スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「外来管理加算の時間要件撤廃など求め要望書-保団連」






「病院族」

足立信也厚労政務官は

本気で診療所を

つぶすつもりのようです。

>(外来管理加算見直しの)選択肢の一つは『要らない』ということ。あるいは削減すること




コペルニクス的転回ですね。

5分以上外来をしていないと加算できないなど、外来管理加算には問題がある。

だから

外来管理加算自体を削減、廃止

する。





おいおいおい…。








外来管理加算の時間要件撤廃など求め要望書-保団連


更新:2010/01/07 20:08   キャリアブレイン


http://www.cabrain.net/news/article/newsId/25850.html




 全国保険医団体連合会(保団連)は1月7日、長妻昭厚生労働相ら厚労政務三役にあてて、「外来管理加算」の時間要件の無条件撤廃や、診療所の再診料の引き下げ・包括化を行わないことなどを求める要望書を送付した。

 要望書ではまず、6日付のメディファクスで報じられた

足立信也厚労政務官



「(外来管理加算見直しの)選択肢の一つは『要らない』ということ。あるいは削減すること」

「病院の点数を診療所に合わせる判断を中医協がすることはあり得ない」との発言を引用。「こうした方向で(診療報酬)改定が実施されれば、第一線医療を担う診療所や中小病院の経営は悪化し、地域医療がさらに疲弊し、取り返しのつかない事態となりかねない」との危機感を示した。その上で、(1)外来管理加算の時間要件などを無条件で撤廃する(2)診療所の再診料の引き下げ・包括化を行わない(3)医療崩壊を食い止めるため、改定率をさらに引き上げる-の3点を要望している。

 要望書では(1)について、2008年の診療報酬改定で導入された外来管理加算の時間要件などの問題点を指摘。無条件で撤廃し、改定前の要件に戻すよう求めた。また、現状で外来管理加算を廃止または減額すれば、中小病院や診療所の大変な負担増になるとの懸念を示した。
 (2)では、厚労省が昨年公表した08年の社会医療診療行為別調査の結果を基に、外来管理加算の時間要件による影響額は

年間1200億円の収入減

だとして、

厚労省が08年改定で推計していた影響額240億円

との差が960億円に上ると指摘。今年4月の改定では、厚労省の「計算誤り」による過剰削減分(年間960億円×2年間)を外来の引き上げ財源に充てるべきであり、これを病院の再診料・外来診療料の引き上げ財源に充てれば、診療所の再診料を引き下げる必要は全くないと主張した。

 (3)については、「年末に閣議決定した改定率では医療崩壊を食い止められないことは明らか」とした上で、補正予算での対応を含め、少なくともネットで3%以上の引き上げを行うよう要望。さらに、企業負担や国庫負担を引き上げ、診療報酬の引き上げが被保険者の保険料の引き上げにつながらない施策を実施することや、患者負担の軽減に取り組むことこそが政治の役割であり、「社会保険制度の原理・原則にそった対応である」との考えを示した。






外来管理加算の”5分ルール”が

診療所に大きな打撃を与えました。





厚労省が

「240億円ぐらいの削減でしょう」

と計算していたのに

実際は

”1200億円”もの削減になってしまっています。




これがどのくらいのインパクトかというと、

今回10年ぶりに引き上げられた診療報酬0.19%とは

医療費ベースで約700億円増(1)、

なわけです。



軽く2倍もの削減を

管理加算の5分ルールだけで

行ってしまっているわけです。




しかも厚労省は1200億円減った

とは認めていませんので、

実際には収入が減っているのに

削減したとは認めていない

”影の医療費削減”

になってしまっています。




そんな流れなのに

「いっそ外来管理加算はなくしちゃおうか」

などという暴論が出てきています。

しかも

足立信也厚労政務官と「病院族」

が言っているわけです。






日医は古い組織のまま

自民党バッチをつけているし、

「病院族」は

大問題になった新臨床研修のときのように

突っ走っているし、

いったいどうなることでしょう。











(1)
■開業つれづれ:「診療報酬改定率:10年ぶり引き上げ 0.19%」二段底とかいうやつ
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1225.html














関連記事

コメント

NoTitle

足立政務官、現役の医者だったころに、よっぽど開業医に恨みつらみでもあったんですかね。

ちょっと医療情報に触れていれば、こんなことしたら現場が崩壊するのはすぐわかるだろうに。
それとも厚労省官僚の洗脳能力がそれだけ優れているということなんでしょうか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。