スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「新型インフルワクチン盗難 長岡京の済生会病院 小児80人分」





ひと山もふた山も越えた感じのある

新型インフルエンザ。



予防接種のワクチンも

だんだんと人気がなくなってきました。





盗むメリットはどこにあるのでしょう?

医療関係者なら打てるでしょうけど、

売りさばくのも

容易でない気がします。








新型インフルワクチン盗難 長岡京の済生会病院 小児80人分


京都新聞 Kyoto Shimbun 2010年1月5日(火)
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2010010500214&genre=C1&area=K00

 京都府長岡京市今里の済生会京都府病院(中嶋俊彰院長)で、昨年暮れから年始にかけて、院内に保管していた新型インフルエンザのワクチンが盗まれていたことが5日、分かった。盗まれたワクチンは、子どもに接種した場合は48人~80人分に相当する。向日町署が窃盗事件として捜査している。新型インフルエンザが流行するなかで、ワクチンの盗難は全国で初めてとみられる。

 向日町署によると、4日午前8時半ごろ、済生会京都府病院2階外来小児科の休憩室の冷蔵庫に保管していた新型インフルエンザワクチンの

ガラスアンプル(1ミリリットル)16本

がなくなっているのに女性看護師が気付いた。院内を捜したが見つからず、病院が5日になって向日町署に盗難の被害届を出した。

 これまでの調べでは、病院内で新型インフルエンザワクチンの予防接種を行ったのは12月25日が最後で、接種後、午後5時ごろに看護師がワクチンを冷蔵庫に保管した際は異常はなかったという。

 向日町署はその後、4日までの間にワクチンが盗まれたとみて、不審者の有無などを調べている。休憩室がある小児科外来の部屋の入り口は施錠がされていたという。

 ワクチンはアンプル1本で子ども3~5人分の接種量に当たる。病院側によると、子ども用のワクチンの在庫の大半は小児科の診察室にある冷蔵庫に保管されて残っていたが、盗まれた分については大人用のワクチンを補充し、当面のワクチン接種計画に影響はないという。5日の新年初めてのワクチン接種は予定通り実施した。

 病院の伊関正典事務部次長は「病院で貴重なワクチンがなくなったのは残念だ。原因を突き止めて、対処したい」と話した。

 府乙訓保健所は「状況を確認した上で、今後、こうしたことのないよう管理の徹底を指導する」としている。

 ■厚労省「盗難初めて」

 ワクチンの供給を担当する厚生労働省血液対策課は「都道府県や医療機関から盗難被害の報告は上がっておらず、盗難があったことは、今初めて聞いた」としている。

 新型インフルエンザの流行を受け、ワクチン接種は昨年10月からまず医療従事者を対象に始まった。各医療機関で妊産婦や基礎疾患(持病)のある人や児童・生徒など優先接種対象者に順次、接種対象を拡大している。

 厚労省によると、12月末の時点で約2100万人分のワクチンが全国の医療機関に供給済みで、3月末までに優先接種対象者約5400万人分が供給される見通しだ。

 京都府健康対策課によると、府内では年末までに約40万人分のワクチン供給を受け、医療機関に届けている。







京都のマーケット

では高値で売りさばけるのかな?





ワクチンも

次回の第8回供給分は

一番多い出荷量になる予定で、

一気にだぶつく気がします。




すでに

輸入ワクチンは使う必要が

かなりうすれたと思いますが、

これだけは予想がつきませんし、

本物のH5N1のような強毒性が来たときに

今回のドタバタは十分な勉強になったはずです。






みなさま

インフルエンザワクチン、

盗まれるかもしれないので

今一度ご注意を。






関連記事

コメント

勉強しないのが厚生労働省

>本物のH5N1のような強毒性が来たときに

>今回のドタバタは十分な勉強になったはずです。

強毒性が来たときには、マスゴミが医療を叩いて更に滅茶苦茶にします。
厚生労働省が一貫しない姿勢で感染者が急激に増大し死者が大量にでます。

これが私の予想です。

本質的な報道って無かった様な気がします。
きちんと対策ができたのでしょうか?
いまいち疑問です。

ゆりあさんに同感

マスゴミは正しいことを検証して報道できる人はなれない職業になったのかしらね。盗まれたワクチン・・・盗んだ人、何に使うの?教えて。

時系列を、

未来に置き換えただけの歴史的事実キターw

あと蛇足ですが、今回ので懲りてワクチン辞退する医療機関続出でしょうなあ。まあ医師は想像以上に莫迦だから、案外相当数が玉砕するやもしれませんが。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。