スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「厚労省:医療機関領収書「明細付き」義務づけ 中医協に提案」

ネタ元は

反民主党の医師さん

http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1269.html#comment9658

です。

ありがとうございます。






こんなことやるなんて

あまりにも神経質すぎませんか?

行きすぎた状況になってはいませんか?





諸外国では

こんなこと一切やらないともいます。




少なくとも以前住んでいたアメリカでは

何度も子供が医療機関を受診しましたが、

こんな細かい明細書は見たことがありません。







みなさん、どこに行っても

スーパーと同じように請求されるのでしょうか?






車を買ったら各部品代の明細を出して、

ホテルに泊まったら

ベットメイキングから消耗品、

電気代の明細を希望して、

フランス料理店なら

ひと皿ごとの明細を要求し、

すし屋に行ったら

ネタからシャリから

全部の明細を出せという、

そんな次元の話です。











厚労省:医療機関領収書「明細付き」義務づけ 中医協に提案

毎日新聞 2010年2月4日 東京朝刊

http://mainichi.jp/select/science/news/20100204ddm002010056000c.html




 厚生労働省は3日、10年度の診療報酬改定を議論する厚労相の諮問機関「中央社会保険医療協議会」で、医療を受けた患者に対し医療機関が原則無料で明細書付き領収書を発行することを義務づける案を提示した。この日は中医協の一部委員から異論が出たため結論を先送りしたが、

導入の方向で調整

している。

 明細書付き領収書は病院や診療所が保険者に診察報酬を請求する際に使う診療報酬明細書(レセプト)並みに詳細な内容。個別の治療行為や投薬された薬の種類、検査などの内容を診療報酬の点数や回数と共に発行するため費用の内訳が分かる。医療の透明化や患者への情報提供を目指す。

 提案では、レセプトを電子請求している全医療機関が対象。大半は明細書の発行機能を備えているが、この機能がない機械を使っていたり、主に大病院で普及している「自動精算機」で改修が必要な場合は例外となる。

 明細書付きの領収書は、08年度から400床以上の病院で患者から要望があった際に発行を義務づけた。同省は中医協で実施がまとまれば、省令改正を行う方針だ。【佐藤丈一】






医療は手探りの部分があります。

あまりに細かい明細が必要になると、

「疑われたけど結果的にマイナスだった検査」

などにクレームが集中するかもしれません。





”インフルマイナスだったのにこんなに金取るのか”

”この検査は結局意味がなかったからこれは払いません”

とか言う人が大量に出てくる予感。





希望者にレセプト並みの情報を

無料~低価格で開示、

というならわかりますが、

全員に開示する意味あるのでしょうか?






こんな”病的に細かい明細書”を

希望するのは

どうかしています。







世界一といわれている日本医療は

日本国内ではこき下ろされるような報道ばかりで、

行政は病的なシステムを次々に導入し

現場にあまりに過重な負担をかけて崩壊しています。





医療は崩壊する、

と言っているのに

レセプト並みの明細書を出して

喜ぶ医療機関があるのでしょうか?






レセプト並みの明細書が

クレーマーの大量生産と

医療崩壊を進めることはあっても、

決して医療崩壊は食い止められはしません。








この医療崩壊の緊急事態に

なぜ足を引っ張るようなことをするのでしょう?





実質ゼロ改定の診療報酬に加えて

あまりに世界とかけ離れた

病的な明細システムは

狂った日本の象徴のようです。



























関連記事

コメント

NoTitle

明細書を発行するならそれ相応の費用の請求を認めるべきです。ただでさえ苦しい病院の負担を増やしてどうするつもりなのか。
支払い側から「サービス業云々」という周回遅れの発言があった様ですが、レセプトの実物を見た事があるのでしょうか。スーパーのレシート程度に考えているのではないかと思えて仕方ありません。
医療崩壊促進→結果的に公的医療費負担減少が目的なのでしょう。

