スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「ワクチン1回化は「科学の仮面かぶったデタラメ」」まさに”捨て医師” 医療関係者は実験材料


いつも良質な内容の

ぐり研ブログ

から引用させていただきました(1)。

大変お世話になっております。







やっぱり医療関係者だけが

接取1回で、

まったく根拠はないようです。








新型ワクチン1回接種、当面は医療従事者限定

2009年10月19日23時48分 読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20091019-OYT1T01225.htm



 厚生労働省の足立信也政務官は19日夜、新型インフルエンザ用ワクチンの接種回数について、

原則1回にするとした方針は拙速

だったとして、専門家との意見交換会で再検討した。


 その結果、優先接種対象者のうち

1回接種とするのは当面、医療従事者に限る

とする案で合意した。20日に政務三役で正式決定するとしている。

 国産ワクチンを20代から50代の健康な成人200人に実施した臨床試験の結果では、1回の接種で有効性が確認された。海外でも1回接種で十分とする知見が相次いで出されているため、16日に開かれた先の意見交換会では、13歳以上は原則1回接種とする意見で合意していた。

 しかし、この結論に足立政務官が難色を示したため、今回は別の専門家からも意見を聞き、健康な成人以外の1回接種は科学的根拠に乏しいとの結論に至った。妊婦や基礎疾患(持病)のある人たちが1回接種のみで免疫がつくかどうかについては、「まだ結論づけることはできない」との意見が相次いだ。

 「小規模でも妊婦や基礎疾患のある人を対象にした臨床試験も実施すべきだ」とする意見も大勢を占めたため、足立政務官は政務三役で改めて具体策を詰めるとしている。






【新型インフル】突然の政務官介入…ワクチン接種回数めぐり二転三転


産経ニュース 2009.10.20 21:56

http://sankei.jp.msn.com/life/body/091020/bdy0910202156008-n1.htm

 新型インフルエンザのワクチン接種回数をめぐり二転三転した厚生労働省の方針がようやく決まった。厚労省は1回接種の方針を公表する予定だったが、足立信也厚労政務官が異論を唱え、議論をやり直した。民主党が進める「政治主導」を示した格好だが、患者が急増する中、自治体や接種を控えた妊婦らからは「早く国の方針を示して」との声が挙がっている。

 厚労省が16日に開いた専門家会議では、20~50代の健康な成人約200人を対象とした臨床試験の結果を受け、妊婦や持病のある人も含め「13歳以上は原則1回」とすることで合意。

厚労省は1回接種にかじを切ろうとしていた。

 ところが、ワクチン接種が始まった19日、足立政務官が突然、不快感をあらわに。医師経験のある足立政務官は「科学者の端くれとしては、今回の試験ではとてもそこまで(1回接種で十分)とはいえない」として同日夜に急遽(きゅうきょ)、新たな専門家を加えた会議を招集し、軌道を修正を図った。厚労省幹部は「脱官僚を掲げる民主党としては、医系技官と一部の専門家で決めた内容が気に入らなかったのだろう」と語り、別の幹部も「(1回接種に)異論があっても、なぜ接種開始当日なのか…」と困惑した。


 国の方針が二転三転し、悲鳴を挙げているのは患者からの問い合わせを受ける自治体や医療機関だ。

 東京都大田区の診療所「川田医院」の川田彰得院長は「ワクチン接種を待つ患者が多い中、早く予約を受け付けてあげたいのに、スケジュールが立てられない」と嘆く。第一子を妊娠中の東京都品川区の主婦、小島友美さん(30)は「コロコロと方針が変わるたびに不安を感じる。ワクチンは本当に大丈夫なのでしょうか」と疑問を呈している。(蕎麦谷里志)





と、マスコミ主導で

接種1回に方向が向きそうでしたが

実際はこんな内容だったようです。







新型インフル ワクチン1回化は「科学の仮面かぶったデタラメ」



ロハスメディカル 川口恭 (2009年10月17日 19:04)
http://lohasmedical.jp/news/2009/10/17190448.php

 新型インフルエンザに関する厚生労働省の専門家会議で16日唐突に「13歳以上のワクチン接種は1回でよい」との合意がなされたことに対して、17日世田谷区医師会内科医会が開いた講演会の中で「

専門家ならしない非科学的な判断

を、専門家を名乗る素人が行なっている。それを

御用メディアが垂れ流し、皆で拝んでいる。

この国は危険だ

」と激しく批判する声が上がった。(川口恭)

 今日の新聞各紙とも1回打ちが厚生労働省の方針として決まるかのように報じられている。話を分かりやすくするために代表的な例として産経新聞の記事を引用する。


【新型インフル】国産ワクチン「1回接種」へ、4000万人分に広がる 2009.10.17 02:00
 新型インフルの国産ワクチンの接種回数について、厚生労働省の専門家会議は16日、免疫が上がりにくいとされる「1歳から13歳未満の小児」以外は原則1回接種とすることで合意した。厚労省の調査で、「1回接種でも効果がある」とする結果が出たため。来週にも1回接種の方針が正式決定する見通し。
 2回接種を想定した場合の2700万人分から大幅に増加し、4000万人分の国産ワクチンが確保されることになる。接種可能人数が増えることで、接種のスケジュールが全体的に前倒しになるほか、輸入ワクチン(4960万人分)が使われる予定だった高校生や高齢者にも国産ワクチンが使われる。
 また、輸入品の接種効果も調査中で、こちらも1回で効果が確認されれば、国内生産分と合わせ全国民にワクチンが行きわたる計算となる。
 厚労省は、海外で「1回接種で効果が得られる」との報告が相次いだことから、9月に20~50歳代の健康な男女194人を対象に調査。接種の3週間後に効果を調べたところ、1回分のワクチン量を打った96人のうち75人(78%)で効果があった。2回分の量を打った98人では86人(88%)に効果が確認された。
 新型と同じH1N1型である季節性Aソ連型に過去に感染した際に、新型に対しても基礎的な免疫を得ている可能性が指摘されている。
 専門家会議は、免疫が極端に下がる白血病やがん患者などには「2回接種も可能」とする見解を出した。


