スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「新型インフル:対象外の妻にワクチン接種 鹿児島の院長」 MOTTAINAI





MOTTAINAI発祥の国ですが、

これはあまりに

ルールが先走っていませんか?





今の政治が”文革”というのは

よくわかりましたが、

ルール違反だ!

ということでおかしなルールまで

尊重しすぎて

密告して、

貴重な新型インフルエンザワクチンを

”適切に廃棄せよ”

というのは

MOTTAINAI発祥の国としては

あまりにもったいない。














新型インフル:対象外の妻にワクチン接種 鹿児島の院長

毎日新聞 2009年12月13日 8時50分

http://mainichi.jp/select/science/news/20091213k0000e040001000c.html


 鹿児島市内の病院長が11月上旬、医療従事者向けの新型インフルエンザワクチンを、対象者でない妻に接種していたことが分かった。

 鹿児島県が決めた接種の優先順位に違反しているが、院長は取材に「院内の感染症対策委員会が決めたこと。指示はしていない。廃棄はもったいないし何が悪いのか」と話している。

 県は、国が決めた優先順位に従い、接種を、10月19日から医療従事者▽11月4日から重い持病がある入院患者▽同20日から入院患者以外の重い持病者と妊婦--と定めた。

 院長によると11月5日、まず医師十数人に対して接種。看護師らの分は届いていなかったという。

 同日、看護師の一人から「1人分残り、対策委で決めたので奥さんに」とワクチンを受け取り、院長自身が妻に接種した。妻は重い呼吸器系の疾患があるが入院はしておらず本来、接種は11月20日からだった。

 院長は「妻から感染して私が倒れると困ると、対策委が決めた。『余ったら廃棄』との国の決まり自体が問題」と主張している。

 国は、いったん開封したワクチンが余り24時間経過した場合

「適切に廃棄する」よう定めている。

ワクチンを巡っては、兵庫県内の病院で診療所長が対象外の孫に接種した例が発覚している。【福岡静哉】






こちらが、その孫に接種した記事。





新型インフル:診療所院長、医療従事者用ワクチンを孫に

毎日新聞 2009年12月9日 19時25分(最終更新 12月9日 22時38分)


http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091210k0000m040047000c.html

 兵庫県宝塚市の小児科診療所の院長が今年10月、医療従事者向けの新型インフルエンザワクチンを自分の孫に接種していたことが分かった。院長は厚生労働省の調査に虚偽の書類を提出するなど、隠ぺい工作もしていた。

 厚労省によると、この診療所には医療従事者用のワクチンが2回に分けて計4瓶(大人8人分)配布され、この一部を孫に接種していた。厚労省に「不正があった」との情報が寄せられたため、同省は適正な接種を証明する「予診票」の提出を要求。院長は医療従事者ばかりの予診票を提出したが、その後、同省に「予診票は虚偽で、本当は孫に接種した。孫はぜんそくの持病があり、私立小学校の受験も控えていた」と説明したという。

 同省はこの診療所と締結した予防接種業務委託契約の解除を検討する。【高野聡】

 ◇「他の患者さんに大変申し訳ない」院長が謝罪

 院長は取材に対し「孫のぜんそくが重くて心配だった。接種を待っていた他の患者さんに大変申し訳ない」と謝罪した。【山田奈緒】










身内の間でも

お互いを密告しあった

文化大革命。


それを民主党がめざすのなら(2)、

今後、

狂ったルールでもルール厳守

という風潮が出来て

現場は無駄なことを行うのに必死で

国の活力は失われていくことでしょう。




杓子定規なルールではなく、

一文

”優先順位が下位であっても医師の判断により接種可能”

とかあると状況は全然違ったんでしょうけど、

現場を完全無視で

全国一律、例外なし

に押し付けたのが混乱の原因。







だから、ワクチンのあまりも

大量にボトルごと

廃棄しなくてはいけない状況になるわけです。

本当に

MOTTAINAI

もったいないですね。





(1)
「法令遵守」が日本を滅ぼす (新潮新書)「法令遵守」が日本を滅ぼす (新潮新書)
(2007/01/16)
郷原 信郎

商品詳細を見る


(2)
■開業つれづれ:”政治の文化大革命が始まった”「毎日フォーラム:民主政権の課題と自民再生への展望」 やっぱこれ、文化大革命だったんだ
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1176.html








関連記事

コメント

NoTitle

両方とも毎日が第一報だったんでしょうか。相変わらず毎日は「医療憎し」の報道ばかりですね。人口全体の75パーセント以上がワクチン打ってないとパンデミックは防げないのですから、国の責任で保健所で無償で集団接種にすればよかったのに、国は副作用などの責任取りたくないものだから民間に丸投げして、さらにマスゴミがその足をすくうという、保険行政からすると最悪手ですね。

