スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:100点差をひっくり返せる「「ふるさと枠」志願急減 広島大医学科推薦入試」




100点差をひっくり返せる、

ということは

逆に100点差をつけていても

ひっくり返される可能性がある、

ということです。





しかも9年間の奴隷義務。





どんなに優秀であっても

基礎研究に進むこともできなければ

海外留学や都市部に臨床研修もできない

へき地縛り。






入学後、見えない壁が

合格者を隔てます。

可能性がある人間と

ない人間。





受験生にはあまりに

ひどい制度だと思います。








「ふるさと枠」志願急減 広島大医学科推薦入試

中国新聞 2009/12/7

http://www.chugoku-np.co.jp/Health/An200912070309.html


 ▽県内勤務など敬遠、6・2倍→2・3倍

 卒業後に広島県内で働く医師を確保する広島大医学部医学科の推薦入試「ふるさと枠」は、2年目となる来春の志願者が減り、

競争倍率が6・2倍から2・3倍に急落

したことが分かった。

制度や入試方式に対する理解が進まず、

推薦する高校や受験生が敬遠する現状がある。

 「ふるさと枠」は今春入試から設けられ、定員5人に対して31人が志願した。ところが、先月9日に出願が締め切られた来春入試は、定員を2倍の10人に増やしたにもかかわらず、志願者は23人に減少した。

 倍率急落について、高校や予備校関係者の見方は一致する。

今春はセンター試験の約100点差を逆転して合格

したケースがあった。ある高校の進路指導担当教諭は「面接が重視され、合格ラインが読めない。生徒や保護者に自信を持って勧めにくい」と明かす。

 さらに、

「ふるさと枠」の卒業生は、県内の公的な医療機関に9年間勤めることが義務づけ

られる。受験生の間には「

若いうちは海外留学などで先端医療を学びたい、

との声も根強い」という。

 県と広島大には、中山間地域での医療確保策として、推薦入試の「ふるさと枠」を3年目は15人にまで広げる計画もある。広島大入学センターの高地秀明准教授は「志望者のすそ野を広げるため、高校で地域医療を考える機会を設けるなど全県的な協力がほしい」と訴えている。(藤村潤平)










医学部に入っても

どんなに優秀でも

へき地枠だから、

ということだけで

医師の将来が決まってしまいます。






本当は世界に飛び立つことのできる才能が

多くあるかもしれないのに。

実際に医学部は海外に進出している方も多く、

世界をリードする人材になる可能性は

誰にでもあると思います。






医学部でも、

え?あいつが?

というやつが

長期海外滞在していたりします。







それほど医学部のポテンシャルは大きいのです。







それをすべて、

地域枠ということで

未来の可能性を

入試の時に一括で捨て去る、

というのは

医師の将来の芽を摘むことにつながります。







大げさに言うと、

人間の可能性を制限することは

日本の国力をそぐような仕打ちです。







しかも

理系のなかでも優秀な人材を

へき地要員に最初から当てはめるのは

いかがなものでしょう?







だからと言って、

”おまえはへき地決定だから100点プラス!”

というのも

あまりにおかしい気がします。














関連記事

コメント

研修医

四国のたたきが有名な大学を卒業し、研修医をしています。ちょうど自分の大学もセンター試験をかされない、AO入試が始まったばかりで大学には学力的に疑問符のつく学生が大勢いました。地域枠ということで採用されたのですが、実際に地域に行った人間はいませんでした。留年国家試験落は4人に一人でした。一般入試組の80人に5人と比べれば明らかな差です。自分自身思うところもあり、いろいろな意味で不幸を招くので、地域枠は反対です。

確か以前

助看護士でしたっけ?お礼奉公はひどいとか言って廃止されたの。
なのに医師はOKなんですね~

歴史で学べないニッポン

看護師のお礼奉公2、3年が 「人権侵害」ということで廃止されたことはまだ記憶に新しい。医師は9年も首輪をつけられて 鎖につながれた犬になるんですね。奴隷犬の将来が決まり、さらに「あいつは へきち枠だから バカ」とか言われそう。たぶん また 看護師のときに問題勃発したように 人権問題が出るでしょうね。看護師は世論も国も助けたけど医師は助けてもらえないと思います。この国は 医師への総コンプレックス民族だから。へき地枠に合格と共に赤い首輪と鎖と日本の旗を掲げて医学部に通うなんて・・。考えただけで ぞーっとするよ。・・・でも 昔 医学部全部落ちた私に その奴隷犬の枠が残されていたら・・点数に下駄を履かせてくれたら 奴隷犬でも入学したね。間違いなく。でも そもそも医学部には足りない頭脳なわけで きっとついていかれなかったか 「命はまかせられねー医師」になっていたかも。で、 ここで色々言ってたかも(爆)

