スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「インフル脳症が既に50例、7歳が最多-感染研」 やはり出ていた”新型インフル脳症”


50例ものインフルエンザ脳症が報告され、

そのうち新型インフルが48例。



詳細報告の20例のうち

死亡例が1例と

極めて良好な治療率を誇っています

(通常、インフルエンザ脳症の死亡率は10-30%と言われています)。









インフル脳症が既に50例、7歳が最多-感染研



更新:2009/10/27 21:23   キャリアブレイン

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/24951.html




 国立感染症研究所感染症情報センターに報告された

インフルエンザ脳症患者数

が、今年第28-41週(7月6日-10月11日)の

14週間で50例

に上ることが分かった。10月26日に同センターで開かれた勉強会で、安井良則主任研究官が述べた。

このうち48例が、新型インフルエンザウイルスによる脳症として報告

されているという。



 脳症患者の報告は16都道府県からあった。年齢別に見ると、7歳が10例で最も多く、中央値は8歳(1-43歳)だった=グラフ=。

 安井研究官によると、同センターに報告されるインフルエンザ脳症患者数は、1シーズンに50例ほど。例年の季節性インフルエンザの流行のピーク時より比較的患者数が少ない現段階で、既に50例に達している。ただ、新型インフルエンザへの関心の高まりで報告数が増えた可能性もあるという。

■新型による脳症、8割が軽快

 また安井研究官は同日、同センターが実施したインフルエンザ脳症患者の臨床像についての調査結果を報告した。調査は、新型インフルエンザの重要な臨床像の一つである脳症について、情報を明らかすることが目的で、第28週以降にA型インフルエンザウイルスによる脳症として報告された患者が対象。勉強会では、10月16日までに回答があった新型インフルエンザウイルスによる脳症20例の臨床像が紹介された。
 それによると、

20例のうち基礎疾患や既往歴があったのは11例で、

熱性けいれんが6例、気管支喘息が5例。



 症状では、全例に意識障害があり、発熱した

その日のうちに意識障害が出たのが4例で、

翌日に出たのが11例、2日後が4例


だったが、8日後との回答も1例あった。また、12例で気管支炎や肺炎、低Na血症、多臓器不全といった脳症以外の合併症があった。治療では、抗ウイルス薬が全例に投与されていたほか、ステロイドパルス療法、γグロブリン療法、脳低体温療法がそれぞれ16例、5例、3例で行われていた。
 転帰の回答が得られたのは19例で、このうち治癒・軽快したのは15例。後遺症が残ったのは3例で、

死亡例は1例だった。

 安井研究官は「多くの症例で、インフルエンザ発症後早期に脳症の症状が発現している」と指摘。また、抗ウイルス薬やステロイドパルス療法などによる治療で約8割が軽快しているが、後遺症が残った例や死亡例もあるとし、「引き続き注意深く対応していく必要がある」とした。

脳症患者の臨床像の詳細は同センターのホームページで
http://idsc.nih.go.jp/idwr/kanja/idwr/idwr2009/idwr2009-41.pdf








まあ、マスコミも

”インフルエンザ脳症で死亡!”

とか言うんでしょうけど、

アメリカではバタバタと

1000人単位で死者が出ていますが

日本ではまだ数十人レヴェルです(1)。






しかし、

これほどまでの

日本医療のレヴェルの高さは

全くと言っていいほど無視されてます。




陰鬱な雰囲気さえ漂う

日本のインフルエンザ報道。



しかし、

新型インフルエンザ医療においては

実は日本は”嵐の中の楽園”のような状況に

今おかれているのです。






何時間か待てばその日のうちに

医療機関、さらには小児科を含む専門医にすら

アクセスでき、

すぐにタミフル、リレンザが用意され、

海外からもインフルエンザワクチンを輸入し、

万が一、重症化しても

徹底した全身管理で死亡率は極端に低い。





全然わかってないです、

日本のマスコミさんは。

どれほど恵まれた医療を受けているか。




医療政策(特に感染症対策)が

どれだけ貧しく、

それにもかかわらず

これほどまでの成績を残しているのは

日本の医療現場の努力にほかなりません。





まるでメーテルリンクの”青い鳥”

