の費用まで削られていたことすら分かっていない様子。左だけ羽パタパタ

ふ~~~ん

病名告知してない患者はどうするのかな~~~
保険者がちゃんと説明してくれるんか??

ネガティブキャンペーン

先日の山本病院関係の報道が異常にしつこかったので、この明細書義務付けと歩調を合わせたネガティブキャンペーン(「医者はこんなに不正をしている、だからしっかり監視しなければ」といった)ではなかったのかと勘繰ってしまいます。

今後、医療は誰が行うの?

私の経験では、ほとんどの患者さんは領収書も望んでいません、ましてや診療明細書など望んでいないと思います。すでに出している薬情で充分だと言っています。医師を疑問に思っているなら、開業医のところへは来ませんね。医療をよくしたいなら、診療報酬を上げることと、奴隷的になっている勤務時間等をよくすることです。結局利用されているだけでしょう。紙屋さん、プリンター屋さん、ソフトメーカーには利益になっても、医療機関には重荷になり、それだけ本来のサービスが低下するだけです。
 一般論として、裁判員でも、陪審員でも、敵意をもっているかどうかをまず精査してから、公正な意見が述べられる方がなられるのではないでしょうか。医療崩壊(破壊)にどの程度、中医協が役割を果たしたかどうかということを後生の歴史家は検証していただきたいと思います。
 こういう国だから、世界のスタンダードにはなれないんですね。もうすぐ終戦直後まで逆戻りでしょう。今、昭和25ー30年ぐらいですかね。

NoTitle

>この娘が死んだのは本当に医療事故かな?疑問です。単なる思いこみで、かつ明細がないから証明できなかったて言い張っているだけではないのかな?

残念ながら裁判で医療機関側が負けてます。

救急医療

駆け込み受診や救急搬送ばかりの救急医療の現場なんて、疑い病名山積みで難癖つけられるのが請け合いですね。もう救急なんて、医療の現場からすると迷惑なだけだから、やめちゃえ

そう、みんなでやめればいいの。
でも、なぜそれができない?
みんなの意思がひとつになれば、勝村下ろしもできるのに。
もっとまとまれよ、医者!

NoTitle

Diego様
医療(現在の医療制度)が崩壊すれば、アメリカ型だろうがイギリス型だろうが今よりは医師個人としての待遇はあがるんだからいいんだもんね、と考えてる人が多いんじゃないかと思います。若い人の中にははっきりそう口にする人もいますし。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。