スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「希望者4人に1人、受けられない?…季節性ワクチン」



どこまで続くか

ワクチン狂想曲。

季節性ワクチンも

大幅品薄です。





”昨年実績の8割確保”

というのが各メーカー

内々のお達しのようです。







希望者4人に1人、受けられない?…季節性ワクチン

2009年11月5日16時5分配信 読売新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091105-00000786-yom-sci

 季節性インフルエンザワクチンの接種を希望する人が昨年より2割多く、医療機関の9割近くがワクチン不足に陥っていることが、全国の内科医へのアンケートで明らかになった。

 希望者の4人に1人は接種を受けられない可能性

があるという。アンケートは医療情報などのホームページを運営するキューライフ社が10月20~23日に実施し、全国の病院・診療所の内科医300人から回答を得た。

 「接種希望者が昨年より増えている」とした医療機関は57%。そのうち「昨年比50%以上の増加」は22%に上った。増加率を計算すると、医療機関あたりの接種者数は平均で昨年比19%増となった。一方、

86%の医療機関がワクチン必要量を確保できない

とし、現在の確保量が「必要分の50%以下」との回答も17%になった。 最終更新:11月5日16時5分





うちも季節性インフルエンザの

お問い合わせが多くて、

難渋しております。




とてもじゃないですが、

今年は昨年開業のクリニックまでには

十分量のワクチンが回ってきません。




このような接種状況では

今年は季節性インフルも

猛威をふるう可能性がありす。






毎年皆さん、このぐらい

ワクチンに理解があるといいのですが。

のど元過ぎたら

またワクチン打たなくなるんでしょう。




逆に、ワクチン行政としたら

これは最高のチャンスです。




いままで”はしか(麻疹)の輸出国”

としてワクチン発展途上国として

地に落ちていた日本のワクチン行政が、

「ワクチンって大事なんです(マスコミで騒ぐより)!!」

という国際的には当たり前のことを

大きく宣伝するチャンスです。




…まあ、あまり期待はしてませんが。




















関連記事

コメント

ガラガラ

2週間ほど前でしょうか、私がワクチン接種に伺った内科医院はガラガラであっという間に接種が終わりました。
そんなに不足しているんですかね。
ここ数年接種していますが、昨年の方が受けに来ている人が多かったような。

別の地にすむ親は、証明書を持ってきてくれといわれたり、ほかの病院を紹介さて出向いても打てなかったりと地域間で差がありそうですね。

PK-513買いました。切れ味よすぎて余分なものまで裁断してしまいそうです。

季節性ワクチンも不足

中間管理職様より若干早く開業しているから知っているのですが、今年でなくとも毎年のように

 「ワクチン購入量は前年度並みに」

こういうお達しが回ってきていました。そうは言われても新規開業なら前年度実績がゼロですし、2年目、3年目であれば当然増えなければなりませんから、困ったものです。

それと、これも毎年の事ですが、予約も終わった頃に、

 「ワクチン購入は必要量だけ最小限に」

これも回ってきますが、これを正直に守っていたら欲しい時にはワクチンは手に入りません。中途半端な書類上の統制だけが毎年飛び交うのがインフルエンザワクチンです。

NoTitle

インフルエンザワクチン、毎年終わってみれば大量の返品が…というのはよく聞く話で、一方で、うちは希望したほど来なかったというところもあり、そのバラツキを防ぐために「必要量だけ最小限に」という通達(強制力はない)をせざるを得ないんですよ。

まあ、内科なんかだったら接種手技は看護師に任せて、数をこなすこともできますが、小児科は分業システムをどうするか次第でだいぶこなせる数が変わってきます。
入荷量千本なんてとこも開業医レベルでありますから、結構毎年確保は大変ですよ。

新潟の教授

いろんな意味で有名な免疫学の教授様が週刊朝○で「新型インフルエンザワクチンはうってはいけない」とおしゃっておられます。季節性インフルより弱毒で死亡率も大変低いので、かえって有害なだけなんだそうですわ。

インフルエンザパニック?

私は新潟の教授さまに同感です。
交通事故に較べたら死亡件数が
桁違いに少ないインフルエンザに
なんでそんなに敏感になるんでしょうか。
人生なんか不条理の連続ですわよ。
お医者様も治療で大忙しのようですから
もう少し受診を自粛なさったら
いかがでしょうか。

ワクチン不足の情報は、
「早く打たなきゃなくなるよ!!」って
煽ってるわけじゃあないですよね。




納得してくれてればいいんですが

予防接種受けずに罹患し、治療も受けようとせず、重症化して死亡もしくは後遺障害が残っても、本人も親族もマスコミも「これが定めじゃ」と達観してくれてれば、ね。

単純な疑問ですが

新型インフルエンザの場合。ワクチンを摂取した集団と摂取しなかった集団を比較して、死亡数とか後遺症の数で、有意の差が出るのか統計的な数字は存在するのでしょうか。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。