スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「事業税優遇廃止案が浮上=開業医の診療報酬-来年度税制改正、政府・与党」

ネタ元は

demianさん、

http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1129.html#comment8283

です。いつも大変お世話になっております。








開業医の息の根が止まります。



3割の開業医が赤字の中、

300-400万円の

機械を自腹で購入して

なんの意味もないオンライン化をして

さらに事業税まで付加されるとなれば、

大量の廃業者、病院閉鎖が出ることでしょう。




国は開業医をつぶしたいのかな?










事業税優遇廃止案が浮上=開業医の診療報酬-来年度税制改正、政府・与党

時事ドットコム 2009/10/19-19:17
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2009101900764


 2010年度税制改正をめぐり、

開業医の報酬に対する個人事業税(地方税)の非課税措置を廃止する案

が政府・与党内に浮上してきた。政府税制調査会(会長・藤井裕久財務相)は租税特別措置などの優遇税制をゼロベースで見直す方針を掲げており、年末の税制改正の焦点の一つとなりそうだ。ただ、同措置の存続を求める日本医師会(日医)などの反発は必至で、来年の参院選を控え与党内から異論が噴出することも予想される。
 治療の対価として医療保険から医療機関などに支払われる診療報酬は、税制面で各種の優遇を受けており、個人事業主の所得の3~5%を課税する事業税の非課税措置もその一つ。制度創設以来、開業医の事業所得に当たる診療報酬は非課税扱いが続き、50年以上、手付かずの状態となっている。
 同措置については有識者らによる旧政府税調が課税の公平性の観点から速やかな撤廃を求めるなど、自民、公明両党による前政権下でも見直しを求める声が強かったが、日医を有力な支持基盤としていた自民党内の反発で見送られてきた。






それなら

診療報酬にもぜひ

消費税分を加味してもらいたいものです。


診療報酬として

5%の消費税を出さずに

3-5%の税金を出せというのはどんなものでしょう?



ぜひ

”ゼロベース”で考えてください。




診療報酬における

医療機関の消費税損税問題も

あわせて考えてみてください。



個人の医療機関だけが

火ダルマになっていくのが

目に浮かぶようです。








関連記事

コメント

NoTitle

たぶんこんな論議をしている人たちは、医療費が消費税非課税なのをご存じないのでしょうね。
医療材料や医療機器、薬などの仕入れには課税されてるけど。
また、自由診療分は消費税がかかります。

もともとは病気にかかったときの支払いには課税しない代わりに優遇税制を残す、という議論だったはずです。もちろん、その他の「労働対価としての支払い」に消費税の上乗せは行われていますから、ちゃんとその辺の議論をしてもらいたいですね>特に日医。

ミンスに取り入ろうとして、日医首脳部がこれを受け入れちゃわないように、私たちはしっかり監視する必要がありそうです。

NoTitle

税の公平性の視点から、今回の事業税非課税措置の撤廃方針自体には賛成です。ただ、確かに、消費税がらみの損税への手当を、別途する必要がありますね。

蓮舫がツイッターでこんなんつぶやいてますが。

いわゆる骨太の改革で毎年厚労省予算は 2,200億円ずつ削減されてきたが、前政権政府内、与党、厚労省からは「乾いた雑巾をしぼってももう水一滴も出ない」と言っていたが、長妻大臣の指示で 1868億円が削減できた。しかも、内訳はまだ非公開。私は、まだ削れる予算があると思う。http://twitter.com/renho_sha

NoTitle

もしこれが現実のものとなったら、今でさえギリギリの経営を強いられている大多数の開業医は完全にアウトですね。閉院・倒産が相次ぎ、その影響はレセプトオンライン義務化の比ではないでしょう。そうなれば行き場を失った患者が病院に殺到し、勤務医の先生方はさらに忙殺されるでしょうね。
え、閉院した開業医が勤務医に戻ってカバーすればいい?さて、そう簡単に事は解決しますかねぇ。
とりあえず私が勤務医に戻るための最低条件としては、

・閉院に際し、これまで働いてくれた職員への今後の雇用の保証
・勤務に際し、「正当な」報酬ならびに労働基準法の完全遵守
・開業に要した借金の残額の一部(または全部)の肩代わりor免除

以上3点を勤務先の病院もしくは国に要求させていただきますが…雇ってくれますか?


NoTitle

耶馬苦痢陰弔様

国の狙いは「つぶれて借金抱えた元開業医どもを金の力で強制配置」ではないかと私は疑っております。
借金をしている銀行を介して、無理やり就職先を紹介する。
まあ、女の人をむりやり借金漬けにしてよくないお仕事に放り込むのと同じ構図ですね。
それを銀行(そのバックには国)がやろうとしてるんだからたちが悪い。

やれば出来るよね

必要な予算も削減すればいいじゃん。

医療報酬、99%削減ね。

40兆くらい、すぐでしょ。


あとは、しらんですよね。

NoTitle

>つぶれて借金抱えた元開業医どもを金の力で強制配置

もしそうなったら、「元経営者のノウハウを生かしてどれだけ強制配置先の病院から正当にムシリとるか」。そういうモチベーションが生じますねえwktk。

さすがに買いかぶりでわw?