レセプトそんなに欲しいなら

医療機関に請求しないで
保険者なり支払基金が
(やれるものなら)
患者に毎月郵送する
といふ制度にすれば良い と
おもふよ

あのお方のせいでしょう

中医協委員の高校教師のお方の言葉が通った結果でしょうね。あの人たちは、No Doctor, No Error.を実践して医療被害をなくすのに日々精進している偉い人たちでしょう。敬してて遠ざけたい人たちです。
 日経メディカルのブログなんかでは、さも、「医療者との共同」とか、「勤務医対策を」みたいに聞こえる意見を言っていますが・・・。

中医協委員の高校教師

また、あの方ですか
あの人そんなに詳しいんだったら大学の医学部医学科を受験して医師になって下さいって思います
私は患者として今の領収書の明細で十分です
自分で考えて自分で最終的に判断し責任をとります

NoTitle

接骨院もレセプト開示でお願いします

ふ・ざ・け・る・な!!

>提案では、レセプトを電子請求している全医療機関が対象。大半は明細書の発行機能を備えているが、この機能がない機械を使っていたり、主に大病院で普及している「自動精算機」で改修が必要な場合は例外となる。

つまり何ですか?
国の方針に従い、(不本意ながらも)真面目に電子請求やオンライン化の環境を整えた医療機関に対してはさらなる義務を課し、その見返りがあのほとんど申請することすら極めて困難な、最大50万(しかも期間限定・予算が無くなり次第終了)の補助金というわけですか?

まさに「正直者が馬鹿を見る」の代表例ですな。
国としてこうした方向を目指しているのでしょうか?

NoTitle

この明細書発行ですが、いまの電子請求ができるレセコン・電子カルテでもほとんど対応してませんよ。

もちろん、うちの電子カルテシステムでも診療内容報告書(レセプト並みのもの)を発行することはできますが、それは全く別手順であり、領収書とは別になっております。

まあ、いわゆる過剰診療・過剰請求を警戒しておられるんだと思いますが、実際にはそんな詳細な明細領収書を要求する人なんてほとんどいませんし、そういうものを要求する人には発行する、でいいと思うんですが。

まあ、次は間違いなく「レセプト病名」に噛みついてくるんでしょうね。

NoTitle

ロハスメディカルの記事によると勝村氏は自爆発言(ロハスメディカルでは「致命的な発言」)をしています。
http://lohasmedical.jp/news/2010/02/04151627.php?page=10
あーもう、自身の妄執からはなれてちゃんと物事を考えてほしい物です。

支払い側委員はレセプトを見てものをいっている事が分かりましたので、上での発言の当該部分は撤回します。支払い側としては「金なんか出すか」ということですね。今後長期間にわたって医療機関に負担を押し付けようと言うのに。

医師がプロ市民ドモから無理難題を押し付けられて、

まともな医療が出来なくなる状況を、くつがえすための努力を、おまえは何かしたか!?
日本を医療崩壊に追い込むきっかけを作ったのは、まさにあの連中なのだ!
最初はほんの数人で始めた運動が、全日本を医療崩壊の方向に動かしたのだ。
しかもその運動を始めたのは名もない、何の力もない、ごく普通のw高校教師wwだったのだ。
患者にとって医療は命だ。その医療をとり上げられようとしているのに、なぜなんの努力もしようとしないのだ!?

無名の高校教師が始めた医療崩壊運動を、同じ無名の患者である俺達がくつがえせないはずはないな…。
註:くつがえせないwww

>国としてこうした方向を目指しているのでしょうか?
何を今更…。

NoTitle

しかし、いまや検査結果は全て渡し、薬も詳細な説明をつけているのに、それらの個別の点数を教えろって、レセプトでもそんなことはしてませんが。
知りたければ、診療報酬点数表や薬価点数表をご自身で買って調べればいいだけ。

要するに、ご自身が医療機関との信頼関係を構築できてないから、医療機関は悪い事をしているに違いない、と性悪説で疑いたいだけに思います。
大半の医療機関との信頼関係ができている人にとっては、「そんなもんもらってもわからん」としかならないでしょうね。

