スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「ワクチン接種後に死亡3例目…岐阜の70歳代男性」


マスコミのあおり報道。

これで世間が騒いだら、

今度はワクチンも打てなくなってしまいます。






新型インフルエンザでは、

アメリカでは半年で3000人以上の死者を出しているのに(2)、

日本ではまだトータルで50人台。



「本当に日本の医療はすごい」

「いや、医療現場だけすごい

ものすごい低価格で、ものすごい結果を出している」



最近、知り合いとちょっとそんな話をしました。


「それにつけても日本の報道はひどい」

「政治もね」



文化大革命至上主義者には

きっとそんなことも

理解できないのでしょうけど(1)。





1例目から3例目まで

まとめてみました。






ワクチン接種後に死亡3例目…岐阜の70歳代男性



2009年11月16日19時17分配信 読売新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091116-00001036-yom-soci

 厚生労働省は16日、新型インフルエンザワクチンを2日に接種した

岐阜県の70歳代男性

が、同日死亡したと発表した。死亡とワクチン接種の関連は不明。

 同省は今後、専門家による詳しい検討を行う。

ワクチン接種後の死亡は3例目

 男性は糖尿病高血圧心筋梗塞(こうそく)などの持病があり、入院中だった。2日午後3時15分頃にワクチンを接種、その約3時間半後に容体が急変し、死亡した。死因は心筋梗塞と診断され、主治医は「接種と明らかな関連があるとは言えないが、全く否定もできない」と報告している。 最終更新:11月16日19時17分




<新型インフル>ワクチン接種後2例目の死者 80代男性


2009年11月16日12時19分配信 毎日新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091116-00000040-mai-soci

 厚生労働省は16日、

長野県の80代男性

が、新型インフルエンザワクチン接種の4日後に死亡したと発表した。ワクチン接種後の死亡報告は2例目。男性は肺気腫の基礎疾患があり、主治医は「接種と死亡の因果関係は評価不能」と報告した。今後、専門家が精査し、ワクチンの安全性を改めて評価する。

 厚労省によると、男性は11日午後に接種した。13日午後から家族に「動くのが苦しい」と訴え、15日未明にトイレを済ませたところで転倒。意識はあり、家族がベッドに運んだが、同日朝に死亡していた。死因は呼吸不全という。男性は接種の2日前に頭痛があったが、主治医が検温や肺炎の検査をして、接種可能と判断していた。

 使われたワクチンは阪大微生物病研究会(大阪府吹田市)製で、同じ製品番号のワクチンは約13万7000本(約27万回分)が出荷済み。15日までの副作用報告は入院相当1件を含む19件で、報告頻度は他製品と同程度という。【清水健二】








新型ワクチン、接種後初の死亡も「関連なし」―厚労省


2009年11月13日19時30分配信 医療介護CBニュース

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091113-00000011-cbn-soci

 厚生労働省は11月13日、70歳代の男性が新型インフルエンザワクチンの接種後に死亡したと発表した。受託医療機関からの死亡報告は初めてという。厚労省では「持病である慢性呼吸不全の悪化による死亡で、ワクチン接種との関連はない」としているが、念のため因果関係の評価を速やかに行う方針だ。

 厚労省によると、死亡したのは富山県の70歳代の男性で、肺気腫による慢性呼吸不全のためクリニックに通院していた。男性は11日昼に主治医から新型ワクチンを接種され、その後特に変わった様子はなかったが、12日夜に死亡しているのを家族が発見した。その後、主治医と警察の検視で、急性呼吸不全による死亡と診断された。

 厚労省の担当者は、男性が接種されたワクチンは、推計でこれまでに約48万人に接種したが、副反応報告の頻度は他のワクチンとほぼ同じと説明。男性の持病が重症だったことからも、主治医の報告と同様、「もともとの病気が原因の死亡で、ワクチンとの関連はない」としている。
 ただ、基礎疾患を有する人に対するワクチン接種が既に始まっており、今後は基礎疾患による病状や死亡も含めて報告されるため、厚労省は念のため、この事例の因果関係やワクチン接種の安全性の評価を行い、情報提供するとしている。







日本以外では大量に死者が出ている

新型インフルエンザ。

”何人目の死亡者です!”