>国の狙いは「つぶれて借金抱えた元開業医どもを金の力で強制配置」ではないかと私は疑っております。

そこまで見据えているのであれば正直お国を見直しますが単に「開業医は儲け捲くっている」とゆー謝った認識を持っているだけだと思いますよ。あるいは単に何も考えてないだけ。いずれにしても上記悪巧みよりはるかに性質が悪いケド。
まあ本気で国が上記悪巧みを目論んでいるのならむしろ望むところかと。完全労働基準法遵守で対抗するだけの事ですから。

NoTitle

社会保険診療報酬収入が事業税非課税なのも特措第26条が導入されたのも、国民皆保険が導入されるにあたり収入がガラス張りになることへの反感に配慮したバーターの面があったわけです。

現政権が歴史的経緯や公益性を無視して政策をとるのであれば我々はそれに対して粛々と対策をとればよいだけのことです。

新型インフルエンザ対策にも表れているように、我々開業医は行政の末端や下請けとしてあごで使われ、無償もしくは赤字労働を強制された揚句この仕打ちです。

NoTitle

歴史的経緯といえば診療所の再診料だって診療所入院料下げとのバーターでした。同時に病院では入院料上げと外来診察料下げがバーター。
そういう経緯も知らんで、一面だけを見て診療所は優遇されているとわめくアホの多いこと多いこと。

NoTitle

某紀伊半島の「3000万円も出したら助教授クラスが飛んでくる」はずの市で軟禁強制労働させられた先生も、借金返済のため、銀行から紹介された、という噂を聞いたことがあります。

借金で自院閉院した医師が、普通なら誰も行きたがらないところに就職を紹介される、という話を(噂レベルとはいえ)複数聞いたことがあるもので、これを本格化しつつあるのではないか、と疑った次第でございます。

政治家はともかく、厚労省の官僚はその(役人にとって)美味しい話を十分理解していると思いますよ。

NoTitle

うわ、借金のために銀行からドナドナって売られていったんですか。
哀しすぎる......これで過労死とかしたら目も当てられませんね。

テラオワセw

>某紀伊半島の「3000万円も出したら助教授クラスが飛んでくる」はずの市で軟禁強制労働させられた先生も、借金返済のため、銀行から紹介された、という噂を聞いたことがあります。

その話は私も聞いた事が…。
>政治家はともかく、厚労省の官僚はその(役人にとって)美味しい話を十分理解していると思いますよ。

うーんなんか怖くなってきたw。
まあ借金背負ってるからって労基法無視していいって法はありませんからね。そもそも借金なんていざとなりゃ踏み倒せばいいんですよ。親兄弟友人知人ならともかく金融機関から借りた金が返せなかったとしてもそれは返せない奴に貸した金融機関がマヌケなだけ。踏み倒したって道義的責任なぞありません。

借金は踏み倒しましょう

2ちゃんでスレが立っていたので中間管理職先生の所でエントリーが立つとは思っていました
しかし、私は消費者金融の督促の部門で派遣社員として働いていましたけど、借金なんて踏み倒していいと思っています
もちろん合法的にきちんと法的な手続きを得てからの話ですけど、
順番に問題を処理していけばいいんです
ここまで公定価格を下げられて赤字経営をしなきゃいけないなんて事はありません
奴隷になってはいけません
いざとなったらドロッポしましょう
私は気管支喘息と鬱で苦しんでいて定期的に通院していますが
こうなったら別に医療制限ができてもかまいません
きちんと現場を見ない政治家と闘いましょう

れんほうせんせいのたわごと

http://twitter.com/renho_sha/status/5005556961
一応証拠を残しておかないと
もっと削れるそうです
こんなに削って国民の健康を守れるのでしょうか?
疑問です

NoTitle

いや、借金の踏み倒しはまずいでしょう。それよりもいっそ保険医の契約を解消して、公定価格のない自由診療で診るようにすれば良いのでは?

NoTitle

いやあ、まだまだ絞れますよ。
まず手始めに、厚労省の役人の給料でしょ?
その次に、各種外郭団体。とくに病院評価機構なんて全く不要。
その辺をなくせば、だいぶ絞れるはずです。

え?現場?現場を絞ってどうするんですか。
すでに雑巾は含水率0%、さらに繊維までぼろぼろと零れ落ちている状態ですよ?これ以上絞っても、千切れてなくなるだけですが。

要するに

国は医療を潰したいのね。病院を叩き潰して減らすのに成功。次は開業医を潰すのに取りかかったわけだ。やっぱりね 誰がこの国の政治をやろうと 医療を潰す政策は変わらないわけだ。開業医はバタバタ潰れるでしょうね。そして 対価なき奴隷仕事、そもそも誰も医者にはならなくなるでしょうね。日本人て ほんと バカだ・・・