のように

すぐそこにある幸福を

日本人自身が

自覚できないだけです。





マスコミという不幸をまき散らす

装置のせいで。















(1)

新型インフルの死者1000人超に=米

時事ドットコム 2009/10/24-08:27

http://www.jiji.com/jc/zc?k=200910/2009102400084&rel=j&g=int

 【ワシントン時事】米疾病対策センター(CDC)のフリーデン所長は23日、米国内の新型インフルエンザによる

死者は1000人を突破

したと発表した。
 同所長によると、感染者は既に数百万人に上り、これまでに2万人以上が入院。感染拡大が懸念される中、新型インフルエンザのワクチン供給が遅れ、米国内で混乱を招いている。(2009/10/24-08:27)












関連記事

コメント

NoTitle

マスゴミの皆様が羨んでやまないアメリカでは、インフルエンザで日本の10倍の入院患者(人口当たり)、20倍の死亡者が出ています。

それは間違いなく「現場の献身的努力」であり、「官僚が取った対策が正しかった」わけではありません。

はっきり言って、この新型インフルエンザに対して、厚労省は間違ったことばかりやっています。それを現場がなんとか融通を利かせて、世界でも例をみない程度のレベルの医療を提供しています。
この騒ぎが鎮静したとき、マスコミがどう総括するのか、いまからwktkです。

まおパパ

「我々の啓蒙と厚労省の施策が効果を発揮した!」

とだけ書くに決まってるじゃないですか。

「・・・500億でよかろう・・・。」と国に無心する連中ですよ?

そして、マスコミがそう書くからそうなんだろうと思い込む大衆がまだ大半を占める現状からは・・・。(泣)

すみませんでした!

タイトルと名前が入れ替わってしまいました

同じ事の繰り返し

日本人が、死というものから目をそらせ続けたということでしょう。たった一人であっても死者が出たら大騒ぎ。何しろ日本では、命は地球よりも重いそうですからww。責任の所在を探しまくり、それが公の物であれば鬼の首を取ったも同然。被害者の名の下に祭りあげて、水戸黄門の御印籠にする。でも、もう飽きましたww

NoTitle

確かに日本の医療レベルはすばらしいです。
当たり前になると、そのありがたみを忘れてしまいます。

NoTitle

何も言えなくて 崩壊

スゴイ医療していたんだね。 知らなかったヨ
日本に今まで在ったなんて、信じられないのさ。
コンナに素敵な皆保が 俺達 診ててくれたなんて
どんな人でも かかれると
そう言っててくれたのに

無理解が いつか
国民をまた 医療なかった
あの日のように 導くのなら

水の様に、空気のように、意味を忘れずに。
(安価で在って)当たり前の、医療(献身、サービス)など無いと、心に刻もう。
短い栄光の 終わりを告げる、崩壊の音しか聞こえない。
もうこれ以上、やってられないよ。
背中にそっと、さよなら。 (泣)

NoTitle

中間管理職先生、失礼ですがこのところ被害的かつ他罰的言辞が多くなってきてます。お気づきでしょうか。お気持ちは分からないではないですが、行き過ぎると聞き苦しいです(なら見るなといわれそうですが、アフェリエイトでの先生の小銭稼ぎには貢献してますのでご容赦を)。

そうかな?

被害的かつ他罰的言辞≫

中間管理職先生は、まだまだ、あまっちょろいほうですぜ。
私なんかそんなこと、な~んにも感じませんもん!

NoTitle

まあ、事実として死者数や状況を伝えてくれる報道は必要ですよ。

ただ、皆さんががんばられて死亡者数が低レベルに押さえられているからといって
「たった一人しか死んでいません! なんとすばらしい医療体制だ!!」って報道はできませんよね・・・。

非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。