NoTitle

普通に、定員を増やしてあとは、きちんと僻地にいく医師に給料と労働環境整備するのが一番だと思います。

っていうか、60才定年する勤務医がこれから、けっこう発生するんだから、老人医師の活用を考えたら。
あ、そうか、そういう医師は、奴隷労働できないから、、、。

同じような構図が野球界にも・・・

将来有望な若者が無理解な周囲の大人達の思惑に翻弄されるのは、花巻東の菊池雄星君がメジャー断念して涙の会見に至った経緯に似たものを感じます。

バカが搾取されるのは「仕方がない」事

>地域枠ということで採用されたのですが、実際に地域に行った人間はいませんでした。

違約金払っておん出た、って事ですか?…まあそもそも公序良俗に反する契約で無効そうですがw。
>さらに「あいつは へきち枠だから バカ」とか言われそう。
自分の将来を適切に予測できない奴はバカ呼ばわりされて当然と思いまーす。

>「命はまかせられねー医師」になっていたかも。で、 ここで色々言ってたかも(爆)

んん~ボクの事かな?フフフフ。

NoTitle

法に詳しい方にお教え願いたいのですが、「ふるさと枠」の卒業生は県内の公的な医療機関に9年間勤めることが義務づけられると言いますが、これにはどれくらいの法的拘束力があるのでしょうか?例えば卒後に当該県を脱出して他県でこっそり就職したとき、広島大学にはそこの病院長にこの契約を盾に圧力をかけたり、当人を強制的に引き戻す権利、違約金を強制徴収する権利などが生じるのでしょうか?

NoTitle

>制度や入試方式に対する理解が進まず

理解が進んだから志望者が減っただけ。
それでも2.3倍で、定員割れしないんだからいいじゃん。
つか、それだけ応募者がまだいたことだけでもすごいと思います。

卒業したら9年間自由なし。

既に過去になりつつあるの大学医局による人事のほうが、まだ個人の希望を聞いてくれたり、大学院や留学などの積極的な支援をしてくれた分、はるかによかったですねぇ。どこかの組織が目の敵にして潰しましたが。

行政による強制労働。しかも比較して給与の安い公立病院で。
おまけに研修も十分にできるかどうかわからない。

こんな条件で、よくも2.3倍も集まったと思います。

NoTitle

>制度や入試方式に対する理解が進まず

ヒント:田万由子
後期入試で東京大学文科III類に合格。


地域枠

うちの大学でも卒業後の義務などはないものの、地域枠が設けられ、県内出身者に大幅に下駄を履かす制度が出来ました。お世話になった研究室の教授曰くやはり学力的には…。それにもうすぐ1号生が世に出てくると思われますが、皆おらが県に残るとは思えませんね。

奴隷といっても本当の奴隷のように働くことを強制されるいわれはなく、9年間は身分保障されるし、適当に田舎で自堕落な9時17時生活を謳歌しようって向きにいはいいのかも…。

若い大事な研修期間を、大きな県立病院ならばまだしも、僻地の小さな公立病院で使うのは余りにもったいない気がします。
給料や定員数を配分して中堅どころが行きたくなるようにしないと。

何より馬鹿を医師にしたら、勉強ついて来れません

HN考え中様、

某掲示板より、
791 :卵の名無しさん:2009/12/07(月) 18:08:06 ID:ib4pdgMx0
みんな奨学金に手を付けずに貯金してるよ。
卒業と同時に一括返済するんだってさw

うちの息子もその予定ww
799 :卵の名無しさん:2009/12/07(月) 18:32:47 ID:k2DgjxET0
http://homepage2.nifty.com/urajijou/chokin/iroirohukuri2.html
月々15万 の場合 年利10%で6年後一括返済 元利合計15,27万6,908円
内訳 元金 10,80万円 利息 4,476,908

最初から一般枠で入学したと思ったとすれば
たった利息分447万で9年間拘束なんてありえんでしょうな。

ワロタ。こんなのみんな6年後一括で返すだろう。面接のときだけ嘘を言えばいいだけ。

800 :お増健さん ◆0ZOKENdh0E :2009/12/07(月) 18:34:12 ID:PNTH1nXw0
一生懸命でなくてもだらだら学生バイトすれだけで返せるねw

