スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「戸惑う京の医療現場 新型インフル「優先接種」政府方針に」 現場にも情報ありません

現場では全然情報ありません。

「新型インフル、19日から接種開始」

とか書かれてますが、

どこでどのようにやるかまったくわかりません。



あと、2週間しかないですけど。








戸惑う京の医療現場 新型インフル「優先接種」政府方針に


京都新聞 Kyoto Shimbun 2009年10月4日(日)

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009100400036&genre=A1&area=K00

 政府が決定した新型インフルエンザのワクチン接種の基本方針をめぐり、京都府内の医療現場から戸惑いの声が上がっている。

接種の優先対象の医療従事者と基礎疾患のある人の数が不明確

で、

各医療機関にどれだけ配分されるのか不明

なまま、

開始日まで日数がない

ためだ。開業医らは「予約の受け付けも始められない」と準備期間の短さに悲鳴を上げている。

 ■問い合わせ続々

 政府が1日に優先順位や19日の週からの接種開始、接種費用計6150円を発表すると、翌朝、各地の開業医院には住民や患者から「予約はもう始めているのか」など電話が相次いだ。

 京都府や京都市の相談窓口にも、ワクチン関係だけで200件を超す相談があった。

 京都府医師会(京都市中京区)では、患者への返答につまった多くの医師から「ワクチンがいつ届くのか」といった問い合わせが続いたが、担当者は「詳しい情報がなく分からない」と答えるしかなかった。

 ■府内調査未着手

 9月8日に国が示した当初案では、最優先の医療従事者への接種開始を「10月下旬」としていたが、決定では「19日の週から」と早めた。国は、優先接種対象である医療従事者と基礎疾患のある患者の数を把握するため、各医療機関を通じ調査をするとしていたが、府内の調査は未着手。必要な量が不明のままだ。

 伏見区で医院を営む藤田克寿医師は「これから季節性インフルエンザの予防接種の時期でもあり、来院者が新型と季節性の接種を同時に受けたいと希望した時、どう対応すればいいのか。分からないことが多い」と、現場の混乱を心配する。

 ■接種場所どこに

 今回のワクチン接種は国と委託契約を結んだ医療機関が実施する方式。

府医師会は国の要請を受け、府内で受託を希望する医療機関の募集を9月25日から始めた。

加盟医療機関の6割にあたる約1400施設が応じたが、かかりつけ医が受託しなかった場合、患者は他の病院で接種を受けなければならない。

 府医師会の感染症対策担当の柏井真理子医師は「一部の医院にワクチン接種希望者が集中すれば対応できなくなる」と指摘し、保健所など病院以外の公的機関にも接種できる場所を設けるよう、行政に要望している。

 柏井医師は国の対応について「総選挙があったとはいえ、優先対象者の数の調査は政府がもっと早い時期に行っておくべきこと。見切り発車で、困るのは住民や患者と現場の医師だ」と話している。






よく分からないのですが、

医師会は

国の出先機関なんでしょうか?


>今回のワクチン接種は国と委託契約を結んだ医療機関が実施する方式。

>府医師会は国の要請を受け、府内で受託を希望する医療機関の募集を9月25日から始めた。




国と委託契約するのに

医師会加入が条件?

医師会に入っていない病院は

新型インフルの接種をできない?





さらには、

絶対に健常者が

「新型インフルの予防接種、しろ」

って来ると思いますが、

どうやる予定なんでしょう?






だれが対象で、

誰と誰が対象でないか

政府も分かっていない様子。

何人に打つのかな?

いままで厚労省は何をやっていたのかな?





いろいろな疑問が出てきます。




2兆円の「定額給付金」なんて

ほとんどの人が忘れている様子ですが、

完全に砂漠に水をまいただけで

終わってしまいました。







あんなバラマキするぐらいなら

その分、

新型インフルにお金を出せばよかったのに、

なんて思う今日この頃です。





予防接種の副作用を

強烈に取り上げる日本のマスコミですが、

他国ではそれを差し引いても

予防接種の有効性がはっきり分かっているので

どんどん接種をひろげようとしています。






日本だけが

マスコミのあげ足とりにビビって、

予防接種後進国になっています。



日本のように 

麻疹(はしか)が流行るって、

海外では”衛生後進国”ということです。







今回、

インフルエンザの大きなインパクトを利用して

たとえば2兆円を使って

予防接種を大々的に推進、

という方向に舵を切れば

国民は大きな恩恵があったのですが、

あまりお勉強されていないマスコミさんの

感情的な叩きが怖くて、

いまだに行き当たりばったりの

予防行政が続きます。

















関連記事

コメント

NoTitle

相変わらずの現場無視、お役所が「やれ」といったら即座に開始できるとでも思っているのでしょうか。
しかも、医療機関の都合なんてお構いなし。
季節性インフルエンザの予防接種がやっとはじめられるようになったばかりで、予防接種に割り当てている時間はもうそちらで一杯になっています。

