スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「漢方の保険外し 事業仕分けの危うさが見えた(12月7日付・読売社説)」






うーん、

>行政刷新会議による事業仕分けの結果に、医療関係者から怒りの声が上がっている


医療関係者が

怒っているのは

決して事業仕分けだけじゃなくて

マスコミに対してもなんですが。







あまりにあっけない仕分け結果に

唖然としてますが、

それを面白がって劇場型に

してしまっているマスコミも

あまりに腰が座ってないというか

視点がプアです。











漢方の保険外し 事業仕分けの危うさが見えた(12月7日付・読売社説)

2009年12月7日00時58分 読売新聞


http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20091206-OYT1T01058.htm


 行政刷新会議による事業仕分けの結果に、医療関係者から怒りの声が上がっている

 特に、漢方薬にかかわる医師や患者たち、新生児医療にたずさわる学会などの反発が強い。

 先の事業仕分けで、

漢方薬を保険適用から外し

NICU(新生児集中治療室)への支援を含む救急・周産期対策の補助金は削減

するという判定が出たためだ。

 日本東洋医学会など漢方関係団体は約27万人の反対署名を厚生労働省に提出した。日本未熟児新生児学会も抗議声明を出した。

 関係者の憤りは、仕分けの結論だけでなく、そこに至る手法にも向けられている。

 漢方薬が関係した仕分けは「後発品のある先発品などの薬価の見直し」という題で行われた。

 そこでの主題は、特許の切れた先発薬の値段を下げることで医療費の節減を図れというものだ。ところが予算を切りたい財務省からは、さらに複数の論点を提起した「説明シート」が配られた。

 その中に「類似薬が市販されている薬は保険適用外としてはどうか」との論点が示され、事例として「湿布薬、うがい薬、漢方薬など」と記されていた。

 議論の場で、漢方薬を保険外にすべしとの意見は出なかった。結局、わずか1時間の議論で出た結論は、財務省が示した論点通りに「見直し」。

さりげなく例示された漢方薬の記述を含め、丸ごと承認

された形になった。

 漢方薬の保険外しは財務省が長年にわたり主張してきた。国民注視の“仕分け劇場”を目眩(くら)ましのようにして、お墨付きを得たと言うのは筋が通らない。

 NICUに絡む補助金も同様である。「医師確保、救急・周産期対策の補助金」という題の仕分けに含まれ、

全体として予算要求の半額カット

を求められた。

 理由は、救急・周産期医療など大変な医療分野の支援は補助金ではなく、診療報酬の配分を抜本的に見直すことで対処すべきだ、というものだ。

 しかし、抜本的見直しは簡単ではない。NICUをはじめ、補助金の投入でようやく持ちこたえている医療現場は多い。

 補助金の細目を分析して緊急度を判断せず、まとめて半減せよ、と結論を出すのは乱暴だ。

 国民が身近で重要視している医療の問題は、血の通った議論が不可欠である。

今後の予算折衝では必要な措置はきちんと復活させる政治判断が求められる








特に読売さんは

憲法無視の医師の強制配置

とか

奴隷さながらの対策を提言しています(1)。

それもたった1年前に。


(1)より。

>〈提言のポイント〉

>若手医師を計画配置
産科、小児科の不足も解消

>安心医療にカネ惜しむな
社会保障費抑制一本やりを転換




ぜひ、いまもう一度

同じことを言ってほしいものです。





>安心医療にカネ惜しむな

ですよね。

よみうりさん。












(1)
■読売社説 日本の医師に自由はいらない(笑) 「医師を全国に計画配置、医療改革で読売新聞社提言」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-412.html

■読売新聞社説 ”医師の自由は改めるべき” ”医師を徴兵せよ” 「医療改革読売案 国民の不安を払拭する時だ 10月16日付・読売社説」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-414.html

(2)
産科医療のこれから
医師の計画配置は「憲法違反」 舛添厚労相インタビュー
http://obgy.typepad.jp/blog/2008/10/post-1341-67.html
関連記事

コメント

NoTitle

>国民が身近で重要視している医療の問題は、血の通った議論が不可欠である。

医師に対しては、血の通った議論なんて完全無視のくせに何言ってんだかw

NoTitle

役人のやり口は昔から一緒。ほとんどどうでもいいものの中に大事なものを隠して、さーっと議論をスルーさせる。
後で気がついても、「ちゃんと最初から挙げてますから」と知らんぷり。
彼らには、「文書がいつ発行・通達されたか」と文書の中の点丸で意図を操作して、誤解を生みだすことで利益を得ようとする手段が恒常化しています。
よくいう骨抜き法案、なんて点丸の芸術品と言っていい。

やっぱり出た

目指せ予算削減 『仕分け人』ゲーム 携帯配信
ttp://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2009121202000051.html
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。