スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「7日オープン 発熱外来公開」 発熱外来、でも中学生以下は診ないよ



土日限定、

しかも

高校生以上を診る発熱外来、



…って意味あるのでしょうか?




なにか秋田では

スベるネタが出てきております。









7日オープン 発熱外来公開


2009年11月5日 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/akita/news/20091105-OYT8T00057.htm

 秋田市は4日、今月7日に同市八橋南1の市保健センター内にオープンする

「市発熱外来センター」

を報道関係者に公開した。

 センターは新型インフルエンザの拡大に伴い、救急医療機関の負担軽減を目的に

高校生以上の患者を対象に土日祝日に開設

する。

 センターでは玄関で番号札を配布。元の施設のキッズルームや相談室を診察室などとして利用する。患者同士の濃厚接触を避けるため、待合室のイスは2メートル間隔とするなどした。

 診察は市医師会に所属する開業医約70人が交代で行う。時間は土曜日が午後2時半~午後5時半、午後7時半~午後10時半、日祝日は、土曜日と同じ時間帯に加え、午前9時半~午後零時半。事前の電話連絡は不要だが、マスクは要着用。

 平日夜間の診療を行わないことや対象を限定していることに救急医療機関からは不満の声も上がっている

が、市保健所の福井亨保健総務課長は「状況に応じてできる範囲で対応していきたい」と理解を求めた。

 問い合わせは市発熱外来センター(7日~。018・862・7800)。






なんでこう、

秋田は無駄な努力を惜しまないんでしょう?

しょうがないですね。











関連記事

コメント

NoTitle

 存在感のない院内マイナー科から、急に最前線へと押し出されて存在感の増してきた小児科(医)です。
 電子カルテなもんで、指関節と肘関節が腱鞘炎にでもなったのか、痛くて痛くて。

それはともかく

>なんでこう、

>秋田は無駄な努力を惜しまないんでしょう?

 ロイエンタール閣下ならば、
 「あらゆる布石に 努力を惜しまぬ、 としておこう」
 というところでしょうか。

 つまり、何の効果もない単なるポーズなのでしょう。

NoTitle

 ロイエンタール閣下ならば、
 「あらゆる布石に 努力を惜しまぬ、 としておこう」
⇒ その前のセリフは
 『つまり、嫌がらせですか?』
  確か、そんな感じだったハズ(笑)

NoTitle

ロイエンタール閣下ばりのアイロニーをちゃんと理解して受け止めるヤン・ウェンリーのような存在がマスコミにいないからなぁ。

インフルエンザに対する救急医療体制は夜間の小児をレスキューするのが一番大事なのだと私は理解してましたが、秋田は違うんですね。
要するに、都合がいいときに使える外来を作りました、と。
ところで、受診患者にどう説明するんでしょう。
発熱に気がついて即受診、インフルエンザを疑い検査>早すぎて陰性の時。あるいはまだ早いと検査もせずに帰すのか。
その辺の扱いは時間外だと大変ですよ。
まあ、こういったところが無定見に検査キットを大量に取り込むおかげで一般開業医にほとんど回ってこなくなってるんですが。
そのうち、「検査キットがないので、検査を希望されるなら急病センターに行ってください」と言わざるを得なくなるかもしれません。
そうなると、発熱外来の存在意義もアップするのかもしれませんね。「発熱インフルエンザ検査外来」という形で。

ちなみに、わたしはキーボード操作に20年以上慣れ親しんできたせいか、既にペンを持った方が手が痛くなります(^_^;)
でも、キーボードのクオリティも大事ですよ。

NoTitle

「地獄への道は善意で敷き詰められている」

ということで。

もしかして

この「土日限定高校生以上を診る発熱外来」には小児科開業医も徴兵されるのでしょうか?未だ定点医療機関平均で患者発生数20人弱のど田舎ですが、発熱患者・流行り始めた胃腸炎・季節性ワクチン接種・マスゴミに煽られた新型ワクチンの問い合わせで体力がついていかないんですけど・・・。手伝わなくていいから、せめて邪魔すんな!俺ならこう言うね。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。