スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「輸入ワクチン ほぼ出荷されず」





幻の輸入ワクチン。


Yosyanさんの

新小児科医のつぶやき
http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20100119

にもあるように、

ワクチン詰め合わせの

大量パーティーパック

http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1249.html#comment9540

なものですから、

全く使えない代物です。







今回の

新型ワクチンの輸入に

1126億円

使っています(1)。





ちなみに

今回、10年ぶりの診療報酬アップで

医療に

約700億円

アップだけで大騒ぎです。









輸入ワクチン ほぼ出荷されず


NHK 2010年1月22日 4時43分



http://www3.nhk.or.jp/news/k10015143661000.html


新型インフルエンザの輸入ワクチンについて、全国47の都道府県のうち44の自治体が、今のところ配分を希望していないことがNHKの調査でわかりました。厚生労働省は来月上旬に輸入ワクチンを出荷する計画ですが、全国的に国産ワクチンの在庫にゆとりがあることなどから、

ほとんど出荷されない見通し

になりました。

新型インフルエンザの輸入ワクチンをめぐっては、厚生労働省が来月上旬にも初回分の474万回分を出荷する計画です。これを前にNHKは全国47の都道府県を対象に輸入ワクチンの配分を希望するかどうか電話で調査し、回答を保留した2つの県を除く45の自治体から回答を得ました。それによりますと、輸入ワクチンの配分を希望したのは広島県だけで、ほかの44の自治体は「今のところ必要ない」として希望しないと回答しました。その理由について多くの自治体は

▽国産ワクチンの在庫にゆとりがあることをあげているほか、
▽接種方法や回数が国産ワクチンと違うため、医療現場が混乱するのではないか

といった課題を指摘する声もありました。これによって初回分の輸入ワクチンはほとんど出荷されない見通しになりました。これについて厚生労働省は「国産ワクチンにまだ余裕があり、それぞれの自治体が様子をみているのではないか」と話しています。また、長妻厚生労働大臣は今月19日の記者会見の中で「ワクチンが余る公算が大きく、ほかの国の対応も見ながら解約などの交渉ができるか検討していく」と述べて、今後、海外メーカーとの契約を見直すかどうか検討する考えを示しています。







日本医療が崩壊します!!

と言って

全国で700億円アップ。

0.19%という微量の上昇。





一方、新型ワクチンが1126億円

倉庫に眠るわけです。

当然賞味期限があるので、

使われなければ破棄です。




新型インフルワクチンの

1126億円

ちょっとでも返金があるなら

診療報酬にまわせよ、

そう思ってしまうのは

私だけなのでしょうか。







(1)
■開業つれづれ:「新型インフル 輸入ワクチン実需なし 1126億円無駄に?」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1249.html


(2)
■開業つれづれ:「診療報酬改定率:10年ぶり引き上げ 0.19%」二段底とかいうやつ
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1225.html










関連記事

コメント

NoTitle

現在行われているHibワクチン、3月に発売予定の結合型肺炎球菌ワクチン、これらはWHOが定期接種にしなければならないワクチンとして接種勧奨しておりますが、厚労省は主にコストの問題を盾にして実施しておりません。
この両方を定期化しても年間2000億円いかないと言われています。
目先のことばかりを気にして、こういった長期視点に立った対策を全く考えなくなったのが日本の行政です。
本来、短期利益を無視しても長期利益を得るべく立案計画してきたのが日本の特徴だったはずなのに、バブル崩壊後は、そういったものが極端になくなりました。

まあ、あの騒ぎでなんとかして輸入しなければいけなかったのも分かりますが、マスコミも「インフルエンザにかかったやつは犯罪者」とばかりの騒ぎ方をしましたから、冷静な評価と対策の構築が誰もできなかったというのがあります。

そういう点では日本という国における典型的な「自業自得」なんだと思いますよ。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。