医療従事者接種の再開は

はじめの優先接種対象者はインフルエンザ診療に直接かかわる医療従事者という、わかったようなわからないような縛りで100万人分でした。足りないところは、接種量を減らすとかして対処していました。
その後、基礎疾患とか妊婦とか小児への接種がはじまり、医療従事者への接種は打ち止めになっています。
接種してよいかどうか問い合わせると、行政はだめといい、医師会はよいといい、ぶれています。
余ったボトルを廃棄するよりも、院内の医療従事者に接種したほうが、効果的です。希望者募りやすいし。
しかし、密告が怖くて、ボトルは廃棄しています。接種できなかった医療従事者の密告も怖いし。接種すみの人の密告も怖いし。
現場の裁量に任せられないのならば、国が一括して接種するべきです。

NoTitle

でもこれ、殆どマスゴミの悪平等報道が原因かと。
厚労省にしても、そんな細かい事までいちいち文句をつける気は全くなかったと思うんですが、マスゴミがハイエナのごとくネタを拾ってきて厚労省に「どう考えていますか」と迫れば、そりゃあ「こちらの指示に従っていないからダメだ」としか答えられない。

「別にそのままなら捨てられるはずのものだから構わないのではないでしょうか」とは法令遵守を旨としなければいけない厚労省としては言えるはずがない。
それを言える立場にあるのは、むしろ大臣などの政治家であり、長妻さんが「ワクチンを無駄に捨てるくらいなら、そういうことでもやむを得ないでしょうね」と一言コメントしたら、それだけで沈静してしまうネタだと思いますが。

でも、これで分かったことが一つ。

新型インフルエンザワクチンを止めたくなったり、もうワクチンはいらない、となったら、わざと優先順位を無視して身内に接種して、自己申告で「すいません、やっちゃったから、契約を返上します」ってすればいいんですね。ワクチン自体は返品できませんし、あくまで任意接種ですから、それを使ってある分だけ患者にワクチン接種も続けれますもの。

マスゴミ

こんなこと 大々的に報道する前にもっと 報道すべきことがあるでしょーが!! 医者叩きがしたくてしたくてたまらない構図が見え見え。ほんと 頭悪っ 日本のマスゴミ。廃棄処分せずに一人でも打てばそこから感染が抑えられると思えないのね。マジ バカだと思うわ。

悪法もまた法である、

等といいますし、ここは遵守するふりなっとしとかないと労働基準法を盾に出来なくなる気もしたり…。
ちなみに、、「悪法もまた法である。しかし、法だからといって従う義務はない/従うべきではない。」というのが、法実証主義の一般的主張だそうです。

感じたこと

医師の方々の現場のご苦労、想像を越えるものがあると思います。国のワクチン行政にも不備が多々あると感じます。
ただ、一方で、優先下位でも医師の判断で…とすれば、それですむことでしょうか。実直に行列に並んでいると、知らないうちに横は入りされても、みんな黙っているのがよいことなのでしょうか。
医療叩きというより、モラルのありかたの問題ではないかと感じました。

NoTitle

「優先下位でも医師の判断で…とすれば、それですむことでしょうか。実直に行列に並んでいると、知らないうちに横は入りされても、みんな黙っているのがよいことなのでしょうか。
医療叩きというより、モラルのありかたの問題ではないかと感じました」

 インフルエンザウィルスは人を選びません。人間がつくった優先順位などお構いなしにうつりますよ。
 広域発生を防ぐにはどんどん接種するしかないんです。
また、ワクチンは接種したからといって絶対病気にならない、というものではありません。そんなワクチンは映画や漫画などの絵空事でしか存在しません。
 兵庫県の例は、書類改ざんとかしてますんでちょっと従業員のことを大事にしてない結果として内部告発でもあったのかな、と推察します。
 しかし、鹿児島の例はあくまでも余ったワクチンを「自家消費」しただけです。おそらくきちんと自家消費したと記録があると思います。そうしないと余分な税金払わないといけませんから(苦笑)。モラルには何にも反してないですね。薬品を医師の責任の下に自分や家族に処方することはおそらくよくあることだと思います。
 下手に優先順位とか設定しないでどんどん来た人に打てばよかったんですよ。
 

確かに、鹿児島の件は取り上げるに足りないと思います。
接種もどんどん来た人に打てる仕組みがあるべきだったと思います。
でも、そうではない仕組みがある以上(もちろん、現場を知らない役人のあさはかさはあると思います)、そこに異を唱え、仕組みを変えてでも信念をかなえるというのなら、何もこそこそやる必要はないのではないか、と私は感じます。
(そんなもの、表に出せばたたかれるだけだから、となるのかもしれませんが)

こそこそて(苦笑)

たった一人分のワクチンの用途をきちんと院内の感染症対策委にかけて決めているのに、それを「こそこそ」と言われても・・・(苦笑)。ああ、自らの罪状をプラカードで胸に掲げて、道行く人に声をあげて自己批判せよと。なるほど、まさに文化大革命ですね(^^;)
 後、些細なことですがハンドルネームはつけた上でコメしたほうが礼儀かと。

名前書きそびれていました。失礼しました。
鹿児島の件は、委員会にかけているので、取り上げるに足りないと書きました。宝塚の件は、まだ今のようにワクチンがあまるかもしれないという雰囲気も全くないごく初期に、やはり隠れて行われたことだと思うのです。
ただ大きくみれば、こうした混乱も国の遅い対策と、現場の感覚との解離のせいだと思います。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。