自由市場

医療も市場原理にお任せして
おバカな医師も患者も
全て淘汰されて居なくなった
なあんて、素敵じゃあないですか。
貧乏人は診てやらねえぞと  言ってた時代に戻ったら
良いかもね。

ふう

ちゃんげ と叫んだあげく、ホントに ちゃんげ しただけでしょ。
悪い方向に。

民主党がどのような政党かを考えれば、如何なる状況になるかは想像に難くなかったはずなのですがね。

NoTitle

そこまで医師をいたぶるんならば、応召義務をなくしてほしいわ
それならば問題患者も診なくて済む
金を毎回踏み倒す患者も診なくてよい

医療崩壊はもうもどりません
国を上げて壊しているから もうむり

NoTitle

自民党は、医療を市場原理主義に委ねて医療崩壊。
民主党は、医療を共産主義的統制に委ねて医療崩壊。

どっちにしても、我が国の医療は崩壊する運命にあるのです。我々の前にある選択肢は、どういう崩壊の仕方がいいかというものです。

NoTitle

税制の議論からいうと、今回の方針は基本的に間違ってはいないように思います(前の政権下の審議会でも同じ結論が出ていました)。問題なのは、開業医という中小自営業者の保護育成をどのように図るかということでしょう。

日本医師連盟:自民党一党支持を白紙撤回

日本医師会(日医)の政治団体「日本医師連盟」は20日、東京都内で執行委員会を開き、従来の自民党一党支持を白紙撤回することを決めた。来年夏の参院選比例代表で自民党現職の西島英利氏を推薦する方針を当面維持するものの、与野党中立に軸足を移したことで、再起を目指す自民党には痛手になりそうだ。

 会合では、日医連の唐沢祥人委員長(日医会長)が「政権交代を重く受け止める」と述べたうえで、活動指針から「支持政党は政権与党である自民党」との条項を削除するよう提案し、ほぼ満場一致で了承された。日医が政策実現に向けて与野党と良好な協議関係を構築できるよう日医連として支援することも決めた。

 日医連には、年末の診療報酬改定を控え、民主党に接近せざるを得ない事情がある。先の衆院選で民主党候補を支援した茨城県医師会の原中勝征会長と唐沢氏が対決する来春の医師会長選挙は、日医連の参院選への対応を左右しそうだ。自民党の大島理森幹事長は20日、記者団に「議論してそういう結果になったとすれば、冷静に受け止めて、しっかり対応しなければならない」と語った。【坂口裕彦】

http://mainichi.jp/select/today/news/20091021k0000m010105000c.html

まあ、今更ミンスが相手にしてくれるとも思えませんが、現執行部の来季の選挙対策のにおいがぷんぷんします。

NoTitle

追記:さすがに税制優遇まで削られるとなったらお尻に火がついたのかもしれません。執行部。
新型インフルエンザワクチンの受託でも開業医に無償奉仕&現場に責任押し付けを要求する厚労省に抵抗できなかったのに、さらに優遇税制までつぶされたら、日医執行部の求心力は霧散してしまいます(いやもうない、という意見もありますが)。というか、日医自体が崩壊するでしょうね。

NoTitle

三連投スマソ
大体、日医というのは医師(おもに開業医)が金を出し合って医療政策を国に訴えかける組織のはずなのに、いつの間にか、国の政策を現場に押しつけ、敷衍するための組織になっちゃってるから、「なんでこんなところに俺達が金を貢がなくちゃいけないんだ」という思いはすでにかなり強いです。

NoTitle

優遇税制って、年間売上5000万以下のクリだけでしょ?
早く諦めろという御上の温情でしょう
で、健診・当直などのバイト生活になれと
まさか公立病院に勤務するなんて思ってないでしょうw

NoTitle

すんません、売上5000万いってない粒栗です(T_T)
借金のことがあるので、適用してませんが。

やはりあきらめなくちゃいけないんでしょうか

NoTitle

 『上に政策あれば、下に対策あり』

  今後、どんな政策が振ってこようとも、どの様な崩壊が顕現化しても、何とか生き抜くために知恵を絞る。 ・・・ソレしかないですね。

  保健医療が潰れるならば、自費診療に対応するしかない。 病院で働くと殺されかねない現状では、開業するかバイト暮らしを選ぶしかない。 ・・・それでもダメなら、医師をやめるか?
  縮小する業界の中で、積極的に未来を選べる余地はあまりに少なく、消去法で考えるしかないのが、辛いトコロです。

診療は現状で満足しているのですが

『上に政策あれば、下に対策あり』

対策か~。
この年での転科は事実上無理だし、労働条件ガチガチに固めて勤務医復帰って言うのが妥当かな。

自由診療やってるグレーゾーンに雇ってもらえば今なら年収数千万だそうですが、何時まで続くか不明だし、手が後ろに回るかもしれないし・・。

あとは提供できる医療レベルを落として縮小均衡へ持ち込むかですが、患者動向読み違えれば一気に息の根が止まりそうですね。

まあ、止まれば諦めもつくというものですが、借金だけ残ったって言うのが一番苦しいです。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。