808 :卵の名無しさん:2009/12/07(月) 19:15:13 ID:UWb0wCP20
>>803
「借りない」という選択肢はあると思うよ

法的に問題になると思うから・・押し貸しwww
奨学金はあくまでも勉学に専念するための「インセンティヴ」
だからこそインセンティヴの取り逃げは許さないということで
返金を求めて縛るだけだから
無理やり貸し付けて金利で儲けることが許されると思う?(笑
志願当初は学費が困りそうだったからお願いをしたけど
親類にあたったら(ウソでもかまわん)何とかなったから借りませんで無問題でしょう

相手がごねるなら訴訟
合格取り消しまではありえない(というか裁判すれば負けない)と思うよ

>>805
借りないことでそれはおきない 進学するんだからね
おきるとすれば卒業後とっとと都会に逃げた場合
その場合はもう田舎にゃ用はないからいいんじゃね?

809 :卵の名無しさん:2009/12/07(月) 19:17:22 ID:fg5Hzdc80
>>807
臨床指定病院は僻地枠で入って奨学金払って逃げたような
人は採用しないと思うが。徳州会と民医連はわからんが。
厚生労働省や国や自治体などとの関係から。
810 :卵の名無しさん:2009/12/07(月) 19:36:25 ID:UWb0wCP20
>>809
蛇の道は~

いえることは廻状回すようなことをすると
かえって大事になるということだけだね(笑

811 :卵の名無しさん:2009/12/07(月) 19:39:44 ID:wSZu0Ouh0
>>809
人手不足を甘く見てるねw
公立でも私立でもどこだって引く手数多よw
いままで厚労省や国や自治体の思惑に付き合ってきたおかげで、ここまで背に腹は
替えられぬまでに崩壊してるということを知らんとはなんていうお花バ(ry

867 :卵の名無しさん:2009/12/08(火) 08:35:40 ID:Dp0zVUlq0
>>846
だから言ってるだろ
未成年時の憲法に保障されているような内容についての契約が
そのまま無制限に認められるようなことはありえない
「義務」だって
思い込まされているだけだよ

でなければ
『金』をもちだしてまで縛ろうとはしないだろw

NoTitle

  高校時代は、朝練・昼練・夕練とクラブ三昧、アホでした。 そんで一年浪人して、センター試験が約1割の得点アップ。 100点は上がらなかったなァ。 センターの100点、流石に、『センターは失敗したけど、二次試験がブレイクして補った』の範疇を超えている気がします。
  個人的経験から言えば、能力的な問題としては、必死コイで勉強してもその100点を埋められないのか、あるいは、余力を残している中で早く合格したかったのか、その違いでしょう。

若いうちは海外留学などで先端医療を学びたい、
⇒ 環境変化と挑戦に耐えられる時間は、人生の中でそれほど長くないと思います。 配偶者のこと、子供の教育環境、給料の問題、環境への適応、帰国後の生活、などなどクリアすべき問題は非常に多い。 『若いうちは学びたい』、ではなくて、若いうちでしかやりにくい(周囲のいろいろな課題に対して)というのが、本当のところでは? モチロン、年配で留学して実績を上げている方もいらっしゃるでしょうし、その方の努力と調整能力には、心底から敬服の一言です。

NoTitle

>何より馬鹿を医師にしたら、勉強ついて来れません

いや、意外といい臨床医になってるのがいますよ。
学生時代、かなりだと思ってたやつでも。

まあ、受験勉強の能力と、社会人としての勉強力はまたちょっと違いますからねぇ。

それでも夢を見る

地域枠の面接官として駆り出された先生とこの話がありました。
試験問題も簡単で、あとは面接で「高知の医療を助けたい」っていっていたけど大丈夫だろうか・・・って、
おれは「10年もかかった馬鹿な俺を2~3年ほど追跡調査すればわかるんじゃないか」って答えた。
本当に学力だけなのか、医学に入ればよくなるのか、臨床に出てよくなるのか、それとも馬鹿のままなのか・・・。

オレは8年かかったw

>いや、意外といい臨床医になってるのがいますよ。
学生時代、かなりだと思ってたやつでも。

そういう人って、「勉強」が嫌いなだけで頭は悪くないんじゃないかなあ。
…まあそのリクツだと、「へきち枠」なんぞ志望しちゃう奴は勉強が嫌いな上頭も悪いって事になるわけででで。
>試験問題も簡単で、あとは面接で「高知の医療を助けたい」っていっていたけど大丈夫だろうか・・・って、
>本当に学力だけなのか、医学に入ればよくなるのか、臨床に出てよくなるのか、それとも馬鹿のままなのか・・・。

…、あ、「ちゃんと高知に残ってくれるかなぁ?」ぢゃなくて、「ちゃんと医師になれるかなあ?」なんでつねw。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。