スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「病院・開業医の倒産が過去最悪―帝国データ」 際立つ診療所の倒産





どんどん診療所をつぶして

いいんでしょうか?




ますます締め付けが厳しくなる

開業医の状況。

国が料金を設定し、

その上で医療を叩く。

海外比較では

すでに限界まで

安くなっている医療なのに

さらに削れば当然医療は崩壊します。



一般では個人が開業する時代に

医療では

”開業することが悪”

ということになるようです。









病院・開業医の倒産が過去最悪―帝国データ

更新:2009/12/10 17:34   キャリアブレイン


 全国の病院と歯科を含む

診療所(開業医)の今年の倒産件数が11月時点で49件

に上り、現在の集計方法が導入された2005年以降で

過去最悪

を記録したことが、帝国データバンクの集計(11月報)で分かった。49件を医療機関別に見ると、診療所が26件と最も多く、以下は歯科診療所14件、病院9件の順で、

診療所の多さが際立つ。

マイナス3.16%だった2006年度の診療報酬改定の影響で、07年の倒産件数は病院18件を含む48件と過去最悪だったが、今年は既にそれを上回っている。


 帝国データによると、これまで過去最悪だった07年の倒産件数は、診療所19件、歯科診療所11件だったが、08年にはそれぞれ18件、10件と微減、回復の兆しが見えていた。しかし、今年に入って急増し、

診療所の倒産件数は7月時点で既に07年を上回った。

11月の倒産件数は3件で、負債総額は約3億1000万円。

 病院勤務医を支援するため、08年度の診療報酬改定では、診療所側が病院に対して約400億円の「財政支援」を実施。このうち約240億円(厚生労働省の試算)の財源については、「5分要件」の設定など外来管理加算の見直しで捻出されており、日本医師会などが撤廃を求めている。










医科も歯科同様、

”なったら負け”

という時代が到来しそうです。









関連記事

コメント

倒産は 増えるでしょうね。よくネットで 開業医の来院患者数により 負け組とか勝ち組とか見るけど・・うちは 来院患者数だけ見れば勝ち組に入る・・でも 数年間の診療報酬マイナスで 経営は苦しい。赤字が続いている。患者数が多いということは それだけ経費がかかるのです。ゆえに 赤字。患者数が少なければ経費も少なくていいけど やっぱり赤字。要するに千円の物を売るために五千円かかる今の診療報酬では だれもやっていかれないのよ。そのうち ナートに使う糸は百均で買わないといけなくなりそう。

日テレディレクター 中学生女子と3P 動画見つかった

日テレディレクター 中学生女子と3P 動画見つかった

女子中学生とよもやの“3P”に及んでいた日本テレビの番組ディレクターが御用となった。

複数の女子中学生に現金を渡して、わいせつな行為をした疑い。しかも1度に2人を相手にするハレンチぶり。

女子中学生と3Pとはうらやましからん!

http://nitteresanp.blogspot.com/

NoTitle

医療機関を支える医師や看護師は、国や都道府県の学校(もちろん私立もありますが)でお金をかけて養成した、いわば国家の財産 なわけです。
そういう人を使い潰して、医療現場から立ち去るようにしたりしている現状は、結果として育てるのに使ったお金は無駄に消えているわけです。やはり65歳まで現場で使えるようにすることが結局一番得な訳です。
でもこんな当たり前のことは、医療費亡国論をうちたてて医療を荒廃させた厚生省は思わないでしょう。。。
公共事業費亡国論は無いのに、なんで医療費亡国論はあるんだかわかんない。。。。
(まあ 総務省がわけのわからない改革をして携帯電話市場を思いっきり冷やして中小企業の仕事をさらに減らしても、総務省の責任ではない と抗弁がまかり通っているわけですから)

氷山の一角

帝国データバンクさんの情報に上がってくる倒産というのは、会社更生法や民事再生法や破産などで債務の法的処理が始まった件数だけだと思います(しかもおそらく医療法人のみ)。それ以外にひっそりと診療所をたたむ爺医などの自主廃業や法的整理にまでは至らなくても借金を返済しながら勤務医にもどる個人開業医は当然カウントされていません。実際の診療所廃業件数はこの何倍なのでしょうね。

前にも書きましたが、こんな法定低価格では患者のことを考えて真面目に働いたら負けって事です。

NoTitle

  ここ数年、勤務医から開業医への流れがあったと言われます。 どれだけの方が、シッカリした準備とリサーチを経て開業に至っているのか? 正直、かなり疑問です。 今後も、倒産は増えるでしょうね。
  医大の授業に、経済学の基礎は必須だと感じています。 いえ、義務教育に組み込むぐらいのイキオイは必要でしょう。 世の中は、残念ながら医療の都合を中心に回っていない、いろいろと本を読んでみて、やっと理解できたように思います。 そして、現状の医療ビジネスモデルが『負け組み』化していることも理解できます。 セーフティーネット、公共財として安価な提供を強要され、なおかつ経営面では自己責任の市場主義、見事なダブルスタンダード。 これで勝てる方はよほど優秀か、運が良いのか?
  私も開業志向ですし、ブログ主様を応援しています!

講義

私が入学当初1年には経済学も法学の講義がありました。
わが大学の次第に下がりゆく国試合格率の対策として
次年度にはなくなり、いろいろ別の講義が出たり入ったり
いまでは解剖学が入り込んでいるとか・・・(1年乙)

今のご時世、経済観念や法律は自主学習なのでしょう。
しかも単科大学なので他学部(↑)の学生と交流もなく・・・

O県K大より

NoTitle

医療費の削減はコスト計算から導き出すという手法を離れ、「ここはもうちょっと下げよう」と数字が高そうなところを減らすだけの作業になっています。

法的整理以外に、もうやめます、と消えていった開業医は結構多いです。継承者がなく廃院というのもよく聞きます。

当地でも「元診療所」という建物がちらほら見られ、「どこが開業医バブルだよ」の世界です。
まあ、開業医バブルというのは「開業コンサルタントにとっての」バブルですから、医者がウハウハなわけではありませんが。

崩壊は医療界だけではありません

日本の中で、医療を含めて大きな問題が山積みされています。医療費はこれ以上出さないと言いっている政府ですが、海外援助はドカンと継続しています。

これだけならばまだしも、売国政治家小沢一郎がとうとう在日の地方選挙権と戦後賠償を韓国に言って言い始めました。

大問題です

既に在日朝鮮人は本国での参政権を持っている。しかも在日の中には反日思想の人が多い。そんな人たちにわざわざ参政権を与えるとはどういうことなんだろうか?
ちなみに在日団体が言う「世界では選挙権を与えるが常識」というが、国籍のない人間に参政権を与える国のほうが少数派で、しかも与えている国の多くはヨーロッパ統合を控えたヨーロッパが主である。
日本の参政権がほしいと思えば帰化すればよいだけである。
更に戦後賠償ですが、既に韓国とは条約を締結しているし、当時の日本は外貨準備高1/3を韓国に払っているのにである。

こんな危険な民主党に投票した人たち、支持した医師会たち、来年度以後は日本を崩壊させるわけですね

こういうデータ

こういうデータは政治家は見てみぬふりをするのだろうな…
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。