 が、実は政務三役はまだ了承していない。特に筑波大医学部助教授から政治家に転進した足立信也政務官は、専門家会議の議論の過程を知り

「科学者の端くれとして断じて許せない」と激怒

した模様だ。

 専門家会議の今回の議論のデタラメさについて、世田谷区医師会講演会に登場した上昌弘・東大医科研特任准教授は次のように解説した。

 「議論の判断材料になった臨床試験のデザインは非劣性試験といって、標準治療が存在する時に、効果は劣る代わりに別のメリットがあるような治療法をテストし、劣る効果と得られるメリットとを比較検討するためのもの。今回の場合、標準治療は2回打ち、効果は抗体価の上昇、メリットは接種人数が増えること、になる。だから、試験結果の正しい読み方は、2回打ちに比べて1回打ちは抗体価の上昇が10ポイントほど低いけれど、それを容認してでも接種人数を増やすべきか、ということになる。こんなのは学生でも半年ぐらい勉強すれば分かること。

なぜこんな簡単なことを間違えるかと言えば、

専門家会議と言いながらメンバーは素人だからだ


 さらに「百歩譲ってメリットが上回ることを認めたとしても、

20歳以上の人を対象にした試験で、

なぜ13歳以上まで適用を広げられるのか。

科学的には言えるはずがない。特に今回は中高生の罹患も重症化事例も多いことが知られていて、成人と様相が明らかに異なる。臨床試験の勉強をした人なら絶対にしないような合意をしてしまっている。この国は危険だ。素人が判断して、それを皆で拝んでいる」と述べた。

 同じく講演会で講師を務めた森澤雄司・自治医大感染制御部部長も「

そもそも抗体価が上昇するからといって、ワクチンに効果があるとは限らない。

また、海外のワクチンが1回で効果があると言っても、それと国産ワクチンとは全く別物。それぞれ独立に判断しなければならない。

前提条件を3重にも4重にも間違えている。

以前は確信犯的にやっていると思っていたのだけれど、

最近は本当に知らないんじゃないかと思うようになった

」と、講演会終了後の取材に対して語った。






こんな感じで、

まともな研究の評価をしている人は

一握りで、正論を言えば

「政治主導」といわれ、

結局、医療関係者への

人体実験(1回接種)は続くようです。











(1)
ぐり研ブログ
新型インフルエンザ 予防接種を巡っても混乱は続く
http://gurikenblog.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-5450.html


関連記事

コメント

混乱は続くよ どこまでも~~

 ためになる情報をいつもありがとうございます。

 最近、患者さんから新型インフルエンザのワクチンに関して訊かれると、このブログをはじめとして各所で仕入れたネタで、ぼやき・愚痴りまくっています。
 おかげさまで患者さんからの質問が減り、診療ははかどっています。

NoTitle

奴隷には1回接種でも贅沢だと思ってるんでしょ?

倒れられたら困る医療従事者だからこそ、最優先に入り、最優先である以上1%でも効果が高くなる手段を取らなければいけないはずです。
それが、最優先にはするが、効果はやや劣る1回だけで、って、その時点で論理矛盾があることをあえて無視しているこの態度はやはりちょっと許しがたいかもしれません。

代弁してやるよ、パート2

WHOで、医療従事者が優先と決められたから、
とりあえず、一回だけでも打っとけよと。

一回では効果薄く、二回なら効果あるといった、
理屈はどうでもいいんだよ。

WHOでの決定があったから、
形だけでも医療従事者に打たせないとまずい雰囲気なんでね。

本来、優先順位の奴隷の身分なんだから、
一回でも打たせてもらえるだけ幸せと思え。

本来なら、最初に輸入ワクチンを打たせて、
様子見たいんだがな。


こんなとことでしょうか、お役人さまの本音は。

あ、図星すぎましたか?

政務官GJ

週刊朝日に記事が出ていました。どうやら製薬メーカーの思惑もあったみたいです。介入という書き方は不穏当ですが、今回は本省の方針に待ったをかけた医師出身の政務官GJというところでしょうか。

マルタ?

今度は前線の兵士を使っての
人体実験ですか。
情報収集の不備と兵站軽視は
日本軍の伝統でありますなあ。

日本に真の意味で臨床感染症学の専門家はごくわずかです。
[注、微生物学とは違います、基礎と臨床は違います]
日本の医学部が、臨床感染症を軽視して、それの講座はほとんど皆無でした。
今は海外で研修した若い人が専門医を取り戻って現場で働いていて少しずつ現場はレベルアップしています。
日本では、年寄りのえらい人「我こそは専門」はみんな目くそ鼻くそを笑うレベルです。

NoTitle

新型に対するワクチンに関しては未知数な部分が多いので接種を断りました。
(まあ、子供2人から感染していらなくなった、というのもあったのですが。

NoTitle

希望者全員に1回分のワクチンを用意できない状況で、
2回接種なんて言い出したって事は、
1回接種時の予防効果は2回接種時の半分以下って事?
それをメディアを介して大々的に告知したわけですか?
接種開始に合わせたかのようなタイミングで。
あらゆる面でまずいでしょう。

別に捨て医師という訳ではなさそうですよ

11月11日のニュースより

1回と2回とで得られる免疫がほとんど変わらないとの臨床試験結果から、専門家らが1回接種で十分とする見解をまとめた
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。