これ以上、新型も、なんて言われても、やる時間がありません。

そして何より、値段だけ先に決定して、じゃあ、ワクチンがいくらで供給されるのか、が全くわかりません(少なくとも季節性のワクチンよりも高くなると聞いています)。そして、予約を受けようにも、どれくらい供給されるのか、欲しいといった分は必ず供給されるのかもわからなければ、予約の取りようがありません。
それとも、「好きな時に行って、早い者勝ちで接種してもらえばいい」とでも思っているのでしょうか。

現場でどういったことが問題になっているのか全く知らずに、机上の空論を、思い付きでマスコミ発表だけ先行させるやり方では、混乱が大きくなるだけです。
まあ、どうせ例によってうまくいかなければ「現場が悪い」と言えるように何も決めないだけだと思いますが…

いずれにしても、ウチの医師会ではまだ接種医療機関の募集すら始まっていませんがね。

どうなることやら

10/19接種開始の文字ばかり躍っていますが、それまでに行なわれる作業として、

 1.委託希望医療機関の調査
 2.委託医療機関に契約書配布・受領
 3.委託医療機関から接種予定人数の調査
 4.調査を受けてのワクチン配布量の決定

現在の決定案ではこれぐらいの作業が必要です。あと2週間でこれが完了するかどうかは神のみぞ知るです。私の地域でもまだウンともスンとも言ってきていません。

政治家主導って、単に政治家が威張るだけなり。現場を身にも来ない奴に言われてもねー

NoTitle

政治家主導って、「政治家の都合で話を決める」ことなんでしょうね。
やっぱりどちらにしても「国民の都合」じゃないあたりが、終わってますね。

曰く、「総理大臣が外遊中だから、新型インフルエンザ対策会議を延期する」

オイオイ…

NoTitle

お昼のNHKの番組で解説委員とやらが、流れを説明してました

「かかりつけの医療機関で優先接種の疾患である証明書を発行してもらい」

あー、この証明書発行希望でまた外来に人が溢れる...

受託医療機関の選択

10月2日の各県の健康対策課長を招集した説明会の資料が厚労省のHPにあります.
あくまで(案)ですが、4パターンに分類されており、たとえばパターン3を選べば、自院の職員と自院の患者のみ接種となり、証明書の発行は不要になると思われます.

NoTitle

それでもいまだに一言も出てこない「ワクチンの卸価格」のお話ですね。

国の一括買い上げで、「全国統一価格、返品不可、銘柄指定不可」と宣言し、しかも接種料金が「1回目3600円、2回目2550円」と言っておきながら、ワクチンの原価は一切公表なし。これでどうやって受託しろ、と?
今のところ分かっている点では、輸入ワクチンで一本(輸入ワクチンは一人分です)2000円くらいで国は購入するそうですが、だいたいこれくらいの値段で売られると想定すると、医療機関の差益は2回で2150円。返品できないことを考えると、医療機関の利益はほとんどないですね。
完全予約制と言われても、ある程度の在庫の余裕を持たせないとできませんから。
しかも副作用補償の法整備は年明け以降の「通常国会に提出」ですからね…

ということで、受託医療機関取りまとめ調査の記載内容に関して、仲間内で意見が分かれています(笑)

ひとつは、どうせ最終的にはワクチンがあまってくるだろうから、返品不可である以上、少なめに申し込んでおいて、ワクチンロスを極力抑える、という意見。

もうひとつは、どうせ一度にまとめて購入する形ではないのだから(月2回ずつ卸から配られてくる)、いらなくなったら断ればいいという前提で、多めに申し込んでおく、という意見。

最後に「もう、ウチは知らん。職員だけで終わらせる」というところ(^_^;)

どっちもどっちなんですが、皆様のご意見はいかがなものでしょうか。

ちなみに、いちばんご都合主義な意見は、「今のうちにワクチン無料配布と言ってしまったら、大量の申し込みになってしまうのが目に見えている、だから価格を発表しないんだ。ここは一発、たくさん頼んでおくのがいいで」というやつでした(笑)

この発想はなかったwww

「今のうちにワクチン無料配布と言ってしまったら、大量の申し込みになってしまうのが目に見えている、だから価格を発表しないんだ。ここは一発、たくさん頼んでおくのがいいで」

いろんな人の意見を聞いておくもんですね。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。