レセ病名に文句を言ったら、さらにその先には毎回カルテのコピーを発行するべきだ、って言いかねませんよ。

NoTitle

結局この勝村某氏や小林某氏は「情報の対称性」って言ってるけど、逆に「すべての患者が医師と同じ知識を持つべき」と言っているに等しいように感じるんですが…

NoTitle

勝村氏の日経メディカルのブログはコメントもつけられないようでしたが今はどうなっているのでしょうか?
垂れ流しブログを読まされるのはばかばかしいので、日経メディカル登録を解除してしまったので判らないので。

とりあえず

ご自分が勤務する高校の学費の詳細な使途の明細を、全保護者に無償で配布して下さい。
話はそれからです。

NoTitle

2010年2月5日13時00分 読売新聞によると、
(以下引用)
「中央社会保険医療協議会(中医協)」は5日、患者が受けた医療の詳しい費用の内訳がわかる「診療明細書」を、原則として全患者に無料発行するよう医療機関に義務づけることで合意した。・・・(中略)例外を除き10年度から実施され、医療の透明化が一歩進むことになる。
(引用終わり)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100205-OYT1T00604.htm
ロハスメディカルの記事は2月3日の審議内容ですから、わずか2日で結論が出たのでしょうか。検証部会での検証とやらはどうなったのでしょう。
読売の飛ばし・捏造記事ではないのであればわずか2ヶ月でソフトから人員の整備まで行えと?アホか。

一筆啓上様
勝村氏のブログはコメントはつけられません。今後もコメントを受け付ける事はあり得ないでしょう。

NoTitle

月に数回受診する人は、そのたびごとに、レセプト並みにA4サイズの用紙を印刷して、渡さなければならないのかなあ?事務作業が繁雑になるし、待ち時間もかなり長くなるでしょう。特に診察後の待ち時間に対してのクレームが多いから、クレームを受けながら、レセプト並みの書類を印刷。紙詰まりやトナー切れなんかあったら、大混乱ですね。
希望者には出しているのに、なんでこんな医療機関を消耗させるようなことをするんでしょう。本気で医療崩壊を企んでいるとしか考えられません。

NoTitle

勝村氏は「自分が望んでいることは国民みんなが望んでいるはずだ」という非常に強固なファシスト的思い込みを持っておられるようですから、決して引き下がることはありませんし、他人にそれは違う、とどれだけ言われても、理解していただけることもあり得ないと思います。
たとえ、中医協の場で彼以外の全員が反対しても、それは彼にとっては「国民のためにならない抵抗勢力」でしかないのです。

NoTitle

放置医さま
情報ありがとうございます。一方的な意見に耳を傾けるほど寛大に離れないので日経メディカルはやめてしまいました。商業系医療サイトはいまや、代わりはいくらでもあるのでありがたい時代です。

勝村氏はまあいいんですよ。

彼は「敵」ですから。問題はその「敵」を掣肘すべき立場の中医協&厚労省がむしろ「敵」に阿諛追従してる事。
>月に数回受診する人は、そのたびごとに、レセプト並みにA4サイズの用紙を印刷して、渡さなければならないのかなあ?

コンビニでやってるように「不要なレシートはこちらへ」ボックスを設置して溜まる毎にダンボールに詰めて中医協か厚労省に着払いで送りつけましょうw。勝村氏個人宛でもいいけどww

詳細明細なんていらんです。

患者的視点ですが、いらんですよ。
保険組合から送ってくる、あなたが支払った料金のまとめ、ってのもいらんくらいですから。(何か送ってくるようになったんですけど、法律改正でもしたんですか?)
非公開コメント

トラックバック

「レセプト並み明細書の義務化」は医療崩壊を促進する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100203-00000020-cbn-soci {{{: 【中医協】レセプト並み明細書の義務化拡大、継続審議に 2月3日23時25分配信 医療介護CBニュース  中央社会保険医療協議会(中医協、会長=遠藤久夫・学習院大経済学部教授)は2月3日の総会で...

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。