とか、マスコミは報道しますが、

”アメリカでは半年で3900人死亡ですが、なにか”

とツッコミたくなります。




新型インフルエンザワクチン、

なにかあったら責任は医師がとるのですか?

というどぎつい質問を載せ続けている

厚労省(3)も

現場にレモン大の10mlワクチン爆弾やら

現場責任やらすべてを丸投げしております。






新型インフルエンザにおいて、

日本がどれほど”楽園”状態なのか

きっと日本人はわかっていないでしょう。





マスコミが悪い方向へあおると

また”悪のワクチン説”が

出てくるに違いありません。







マスコミの方々、

とくに以前、MMRをインフルエンザワクチンを

滅ぼした世代のマスコミの人には

ワクチン打ってほしくないです、

正直。





最後に、

救急科専門医の独り言(4)の

コメントから引用させていただきます。




”ワクチンはアントニオ猪木で臨みましょう。

『迷わず打てよ、打てばわかるさ!』

















(1)

■開業つれづれ:”政治の文化大革命が始まった”「毎日フォーラム:民主政権の課題と自民再生への展望」 やっぱこれ、文化大革命だったんだ

http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1176.html


(2)

半年で3900人死亡、2200万人感染=新型インフル、若者に広がり-米


時事ドットコム 2009/11/13-08:45
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200911/2009111300140&rel=y&g=int

 【ワシントン時事】米疾病対策センター(CDC)は12日、今年4月から10月17日までの約半年間で、新型インフルエンザによる米国内の死者は約3900人(推定値)、感染者は2200万人(同)に上ると発表した。
 年齢別の死者数は18~64歳が2920人と最多で、次いで18歳未満540人、65歳以上が440人となっている。
 CDCによると、例年季節性インフルエンザで年間約3万6000人が死亡しているが、うち9割が65歳以上で、新型インフルエンザによる死者が若い世代に広がっていることがうかがえる。
 また、新型インフルエンザの感染者は18歳未満が800万人、18~64歳が1200万人、65歳以上は200万人となっている。9万8000人が入院した。



(3)

厚生労働省
新型インフルエンザワクチンQ&A

6. ワクチン接種事業について(流通、購入、値段、接種場所等)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/02-07.html#toi065

(問5)重篤な副反応が生じた場合、医師が責任をとるのですか?

今回の新型インフルエンザワクチン接種に伴い、予防接種を受けた方に健康被害が発生した場合の救済については、現行の予防接種法に基づく季節性インフルエンザの定期接種に関する措置を踏まえて必要な救済措置を講じることができるよう検討を行い、速やかに立法措置を講じることができるよう準備を進められているところです。

なお、今回の新型インフルエンザワクチン接種は、国が主体となり実施するものですので、ワクチンの接種によって、被接種者の生命又は身体に損害が生じたときは、国家賠償法の範囲内で、国が賠償責任を負うこととなります。


(4)
救急科専門医の独り言
インフルエンザワクチンは何故足らないのでしょうか?
http://kekimura.blog.so-net.ne.jp/2009-11-03-1





関連記事

コメント

ブログの紹介ありがとうございます

私のブログに訪問ありがとうございます。

アメリカではそんなに亡くなっているんですね。知りませんでした。そういう事も報道して欲しいですね!!

これからもご指導よろしくお願いいたします。

NoTitle

いやあ、やっぱりワクチンって怖いですね。
普通に健康にしてるんならワクチンなんかに頼らず、日常生活に注意して、それでもインフルエンザに罹ったら、ちゃんと治療してもらって、その方が怖いワクチンを打つよりいいんですね。




…ってなったらもうちょっとワクチン狂想曲、落ち着くかなぁ(笑)
あ、もちろん私はワクチン積極推進派小児科医(大阪)です。
そのせいでえらい目に会ってますが(爆)
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。