スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「東京消防庁が救急搬送ミス 5カ所断られた男性死亡」









>救急隊員が搬送先の医療機関と連絡を取らずに搬送し、受け入れを断れていた

アポなしで、

いきなり救急車来たら

びっくりしますね。




しかも患者さんが

解離性大動脈瘤では

どうしようもありません。






そんな話。









東京消防庁が救急搬送ミス 5カ所断られた男性死亡


産経ニュース 2010.1.28 14:45

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100128/crm1001281447018-n1.htm



 東京消防庁が昨年12月下旬、東京都目黒区の男性(73)を救急搬送した際、

救急隊員が搬送先の医療機関と連絡を取らずに搬送し、受け入れを断れていた

ことが28日、都などへの取材で分かった。男性は同病院を含む計5病院で受け入れを断られ、死亡した。第3者の医師らで作る「都メディカルコントロール協議会」がミスと死亡との因果関係を調べている。

 都救急災害医療課によると、昨年12月24日午後3時25分ごろ、男性の搬送を求める119番通報があり、救急隊が出動。救急隊員は搬送先に決めた東邦大大橋病院(目黒区)の連絡先を間違え、目黒病院(同)に受け入れを要請した。

 救急隊員はミスに気付かないまま大橋病院に搬送したが、大橋病院は他の救急患者の治療があったため、受け入れを断ったという。

 その後、目黒病院に向かったが、病状から医師の判断で転院を勧められるなど、計5病院で搬送を断られた。男性は119番通報してから約1時間45分後に6か所目の病院(同)に搬送されたが、大動脈解離で死亡した。

 東京消防庁は「救急搬送時に救急隊員がPHSの操作を誤り、病院連絡にミスがあったことは事実。遺族に説明し、謝罪した」としている。










地方では、

「受け入れの電話でうそを言ってとにかく受け入れさせる」

ということも

まれにあります

(まれ、じゃないのかな?)。



足の打撲です、

と言って受け入れたら

”足の開放骨折だった”

(骨が足から飛び出している)

ということもあったりして、

なんだかなー、

と思うこともあるのが

事実です。






消防庁は搬送しなくちゃいけないので

患者さんを搬送できなくてトラブルになる場合、

結局、悪者は現時点では消防庁。





それを、

「病院が受け入れないのが悪い」

「病院はすべからく受け入れるべきだ」

「病院が受け入れを拒否してはいけない」

という狂った三段論法が

消防庁の責任回避とともに

強まっています。






医療の場合、

本当に働いた分の給与(=診療報酬)が激安なので、

地方は補助金という首輪というかシャブで

病院を言いなりにしています。





救急病院を止める?

それじゃあ、今までの補助金を

過去にさかのぼって返還してください、

なんて雰囲気をチラチラと出せば、

赤字でどうしようもない病院は

泣く泣く救急を続けるしかありません。




そうして

看護師3交代制、

検査技師不在、

事務不在、

医師だけは交代なしのぶっ続け32-48時間労働

という

ふざけた環境で働き続けて

夜勤ですらないのが現状です。




さらに、

消防が

”救急を受け入れるのが病院の義務”

なんて言い出したら

きっと救急はとどめを刺されることでしょう。







そうなったら、

間違う病院も少なくなるはずです。

救急の病院自体が大幅に減るでしょうから。


















関連記事

コメント

NoTitle

大動脈解離の死亡率を考えれば、この患者はどちらにしても死んでいた可能性はかなり高いのではないでしょうか?もちろん、スタンフォードAやBでの違いはあるので一概に言えないかもしれませんが、大動脈解離の緊急手術のできる施設なんて限られているし、仕方が無いのではないかと思います。
でもマスゴミは舞い上がってまた叩くんでしょうね。。。
マスコミの心が佐沼だから。
ちなみに米だったら救急でこんな疾患をみてくれなんていったら、受診料○億払える人以外すべてお断りではないでしょうか?

はまぐり

救急隊は意図的に軽症と偽って搬送してくることもあります。
能力がなくて間違っているのかもしれませんが、断られないためにそうしているとしか思えないようなひどい例もあります。
どちらにせよ、まったく信用できません。

NoTitle

読む政治:診療報酬増を「偽装」 「長妻氏主導」空回り
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100131ddm001010042000c.html

一体どうしちゃったんでしょう、毎日新聞。
こんなまともな記事を載せるなんてw
何かヘンなものでも食ったんでしょうか?

1500円の弁当

>空前の歳入不足の中、10年度予算編成を終えた長妻氏は昨年12月28日、全局長を集め慰労の昼食会を開いた。

 1500円の折り詰め弁当代は出席者の自腹、領収書も渡す「長妻流」ではあった


 LW大臣、、、そんないけずなことをしているんだ。
1500円の弁当を押し売りされるなんてかわいそうだな。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。